ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN CEDRIC (130) 1966 JAPAN

NISSAN CEDRIC (130) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CAM C43008BK 1/43 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 100HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースで日産 セドリック 130型のミニカー検索

 

日産 セドリック 130型 日本 1966

 

 1965年にセドリック 130型が登場します。先代のアメリカ車風デザインから一転してランチアのような重厚なイメージですが、これもピニンフ ァリーナのデザインです。4気筒2L(92HP)、6気筒2L(100HP)、スペシャル6専用のOHC6気筒2L(115HP)エンジンが設定され、3速AT/4速MTで最高速150km/h(OHC2L)の性能でした。なおセドリック 130型では3ナンバー規格の普通車の設定がありませんでした。

 

  当時の日本ではピニンフ ァリーナ スタイルは理解されなかったようで、セドリックは1966年と67年にリアを変更し、1968年のモデルチェンジではフロント部分を大幅に変えてオリジナルのイメージが消えています。→ 1968年式 セドリック 日産はブルバートとセドリックで外国人のデザインに懲りたと思われます。なおこの車には既にクーラー(エアコンではなく単なるクーラー)がオプション設定されていたようです。

 

 

 当時物のミニカーとしてはダイヤペットが型番145で1966/67年式、型番186で1968年式を、モデルペットが型番33で1966/67年式をモデル化しています。これだけ年式違いがモデル化されているのも珍しいのですが、どれもレアなので残念ながら持ってません。画像は2012年6月に発売されたCAM製で、CAMのミニカーとしては初めてのダイキャスト製です。プロポーションが良く、最近のミニカーとして申し分のない仕上がりです。これ以外にはアドバンスピリット(アンチモニー製)の前期型セダン/バン、トミカ リミッテドで前期型と後期型などがモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC (130) 1
NISSAN CEDRIC (130) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=915

   

NISSAN PRESIDENT (150) 1965 JAPAN

NISSAN PRESIDENT (150) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ADOVANSPIRIT H150 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.05m 全幅約1.80m
エンジン 変速機: V型8気筒 4L 180HP 3段変速/3段自動変速
性能: 最高速185km/h
データーベースで日産 プレジデントのミニカー検索

 

日産 プレジデント 150型 日本 1965

 

 前述したセドリック 130型のモデルチェンジに際して、3ナンバー車を専用設計して最高級車として独立させたのがプレジデントでした。当時の国産車最大の5m超のボディに、最大の排気量であったV型8気筒4L(180HP)/6気筒3L(125HP)エンジンを搭載していました。性能は3段変速/3段自動変速で最高速185km/h(4L)でした。ボディは直線的なオーソドックスなデザインで、元々は上記セドリックのデザインだったのですが、セドリック 130型がピニンファリーナ デザインとなった為、プレジデントに転用されたものでした。

 

 最上級仕様車の当時の価格は約300万円とこれも国産車で最高で、1960-1970年代の佐藤栄作首相の公用車として採用されました。ライバルのトヨタ センチュリー(1967年発表)が凝ったメカと個性的なデザインで保守的なユーザー層にあまり歓迎されなかったのに反して、オーソドックスなデザインのプレジデントは企業や官公庁に幅広く支持されました。1973年に前後のパネルデザインを変更して250型に発展しています。1990年にモデルチェンジするまで基本的な構成はそのままで、日産の旗艦として長く生産されました。

 

 

 150型の当時物ミニカーはダイヤペットが作った物しか無く、それは大変貴重なレア物です。250型もダイヤペットが1976年にモデル化しています。→ダイヤペットの250型 画像のミニカーはアドバンスピリット製の150型で、2005年頃に発売されました。アンチモニー製なので非常に重く、プロポーションが良く室内などの細部もそこそこ再現されています。アドバンスピリットにはタクシーや要人警護車などのバリエーションが十数種類あります。最近の物ではトミカ リミテッドが150型を数種類モデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN PRESIDENT (150) 1
NISSAN PRESIDENT (150) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=916

   

 

DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 2000 (SR311) 1967 JAPAN

DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 2000 (SR311) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 185-01803 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 145HP 5段変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでダットサン フェアレディのミニカー検索

 

日産 ダットサン フェアレディ 2000 (SR311型) 日本 1967

 

 上述したフェアレディ(SPL213型)は1962年に輸出用のダットサン 1500(SPL310型)と国内向けのフェアレディ 1500(SP310型)に切り替わります。ブルーバード 310型のシャシーにセドリックの4気筒1.5L(71HP)エンジンを搭載していました。デザイン的にはアメリカ向けのかなりモダンなスタイルで、当初は左向きの後部座席が備わる3人乗りでした。(1964年に2座に変更) 日本GPで海外のスポーツカー勢を相手に優勝し、日本のスポーツカーのレベルの高さを証明しました。

