ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 2001 JAPAN

NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC08024BL 1/43 116mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.5L 280HP 5/4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースで日産 シーマのミニカー検索

 

日産 シーマ 450 VIP F50型 日本 2001

 

 1995年に日産 セドリック (Y33)が登場し、その翌年に上級車シーマ 3代目(FY33)が登場しました。先代はおとなしいデザインでしたが、一転して押出しの強いフロントグリルを持つデザインに変わりました。エンジンはDOHC V型6気筒3Lターボ(280HP)とDOHC V型8気筒4.1L(270HP)を搭載する後輪駆動車で後に4WD仕様も追加されました。1998年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠が変更され、1999年に日本車初の自動ブレーキング機能を備えた車間自動制御システムが採用されました。2001年に生産中止となりました。シーマ 3代目は1997年に国内販売中止となった高級車インフィニティ Q45 初代の後継車で、海外向けのインフィニティ Q45 2代目とはほぼ同じ外観の姉妹車でした。(実車画像→ 日産 シーマ (FY33) 1996)

 

 2001年にシーマ 4代目(F50)/(海外仕様 インフィニティ Q45 3代目)が登場しました。外観は先代の厳ついデザインから一転して大型ヘッドライトを持つスポーティなデザインに変わりました。セドリック (Y34)と同じ大型車用プラットフォームを採用する後輪駆動車(4WD仕様もあり)で、DOHC V型6気筒3Lターボ(280HP)とDOHC V型8気筒4.5L(280HP)エンジンを搭載していました。日本初のドアミラーウインカー、高速道路上で車線をカメラで検知し車線から外れることを防止する世界初の車線逸脱防止支援システム、それを使った先行車の自動追尾運転など先進技術が採用されていました。2008年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠が変更されました。なお2003年に登場したプレジデント 4代目(PGF50)は、シーマ 4代目(F50)の姉妹車でほとんど同じ外観でした。2010年にシーマとプレジデントは生産中止となりました。シーマは2012年に5代目(HGY51)がハイブリッド専用車として復活しました。(実車画像→ 日産 シーマ ハイブリッド 2015)

 

 

 ミニカーは2002年に発売された京商 Jコレクション製の当時物です。シーマ 4代目 V型8気筒エンジン搭載車 初期型をモデル化しています。プロポーションが良くスポーティな実車のイメージがうまく再現されています。ボンネット先端のエンブレムはそこそこリアルに出来ていて、灯火類や室内など細部も良く再現されています。特にV型8気筒エンジン搭載車のヘッドライトは小型プロジェクターランプをバルカン砲のように束ねたバルカンヘッドと呼ばれるものでしたが、これがなかなかそれらしく再現されてます。京商 Jコレクションは海外仕様のインフィニティ Q45と2008年にマイナーチェンジした後期型もモデル化しています。Jコレクション以外のシーマ 4代目のミニカーはトミカの1/65、ダイヤペットの1/43、WIT'S(レジン製)、RAI'Sのポリス仕様、日産名車コレクションなどがあります。 以下はフロント(エンブレム拡大)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 1
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 2

 以下は2002年に発売されたダイヤペット アガツマ製の日産 シーマ (1/43 型番DK-1014)の画像です。この当時のダイヤペットは従来の1/40の子供向けミニカーに加えて、1/43のプロモーションモデル的なミニカーも数点ほど発売していました。このシーマはその1台で、従来のダイヤペットとは異なるリアルな作風で、上記のJコレクション製ほどではないですが、結構良い出来ばえでした。ドア開閉ギミック付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 3
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 4

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 5
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 6

 以下は2010年に発売された日産名車コレクションの日産 シーマ F50 (1/43 No.42)の画像です。メーカーはイクソで、イクソが製造していた京商 Jコレクション製のシーマ 後期型(型番JC08501)の型を流用しています。前期型との違いはフロントグリルとリアライトの形状が変更されホイールも変更されています。なおこの個体だけの問題かもしれませんが、塗装が経年劣化してかなり剥がれています。購入時はきれいな状態でしたので、塗装前の下地処理が悪かったのだと思われます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 1
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 2

 以下はフロント(エンブレム拡大)/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 1
NISSAN CIMA 450 VIP (F50) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1550

   

NISSAN PRIMERA 2001 JAPAN

NISSAN PRIMERA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC09009G 1/43 108mm

 

日産 プリメーラ 日本 2001

 

