ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA TS010 LE MANS 1992 JAPAN

TOYOTA TS010 LE MANS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44588 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約2m
エンジン 変速機: DOHC V型10気筒 3.5L 600HP 6段変速
性能: 最高速 330km/h以上
データーベースでトヨタ TS0*のミニカー検索

 

トヨタ TS010 ルマン 日本 1992

 

 トヨタのプロトタイプスポーツカーによるレース活動は、1970年のトヨタ 7の開発中止で一旦中断されました。1975年にシグマ オートモーティブ(現在のサード)のシグマ MC-75がトヨタの4気筒2.3Lターボ エンジンを搭載してルマンに参戦しました。(結果はリタイア なおシグマ MC-74は1974年にはロータリーエンジンを搭載して参戦) その後1982年にはグループCのトムス 童夢 セリカ Cに4気筒2.1Lターボエンジンを供給するなどして国内耐久選手権に参戦するようになり、1987年からトヨタ チーム トムスの名前でワークスのレース活動が再開されました。

 

 1985年にトヨタのエンジンを搭載したトムス 85Cがルマンに参戦し、12位で完走しました。その後1986年ルマンではトムス 86Cで未完走、1987年ルマンではトヨタ 87Cで未完走、1988年ルマンではトヨタ 88Cで12位完走でした。1989年ルマンでは新開発のV型8気筒3.2Lターボ エンジンを搭載したトヨタ 89C-Vで未完走、1990年ルマンではトヨタ 90C-Vで6位入賞、1991年はレギュレーション変更でターボ エンジンが使えなくなりトヨタは参戦していませんが、マツダ 787Bが優勝しました。

 

 

 1992年には、後にトヨタのF1に搭載された新開発のV型10気筒3.5L自然吸気エンジンを搭載したTS010で参戦し、優勝したプジョーに次ぐ2位となりました。(有力チームのジャガーやメルセデス ベンツはレギュレーション変更の為不参加で、出場したチームは少なかったが) 1993年ルマンではTS010が4位となりました。1991年のマツダの優勝、1992年のトヨタの2位など日本車が活躍したことで、当時の日本ではルマンがTV中継され注目を浴びました。

 ミニカーはエブロ製で、2012年に発売されました。1992年ルマンで2位となったTS010をモデル化しています。エブロらしいそつのないリアルな出来ばえになっています。リアカウルを取り外すことができ、そこそこ再現されたエンジンやサスペンションなどを見ることができます。TS010などが活躍した当時はこの種のレースカーが量産ミニカーになることはほとんどなかったので、当時物ミニカーはありません。2000年以降になってイクソ、エブロ、hpiレーシングなどがモデル化しています。また1980年代の83C以降のプロトタイプスポーツカーも2000年以降になってからエブロ、Qモデル、スパークなどがモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像とリアカウルを取り外したエンジン部/俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA TS010 LE MANS 1
TOYOTA TS010 LE MANS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1823

   

TOYOTA GT-ONE (TS020) STREET 1998 JAPAN

TOYOTA GT-ONE (TS020) STREET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS (KYOSHO) 433991603 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約2m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 3.6L ツインターボ 600HP 6段変速
性能: 最高速 380㎞/h
データーベースでトヨタ TS0*のミニカー検索

 

トヨタ GT-ONE (TS020) ストリート仕様 日本 1998

 

 1991年のグループCのレギュレーション変更でターボエンジンが使えなくなったことで、自動車メーカーはグループCから撤退しました。ルマンにおけるグループCの時代は終わりを迎え、1994年頃からは従来のGTカーがルマンの主力に戻りはじめました。なおトヨタは1992年ルマンではグループCカーのTS010で2位となり、その翌年の1993年ルマンではTS010が4位となりました。

 

 1994年ルマンにはトヨタのワークスは参戦しませんでしたが、プライベーターが92C‒Vを新しいグループC規定に変更した94C‒Vで参戦し、首位となるも残り1時間でコース上でストップし2位となりました。1995年ルマンにはLMGT1規定に合わせたスープラ GT LM(DOHC4気筒2.1L)で参戦し14位で完走しました。この年は関谷正徳がマクラーレン F1 GTRで日本人初のルマン総合優勝を達成、ホンダ NSXが8位でGT2クラス優勝、日産 スカイライン GT-R LMが10位となるなど日本勢が活躍しています。1996年もスープラ GT LMで参戦しましたが、早々にリタイアとなりました。1997年はルマンの参戦を見送りました。