 

 1965年にエンジンを1.6L(90HP)に変更し、フェアレディ 1600(SP311型)に切り替わり、1967年には2L(145HP)エンジン搭載のフェアレディ2000(SR311型)が追加されました。2000は5段変速で最高速度205km/hとかなり高性能で、国産初の200km/hオーバーカーとなりました。日本グランプリでのGTクラス優勝や、モンテ カルロ ラリーでの上位入賞などモータースポーツでも大活躍しています。1970年まで生産されました。

 

 

 当時物ミニカーとしてはミクロペット製(SP310型)とダイヤペット製(SP310/311型)があります。画像のミニカーはダイヤペットが「ダイヤペット コレクション クラブ 」用として1991年に生産した復刻版(SR311型)です。(復刻版と称していますがかなり違っていて、オリジナルのほうが良い出来映えです) 1998年にエブロがSP311/SR311型をモデル化しています。日産名車コレクション(ノレブ製)が2008年にSR311型の幌付、2010年にSP311型のオープンの2タイプをモデル化しています。(国産名車コレクションにも同じ物の色違いがあります) その後もSR311型がオートアートの1/18、トミカ リミッテドの1/64、MARK43(レジン製)の1/43でモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 2000 (SR311) 1
DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 2000 (SR311) 2

以下は日産名車コレクションのSR311型の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 2000 (SR311) 3
DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 2000 (SR311) 4

 以下は日産名車コレクションのSP311型の画像です。SR311型とフロントグリルやワイパーの向きなどが変えられています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 1600 (SP311) 1
DATSUN (NISSAN) FAIRLADY 1600 (SP311) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=917

   

NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 1965 JAPAN

NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 137 1/40 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.99m 全幅約1.51m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 77HP 4段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースで日産 シルビア (CSP311)のミニカー検索

 

日産 シルビア 1600 (CSP311型) 日本 1965

 

 シルビアは1964年の東京モーターショーに「ダットサン クーペ 1500」として出品され、翌年に高級スポーツカー シルビアとして発売されました。(車名はギリシャ神話に登場する乙女の名前) フェアレディ(SP310型)のシャーシに2人乗りクーペ ボディを架装し、SUツインキャブ4気筒1.6L(77HP) OHVエンジンを搭載していました。日本初の4段フルシンクロ変速機を介して、最高速165km/hと高性能でした。

 

 美しいボディ デザインはドイツ人デザイナーと日産デザイナーの共作で、当時としてはかなりレベルの高いデザインで、海外からも高く評価されたそうです。ただ少量生産でセドリック(約100万円)より高い価格(120万円)のスペシャルティーカーの需要は少なく、1968年までに約500台ほどが生産されただけでした。スペシャルティーカーの先駆者として登場した意欲的な車でしたが、時代に合わず商業的には失敗作でした。1975年に2代目シルビアが登場しました。

 

 

 シルビアは見映えのする車でしたから、ダイヤペットとモデルペットの両方から当時物ミニカーが出ています。画像はダイヤペット製(アンチモニー製)で、約50年前に作られたものです。箱から出してガラス棚に並べていましたが、塗装やメッキはまだきれいな状態のままです。キャビンが少し小さめながら、フロントグリルの造形など当時のミニカーとして非常によく出来ています。ボンネットとトランクが開閉するギミック付きです。これ以外の当時物ミニカーではモデルペットがありました。最近の物ではエブロ、京商(ポリストーン製)、日産名車コレクションなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネット開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 1
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 2

 以下は1966年に発売されたモデルペットの当時物のシルビア(1/42 型番32)の画像です。ダイヤペットとは違った雰囲気に仕上がっていますが、全体のプロポーションではダイヤペットより実車に近いかもしれません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 1
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 2

 以下は2009年に発売された日産名車コレクションのシルビア(1/43 No.29)の画像です。メーカーはノレブで、雑誌付きの安価なミニカーながらなかなか良い出来ばえです。同じ型を使った銀色の色違いが国産名車コレクションのNo.21で2006年に発売されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 5
NISSAN SILVIA 1600 (CSP311) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=918

   

 

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1957 JAPAN

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV) 3 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでプリンス スカイラインのミニカー検索

 

プリンス  (日産) スカイライン ALSI-1型 日本 1957

 