 プリメーラ 初代 1990年 登場
 プリメーラ 2代目 1995年 登場
 プリメーラ 3代目 2001年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.5L 170HP
 6段変速/4段自動変速/CVT (FF/4WD)
性能: 最高速204km/h (輸出仕様)
データーベースで日産 プリメーラのミニカー検索
 

NISSAN PRIMERA 1
NISSAN PRIMERA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1552

   

 

NISSAN MARCH 2002 JAPAN

NISSAN MARCH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC18033P 1/43 87mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L 98HP 5段変速/4段自動変速  FF/4WD
性能: 最高速172km/h
データーベースで日産 マーチのミニカー検索

 

日産 マーチ 日本 2002

 

 日産 マーチ 3代目が2002年に登場しました。高い位置にある丸いヘッドライトと小さなフロントグリルによる愛嬌のある顔つきが特徴で、全体的に丸みの付いたデザインに変わりました。3/5ドアハッチバックのボディは先代より前後のオーバーハングを短くして室内を広くしていましたが、丸みの付いたキャビンは居住空間的にはやや不利なデザインでした。ルノーと共同開発したプラットフォームを採用していたので、ルノー クリオ IIIとは兄弟車でした。新開発のDOHC 4気筒1L/1.2L/1.4L(98HP)エンジンを搭載する前輪駆動車で、後輪を電気モーターで駆動する4WD仕様 e-4WDもありました。

 

 2003年に1Lエンジンの設定がなくなり、チューンした1.2L(108HP)エンジンを搭載し専用サスペンションやエアロパーツを装備したスポーツ仕様の12SRが設定されました。2005年のマイナーチェンジで3ドアが廃止され、DOHC 4気筒1.5Lエンジンが追加されました。(この1.5Lエンジンのスポーツ仕様 15SRも設定されました) 2007年にマーチの欧州仕様であるマイクラのカブリオレ マイクラ C+Cが国内で限定販売されました。(実車画像→ マイクラ C+C 2007) 2010年にマーチ 4代目にモデルチェンジしました。(実車画像→ 日産 マーチ 2010) 

 

 

 ミニカーは2002年に発売された京商 Jコレクション製の当時物です。特徴的なフロントの顔付きや丸いボディがうまく再現されていてかなり良い出来ばえです。室内などの細部も良く仕上げられています。京商はスポーツ仕様の12SR/15SRもモデル化しています。これ以外のマーチ 3代目のミニカーはトミカの1/58、トミーテックの1/150、Mテックカプセルの1/72、RAI'Sのポリス仕様、コナミの1/64、日産名車コレクションなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN MARCH 1
NISSAN MARCH 2

 以下は2010年に発売された日産名車コレクションの日産 マーチ 2003 (1/43 No.48)の画像です。メーカーはイクソで、イクソは上記の京商 JコレクションをOEMで製作しているので、これはその型を流用した廉価版です。安価な雑誌付きミニカーですので、室内の仕上げレベルを簡素化してコストダウンしています。またこの個体だけの問題かもしれませんが、下地処理が悪いのか? 塗装状態があまり芳しくありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN MARCH 3
NISSAN MARCH 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1554

   

NISSAN CUBE 2002 JAPAN

NISSAN CUBE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO J-COLLECTION JC20039B 1/43 87mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.75m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L 98HP 4段自動変速 (FF/4WD)
性能: 最高速 不明(140km/h?)
データーベースで日産 キューブのミニカー検索

 

日産 キューブ 日本 2002

 

 1993年に発売されたスズキ ワゴンRが大ヒットし、車高の高い軽ワゴン「トールワゴン」のブームを引き起こしました。その流れは小型車にも波及し1996年にホンダ S-MX、1998年に日産 キューブ、2000年にトヨタ bBなどが登場しました。日産 キューブは日産 マーチをベースにして車高を上げた小型ミニバンで、広々とした室内が特長でした。デザインは丸みの付いたマーチとは異なり、キューブという名前が示すように角ばった箱型でした。DOHC 4気筒1.3L(82HP)エンジンを搭載する前輪駆動車で変速機は4段自動/CVT、1999年のマイナーチェンジでフルタイム4WD仕様が追加されました。当時若年層の間でミニバンをカスタムカーとして改造することが流行り、同クラスに競合する車がなかったこともあって、キューブは大ヒットしました。(実車画像→ 日産 キューブ 1998)

 

