ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN CIMA TYPE II L (FY31) 1988 JAPAN

NISSAN CIMA TYPE II L (FY31) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV08 1/30 162mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.89m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L ターボ 255HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースで日産 シーマのミニカー検索

 

日産 シーマ タイプ II L FY31型 日本 1988

 

 日産 シーマはバブル絶頂期の1988年に登場した高級車で、パーソナルユースを目的とした3ナンバー専用車でした。7代目セドリック Y31型 をベースにしていますが、タクシーや社有車のイメージがある従来のセドリック クラスの車とは異質の車で、輸入高級車に対抗できる日本車というジャンルを確立させました。当時は圧倒的な人気で市場を独占し「シーマ現象」といわれました。日本の高級車としてはセンスの良いデザインもさることながら、ターボ付きのハイパワーエンジン(V型6気筒3L 255HP)による圧倒的な加速力も人気の要因でした。

 

 1989年のマイナーチェンジで、内外装を変更し後期型となりました。(フロントグリルの横桟が増えただけで、見た目はほとんど同じ) CRTディスプレイ(TVも映る)/カセットデッキ/CDオートチェンジャーを持つマルチAVシステムはオーディオ関係の操作だけではなく、車速/ステアリン舵角/地磁気センサーなどで自車位置を計算して地図を表示する完全自律航法式ナビゲーションシステムの機能もありました。(現在のGPS方式のナビとは別物です) サンルーフ、デジタルメーターなどもオプション設定されました。1991年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で1989年に発売されました。縮尺1/30で当時のダイヤペットではシャープな造形を特徴とする12番工場製なので、フロントグリル/バンパーやテールライトなどの細部がリアルに再現され、やや寸詰まりのプロポーションながら良い出来ばえでした。なおボンネット上にエンブレムが刻印されていますが、これはエンブレムの形状を明確に表現したいが別パーツ化すると破損する恐れがあることからこのような処置をしたのではないかと推察します。(日産特注品が実車の販促用にも使われたと思いますので) ダイヤペットは1/40で無塗装メッキ仕様のシーマのミニカー(インゴットシリーズと呼ばれる)も発売していました。当時物ミニカーではトミカもありました。最近の物では京商、国産名車コレクション、トミカ リミッテド、レジン製ではイグニッションモデルなどがあります。 以下はダイヤペットのシーマ 初代のフロント/リアの拡大画像と室内/エンジンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CIMA (FY31) 1
NISSAN CIMA (FY31) 2

 以下は2008年に発売された国産名車コレクションのシーマ 初代(No.68)の画像です。ヘッドライト形状がやや角を落としすぎで雰囲気が少し違っていますが、まずまずの出来ばえです。これは京商の型を流用しているようで、フロントグリルやドアミラーは仕上げが変えてありますが、ホイールが全く同じなので多分間違いないでしょう。日産名車コレクションのNo.57でも白の色違いでモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CIMA (FY31) 3
NISSAN CIMA (FY31) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1460

   

NISSAN 180SX (RS13) 1989 JAPAN

NISSAN 180SX (RS13) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 22 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8Lターボ 175HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速225km/h (輸出仕様)
データーベースで日産 180SX 200SXのミニカー検索

 

日産 180SX RS13型 日本 1989

 

 180SXは4代目シルビア S13型の姉妹車として1989年に登場しました。2代目ガゼールの実質的な後継車でもありました。リトラクタブル式角形ヘッドライトを採用したハッチバッククーペで、シルビアに対する販売店からのハッチバック追加要請に応じて追加されました。北米仕様の240SXにはクーペとハッチバックがあったので、そのハッチバックをベースにして国内仕様の180SXとしたものでした。なお240SXにリトラクタブル式ヘッドライトが採用されたのは、シルビアのヘッドライトの高さが北米法規に合わない為に変更されたものでした。エンジンやサスペンションなどは全てS13型シルビアと共通でした。

 

 1991年のマイナーチェンジで中期型となり、フロントバンパーの形状が変更されエンジンが4気筒2Lに変更されました。1993年にシルビアがS14型にモデルチェンジしましたが、180SXはそのまま販売が継続されました。1996年ののマイナーチェンジで後期型となり、フロントバンパーやリアライトなどの内外装が変更されました。1998年にシルビアに統合され生産中止となりました。

