ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1991 JAPAN

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV29 1/40 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.87m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 255HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア Y32型のミニカー検索

 

日産 セドリック グランツーリスモ アルティマ Y32型 日本 1991

 

 セドリックの8代目 Y32型が1991年に登場しました。セダン系はY31型のマイナーチェンジ版でタクシーなどの営業車だけとなり、一般向けは4ドアハードトップのみとなりました。。やや若年層よりのスポーティーなグロリアに対し、セドリックではクロームメッキのフロントグリルを使用するなど高級志向の高いユーザーや比較的高い年齢層を狙った位置付けとなりました。ブロアム/クラシック系は角型のヘッドライトを採用し、グランツーリスモ系は丸目4灯ライトを採用しています。エンジンはV型6気筒2L/3L、シーマ搭載のDOHC V型6気筒3L/3L ターボ、6気筒2.8Lディーゼルを搭載し、ミッションはマニアルが廃止されて、自動変速のみとなりました。1995年に9代目のY33型にモデルチェンジしました。

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1992年に発売されました。ダイヤペットの11番工場製で、11番工場の作風はこんな風にボディ全体が膨らんだような感じのデフォルメです。はっきり言って実車のイメージから外れているので、あまり良い出来ではありません。ダイヤペットは同じ型を流用してグロリアもモデル化しています。これ以外のY32型のミニカーとしては、ハイストーリー(レジン製)のセドリックがありますが、このセドリックもあまり良い出来ばえではありません。Y31/Y32型はシーマに人気があるので、セドリック/グロリアにはあまり良いミニカーがないようです。 

 

 

 以下はダイヤペットのセドリック Y32型のフロント/リアの拡大画像と室内/エンジンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1
NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 2

 以下は1992年に発売されたダイヤペットのグロリア Y32型(型番SV31)の画像です。実車同様に前後のパネルを変更して、セドリック/グロリアを作り分けています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN GLORIA GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1
NISSAN GLORIA GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1458

   

NISSAN FIGARO 1991 JAPAN

NISSAN FIGARO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV28 1/40 94㎜

 

日産 フィガロ 日本 1991

 

 初代マーチをベースにしたパイクカー第3弾 フィガロ 1991年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.74m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1L ターボ 76HP 3段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースで日産 フィガロのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1544

   

 

NISSAN CIMA (FY32) 1991 JAPAN

NISSAN CIMA (FY32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV32 1/40 124mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.93m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.1L 270HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースで日産 シーマのミニカー検索

 

日産 シーマ FY32型 日本 1991

 

 1991年にセドリック/グロリア 8代目(Y32型)が登場し、シーマも2代目(FY32型)にモデルチェンジしました。この2代目から車名はセドリック/グロリアが外されてシーマとなりました。デザイン的には初代を継承していますが、ピラーレスハードトップからセンターピラー付のセダンとなりました。車格的にはセドリック/グロリアより上級となるDOHC V型8気筒4.1L(270HP)エンジンが搭載され、ノンターボながら初代の売りであった力強い加速性能は確保していました。初代のエアサスペンションに代わって、インフィニティ Q45と同じ油圧式アクティブサスペンションが採用されました。

 

 バブル時代の高級車でしたので、本革の内装をはじめとしてイタリア高級車風のアナログ時計、多数のライトが点灯するトータルコーディネート照明など至れり尽くせりの豪華な内装/装備でした。1993年のマイナーチェンジで、フロントグリル/バンパーの意匠が変更され、先代と同じDOHC V型6気筒3Lターボを搭載する「ツーリング」が追加されました。1996年に3代目(FY33型)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1992年に発売されました。セドリック/グロリア(Y32型)の型を流用したバリエーションで、前後のパネルを変更してシーマに仕立ています。セドリック/グロリア(Y32型)はあまり出来が良くないので、このシーマも同様に出来が良くないです。なおY32型シーマはY31型と見た目があまり変わらないからなのか、現在(2018年)のところY32型シーマのミニカーはこれしかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/エンジンの画像です。エンジンには「NISSAN V8」のロゴが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CIMA (FY32) 1
NISSAN CIMA (FY32) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1549

   

