ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA WILL VS 2001 JAPAN

TOYOTA WILL VS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH FS限定品 (T-16-A) 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 190HP 6段変速/4段自動変速
性能: 最高速 不明(180km/h以上?)
データーベースでトヨタ WILLのミニカー検索

 

トヨタ WILL (ウイル) VS 日本 2001

 

 WiLL(ウィル)プロジェクトはトヨタ自動車の社内バーチャル カンパニーが発起人となって始まった異業種による合同プロジェクトで、従来世代とは異なる価値観を持つ20-30代の購買層に向けた商品開発を模索する実験的プロジェクトでした。参加企業は、トヨタ自動車、花王、アサヒビール、松下電器産業、近畿日本ツーリストのの5社で1999年に開始され、その後2000年にコクヨ、江崎グリコが参入し2004年まで続きました。このプロジェクトで開発された商品はWiLLブランド名とオレンジ色のロゴで統一されていました。各社がWiLLブランド商品を開発していますが、現在まで継続している商品はないようで、このプロジェクトは成功しなかったようです。

 

 トヨタがこのプロジェクトで開発した WiLLシリーズの車は第1弾が2000年に登場したWILL Vi、第2弾が2001年登場のWILL VS、第3弾が2002年登場のWILL サイファーでした。いずれもWiLLブランドということでトヨタのロゴやエンブレムはついていませんでした。WILL VSはトヨタのカローラ系のプラットフォームを使った3ナンバー規格の5ドアハッチバックでした。ステルス戦闘機をイメージしたスタイリングで、ウェッジの効いたベルトラインやV字型のリアウィンドーが特徴でした。室内もレーダのようなメーターや操縦桿のようなシフトレバーなど戦闘機をイメージした物になっていました。エンジンはカローラ系のDOHC 4気筒1.5L/1.8Lが搭載され、限定販売の高性能版にはヤマハ発動機が開発したオールアルミ製DOHC 4気筒1.8Lエンジン(190HP)が搭載されスポーティでした。全輪駆動と4輪駆動がありました。2004年まで生産され、総生産台数は約1.5万台でした。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたMテック製の当時物です。Mテックは1996年にエポック社が立ち上げた1/43のブランドで主に国産車をモデル化していました。初期の物は安価でしたので玩具的な物もありましたが、後にマニア向けのかなり出来の良いミニカーも作るようになりました。このWILL VSは定価が1000円ほどの安価なミニカーでしたが、スケールモデル的なリアルな造形で実車がうまく再現され、当時としてはかなり良い出来ばえでした。灯火類や室内などの細部もそこそこ良く再現されています。なおこれはFS(フレンドショップ)限定品と称する限定品でしたが、通常品とどのような違いがあったのかは分かりません。ドア開閉などのギミックはありませんが、子供向け玩具でしたので少し手前に引いて手を離せば走行するプルバックモーターを内蔵しています。これ以外のWILL VSのミニカーは2020年現在でもないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA WILL VS 1
TOYOTA WILL VS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1588

   

TOYOTA COROLLA RUNX (E120) 2001 JAPAN

TOYOTA COROLLA RUNX (E120) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 102 1/43 98㎜

 

トヨタ カローラ ランクス E120型 日本 2001

 

 カローラ FXの後継車 ランクス/アレックス 初代 2001年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.18m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 140HP 6段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースでカローラ ランクス/アレックスのミニカー検索
 

TOYOTA COROLLA RUNX (E120) 1
TOYOTA COROLLA RUNX (E120) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1483

   

 

TOYOTA LAND CRUISER PRADO (KDJ125) 2002 JAPAN

TOYOTA LAND CRUISER PRADO (KDJ125) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400166271 1/43 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.72m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: 4気筒 3L 170HP ターボディーゼル  5段変速/5段自動変速  フルタイム4WD
性能: 最高速165km/h
データーベースでトヨタ ランドクルーザーのミニカー検索

 

トヨタ ランドクルーザー プラド (KDJ125) 日本 2002

 

 前述したランドクルーザー 80系の後継車として100系が1998年に登場しました。(実車画像→ ランドクルーザー 100系 2002年) 先代同様に5ドアバンとワゴンの構成で、頑丈なラダーフレーム構造を踏襲していました。電子制御化されたフルタイム4WDと電子制御サスペンションTEMSで、悪路走破性と乗り心地を高度に両立させていました。エンジンはレクサスと同じDOHC V型8気筒4.7L(2UZ型)、DOHC 6気筒4.5L(1FZ型)、DOHC 6気筒4.2Lディーゼルターボ(1H型)などが搭載されました。本革シートなどの豪華な内装に加えて先進機器が装備され、本格派4WDと高級車の要素を併せ持つプレミアムな SUVとなりました。2002年と2005年のマイナーチェンジで各種改良が施され、2007年に200系にモデルチェンジしました。