 2002年にキューブ 2代目が登場しました。先代のコンセプトを継承し、箱型ボディに左右非対称のリアウィンドーを持つ極めて個性的なデザインが特徴でした。DOHC 4気筒1.4L(98HP)エンジンを搭載し、変速機は4段自動/CVT、前輪駆動と後輪を電気モーターで駆動するe-4WDがありました。2002年に派生車としてホイールベース/全長(3.9m)を拡大した3列シート7人乗りのキューブ キュービックが登場しました。2005年のマイナーチェンジでフロントグリルやテールライトの意匠が変更され1.5L(109HP)エンジンが追加され、2007年のマイナーチェンジでフロントの意匠が変更されました。キューブ 2代目も大ヒットして2008年に3代目にモデルチェンジしました。(実車画像→ 日産 キューブ 2008)

 

 

 ミニカーは2002年に発売された京商 Jコレクション製の当時物です。キューブ 2代目 初期型をモデル化しています。プロポーションが正確で箱型ボディがうまく再現され、当時のミニカーとして良い出来ばえでした。特徴的なフロントグリルや室内などの細部も良く再現されています。Jコレクション以外のキューブ 2代目のミニカーはMテック カプセルの当時物 1/72、日産名車コレクションと国産名車コレクション、FIRST43(レジン製)などがあります。なおキューブ 初代の量産ミニカーは2020年現在でもないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CUBE 1
NISSAN CUBE 2

 以下は2010年に発売された日産名車コレクション製の日産 キューブ 2003 (1/43 No.56)の画像です。メーカーはイクソで、2000年以降に京商 Jコレクションのミニカーはイクソ系の工場で製作していたようなので、これは上記のJコレクション製を流用したものです。安価な雑誌付きミニカーですので、リアウィンドーを変更し室内の仕上げレベルを少し落としてコストダウンしていますが、基本的にはJコレクション製と同じ出来ばえです。ほとんど同じ物が国産名車コレクションでもラインアップされていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CUBE 3
NISSAN CUBE 4

 以下は日産名車コレクションのフロント/リアの拡大画像と国産名車コレクション製の日産 キューブ 2003 (1/43 No.157)と並べてみた画像です。日産名車コレクションと国産名車コレクションの日産 キューブは全く同じというわけではなく、カラーリングは同じメタリック青ながら微妙に色合いが異なっています。また屋根のアンテナのパーツが変更されています。さらにこの2台を並べて初めて気づいたのですが、この2台にはもう一ヶ所違いがあります。それは右側サイドウィンドーで、右側の日産名車コレクションは左右を誤組付けしているので、正しく組み付けてある左側の国産名車コレクションとサイドウィンドーの形状が異なっています。この類の廉価版ミニカーにはたまにこのような組付けミスがありますが、値段が安いミニカーですので、私はこの程度のミスに目くじら立てることはありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CUBE 5
NISSAN CUBE 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1553

   

NISSAN FAIRLADY Z COUPE (Z33) 2002 JAPAN

NISSAN FAIRLADY Z COUPE (Z33) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC13013S 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.31m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.5L ターボ 280HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速250km/h (輸出仕様 リミッター付)
データーベースでフェアレディ Z Z33型のミニカー検索

 

日産 フェアレディ Z クーペ Z33型 日本 2002

 

 フェアレディ Z 5代目 Z33型が2002年に登場しました。バブル景気の崩壊で開発が中断された為、先代の生産中止から2年後の登場となりました。1999年に発表された初代S30のイメージが感じられる240Z コンセプトをベースにして、現代風にアレンジしたデザインとなっています。このデザインは当時の車としてトップクラスの空力性能だったようです。先代まで続いたロングホイールベースの2by2の設定がなくなり、2シーターだけとなりました。元々2by2はアメリカ市場の要望で設定されたものでしたが、その需要はアメリカに輸出されることになったスカイライン クーペ V36型(アメリカではインフィニティ G35 クーペ)が担うことになりました。2003年には電動シフトトップを持つオープンのロードスターが追加されました。

 

