ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA CARINA ED G LIMITED (T160) 1985 JAPAN

TOYOTA CARINA ED G LIMITED (T160) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CAM C43084 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.48m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 190HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースでトヨタ カリーナのミニカー検索

 

トヨタ カリーナ ED G リミッテド T160型 日本 1985

 

 1985年に4代目セリカの姉妹車としてコロナ クーペとカリーナ EDが登場しました。セリカの4ドア仕様といった性格の車で、ピラーレスハードトップを採用した小さなキャビンで車高を低くしていました。これは実用性を犠牲にして見た目のかっこよさを最優先したデザインでした。自動車専門誌ではワーストデザインだと批評されましたが、一般ユーザーには好評で大ヒットしました。(今見てもシンプルでかっこいいです。最近はクーペ風4ドアセダンが流行っていますが、この車のデザインはその先駆けとも言えます)

 

 当初のエンジンは4気筒1.8L/DOHC 4気筒2L(140HP)で、1987年には2Lがハイメカツインカム方式DOHC(1本のカムシャフトで吸排気カムを駆動する実用的なDOHC)に変わり、1988年には1.8Lもハイメカツインカム方式でDOHC化されました。1987年のマイナーチェンジでフロントグリルにフォグランプが内蔵され、EDのロゴがライトと連動して点灯する「ブライトエンブレム」と称するギミックが採用されました。1989年に2代目カリーナ EDにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはCAM製(レジン製)で、2018年に発売されました。私はレジン製ミニカーは基本的に買わないのですが、今までモデル化されていなかったカリーナ EDのミニカーが欲しかったので買いました。ミニカーの出来ばえとしては普通に良く出来ていると思います。ただし特別に目新しいところがあるわけではなく、とても定価11880円に見合ったミニカーではありません。

 高額なことを別にして最大の不満点はタイヤが回転しないということです。なぜ最近のレジン製ミニカー(全部ではないですが)はタイヤを固定式にするのか理由がわかりません。車というものはタイヤが回転して動くのですから、その基本的な部分を無視したミニカーなど私には理解できません。別に転がして遊ぶわけではないですが、普通のミニカーコレクターはこのような不自然なことを望んでいないはずです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CARINA ED G LIMITED (T160) 1
TOYOTA CARINA ED G LIMITED (T160) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1963

   

TOYOTA CORONA EXIV (T180) 1989 JAPAN

TOYOTA CORONA EXIV (T180) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 55 1/43 107mm

 

トヨタ コロナ EXIV (エクシヴ) T180型 日本 1989

 

 トヨタ コロナ EXIV (エクシヴ) 1989年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 165HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースでトヨタ コロナのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1476

   

 

TOYOTA AVENSIS (T250) 2003 JAPAN

TOYOTA AVENSIS (T250) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS   1/43 109mm

 

トヨタ アベンシス T250型 日本 2003

 

 欧州向け中型車 アベンシス 初代 1997年 登場 
 アベンシス 2代目 2003年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.65m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 147HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速205km/h (欧州仕様)
データーベースでトヨタ アベンシスのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1485

   

TOYOTA 86 2012 JAPAN

TOYOTA 86 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 184 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC 水平対向4気筒 2L 200HP 6段変速/6段自動変速
性能: 最高速230km/h (輸出仕様)
データーベースでトヨタ 86のミニカー検索

 

トヨタ 86 日本 2012

 

 2012年 小型スポーツカー 86 登場
 現在でも人気の高いカローラ レビン/スプリンター トレノ(AE86型 ハチロク)にちなんで 86と命名されたトヨタとして久しぶりのスポーツカー スバルとの共同開発でスバルの水平対向エンジンを採用したことで低重心のスポーツカーを実現しています。スバルではBRZとして発売しています。(製造はスバルが担当) 両車の仕様はほとんど同じで、フロント周りと内装のデザインが少し異なります。

 

 ミニカーは国産名車コレクションのもので、メーカーはイクソ製です。(京商 Jコレクションのトヨタ 86は同じ型を流用している) この類の雑誌付属のミニカーとしては、そこそこの出来ばえです。国産名車コレクションにはスバル BRZもあります。実車同様に同じ型を共用してフロント周りと内装を変えてあります。トミカ、エブロ、LA-X、オートアートなどでもモデル化しています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1665