 

 2002年にランドクルーザー プラド 3代目 120系が登場しました。つり上がったヘッドライトを採用してフロント周りが目新しくなりました。ホイールベースはショートとロングの2タイプで、それぞれ3ドアと5ドアがありました。ガソリンエンジンは4気筒2.7L(3RZ型)/(2TR型)、V型6気筒3.4L(5VZ型)/4L(1GR型)、ディーゼルエンジンは4気筒3L(5L型)/3Lターボ(1KZ型)/3Lターボ(1KD型)などが搭載されました。2007年に日本国内ではディーゼルエンジン仕様がなくなりました。2009年にプラド 4代目 150系にモデルチェンジしました。なおプラドという名前は欧州向けでは使われず、北米ではランドクルーザーではなくレクサス GXとして販売されました。

 

 

 ミニカーは2004年に発売されたミニチャンプス製です。ディーゼルエンジンを搭載した欧州仕様のランドクルーザー (プラド) KDJ125をモデル化しているようです。ミニチャンプスらしい細部までリアルに再現した良い出来ばえです。特に室内はステアリングホイールやシフトレバーからセンターコンソールのナビの画面までそれらしく再現されています。プロモーション用のトヨタ特注品もありました。これ以外の120系のミニカーはホンウェルの1/24がありますが、あまりモデル化されていません。100系のミニカーは京商、ハイストーリー(レジン製)、ヤトミン、スパーク(レジン製)などがあります。プラド 150系はWIT'S(レジン製)がモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA LAND CRUISER PRADO (120) 1
TOYOTA LAND CRUISER PRADO (120) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1584

   

TOYOTA WILL CYPHA 2002 JAPAN

TOYOTA WILL CYPHA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA 88-3 1/59 62㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.67m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 105HP 4段自動変速  FF/4WD
性能: 最高速 150km/h?
データーベースでトヨタ WILL (ウイル)のミニカー検索

 

トヨタ WILL (ウイル) サイファ 日本 2002

 

 WiLL(ウィル)プロジェクトはトヨタ自動車の社内バーチャル カンパニーが発起人となって始まった異業種による合同プロジェクトで、従来世代とは異なる価値観を持つ20-30代の購買層に向けた商品開発を模索する実験的プロジェクトでした。参加企業は、トヨタ自動車、花王、アサヒビール、松下電器産業、近畿日本ツーリストのの5社で1999年に開始され、その後2000年にコクヨ、江崎グリコが参入し2004年まで続きました。このプロジェクトで開発された商品はWiLLブランド名とオレンジ色のロゴで統一されていました。各社がWiLLブランド商品を開発していますが、現在まで継続している商品はないようで、このプロジェクトは成功しなかったようです。

 

 トヨタがこのプロジェクトで開発した WiLLシリーズの車は第1弾が2000年に登場したWILL Vi、第2弾が2001年登場のWILL VS、第3弾が2002年登場のWILL サイファーでした。いずれもWiLLブランドということでトヨタのロゴやエンブレムはついていませんでした。WILL サイファーはヴィッツのプラットフォームをベースにした5ドアハッチバックで、デザインコンセプトは「ディスプレイ一体型ヘルメット」ということで独特のフロントデザインが特徴でした。ヴィッツと同じDOHC 4気筒1.3L/1.5L(105HP)エンジンを搭載する全輪駆動/4輪駆動車でした。

 

 

 インターネットとクルマを融合する「サイバーカプセル」という先進的なテーマを掲げ、専用の無線通信機を使う車載情報通信サービスのG-BOOKとそれを使ったカーナビゲーションシステムを初めて標準装備していました。この車限定の走行距離に応じて月額利用料金が決まるカーリース方式での販売がされました。WILLプロジェクトが終了したことで2005年に生産中止となり、総生産台数は約3.2万台でした。なおサイファという名前はCYBER(サイバー:インターネットの意)とPHAETON(フェートン:馬車の意)のの造成語でした。

 ミニカーは2003年に発売されたトミカ製の当時物です。このミニカーは保有していないので、画像はWEBショップから借用しました。画像で見る限りの見解ですが、全体的なプロポーションは悪くありません。ただし最大の特徴であるヘッドライトとリアライトが印刷で表現されているのであまりリアルでなく、今一つの出来ばえだと思います。リアゲートが開閉するギミック付きです。トヨタのWILL シリーズとしては一番生産台数が多いのですが、実車にあまり人気がないようで、WILL サイファのミニカーは2020年現在でもこのトミカの物しかありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1651