 エンジンはV型6気筒3.5Lターボ(280HP)で、国外では350Zの名前で販売されました。2005年のマイナーチェンジで、フロントバンパー/ライトのデザインが変更され、テールライトがLED化されました。2007年にはエンジンがスカイライン(V36)用のV型6気筒3.5に変更され、313HPにパワーアップされました。同時期に高性能版のニスモ バージョンも追加され、さらにエンジンを3.8L(350HP)にパワーアップしたレース仕様に近い380RSも限定生産されました。2008年にZ34型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは京商のJコレクションで、2005年頃に発売されました。室内の造形やライト類など細かいところまで良くできています。ただサイドビューを見ると、キャビン部分が少し小さめにできているように感じます。京商は1/43と1/64でロードスターやレース仕様もモデル化しています。京商以外では、トミカのクーペ/レース仕様、オートアートの1/18(クーペ/ロードスター/レース仕様)、エブロのクーペ/レース仕様、リアルXの1/72などたくさんあります。以下は京商のフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN FAIRLADY Z COUPE (Z33) 1
NISSAN FAIRLADY Z COUPE (Z33) 2

 以下は京商のロードスター(型番JC13078B)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FAIRLADY Z ROADSTER (Z33) 1
NISSAN FAIRLADY Z ROADSTER (Z33) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1462

   

 

NISSAN ELGRAND 2002 JAPAN

NISSAN ELGRAND 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC16044K 1/43 113mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3.5L 240HP 5段自動変速  FR/4WD
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースで日産 エルグランドのミニカー検索

 

日産 エルグランド 日本 2002

 

 日産 エルグランド 2代目が2002年に登場しました。外観は上下2段に分かれたフロントグリルとヘッドライトが特徴で、全体的に重厚さが増しました。ボディが少し拡大されて室内が広くなり居住性が向上し、スライドドアが両側に設定されました。先代のプラットフォームを改良して、後輪サスペンションが独立懸架になり4輪ディスクブレーキが採用されました。当初のエンジンはDOHC V型6気筒3.5L(240HP)だけで、エンジンを縦置き配置する後輪駆動/フルタイム4WD車でした。後輪駆動車でしたので走行性能的には有利でしたが、室内の床を低くすることが難しかしいといったデメリットがありました。

 

 2004年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠を変更し、DOHC V型6気筒2.5L(186HP)エンジンが追加されました。2007年のマイナーチェンジで市販車初のアラウンドビューモニター(ボディに付けたカメラで車体を上から見たような画像を表示して駐車をアシストする)が装備されました。大ヒットしたエルグランド 初代に対抗してトヨタ アルファード 初代が2002年に登場しました。アルファードには経済的な2.4Lエンジンがあり、前輪駆動だったので低床化されていました。当初は3.5Lエンジンしかなかったエルグランドは販売面で苦戦し、ミニバンのベストセラーの地位を明け渡すことになりました。2010年に前輪駆動を採用したエルグランド 3代目にモデルチェンジしました。(実車画像→ 日産 エルグランド 2010)

 

 

 ミニカーは2003年に発売された京商 Jコレクション製の当時物です。エルグランド 2代目 初期型をモデル化しています。プロポーションが良く特徴的なフロントグリル周りの造形がうまく再現され、当時のミニカーとして良い出来ばえでした。灯火類や室内などの細部も良く再現されています。Jコレクション以外のエルグランド 2代目のミニカーはアオシマのエアロパーツをつけたケンスタイル仕様、トミーテックの1/150、CARNELの消防車、RAI'Sのポリス仕様、日産名車コレクションなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN ELGRAND 1
NISSAN ELGRAND 2

 以下は2010年に発売された日産名車コレクションの日産 エルグランド (1/43 No52)の画像です。最初のマイナーチェンジ後の2004年式をモデル化しています。メーカーはイクソで、イクソは上記のJコレクション製のエルグランドをOEM生産していたので、その型を流用しています。ただしマイナーチェンジで変更されたフロントグリル/バンパーやリアパネル部分が変更されています。またよく見ると室内のインパネも変更されていて、こちらの方がカーナビの画面が大きく3D地図らしきものが表示されています。さらにドアミラーにはウインカーが追加されています。安価な雑誌付きミニカーの場合、室内は彩色されていない物が多いのですが、これはかなりきれいに仕上げてあります。ここまでコストをかけて年式の違いをきちんと再現しているのは、日産名車コレクション以外のブランドから要求があったからでしょう。(製作時期から考えるとRAI'Sのポリス用ではないかと推察します) その要求に対応して型を変更して製作した物があり、日産名車コレクションではそれを流用したのでしょう。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN ELGRAND 1
NISSAN ELGRAND 2

 以下はフロント/リアの拡大画像です。京商 Jコレクション製との違いが良くわかります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN ELGRAND 1
NISSAN ELGRAND 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1558

   