NISSAN MICRA (MARCH) 1992 JAPAN

NISSAN MICRA (MARCH) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AHC (DOORKEY) 118 1/43 84㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.72m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.3L 75HP 5段変速/4段自動変速/CVT無段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースで日産 マーチ(マイクラ)のミニカー検索

 

日産 マイクラ (マーチ) 日本 1992

 

 日産の小型車マーチの初代は1982年に登場しました。同時期のフォルクスァーゲン ポロのようなイタルデザイン系のデザインです。エンジンを横置きする前輪駆動車で、当初のエンジンは4気筒1L(54HP)、最高速147km/hの性能でした。1985年にターボ、1989年にターボ+スーパーチャージャー(110HP)の高性能版スーパーターボが追加されました。当初は3ドアハッチバックのみで、1983年に5ドアが追加されました。1980年代後半に登場したレトロな雰囲気でパイクカーと呼ばれたBe-1、パオ、フィガロは、マーチをベースにした派生車でした。マーチはマイクラという名前で北米/ヨーロッパに輸出されました。

 

 1992年にマーチの2代目が登場します。初代とは打って変わった丸っこいデザインは、前述したパイクカーの人気が高かったことを反映したようです。横置きするエンジンはDOHC 4気筒1L/1.3Lで、従来の変速機に加えてスバル製の電子制御CVTが設定されました。当初は3/5ドアハッチバックだけでしたが、1997年に電動ソフトトップのカブリオレが追加され、1999年のマイナーチェンジでワゴンのマーチBOXが追加されました。ヨーロッパの小型車に対抗できる世界戦略車として開発され、基本的な性能や居住性は従来の国産小型車とは一線を画する出来映えで、日本とヨーロッパのカー オブ ザ イヤーを受賞しています。高性能に加えて当時このクラスにライバルがいなかったこともあって、1998年に追加された派生車のキューブともども大ヒットしました。2002年に3代目が登場します。

 

 

 初代マーチのミニカーは残念ながらありません。ただ派生車のパイクカーはたくさんモデル化されてます。→ データーベースで日産 パイクカーのミニカー検索ミニカー 画像のミニカーはオランダのAHC社の「DOORKEY」ブランドのもので、輸出仕様の2代目マイクラをモデル化しています。当時物としてそこそこ良くできています。「DOORKEY」は3ドアもモデル化しています。2代目マーチのミニカーとしてはM-TECHのカブリオレがありますが、セダンはこのマイクラしかありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1360

   

NISSAN MAXIMA (BLUEBIRD) (J30) 1992 JAPAN

NISSAN MAXIMA (BLUEBIRD) (J30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AHC (DOORKEY) 402 1/43 113㎜

 

日産 マキシマ (ブルーバード) J30型 日本 1992

 

 マキシマ (ブルーバード) 3代目 1988年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.76m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 195HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速225km/h (輸出仕様)
データーベースで日産 ブルーバードのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1465

   

 

NISSAN RASHEEEN 1994 JAPAN

NISSAN RASHEEEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 180 1/43 97㎜

 

日産 ラシーン 日本 1994

 

 上述したパイクカーシリーズの流れを引き継ぐフルタイム4WDのSUV ラシーン 1994年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 105HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速150km/h   フルタイム4WD
データーベースで日産 ラシーンのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1547

   

NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 1995 JAPAN

NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) NCC18 1/43 107mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2.6L ターボ 280HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速249km/h (輸出仕様) 4WD
データーベースで日産 スカイライン R33のミニカー検索

 

日産 スカイライン GT-R R33型 日本 1995

 

 1993年に9代目スカイライン(R33)が登場しました。スリム化された先代から一転してボディが大型化され、全モデルが3ナンバー規格車となり居住性が向上しました。ボディの基本的なデザインは継承されましたが、全体的に丸みがついたデザインとなりました。先代同様にシャーシはローレル(C34型)と共用し、4ドアセダンと2ドアクーペの構成でした。エンジンは6気筒2L(125HP)、DOHC 6気筒2.5L(180HP)/2.5Lターボ(250HP)が搭載されました。1996年のマイナーチェンジで、フロントグリルやバンパーの意匠が変更されました。

 