 

 

 1998年のルマンにはトヨタ チーム ヨーロッパ(TTE 後のTMG(トヨタ モータースポーツ))が開発したGT-ONE(TS020)で参戦します。GT-ONEは当時のGT1規格のマシンで、ほぼプロトタイプレーシングカーですが、GTということでストリート仕様も1台製作されています。フロントフェンダーにタイヤが見えるF1マシンにカバーをかけたような独特のデザインで話題となりました。レースではファーステストラップを記録し早かったのですが、最終的に9位でした。なおこの年は日産 R390 GT1が3位となっています。1999年ルマンではGTP(プロトタイプ)クラスに変更したGT-ONEで参戦、ファーステストラップを記録するも残り1時間でタイヤバーストでストップし、またも2位で終わりました。この後トヨタはレース活動の主軸をF1に移し、ルマン参戦は2011年まで中断となりました。(ちなみに2016年ルマンもTS050 ハイブリッドがあと少しのところでストップし2位でした)

 ミニカーはミニチャンプス製で2005年に発売されました。ミニチャンプスはレース仕様を数種類出していますが、このストリート仕様は京商の専売品で日本向け仕様のようです。TOYOTAロゴ以外のデカールがないのであっさりした外観ですが、その分独特のボディ形状がよく分かります。ミニチャンプス以外ではオニキス、オートアート(1/18)、hpiレーシング、スパークなどがTS020をモデル化しています。なおトヨタ スープラ GT LM をhpiレーシングがモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA GT-ONE (TS020) STREET 1
TOYOTA GT-ONE (TS020) STREET 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1824

   

 

TOYOTA TS050 HYBRID LE MANS 2017 JAPAN

TOYOTA TS050 HYBRID LE MANS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
LE MANS RACING CAR COLLECTION No.3 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.65m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.4L ツインターボ 500HP
 前後輪モーター 367kW(500HP) ハイブリッド方式 6段変速
性能: 最高速 330㎞/h
データーベースでトヨタ TS0*のミニカー検索

 

トヨタ TS050 ハイブリッド ルマン 日本 2017

 

 トヨタはGT-ONE(TS020)で1998年のルマンに参戦しました。GT-ONEは当時のGT1規格のマシンで、F1マシンにカバーをかけたような独特のデザインで話題となりました。レースではファーステストラップを記録し早かったのですが、最終的に9位でした。1999年ルマンではGTP(プロトタイプ)クラスに変更したGT-ONEで参戦し、ファーステストラップを記録するも、2位で終わりました。この後トヨタはレース活動の主軸をF1に移し、ルマン参戦は2011年まで中断となりました。

 

 トヨタは2012年にTS030 ハイブリッドでルマンに復帰しました。決勝でトップ争いをしましたが、出場した2台ともトラブルでリタイアしました。2013年は前年と同じTS030 ハイブリッドで2位となりました。2014年は新型のTS040 ハイブリッドで参戦し、予選で中嶋一貴が日本人初のポールポジションを獲得し、決勝では3位に入賞しました。2015年もTS040 ハイブリッドで参戦しましたが、6位と8位でした。2016年は新型のTS050 ハイブリッドで参戦し、ポルシェに競り勝ち初の総合優勝かと思われた残り3分の時点でマシントラブルによりストップしてしまい、ポルシェが逆転優勝し残った1台が2位となりました。

 

 

 2017年はTS050 ハイブリッド 3台で参戦し、ポールポジションでスタートしレースをリードしましたが、2台はトラブルでリタイヤし、残り1台もモーターのトラブルで遅れ8位でレースを終えました。2018年はTS050 ハイブリッド 2台で参戦し、8号車がポールポジションでスタートし最後までトップを譲らず、7号車と1-2フィニッシュで優勝しました。日本人がドライブする日本車が優勝したのは初めてのことでした。ただ最近優勝している強豪のポルシェやアウディが参戦していなかったので、いまひとつ盛り上がりに欠ける優勝でした。