 180SXとシルビア S13型は姉妹車なので部品の互換性があり、180SXにシルビアのフロントグリル/ヘッドライトを組み込んだ改造車が作られました。この車は「シルエイティ」という通称が付けられチューニングショップで販売されるようになり、後にこの名前が日産自動車の正式名称にもなりました。

 

 

 ミニカーは2009年に発売された日産名車コレクション製です。日産名車コレクションのメーカーはノレブだったので、雑誌付きミニカーながらノレブらしいレベルの高い出来ばえのものが多いです。この180SXも内装の仕上げが簡素ですが、値段相応以上の良い出来ばえです。180SXのミニカーはアオシマ DISMの1/24(前期/中期/後期)、ハイストーリー(レジン製)、オットーモバイル(レジン製)の1/18などがあります。またシルエイティのミニカーはトミカ リミッテド、ハイストーリー(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN 180SX (RS13) 1
NISSAN 180SX (RS13) 2

 以下は2011年に発売された国産名車コレクションの180SX (1/43 No.139)の画像です。日産名車コレクションの色違いです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN 180SX (RS13) 3
NISSAN 180SX (RS13) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1541

   

 

NISSAN PAO 1989 JAPAN

NISSAN PAO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO K03412R 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.74m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 52HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速 130km/h?
データーベースで日産 パオのミニカー検索

 

日産 パオ 日本 1989

 

 1980年代のバブル景気の下で各自動車会社から個性的なスタイリングの車が登場したことがありました。昔の車に似せたレトロなデザインから前衛的なデザインまで色々ありましたが、それらはまとめてパイクカー(PIKE CAR)と呼ばれています。マーチ初代をベースにしたパイクカーの第2弾としてパオが登場しました。パオは1987?の東京モーターショーに参考出展され、パイクカー第1弾のBe-1同様に人気が高く1989年に市販化されました。パオは1950-1960年代のフランス車あたりをイメージしたようなレトロなデザインが特徴でしたが、全体のフォルムは近代的なハッチバックスタイルでした。

 

 外観では丸形ヘッドライト、スチール製バンパー、補強リブのあるボンネット/ドア、カバー付きのドアヒンジ、上下2分割のリアサイドウィンドー、上下2分割で開くバックドアなどがレトロな雰囲気で、内装も簡素なインパネに大型の丸形メータ、細い2本スポークのステアリングホイールなどレトロでした。屋根が開くキャンバストップ仕様がありました。4気筒1L(52HP)エンジンを搭載する前輪駆動車で、古いフランス車のような柔らかい乗り心地にサスペンション設定されていたそうです。Be-1は1万台の限定生産でしたが、パオは3ヶ月間の期間限定受注で約5万台が販売され日産のパイクカーの中では一番多く生産されました。

 

 

 ミニカーは2008年に発売された京商 Jコレクション製です。ミニカーは買いそびれて持っていないので、ここではWEBショップの画像を借用させていただきました。画像で見ただけですが京商 Jコレクションの標準的な良い出来ばえで、実車の雰囲気がうまく再現されていると思います。京商 Jコレクションにはキャンバストップ仕様もありました。これ以外のパオのミニカーはダイヤペットの当時物 1/40とアンチモニー製の置物的な物 1/40、コナミの1/64がありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1543

   

NISSAN S-CARGO 1989 JAPAN

NISSAN S-CARGO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV06 1/32 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 73HP 3段自動変速
性能: 最高速 ?
データーベースで日産 エスカルゴのミニカー検索

 

日産 エスカルゴ 日本 1989

 

 1980年代のバブル景気の下で各自動車会社から個性的なスタイリングの車が登場したことがありました。昔の車に似せたレトロなデザインから前衛的なデザインまで色々ありましたが、それらはまとめてパイクカー(PIKE CAR)と呼ばれています。エスカルゴは1989年に登場した商用車のパイクカーでした。フロントの顔つきを含めて車体全体をカタツムリの形に似せた高い車高のボディが特徴で、4人乗りで簡易的なリアシートを畳むと広い荷室になりました。このエスカルゴという名前はフランス語のESCARGOT(エスカルゴ:カタツムリの意)と英語のCARGO(カーゴ:貨物の意)を組み合わせたものでした。