NISSAN CARAVAN (E25) 2002 JAPAN

NISSAN CARAVAN (E25) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) No.312 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒3L 直噴ディーゼルターボ 121HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速 不祥
データーベースで日産 キャラバン/ホーミーのミニカー検索

 

日産 キャラバン (E25型) 日本 2002

 

 日産 キャラバン 3代目(E24)が1986年に登場しました。外観は キャラバン 2代目/ホーミー 3代目(E23型)を踏襲していました。乗用車仕様のコーチと商用バンがありました。ロングボディの商用バンには荷室左側窓をを大型化した「ビックリウィンドウー」と呼ばれた変わったデザインのモデルがありました。当初は4気筒2Lガソリンと4気筒2Lディーゼルターボ/2.3Lディーゼルエンジンを搭載していました。その後エンジンの追加や意匠変更などのマイナーチェンジが行われ、1997年に乗用車仕様のキャラバン エルグランドとホーミー エルグランドが登場しました。1999年にホーミーはキャラバンに統合され、乗用車仕様はエルグランドの名前で独立し、以後キャラバンは商用及びマイクロバスのみとなりました。 (実車画像→ 日産 キャラバン 1986) (実車画像→ 日産 キャラバン ビックリウィンドウー 1986)

 

 日産 キャラバン 4代目(E25)が2001年に登場しました。商用バンとマイクロバスのみとなり、ロングボディ/スーパーロングボディがありました。エンジンはDOHC 4気筒2L/2.4Lと4気筒3L(105HP)直噴ディーゼルが搭載されました。2002年に4気筒3L(121HP)直噴ディーゼルターボ(インタークーラー付)エンジンが追加されました。2005年のマイナーチェンジで後期型となり内外装が変更され、乗用車仕様の8人乗りのシルクロードが追加されました。2005年のマイナーチェンジでフロントグリル/ヘッドライトなどの意匠が変更されました。その後も仕様変更が行われ、2012年にキャラバン 5代目がNV350 キャラバンとして登場しました。(実車画像→ 日産 NV350 キャラバン 2012)

 

 

 ミニカーは2017年に発売された国産名車コレクション製です。リアゲートに3.0Di INTERCOOLERと表示されているので3Lディーゼルターボエンジン搭載のロングボディ バンをモデル化しています。ミニカーのケースの台座には2006と表示されていますが、ヘッドライトやフェンダーミラーの形状などから、前期型でエンジンが3.0Diとなった2002年式をモデル化していると判断しました。メーカーはイクソでミニカーの底板にJ-COLLECTIONと表示されているので、イクソがOEM生産している京商 Jコレクションのキャラバン (E25) 2005 (型番JCP80001)の型を流用しています。

 そのJコレクションのキャラバンは2005年のマイナーチェンジ後の後期型をモデル化しているので、この国産名車コレクションのキャラバン(2002年式)とはフロントグリル、バンパーの色、ホイール、ドアミラーなどが違っています。Jコレクションのミニカーはいずれも出来が良いので、それをベースにして仕上げを簡素化したこの国産名車コレクションのキャラバンもドアミラー/フェンダーミラー/リアアンダーミラーが再現されていてなかなかの良い出来ばえです。またそのミラーが簡単に壊れないよう軟かい樹脂で成型されているのは良い設計です。これ以外のキャラバン 4代目のミニカーは前述したJコレクションの後期型、RAI'Sのポリス仕様(これもJコレクションがベースと思われます)があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CARAVAN 1
NISSAN CARAVAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=2018

   

NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 2003 JAPAN

NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION(NOREV HACHETTE) NCC46 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 260HP 6段変速/5段自動変速/CVT
性能: 最高速259km/h (輸出仕様)
データーベースで日産 スカイライン 11代目のミニカー検索

 

日産 スカイライン 300GT V35型 日本 2003

 

 日産は1999年の東京モーターショーでXVLという名前のコンセプトカーを公開しました。このコンセプトカーはスカイラインとは別の車として開発されたのですが、1999年に資本提携したルノーの意向でこの車が2001年に11代目 スカイライン(V35)として登場しました。したがってデザインは従来のスカイラインとは全く違う感じのスポーティな高級セダン的なものとなりました。(スカイラインの伝統だった丸いテールライトは採用されませんでした) 当初は4ドアセダンのみの構成で、エンジンはセドリックと同じV型6気筒2.5L/3L(260HP)を搭載し、変速機は自動変速機のみでした。なお2002年にアメリカでスカイライン V35はインフィニティ G35として発売されました