   

TOYOTA AVENSIS (T250) 2003 JAPAN

TOYOTA AVENSIS (T250) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS   1/43 109mm

 

トヨタ アベンシス T250型 日本 2003

 

 欧州向け中型車 アベンシス 初代 1997年 登場 
 アベンシス 2代目 2003年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.65m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 147HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速205km/h (欧州仕様)
データーベースでトヨタ アベンシスのミニカー検索
 

TOYOTA AVENSIS (T250) 1
TOYOTA AVENSIS (T250) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1485

   

 

TOYOTA CROWN (S180) 2004 JAPAN

TOYOTA CROWN (S180) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC31001BL 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 256HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速180km/h  
データーベースでトヨタ クラウン S180型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン (S180) 日本 2004

 

 2003年にクラウン 12代目(S180)/クラウン マジェスタ 4代目(S180)が登場しました。クラウン (S180)はゼロ クラウン(ZERO CROWN)と呼ばれています。ゼロ クラウンとは1980年代の「いつかはクラウン」というキャッチフレーズで高級車のゴールとされていたクラウンがスタート位置(ゼロ)に戻り、新しく生まれ変わったという意味です。クラウン(S180)はこの名前に相応しい改革が行われました。まず従来の直列6気筒エンジンがDOHC V型6気筒2L/2.2L/3L(256HP)エンジンに変更されました。(先代のマジェスタにはV型8気筒4Lエンジンが搭載されていました)

 

 プラットフォームも刷新され、レクサスやマーク Xと共通化することで性能/コストパフォーマンスが向上しました。ボディは従来の保守的な顔つきのセダンスタイルからスタイリッシュな顔つきのデザインとなりました。上級車のマジェスタも同じようなデザインながら先代と同様に縦型リアライトでクラウンと差別化していました。マジェスタも6気筒エンジンがなくなり、V型6気筒4.3L(280HP)エンジンだけになりました。先進機器として携帯電話網を使ったG-BOOKと呼ばれる情報ネットワークサービスが搭載されました。2005年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠が変更されました。2008年にクラウン 13代目(S200)/クラウン マジェスタ 5代目(S200)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2006年に発売された京商 Jコレクション製の当時物です。最上級グレードのロイヤルサルーンをモデル化しています。プロポーションが良く、スタイリッシュになったゼロ クラウンの雰囲気がうまく再現されています。灯火類や室内などの細部もリアルに仕上げてあり、比較的安価(定価2100円)ながら当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。京商 Jコレクションはアスリートとマジェスタも含めて約20種類をモデル化しています。これ以外のクラウン(S180)のミニカーはトミカ、トミカ リミテッド、トミーテックの1/80と1/150、Mテック カプセルの1/72、イグニションモデル(レジン製)のアスリートとポリス 1/43と1/18、RAI'Sのパトカーなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CROWN (S180) 1
TOYOTA CROWN (S180) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1448

   

TOYOTA PRIUS 2004 JAPAN

TOYOTA PRIUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400166300 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 78HP + 電動モータ 50KW(68HP)  電気式無段変速機 (プラネタリーギヤ)
性能: 最高速179km/h  
データーベースでトヨタ プリウスのミニカー検索

 

トヨタ プリウス 日本 2004

 

 プリウスの2代目が2003年に登場しました。ボディは大きくなって3ナンバー規格となりました。デザイン的にはボディ中央部分が高くそこから裾を引いた冨士山のようなサイドビューを持つスマートな5ドアハッチバックになりました。(このデザインは空力特性の向上も狙ったものです) ハイブリッドシステムはエンジン最高回転数を上げ、モーター駆動電圧を昇圧して出力をパワーアップしたTHS-II(Toyota Hybrid System II)にアップグレードされ、燃費は35.5km/Lに向上しました。輸出仕様車が2005年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しました。

 

 モーターだけで走行する「EVモード」、後方カメラを使って駐車時のハンドル操作を自動化する「インテリジェント パーキングアシスト」(世界初)、エンジン停止中も作動する電動コンプレッサ式エアコン、キーを使わずエンジンが始動するキーレスエントリーなどの新技術もてんこもりでした。燃費の良さが世の中に知れ渡り、スマートな外観で豪華になった2代目プリウスは大ヒットしました。2005/2007年のマイナーチェンジで装備や走行性能を向上させ、2009年に3代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2005年に発売されたミニチャンプス製です。輸出仕様のプリウスをモデル化していています。2005年にヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞したことでモデル化されたのでしょう。プロポーションが良くミニチャンプスらしい細部をリアルに再現した良い出来ばえです。これ以外の2代目プリウスのミニカーは京商のJコレクション、その京商をベースにしたRAI'Sのポリス、エブロ、TINY、トミカ、トミーテックの1/150などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA PRIUS 1
TOYOTA PRIUS 2

