ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

DATSUN (NISSAN) TYPE 11 1932 JAPAN

DATSUN (NISSAN) TYPE 11 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY 36 1/36 78㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.7m 全幅約1.18m
エンジン 変速機: 4気筒 747㏄ 12HP 3段変速
性能: 最高速度65km/h
データーベースで初期の国産車のミニカー検索

 

ダットサン (日産) 11型 日本 1932

 

 三菱 A型で記載したように明治時代の自動車国産化は当時の日本の工業技術が未熟であった為成功しませんでした。その後の自動車国産化に影響を与えた会社として白楊(はくよう)社と快進社がありました。白楊社は1912年(大正元年)に創業された会社で、創業者豊川順彌氏が米国に滞在した経験から自動車開発に着手しました。1924年に国産技術で独自設計/製作した小型車オートモ号が完成しました。オートモ号は空冷4気筒943㏄(9HP)エンジンを搭載し3段変速で最高速60㎞/hの小型車でした。4人乗りセダン/フェートン、2人乗りロードスターがあり1928年までに約250台が生産されましたが、採算が取れず会社は解散しました。(実車画像→ オートモ号 1924)

 

 快進社は1911年に創業された日本初の自動車会社でした。1914年(大正3年)にV型2気筒(10HP)エンジンを搭載した小型車 脱兎(ダット)号を開発しました。ダット(DAT)とは同社の田、青山、竹内氏3名のイニシャルの組合せで、早く走るという意味の脱兎という意味もありました。 この会社を現在の日産自動車の前身であった戸畑鋳物株式会社自動車部が買取り小型大衆車として市販したのがダットサンでした。当初はダットの息子ということでダットソン(DATSON)と名付けられましたが、ソンは損に通じることからダットサン(DATSUN)となりました。1931(昭和6年)年にダットサン 10型が10台、1932年にはダットサン 11型(ダットサン 1号車)が150台製作されました。ダットサン 10型は4気筒495cc(10HP)エンジンを搭載し、ダットサン 11型は4気筒747cc(12HP)エンジンを搭載し3段変速機で最高速度65km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたトミカ ダンディ製です。ダットサン 11型(ダットサン 1号車)のフェートン(セダンの幌仕様)をモデル化しています。当時の国産ミニカーとしては珍しい本格的なクラシックカーのミニカーでした。実車に忠実にモデル化してあり、ヘッドライト、フロントウィンドー横の腕木式方向指示器、室内などの細部もそこそこ良く仕上げてあります。ただし縮尺が1/36と中途半端で、メタリック塗装のボディカラーが実車のイメージに合わないのが今一つです。これ以外のダットサン 11型のミニカーはトミカの1/49、ダイヤペットの1/30と1/35、ミクロペットの1/35などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) TYPE 11 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 11 2

 以下は1976年に発売されたダイヤペット製のダットサン 1号車 1932 (1/30? 型番G45)の画像です。これも前述した三菱 A型と同じダイヤペット10周年記念で作られたもので、これは塗装されていますが、ブロンズ仕上げの物もありました。上記のトミカ ダンディ製に比べるとやや見劣りしますが、これもそこそこ実車に忠実にモデル化してあります。なおカラーリングはトミカ ダンディ製よりそれらしい感じになっていると思います。箱には縮尺1/40と書かれていますが、ミニカーの全長が90㎜ですので1/30ぐらいでモデル化していることになります。なおダイヤペットはこれ以前の1968年にも型番139でダットサン 1号車をモデル化していますが、それはミクロペットのチェリカフェニックス シリーズの型番PHE4の型を使った復刻版でこれとは別物でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) TYPE 11 3
DATSUN (NISSAN) TYPE 11 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=361

   

NISSAN (DATSUN) TYPE 70 1937 JAPAN

NISSAN (DATSUN) TYPE 70 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REEN REPLICA 3 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 6気筒 3670㏄ 85HP 3段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースで初期の国産車のミニカー検索

 

日産 (ダットサン) 70型 日本 1937

 

 1923年(大正12年)9月に関東大震災が起こり、当時の主要な輸送手段であった鉄道が壊滅的な被害を受けました。その為震災の復興では自動車(主にトラック)が活躍しました。この自動車需要の急増に対応したのはアメリカの自動車メーカーでした。その状況で今後も日本での需要が伸びることを予想したアメリカの自動車メーカーは、1925年にフォード日本、1927年に日本GMを設立し日本でライセンス生産を開始しました。(フォードは横浜、GMは大阪に組立工場がありました) 日本の自動車製造はまだ緒に就いたばかりでしたので、自動車の国内市場(トラック/大型車)はこの2社で独占されることになりました。

 