 R33型が登場した2年後の1995年に先代と同じDOHC 6気筒2.6Lターボ(280HP)エンジンを搭載したGT-R R33型が追加されました。4輪駆動システム(アテーサE-TS PROに進化)など基本的な構造は先代と同じで、大型化したボディは補強され剛性が向上しました。1998年には4ドアセダンのGT-R「スカイライン GT-R オーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」が発売されました。レース活動ではR32 GT-Rに続いて全日本GT選手権に参戦して活躍しました。ルマンの参戦用にニスモ GT-R LM(正式名称にはスカイラインが付かない)が開発され1995年のルマンで総合10位の成績を上げています。1998年に10代目スカイライン R34型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2009年に発売された日産名車コレクション製のGT-Rでメーカーはノレブです。プロポーションが少し違う感じがして、さらにヘッドライトが大きすぎてフロント周辺の雰囲気があまり似ていないので、今一つの出来ばえです。同じ物の色違い(赤紫)が国産名車コレクションのNo.141で発売されています。R33 スカイラインの当時物ミニカーとしてはすべてがGT-Rですが、ダイヤペット セガ、トミカ、Mテックなどがありました。最近のものではオートアートの1/18、エブロ、 京商の1/43と1/64、トミカ、トミカ リミッテド、国産名車コレクション、ごく最近のレジン製(hpiレーシング、イグニションモデル、HI-STORY)など非常にたくさんあります。レース仕様ではエブロ、Mテック、京商などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 1
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 2

 以下は2000年にダイヤペット 35周年記念として限定300台で発売された「スカイライン GT-R (R32/R33) 2台セット」のなかの1台 スカイライン GT-R (R33) 1995年 (1/40 型番無し)の画像です。これは先に発売されていた型番SG-12をベースにして、エンブレムの追加など仕上げ処理をレベルアップしたものです。これは上述した日産名車コレクション製のR33 GT-Rよりも実車の雰囲気をうまく再現していて、細部の仕上げも丁寧でかなり良い出来ばえです。ボンネットとドアの開閉ギミック付きです。なおこの2台セットの片割れのR32 GT-Rは前述したR32 GT-Rの欄で紹介しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 3
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 4

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジンルームの画像です。
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 5
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 6

 以下は1996年に発売されたMテック製のスカイライン GT-R (R33) 1990年 (1/43 型番MS-07)の画像です。簡単な造形のヘッドライトなど細部の仕上げはあまり良くありませんが、全体的な雰囲気はかなり良い感じに仕上がっています。ボンネットとドアが開閉するギミック付です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 7
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) 8

 以下は1997年頃に発売されたたMテック製のスカイライン GT-R (R33) カルソニック #1 JGTC 1995年 (1/43 型番MF-02)の画像です。上述した型番MS-07をベースにし、フロントスポイラー/リアスポイラー、ホイールなどを大幅に変更してレース仕様車に仕立てています。室内はバケットタイプのドライバーシートのみで、ロールケージが張り巡らされているなどかなりリアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R RACING (R33) 9
NISSAN SKYLINE GT-R RACING (R33) 10

 以下はフロント/ボンネットを外したエンジンルームと室内の画像です。エンジンが再現されていますが、これは室内ほどリアルではなくてしょぼいです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) RACING 11
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) RACING 12

 以下は2019年に発売されたルマン24時間レース カーコレクション製のニスモ GT-R (R33) LM #23 ルマン 1996年 (1/43 No.18)の画像です。ニスモ GT-R LMは1995年と1996年のルマンに参戦しています。この1996年の23号車は総合15位で完走しました。ミニカーのメーカーはスパークで、スパークはレジン製ミニカーがメインですがこれはダイキャスト製です。スパークはカタログモデルではニスモ GT-R LMをモデル化していないので、これはイクソ系列の型を流用したものではないかと思われます。このルマンカー シリーズの他のモデル同様に、このニスモ GT-R LMも従来の雑誌付きミニカーのレベルを越えた良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) LE MANS 11
NISSAN SKYLINE GT-R (R33) LE MANS 12

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1453

   

NISSAN CEDRIC (Y33) 1995 JAPAN

NISSAN CEDRIC (Y33) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH MS-14 1/43 115mm

 

日産 セドリック Y33型 日本 1995

 

 セドリック 9代目 Y33型 1995年 登場

 

 1999年に10代目のY34型にモデルチェンジしました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.88m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L ターボ 270HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア Y33型のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1459