 ミニカーは2018年に発売開始されたルマン24時間レース カーコレクションの創刊号のモデルです。メーカーはスパークで、同社の主力であるレジン製ではなくダイキャスト製です。2017年に8位となった8号車をモデル化しています。スパークは同じ車をレジン製でモデル化しているので、それのダイキャスト版ということになり、デカールなどの細部のパーツは流用していると思います。エッティング材のワイパーやアンテナなど従来の雑誌付きミニカーに比べるとレベルの高い出来ばえです。ただその分定価が2499円と少し高いですが、この類のミニカーが好きな方にはお買い得だと思います。スパークは2016年のルマン出場車や2018年のルマン優勝車などTS050を数種類モデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と俯瞰画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA TS050 HYBRID GAZOO RACING #8 LE MANS 1
TOYOTA TS050 HYBRID GAZOO RACING #8 LE MANS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1962

   

TOYOTA CROWN SUPER SALOON (MS60) 1971 JAPAN

TOYOTA CROWN SUPER SALOON (MS60) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 263 1/40 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.7L 95HP 5段変速 3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでトヨタ クラウン S60/70型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン スーパーサルーン MS60型 日本 1971

 

 1971年に4代目クラウンが登場します。先代よりさらに丸みを帯びたスピンドル シェイプ(紡錘形)と称するデザインは実に大胆ですが、このデザインはタクシーや社有車などの法人ユーザーからは敬遠されました。この為ライバルのセドリック/グロリアに販売台数で抜かれることとなり、4代目クラウンは失敗作と言われています。

 

 エンジンは6気筒2.6L(130HP)/2L(107HP)M型を搭載し、3段AT/5段MT変速で、最高速165km/h(2.6L)の性能でした。上級車には既に後輪ESCやEAT(電子制御AT)まで付いていました。セダン、2ドアハードトップ、ワゴン(バン)の設定が有りました。1973年のマイナーチェンジで、ボディ同色だったバンパーを一般的なクロームメッキに変えるなどしてイメージを変えようとしましたが、あまり効果はなかったようです。

 このデザインには「クジラ」という愛称がついていますが、個人的には個性的で魅力的なデザインだと思います。この当時のトヨタのデザインはセンスが良かったと思うのですが、法人向けが主体だったクラウンではそれが裏目に出たようです。1974年に5代目クラウンにモデルチェンジしました。

 

 

 このミニカーもダイヤペットの当時物で、1972年に発売されました。黒一色の塗装であまりよく判別できないですが、フロントグリルの細かい部分も比較的良く再現しています。側面からみたプロポーションもかなり良く、当時物ミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。実車同様にバンパーをメッキした後期型も同じ型番の2ndタイプとしてモデル化されました。ダイヤペットはこのセダンのタクシー仕様と2ドアハードトップとバン、1/30の2ドアハードトップもモデル化しています。(実在しない2ドアハードトップのタクシーまでありました)それ以外の当時物はモデルペットからハードトップ、トミカとトミカ ダンディからセダンが出ており、最近ではトミカ リミッテドのセダン、 川端企画J-43(アンチモニー)の後期型セダンがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CROWN SUPER SALOON (MS60) 1
TOYOTA CROWN SUPER SALOON (MS60) 2

 以下は1972年に発売されたクラウン MS60 ハードトップ(型番247)の画像です。ハードトップの斬新なデザインがうまく再現されています。フェンダーミラーが大き過ぎて笑ってしまいますが、このフェンダーミラーが大きいのには理由がありました。子供向けのおもちゃでしたから簡単に壊れないようにとの配慮でしたが、それでもこのミラーがとれることにクレームがあったそうです。その後ダイヤペットはミニカーにフェンダーミラーをつけることはありませんでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CROWN (MS60) HARDTOP 1
TOYOTA CROWN (MS60) HARDTOP 2

 以下は1971年に発売されたクラウン MS60 バン(型番250)の画像です。セダンよりもバンのほうがスピンドル シェイプのデザインが良く似合っていました。フロントの造形がやや誇張されていますが、全体的なボディデザインがうまく再現された良い出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CROWN (MS60) VAN 1
TOYOTA CROWN  (MS60) VAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=983

   

 

TOYOTA CROWN (S60) TAXI 1973 JAPAN

TOYOTA CROWN (S60) TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 263 1/40 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 86HP LPG仕様 4段変速
性能: 最高速 不明
データーベースでトヨタ タクシーのミニカー検索

 