 以下は2009年に発売された京商 Jコレクション製のプリウス 2003年 (1/43 型番K03781S)の画像です。全体的にミニチャンプスとほとんど同じような良い出来ばえで、室内も良く再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA PRIUS 3
TOYOTA PRIUS 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1365

   

TOYOTA HIACE WAGON 2005 JAPAN

TOYOTA HIACE WAGON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC35003WH 1/43 111mm

 

トヨタ ハイエース ワゴン 日本 2005

 

 ハイエース 5代目(H200系) 2004年 登場
 全長4.7m以上のモデルは全て小型車枠から外れる全幅1880mmに大型化し居住性向上
 2007年 マイナーチェンジ フロントグリルの意匠変更

 

 ミニカーは京商 Jコレクション マイナーチェンジ後の物やハイルーフ仕様もモデル化されていて、30種以上のバリエーションがあります。カーネル(CARNEL)がこのミニカーをベースにしたと思われるハイメディック 高規格救急車をモデル化しています。またダイヤペットでも1/36でバン/救急車/事故処理車などがモデル化されているなど5代目ハイエースは人気があります。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.83m(ワゴン) 全幅約1.88m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.7L 151HP 5段変速/4段自動変速  FR/4WD
性能: 最高速 不明
データーベースでトヨタ ハイエースのミニカー検索
 

TOYOTA HIACE WAGON 1
TOYOTA HIACE WAGON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1658

   

 

TOYOTA YARIS D-4D (VITZ) 2005 JAPAN

TOYOTA YARIS D-4D (VITZ) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400166500 1/43 87㎜

 

トヨタ ヤリス D-4D (ヴィッツ)  日本 2005

 

 ヴィッツ 2代目が1999年に登場しました。同時に輸出仕様のヤリスも2代目となりました。

 

 解説 追加準備中

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.75m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L ディーゼル ターボ 90HP 5段変速/5段自動変速 FF/4WD
性能: 最高速175km/h
データーベースでトヨタ ヴィッツ(ヤリス)のミニカー検索
 

 ミニカーは2006年に発売されたミニチャンプス製です。ヨーロッパ仕様のヤリス D-4D(ディーゼルエンジン搭載)をモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。
TOYOTA VITZ D4D (YARIS) 1
TOYOTA VITZ D4D (YARIS) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1982

   

TOYOTA AYGO 2005 JAPAN

TOYOTA AYGO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400166400 1/43 80㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.4m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 3気筒 998cc 68HP 5段変速
性能: 最高速169m/h
データーベースでトヨタ アイゴのミニカー検索

 

トヨタ アイゴ 日本 2005

 

 トヨタはヨーロッパ市場へのさらなる進出を図り、小型車アイゴを2005年に登場させました。コスト低減の為にPSA(プジョー シトロエン グループ)と共同で開発することとなり、合弁会社であるTPCA(トヨタ プジョー シトロエン オートモービル)が設立されトヨタ主導で開発が行われたそうです。その為トヨタ アイゴはシトロエン C1、プジョー 107とはプラットフォームを共有する兄弟車でした。トヨタのヨーロッパ市場向けの小型車としてはヤリスがありましたが、アイゴはヤリスよりも小さい車で、トヨタ流の軽量化とコストダウンがされていました。

 

 ボディは3/5ドアハッチバックで、デザイン的にはヤリスを小さくして小粋なプジョー流に仕立てたようなスタイルでした。エンジンはDOHC 3気筒998㏄(68HP)と4気筒1.4L(55HP)ターボディーゼルがあり、5段変速で最高速169km/h(68HP)の性能でした。2009年と2012年のマイナーチェンジで、フロントバンパーの意匠変更が行われました。2012年にはディーゼルエンジンが廃止されました。2014年にアイゴ 2代目にモデルチェンジしました。総生産台数は約72万台でした。(実車画像→ トヨタ アイゴ 2014)

 

 

 ミニカーは2006年に発売されたミニチャンプス製の当時物です。ミミニチャンプスらしいそつのないよう出来ばえで、実車の雰囲気が良く再現されています。プジョー 107などの兄弟車と共通の個性的な2眼メーターも良く再現されています。アイゴのミニカーはこれしかないようで、ミニチャンプスが独占しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA AYGO 1
TOYOTA AYGO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1992

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.