 

 パルサー初代(前輪駆動車)の商用バンをベースにしていて、後輪サスペンションをトーションバーを使ったトレーリングアーム式に変更することで荷室の床を低くし、高い車高と合わせて広い荷室を実現していました。荷室側面に丸い窓のあるタイプと、キャンバストップで屋根を開放できるタイプがありました。広い車体側面に会社のロゴが大きく表示でき、変わった外観で人目を引くので宣伝用の商用車としてj需要があったようです。乗用車のパイクカーとは異なり数量限定ではなく予約された分は全て販売され、1990年までに約1.6万台が販売されました。

 

 

 ミニカーは1989年に発売されたダイヤペットの当時物です。ダイヤペットの協力工場の13番工場製で、キャンバストップ仕様をモデル化しています。縮尺が1/32と中途半端なのが今一つですが、フロントの愛嬌のある顔つきなど実車の雰囲気がうまく再現されていて、当時のミニカーとしてはかなり良く出来ていました。室内は簡単ですが特徴であったセンターメータとインパネから生える自動変速シフトレバーが再現されています。ウィンドー付ドアと大きなリアゲートが開くギミック付きです。ダイヤペットは1/40で金属製の置物的なインゴット シリーズでもエスカルゴをモデル化していました。これ以外のエスカルゴのミニカーはスパーク(レジン製)が2019年に発売しています。 以下はフロントの拡大画像とリア(リアゲート開閉)/ドアを開いた室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SCARGO 1
NISSAN SCARGO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1545

   

NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 1989 JAPAN

NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43003 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.55m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2.6L ターボ 280HP 5段変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様) 4WD
データーベースで日産 スカイライン R32のミニカー検索

 

日産 スカイライン GT-R R32型 日本 1989

 

 1989年に8代目スカイライン(R32)が登場しました。やや大人しいデザインであった先代から、角形ヘッドライト/スラントノーズは継承しつつボディをスリム化してシャープなデザインとなりました。また全モデルに丸形4灯式テールライトが採用されました。先代同様にシャーシはローレル(C33型)と共用し、4ドアセダンと2ドアクーペの構成でワゴンはなくなりました。エンジンは4気筒1.8L(91HP)、6気筒2L(125-155HP)/2Lターボ(215HP)が搭載されました。1991年のマイナーチェンジで、フロントグリルやバンパーの意匠が小変更され、DOHC 6気筒2.5L(180HP)エンジンが追加されました。

 

 1989年にDOHC 6気筒2.6Lターボ(280HP)エンジンを搭載し、4輪の駆動力を電子制御する4輪駆動システム(アテーサE-TS)を採用したGT-Rが16年ぶりに復活しました。1990年にはグループAのホモロゲーション用モデルとしてGT-R ニスモが発売されました。R32 GT-RはR31 スカイライン GTS-Rの後継としてレースに参戦し、国内のレースを席巻しました。ボディのスリム化で室内が狭くなりファミリーユースのユーザーが減ったことで販売台数は先代より減ったようです。ただその反面スリムな外観はマニアには評判が高く、大柄になった後継のR33よりも現在でも人気があるようです。1993年に9代目スカイライン (R33)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1997年に発売されたエブロ製のGT-Rです。エブロらしいセンスの良い造形で、実車の雰囲気がよく再現されています。ヘッドライトやテールライトなどの細部もリアルですが、室内の造形は現在的な評価基準でみるとやや物足りない気もします。R32 スカイラインの当時物ミニカーとしてはすべてがGT-Rですが、ダイヤペット、トミカ、ロッソ(ROSSO)などがありました。最近のものでは 京商の1/18と1/43と1/64、トミカ、トミカ リミッテド、オートアートの1/18、国産名車コレクション、ごく最近のレジン製(hpiレーシング、イグニションモデル、MARK43)など非常にたくさんあります。なおインターアライドのブランド HI-STORY(レジン製)だけがGT-Rではない4ドアのGTSをモデル化しています。このように他のレジン製ブランドとは一味違った車種展開をするHI-STORYはレジン製でも好きなブランドです。 以下はエブロ製のフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 1
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 2