   

 

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 1979 JAPAN

TOYOTA CROWN ROYAL SALOON (MS110) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1537 (G135) 1/40 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.86m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 145HP 5段変速 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでトヨタ クラウン S110型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン ロイヤルサルーン MS110型 日本 1979

 

 クラウンの6代目は1979年に登場しました。先代の角張ったデザインが洗練され、セダンは角形4灯式ヘッドライト(4ドアハードトップは角形2灯)を採用しています。エンジンは6気筒2.8L(145HP)/2L(125HP)M型と4気筒2Lディーゼルで、3/4段AT/5段MT変速で、最高速は180km/h(2.8L)の性能でした。

 

 4ドアセダン、2/4ドアハードトップ、ワゴン(バン)のバリエーションがあり、2ドアハードトップにはルーフ後部にレザー貼りしたランドウトップというオプションもありました。燃費などが表示されるクルーズ コンピュータなどマイコンを搭載した目新しい電子機器が装備されるようになりました。1980年には2Lエンジンにトヨタ初のターボ仕様(145HP)が設定されました。

 

 

 1981年のマイナーチェンジで前後パネルが変更され、フォグランプを内蔵した角形2灯式ヘッドライトが採用されました。M型2.8LエンジンにはDOHC仕様が設定され、2LエンジンはM型から新しいG型に切り替わり、ディーゼルにターボ仕様が追加されました。この頃から排ガス対応でのパワーダウンを挽回するハイパワーエンジンが復活してきました。

 当時物ミニカーとしてははダイヤペット(1/30 4ドアハードトップと1/40 セダン)とトミカがあります。画像のダイヤペット(1/40)は全体的なプロポーションは良いのですが、フロントグリルが大雑把な作りで実車のイメージがでていません。なお1/30は作っている工場がセンスの良い12番工場なので、4ドアハードトップはなかなか良い出来映えです(残念ながら持っていないのですが) 最近の物では、トミカ リミッテドが4ドアハードトップをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=996

   

TOYOTA CROWN HARDTOP ROYAL SALOON G 1983 JAPAN

TOYOTA CROWN HARDTOP ROYAL SALOON G 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 1662(G43) 1/40 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.86m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 2.8L 175HP 5段変速 4段自動変速
性能: 最高速180km/h以上
データーベースでトヨタ クラウン S120型のミニカー検索

 

トヨタ クラウン ハードトップ ロイヤルサルーンG MS120型 日本 1983

 

 クラウンの7代目は1983年に登場しました。上記マーク II同様に2ドアが無くなり、セダン、4ドアハードトップ、ワゴン(バン)のバリエーションでした。先代を洗練させたデザインで、透明樹脂を使った目新しいリアピラー処理が特徴で、当初はクラウンらしくないとの評価がありました。(今見るとそうでもないですが)

 

 6気筒2.8L(175HP)の5M-G型、2Lの1G/1G-G型、2LターボのM-T型と4気筒2.4Lディーゼル(ターボ)エンジンを搭載し、4段AT/5段MTで、最高速は180km/h(2.8L)以上の性能でした。DOHCエンジンのスポーツ仕様にはクラウン初の後輪独立懸架が採用され、最高級のロイヤルサルーンGにはマイコン制御のESCが装備されました。

 

 

 1984年に2.8Lが3Lの6M-G型に変更され、1985年のマイナーチェンジではM-T型エンジンが廃止され、2Lの1G-G型にスーパーチャージャーが追加されました。この世代からスポーティー仕様のクラウン アスリートが登場しました。またこの世代まではセダンにフェンダーミラーがまだ残っていました。

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、プロポーションが正確で細部もよく再現してありかなり良い出来栄えです。ただ特徴的なリアピラーをそれらしく表現していないのが残念です。 その他の当時物ではトミカとトミカ ダンディがセダンをモデル化されています。(トミカではリアピラーを銀色の塗装で表現しています) 現時点で当時物以外のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1003

   

 

ページ  « 前へ 1...11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  ...23 次へ »