 

 2002年にV型6気筒3.5L(280HP)エンジンが追加され、国内初となる8段変速マニュアルモードを持つエクストロイドCVTが採用されました。2003年にV型6気筒3.5Lエンジンを搭載するクーペが追加されました。このクーペのテールライトボックス内には丸い形状のライトが付きました。2004年のセダンのマイナーチェンジでは内外装が変更され、セダンのテールライトもクーペと同じ丸いライトが付きました。(丸いテールライトの復活は販売サイドの要望だったのでしょう) スカイライン 11代目は直列6気筒エンジンと丸いテールライトを止めたことで、従来のスカイラインのユーザーには不評でした。ただそのようなこだわりのないアメリカでは、インフニティ ブランドの新型車として好評だったようです。2006年に12代目スカイライン(V36)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2010年に発売された国産名車コレクション製です。プロポーションが良く、灯火類などの細部もリアルでまずまずの良い出来ばえです。雑誌付きミニカーはコストの関係で室内の彩色(印刷)処理はされないものが多いのですが、これはセンターコンソールやメータの印刷処理がされていますので値段を考えるとお得なミニカーです。なお国産名車コレクションのNo.108ではクーペが発売されています。それ以外のV35 スカイラインのミニカーはトミカ/トミカ リミッテドのセダンとクーペ、エブロのクーペ、京商のセダンとクーペなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 1
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 2

 以下は2003年に発売された京商 Jコレクション製のスカイライン V35 クーペ 2003年 (1/43 型番JC21045S)の画像です。これもプロポーションが良く、灯火類や室内の造形などの細部が良く再現されていてなかなか良い出来ばえです。テールライトの中に追加された丸い部分も分かります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 3
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 4

 以下は2010年に発売された国産名車コレクション製のスカイライン V35 クーペ 2003年 (1/43 No.108)の画像です。メーカーはイクソなのですが、上述したJコレクション製のクーペとほとんど同じに見えます。違っているのはナンバープレートの車名表示、サイドウィンドーの状態、室内の仕上げレベルと底板部分の表記です。(Jコレクションはサイドウィンドーが開いた状態、国産名車コレクションは閉じた状態です 室内の仕上げレベルが高いミニカーは、サイドウィンドーを開いた状態にすることが多いです) つまりこれはJコレクションの型を流用して仕上げレベルを下げた廉価版なのです。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 5
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 6

 ここで紹介した3台のミニカーは出来ばえが良く似ています。Jコレクションと国産名車コレクションのクーペは同じ型を使っていますので同じ物です。日産名車コレクションのセダンも作風がほとんど同じですので、メーカーが同じであることを確認する為に3台の底板部分を以下に比べてみました。(ミニカーのメーカーは底板部分を見るとわかることが多いのです)

 マフラー形状と車名の表記などを除くと、3台ともほとんど同じだということが分かります。これで3台とも同じメーカーが製作したのだということが分かります。つまり先に発売されたJコレクション製をベースにして、国産/日産名車コレクションの物が作られているのです。実際にスカイライン セダンのミニカーもJコレクションが2004年にモデル化しています。イクソはかなり前から京商の1/43のミニカーを手掛けていたので、こんな具合に型を有効活用して国産名車コレクションのミニカーも作っているのです。
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 7

NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 8
NISSAN SKYLINE 300GT (V35) 9

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1455

   

 

NISSAN STAGEA 250RS 2003 JAPAN

NISSAN STAGEA 250RS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 162 1/43 113mm

 

日産 ステージア 250RS 日本 2003

 

 ステーションワゴン専用車 ステージア 初代 1996年 登場
 ステージア 2代目 2001年 登場
 2004年 マイナーチェンジ 

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 215HP
 4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースで日産 ステージアのミニカー検索
 

NISSAN STAGEA 250RS 1
NISSAN STAGEA 250RS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1560

   

NISSAN MURANO 2004 JAPAN

NISSAN MURANO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC27081S 1/43 113mm

 

日産 ムラーノ 日本 2004

 

 大型クロスオーバー SUV ムラーノ 2002年 北米に登場
 日本では 2004年 登場

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.77m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3.5L 231HP 4段自動変速/CVT  FF/4WD
性能: 最高速203km/h (北米仕様)
データーベースで日産 ムラーノのミニカー検索
 

NISSAN MURANO 1
NISSAN MURANO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1555

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.