 以下は1992年に発売されたロッソ(ROSSO)製のスカイライン GT-R (R32) 1990年 (1/43 型番01002)の画像です。ロッソはプラモデルメーカーのフジミ模型の関係者が1990年に設立したプラモデルメーカーで、非常にレベルの高いモデルを発売していましたが、2年ほどで消滅しました。ロッソは1/43サイズのプラモデル完成品も数種類発売していて、これがその1台です。当時の価格は5000円と高価でしたが、ミニカーというよりもスケールモデル的なリアルな仕上がりで非常に良く出来ています。ボンネット/ドアが開閉し室内も良く再現されていて、さらに床下部分のエンジン/変速機/サスペンションなどのメカ部分まで立体的に再現されています。ボディは未塗装のようなのですが、質感が高くプラスチック製の安っぽい感じはしません。ただプラスチック製なので経年変化で少し変形しているようで、ドア周りに少し隙間ができています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 3
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 4

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジンルームの画像です。。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 5
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 6

 以下は2001年に発売されたデルプラド製 世界の名車シリーズのスカイライン GT-R (R32) 1989年 (1/43 No.29)の画像です。メーカーは不明ですが、この当時の雑誌付きミニカーとしては結構良い出来ばえです。デルプラドは世界のレーシングカー シリーズでレース仕様のR32 GT-Rもモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 7
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 8

 以下は2010年に発売された国産名車コレクションのスカイライン GT-R (R32) 1989年 (1/43 No.121)の画像です。メーカーはノレブで、全体的にややスリムな感じがしますが、フロントグリルや灯火類などの細部がそこそこリアルで、雑誌付きミニカーながら良い出来ばえです。同じ物の色違い(黒)が日産名車コレクションのNo.10でも発売されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 11
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 12

 以下は1990年に発売されたダイヤペットの当時物 スカイライン GT-R (R32) 1989年 (1/40 型番SV16)の画像です。ダイヤペットの協力工場の11番工場製で、フロントグリルや灯火類は結構リアルにできているのですが、全体的なプロポーションがやや寸詰まりなので、今一つの出来ばえです。ただ当時のダイヤペットのミニカーとしてはこれでも上出来の部類でした。ボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミック仕様です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 13
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 14

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームとリア/トランクの開閉の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 15
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 16

 以下は2000年にダイヤペット 35周年記念として限定300台で発売された「スカイライン GT-R (R32/R33) 2台セット」のなかの1台 スカイライン GT-R (R32) 1989年 (1/40 型番無し)の画像です。これは上の型番SV16をベースにしていますが、ボンネットとトランクの開閉ギミックが削除されホイールが変更されています。またエンブレムの追加など仕上げ処理もレベルアップされているようです。この2台セットの片割れのR33 GT-RはR33 GT-Rの欄で紹介しています。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 17
NISSAN SKYLINE GT-R (R32) 18

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1452

   

 

NISSAN FAIRLADY 300ZX T-BAR ROOF (Z32) 1989 JAPAN

NISSAN FAIRLADY 300ZX T-BAR ROOF (Z32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KATO431 72-001 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 ターボ 3L 280HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速265km/h (輸出仕様)
データーベースでフェアレディ Z Z32型のミニカー検索

 

日産 フェアレディ 300ZX Tバールーフ Z32型 日本 1989

 

 フェアレディ Z 4代目(Z32型)が1983年に登場します。先代のイメージを継承しつつも、時代に即してキャビン重視の幅広のプロポーションに変わっています。リトラクタブルではなくボディラインに沿って埋め込まれた薄いヘッドライトも独創的です。先代同様に2シーターと4シーターの2by2(Tバールーフ仕様のみ)があり、1992年にフルオープンのコンバーチブルも設定されました。エンジンはV型6気筒3L(230HP)とそのツインターボ仕様(280HP)が搭載されました。

 