 プリンス自動車工業は1947年に「東京電気自動車」として創立され、最初は「たま」というブランドで電気自動車を製造していました。その後ガソリン自動車開発に進み、1952年から「プリンス自動車工業」という名前に改名しています。(現在の今上天皇が皇太子となったことを記念してプリンスと命名) 同年に最初の車プリンス セダン AISH型とトラックAFTF型が発売されました。

 

 プリンス セダンAISH型は4気筒1.5L(45HP)OHVエンジンを搭載する小型車で、4段変速で最高速110km/hの性能でした。4段コラムシフト、油圧ブレーキなど当時の国産車としては進んだ内容の車でした。AISH型はエンジンやボディが毎年改良され、1957年にはAISH-VI型まで発展しました。なおAISH型は現在の今上天皇(当時は皇太子)にマイカーとして1954年に献上されました。

 

 

 1956年には前輪独立懸架を採用したプリンス セダン スペシャル AMSH型が追加されました。翌年この車をベースにしてスカイライン ALSI-1型が登場しました。プリンス セダンと同じ4気筒1.5L(60HP)エンジンで、4段変速で最高速125km/hは当時の国産車で最速でした。スカイライン ALSI-1型はエンジンのパワーアップ、1960年の4灯式ヘッドライトの採用などで2型-3型と発展し、1961年にはグロリア用の1.9L(70HP)エンジンを搭載した1900(BLSI型)が追加されました。また1962年にはミケロッティがデザインしたスタイリッシュなクーペ/コンバーチブル ボディを持つスカイライン スポーツという高級スポーツカーが発売されました。 また商用車(バン/ピックアップ)の スカイウェイもありました。スカイライン ALSI-1型も1958年に今上天皇(当時は皇太子)に納入されましたが、その車は1959年に発売されたグロリア用の1.9Lエンジンを搭載したプロトタイプだったとのことです。(スカイライン 1900としてモーターショーに展示された試作車とのこと) 1963年に2代目スカイラインにモデルチェンジしました。

 ミニカーは2008年に発売された日産名車コレクションのスカイライン ALSI-1型(1/43 No.3)です。 メーカーはノレブでフロントグリルやテールフィンなどの細部が結構リアルで、実車の雰囲気をうまく再現しています。雑誌付きのミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。初代スカイラインの当時物ミニカーはモデルペットがALSI-1型を、ミクロペットが4灯式(ALSI-2型)をモデル化しています。最近の物では、ファインモデル(アンチモニー製)のALSI-2型とBLSI型、トミカ リミッテドのALSI-1型、ハイストーリー(レジン製)のBLSI型などがあります。またスカイライン スポーツはモデルペットが当時物でモデル化していて、最近では京商とエブロもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 2

 以下は1980年頃にカドー(卸問屋「可堂玩具」のブランド)が発売したレプリカ シリーズのスカイライン ALSI-2型(1/45 型番rep1)の画像です。ホワイトメタル製で1961年に発売されたミクロペットのスカイライン ALSI-2型(型番F6)の復刻版です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 1
PRINCE (NISSAN) SKYLINE (ALSI-1) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=919

   

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 1959 JAPAN

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KADO 12 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.38m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 70HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプリンス グロリアのミニカー検索

 

プリンス (日産) グロリア BLSI型 日本 1959

 

 グロリアはスカイラインをベースにして開発され、1959年に登場しました。スカイライン ALSI-3型に4気筒1.9Lエンジンを搭載して内外装を高級に仕立てた上級車でした。1960年までは小型車規格のエンジン排気量上限が1.5Lであった為、戦後の国産車では初の3ナンバー普通乗用車となりました。スカイラインとほぼ同じ大きさで、4気筒1.9L(70HP)OHVエンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/hの性能でした。

 

 1960年には国産車初の4灯式ヘッドライトを採用し、リアのテールフィンを大きくしてアメリカ車的な外観になりました。(→実車画像) なおグロリア(ラテン語で「栄光]の意味)という車名は、1959年の皇太子のご成婚にちなんだものだったそうです。当然ながらグロリアも1959年に今上天皇(当時は皇太子)に献上されています。1964年に2代目グロリアにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1980年に可堂玩具からカドー(KADO)ブランドで発売された物で、ホワイトメタル製です。ホワイトメタルなのでずっしりと重く、素朴な作りながら実車の雰囲気はそこそこ再現されています。(キャビンのピラーが太いことでイメージが少し違って見えますが) スカイラインと同じデザインだったことが原因なのかもしれませんが、当時物ミニカーはありません。最近の物では、4灯式ヘッドライトの後期型をファインモデル(アンチモニー製)とトミカ リミッテドがモデル化しています。以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 1
PRINCE (NISSAN) GLORIA (BLSI) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=920

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...20 次へ »