トヨタ クラウン タクシー S60型 日本 1973

 

 最近のタクシーはトヨタのコンフォート/クラウンセダン、日産 セドリックのタクシー専用車がほとんどでしたが、1990年代以前は様々な自動車会社のタクシーがありました。(2017年にはトヨタのジャパンタクシーが登場しました) 1970-1980年代の中型車クラスのタクシーで代表的な車種といえば、やはりトヨタ クラウンと日産 セドリックでした。このMS60型 クラウン タクシーが登場したのは私が大学生の頃で、「阪急タクシー(阪急電鉄関連会社)」のこのクラウンには時々乗ったことがありました。

 

 タクシーのエンジンはほとんどがLPガス仕様ですが、これはLPガスがガソリンや軽油より大幅に安かったからで、1960年代にタクシーのLPガス化が進みました。現在でもLPガスは安いのですが、LPガス充填スタンドが少ないことやガスタンク構造の法規制など諸々の理由で、LPガス車は一般向けには普及していません。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、前述したクラウン MS60型のタクシー仕様です。同じ型番でマイナーチェンジ前/後の2タイプ(1st/2nd)があり、これはバンパーをマイナーチェンジ後のクロームメッキの物に変えた2ndタイプです。ドアに日本タクシーと表示されてますが、大阪に実在するタクシー会社「日本タクシー」のモデル化ではなくダイヤペットの創作のようです。なおダイヤペットのタクシーには黄に青ラインの構内タクシー、黄とオレンジの2トンカラー(東京の大手タクシー会社4社の統一カラー 通称「4社カラー」)、個人タクシーの白などがありました。 以下はフロント/リアの拡大画像とサイドビューの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CROWN (S60) TAXI 1
TOYOTA CROWN (S60) TAXI 2

 日産のタクシーのミニカー →データーベースで日産 タクシーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1666

   

TOYOTA CORONA MK II 2000 GSS (X20) 1972 JAPAN

TOYOTA CORONA MK II 2000 GSS (X20) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 51 1/42 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.33m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 2L 140HP 5段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでトヨタ コロナ マーク IIのミニカー検索

 

トヨタ コロナ マーク II ハードトップ 2000 GSS X20型 日本 1972

 

 コロナ マーク IIの2代目は1972年に登場しました。大型化されたボディに非常にスタイリッシュなデザインを採用していました。特にハードトップは当時のアメリカ車(ダッジ チェレンジャーあたり)を思わせる、実にかっこいい車でした。とても小さくて実用性の低いバンパーや後方視界を妨げる大きなリアクオーターなどによるデザイン重視のスタイルは、この時代の車ならではの美しさと魅力を感じます。

 エンジンは4気筒R型1.7L(95HP)/2L(110HP)と6気筒M型2L(110HP)、スカイラインのGTに対抗してハードトップの2000GSSにはDOHC18R型2L(140HP)が搭載されました。3段AT、5/4段MT変速で、サスペンションが強化された2000GSSは最高速190km/hの性能でした。4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン(バン)が有りました。

 

 6気筒2LにEFIと呼ばれる電子制御式燃料噴射エンジンが追加され、1973年のマイナーチェンジでグリルが変更された中期型となりました。1974年のマイナーチェンジでノーズが長くなりバンパーが直線的になった後期型となり、その際に1.7Lは1.8Lエンジンに切り替わり、1975年以降は4気筒エンジンは2Lだけになりました。

 

 

 2代目マーク IIの繊細なデザインを当時物ミニカーで表現するのは難しかったようです。当時物では画像のモデルペットが一番出来が良いと思います。(ホイールがフリーホイール化されていなければもっと印象が良いのですが) これ以外の当時物ではダイヤペット チェリカの初期型ハードトップ、ダイヤペットの後期型ハードトップ、トミカとトミカ ダンディの前期型ハードトップがあります。最近ではトミカ リミッテドから中期型ハードトップがでていて、これはかなり良い感じに仕上がっています。なおセダンは現在でもまだモデル化されていないので、どこかでモデル化して欲しいです。

 以下はダイヤペットの後期型ハードトップ(丸みが付き過ぎてあまり似てません)とトミカ リミッテドの中期型ハードトップの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA MK II 2000 GSS (X20) 1
TOYOTA MK II 2000 GSS (X20) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=984

   

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  ...23 次へ »