 この状況に対応して、外資系のメーカーを排除し国産自動車を育成する為に1936年に「自動車製造事業法」が制定されました。この法律に後押しされて、日産がアメリカのグラハム ペイジ(Graham-Paige)社と提携し同社の生産設備を導入して製造したのが日産 70型でした。日産 70型は6気筒3.7Lエンジンを搭載する大型車でした。グラハム ペイジの図面で製造したので、外観はグラハム ペイジそのままでした。セダン以外にフェートン(幌付きのオープンカー 主に軍用)があり、約5500台が生産され国産初の量産大型車となりました。(実車画像→ グラハム ペイジ 1936)

 

 

 ミニカーは1976年に発売されたリーンレプリカ製です。リーンレプリカは個人コレクターが起ち上げたブランドで、ホワイトメタル製の1/43で初期の国産車を6車種ほどモデル化していました。個人が製作していたのでコストがかけられず、ウィンドーや室内の造形が省略された簡素な作りになっています。素朴な作りですが、プロポーションが良く実車の雰囲気をうまく再現しています。カラーリングも当時の車らしい感じになっています。日産 70型はこれしかミニカーがないので、初期の日本車のミニカーとして非常に貴重な存在です。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) TYPE 70 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 70 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=364

   

 

DATSUN (NISSAN) TYPE 17 1938 JAPAN

DATSUN (NISSAN) TYPE 17 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 44353 1/43 74㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.13m 全幅約1.19m
エンジン 変速機: 4気筒 722㏄ 16HP 3段変速
性能: 最高速80km/h
データーベースで初期の国産車のミニカー検索

 

ダットサン (日産) 17型 日本 1938

 

 現在の日産自動車の前身であった戸畑鋳物株式会社自動車部が1932年(昭和7年)に製作したダットサン 11型は、1933年にエンジンが748cc(12HP)に拡大されダットサン 12型になり、1934年にダットサン 13型になりました。1934年(昭和9年)に会社名が日産自動車に改められ、1935年に本格的に量産されたのがダットサン 14型でした。14型は全長2.79mの小型車で4気筒722㏄(15HP)エンジンを搭載していました。ボディは幌付きのオープンカー(フェートン)とセダンがあり、デザインが近代的になりました。縦長のハート型デザインのフロントグリルが特徴で、その上には脱兎(駆けているうさぎ)のマスコットが付いていました。(実車画像→ ダットサン 14型)

 

 その後1936年にダットサン 15型が登場し、1937年にダットサン 16型が登場しました。ダットサン 16型にはセダン、クーペ、フェートン、ロードスターなどがありました。1938年に戦前最後のモデルとなったダットサン 17型が登場しました。15型から17型のエンジンは14型と同じ4気筒722㏄で16HPに少しパワーアップしていました。17型は全長3.13mで少し大きくなりましたが、外観は14型と同じようなデザインでした。1937年には約8000台が生産され、当時の国産小型車の代表でした。なお当時の大型車はほとんどがアメリカのGMやフォードの車をノックダウン生産した車でした。

 

 

 ミニカーは2011年に発売されたエブロ製です。ダットサン 17型のフェートンをモデル化しています。エブロらしいリアルな造形で、実車が良く再現されています。17型の特徴である中央に縦ラインがあるフロントグリルとその上の脱兎のマスコット、灯火類、室内などの細部も良く再現されています。カラーリングもセンスが良いです。エブロはバリエーションでセダン、ロードスター、ピックアップトラックもモデル化しています。これ以外のダットサン 15-17型のミニカーは、リーンレプリカの14型、ダイヤペットのDX セダン (14型)があります。  以下はフロント(マスコット部拡大)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) TYPE 17 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 17 2

 以下は1976年に発売されたリーンレプリカ製の ダットサン (日産) 14型 1935 (1/43 型番1)の画像です。リーンレプリカは個人コレクターが起ち上げたブランドで、ホワイトメタル製の1/43で初期の国産車を6車種ほどモデル化していました。ウィンドーや室内の造形が省略された簡素な作りですが、プロポーションが良く特徴であるハート型デザインのフロントグリルなど実車の雰囲気がうまく再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 1
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 2

 以下は1976年に発売されたダイアペット製のダットサン DX セダン (14型) 1935 (1/35 型番G32)の画像です。ダイヤペット10周年記念として初期の国産車が3車種モデル化されたのですが、これはその1つです。一般的なミニカーではなく、ブロンズ仕上げの置物といった感じの物に仕立てあります。縮尺が1/35ですので、全長78㎜で上記のリーンレプリカ製(全長67㎜)より一回り大きなサイズとなっています。リーンレプリカ製と見比べると、こちらの方がボンネット部分が少し長いなどプロポーション的にはいまひとつですが、ダットサン 14型がどのような感じの車だったのかは分かります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 3
DATSUN (NISSAN) TYPE 14 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=363

   

 

ビンテージ期 ←  ページ 1   → 戦後期

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2022 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.