   

 

NISSAN ELGRAND 1997 JAPAN

NISSAN ELGRAND 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 230 1/43 112mm

 

日産 エルグランド 日本 1997

 

 ワンボックス型ミニバン エルグランド 初代 1997年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.77m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3.5L 240HP 4段自動変速  FR/4WD
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースで日産 エルグランドのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1557

   

NISSAN R390 GT1 1997 JAPAN

NISSAN R390 GT1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TAMIYA 23505 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約2m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 3.5L ツインターボ 600HP 
(ロード仕様はノンターボ) 6段変速
性能: 最高速 不明 エンジン 縦置ミドシップ配置
データーベースで日産 R390のミニカー検索

 

日産 R390 GT1 日本 1997

 

 日産は1984年にニスモ(日産 モータースポーツ インターナショナル)を設立し、グループCでのスポーツカー耐久レースに参戦します。当初のスカイライン RSのグループC改造仕様では競争力不足で、ルマン ガレージの開発したLM04Cに日産のエンジンを搭載したグループCカー LM04C スカイライン ターボCが1984年に登場しました。さらに1985年にはイギリスのマーチ製シャーシに日産のV型8気筒エンジンを搭載したR85G スカイライン(後にスカイラインの名前は外れて単にR85G)が登場します。

 

 日産のルマン初参戦は1986年で、R85Vと新開発したエンジンを搭載したR86Vが出場し、R85Vが完走しています。1987年ルマンにはR87EとR86Vが出場しますが全車リタイア、1988年ルマンにはR88Cが出場し完走しています。1989年ルマンにはR89Cで出場し善戦するもリタイア、1990年ルマンではR90CPが出場し初のポールポジションを獲得し、本選で総合5位となりました。日産のグループCカーでのルマン挑戦はこの1990年で終了します。

 

 

 1991年にグループCのレギュレーションが変わり、ターボエンジンが使えなくなったことなどから自動車メーカーの撤退が相次ぎました。これでルマンにおけるグループCの時代は終わりを迎え、1994年頃からは従来のGTカーがルマンの主力に戻りました。日本でもグループCのレースは終わりJGTC(全日本GT選手権)が始まり、スカイライン GT-Rが主役となりました。日産は新しいグループC仕様のNP35を1992年に開発しましたが、この車は結局使われませんでした。その後スカイライン GT-R(R33)をベースにしたニスモ GT-R LMが1995年と1996年のルマンに参戦して完走していますが、GT-Rでは上位を狙うことは困難でした。

 そこで1997年ルマンに向けて開発されたのがR390でした。R390はGT1クラスのプロトタイプレーシングカーで、イギリスのトム ウォーキンショー レーシング(TWR)の協力でジャガー XJR-15をベースにして設計され、エンジンはグループC時代のV型8気筒3.5Lを搭載していました。GTカーとして認証される為、ターボの付かないロードカーが1台製作されましたが市販されていません。1997年ルマンには3台のR390が出場し、予選でポールポジションを獲りましたが、本選では12位と不本意な成績でした。翌1998年ルマンでは改良されたR390が総合3位となり、日産はルマン初の表彰台を得ました。1999年ルマンではR391が参戦するもリタイアとなり、その後日産のルマン参戦は2015年まで中断されました。

 ミニカーは田宮のコレクタークラブ ミニ シリーズ(ダイキャスト製完成品)で、1998年に発売されました。R390のロードカーをモデル化しています。キャビン部分がやや小さいように思いますが、風変りな造形のリアエンドの再現など全体的にはかなり良い出来ばえです。バリエーションでロードカーのニスモ特注品とレース仕様がありました。これ以外のミニカーとしてはロードカーではオニキス、レース仕様ではオニキス、京商の1/43と1/64、オートアートの1/18などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN R390 GT1 1
NISSAN R390 GT1 2

 以下は2018年に発売されたルマンカーコレクションのR390 GT1(No.5)の画像です。1998年ルマンで3位となった32号車をモデル化しています。メーカーはスパークとのことで、雑誌付きのミニカーながら、デカールが細かいところまできちんと貼られているなどかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN R390 GT1 3
NISSAN R390 GT1 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1778

   

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   次へ »