 米国仕様のツインターボエンジンは300HPでしたが、国内では運輸省の指導で280HPに自主規制されました。この国産車のエンジン最大出力自主規制は2004年頃まで続いたのですが、そのきっかけを作ったのはZ32でした。1993年のマイナーチェンジで、リアスポイラーが大型のウイングタイプに変更されました。1998年のマイナーチェンジでも、フロントバンパーやリアスポイラーが小変更されました。2000年に生産中止となり、2002年の5代目登場まで一時的にZの後継車が消えました。

 

 

 ミニカーは鉄道模型で有名な株式会社カトーが、1993年頃に発売したもので、プラスチック製です。300ZX 2シーター Tバールーフ仕様をモデル化しています。(同時期にカトーはトヨタ スープラもモデル化しています) プラモデルの完成品のようなミニカーで塗装されていないのでボディの質感はいまひとつです。それとヘッドライトの造形がいまひとつなのも除外すればZ32のミニカーとしては今でも第一級の出来ばえです。底板はダイキャスト製ですので適度の重さがあり、通常のプラスチック製のような安っぽい感じはしません。ドアとボンネットが開閉しますが、閉じた状態では隙間が無く非常に緻密な仕上がりです。また室内やエンジンもリアルに再現されていて、老舗鉄道模型メーカーの優れた技術力が発揮されています。

 なおプラスチック製ミニカーは長期保存で変形する心配がありますが、これは約20年以上経った現在でも全く変形していません。理由は耐久性のあるプラスチック(ABS樹脂など)を使っているからでしょう。カトー以外の当時物としては、ダイヤペット、トミカ、ディテールカーなどがあります。ディテールカーはコンバーチブルもモデル化しています。最近の物では、京商の1/43と1/18や国産/日産名車コレクション、レジン製ではWIT'Sやイグニッションモデルなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN FAIRLADY 300ZX T-BAR ROOF (Z32) 1
NISSAN FAIRLADY 300ZX T-BAR ROOF (Z32) 2

 以下は1994年に発売されたディテールカーの日産 300Z コンバーチブル (1/43 型番161)の画像です。ドア開閉ギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FAIRLADY 300ZX CONBERTIBLE (Z32) 1
NISSAN FAIRLADY 300ZX CONBERTIBLE (Z32) 2

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FAIRLADY 300ZX CONBERTIBLE (Z32) 3
NISSAN FAIRLADY 300ZX CONBERTIBLE (Z32) 4

 以下は2009年に発売された日産名車コレクションの日産 フェアレディ 300ZX (1/43 No.25)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FAIRLADY 300ZX T-BAR ROOF (Z32) 3
NISSAN FAIRLADY 300ZX T-BAR ROOF (Z32) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1461

   

NISSAN INFINITI Q45 (G50) 1989 JAPAN

NISSAN INFINITI Q45 (G50) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 32 1/43 118mm

 

日産 インフィニティ Q45 G50型 日本 1989

 

 日産はアメリカの高級車市場向けにインフィニティ ブランドを立上げインフィニティ Q45 1989年 登場
 日本国内向け インフィニティ Q45 1989年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.09m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.5L 280HP 4段自動変速
性能: 最高速241km/h (北米仕様)
データーベースで日産 インフィニティのミニカー検索
 

NISSAN INFINITI Q45 (G50) 1
NISSAN INFINITI Q45 (G50) 2

 以下は2011年に発売された国産名車コレクションの日産 インフィニティ Q45 (1/43 No.147)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN INFINITI Q45 (G50) 3
NISSAN INFINITI Q45 (G50) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1548

   

NISSAN NX COUPE 1990 JAPAN

NISSAN NX COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 65 1/43 98㎜

 

日産 NX クーペ 日本 1990

 

 サニーB13型(7代目)をベースにしたクーペ NX クーペ (サニー クーペの後継車) 1990年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 140HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースで日産 NXのミニカー検索
 

NISSAN NX COUPE 1
NISSAN NX COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1546

   

 

NISSAN FIGARO 1991 JAPAN

NISSAN FIGARO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV28 1/40 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.74m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1L ターボ 76HP 3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースで日産 フィガロのミニカー検索

 

日産 フィガロ 日本 1991

 

 1980年代のバブル景気の下で各自動車会社から個性的なスタイリングの車が登場したことがありました。昔の車に似せたレトロなデザインから前衛的なデザインまで色々ありましたが、それらはまとめてパイクカー(PIKE CAR)と呼ばれています。フィガロはマーチ初代をベースにしたパイクカーの第3弾でした。1989年の東京モーターショーで試作車が公開され、1991年から限定2万台が抽選方式で販売されました。(当時はパイクカーの人気が高く、すぐに売り切れました) フィガロは4人乗りオープンカーで、1930年代のフランス車を思わせるアール デコ様式風のレトロなデザインが特徴でした。内装もインパネのメータなどがレトロなデザインで統一されていました。

 

 4気筒1L(76HP)のターボエンジンが搭載され、そこそこ高性能だったようです。手動でリアシート後部に格納する幌は屋根の部分だけで、オープンにしてもサイドパネルが残る形式のオープンカーでした。このカブリオレ形式は古いフランス車などによく見られる形式で、フランスでは「デクヴェラブル(DECOUVRABLE)」と呼びます。フィガロは2020年現在でも人気があるようです。国内専用車でしたがアメリカやイギリスでも人気があり中古車が輸出されたそうです。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で1991年に発売されました。ダイヤペットの協力工場の11番工場製で、11番工場は丸みのあるデフォルメをするのでフィガロには合っていました。ヘッドライトが大きめですが実車のイメージがうまく表現されています。実車に即したカラーリングで、リアライトやホイール、室内もそこそこリアルに再現されています。ボンネットとドアが開閉するギミック付きです。これ以外のフィガロのミニカーは京商(ルーフの状態が開閉2タイプとTVドラマ 相棒仕様)、国産名車コレクションの1/43と1/24、ホビージャパンのレジン製 1/18などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN FIGARO 1
NISSAN FIGARO 2

 以下は2009年に発売された国産名車コレクションの日産 フィガロ (1/43 No.85)の画像です。メーカーはノレブで、ノレブらしいそつのない造形で、安価な雑誌付きミニカーながらかなり良く出来ています。灯火類、ヘッドライト上から後方に伸びるクロームモール、ホイール、ドアミラー、室内などの細部もリアルに出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FIGARO 3
NISSAN FIGARO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1544

   

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1991 JAPAN

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV29 1/40 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.87m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 255HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア Y32型のミニカー検索

 

日産 セドリック グランツーリスモ アルティマ Y32型 日本 1991

 

 セドリックの8代目 Y32型が1991年に登場しました。セダン系はY31型のマイナーチェンジ版でタクシーなどの営業車だけとなり、一般向けは4ドアハードトップのみとなりました。。やや若年層よりのスポーティーなグロリアに対し、セドリックではクロームメッキのフロントグリルを使用するなど高級志向の高いユーザーや比較的高い年齢層を狙った位置付けとなりました。ブロアム/クラシック系は角型のヘッドライトを採用し、グランツーリスモ系は丸目4灯ライトを採用しています。エンジンはV型6気筒2L/3L、シーマ搭載のDOHC V型6気筒3L/3L ターボ、6気筒2.8Lディーゼルを搭載し、ミッションはマニアルが廃止されて、自動変速のみとなりました。1995年に9代目のY33型にモデルチェンジしました。

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1992年に発売されました。ダイヤペットの11番工場製で、11番工場の作風はこんな風にボディ全体が膨らんだような感じのデフォルメです。はっきり言って実車のイメージから外れているので、あまり良い出来ではありません。ダイヤペットは同じ型を流用してグロリアもモデル化しています。これ以外のY32型のミニカーとしては、ハイストーリー(レジン製)のセドリックがありますが、このセドリックもあまり良い出来ばえではありません。Y31/Y32型はシーマに人気があるので、セドリック/グロリアにはあまり良いミニカーがないようです。 

 

 

 以下はダイヤペットのセドリック Y32型のフロント/リアの拡大画像と室内/エンジンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1
NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 2

 以下は1992年に発売されたダイヤペットのグロリア Y32型(型番SV31)の画像です。実車同様に前後のパネルを変更して、セドリック/グロリアを作り分けています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN GLORIA GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1
NISSAN GLORIA GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1458

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.