ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN SKYLINE 1800 (C10) 1970 JAPAN

NISSAN SKYLINE 1800 (C10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 225 1/40 107mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.21m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 100HP 3段変速
性能: 最高速165km/h
データーベースで日産 スカイライン C10のミニカー検索

 

日産 スカイライン 1800 C10型 日本 1970

 

 日産と合併後のプリンス初の新型モデルが3代目のスカイラインで、前述したローレルより4ヶ月ほど遅れて登場しました。先代のデザインを発展させたプリンス色の強いデザインで、サイドのサーフィンラインが特徴でした。エンジンも先代譲りの4気筒1.5L(G15型 88HP)で、3/4段変速で最高速160km/hの性能でした。当初は4ドアセダンとワゴン(バン)だけでした。

 

 1968年にエンジンルームを延ばして日産の6気筒2L(L20型 105HP)エンジンを搭載し、後輪を独立懸架に変更した高性能版の2000GTが追加されました。1969年のマイナーチェンジで前後グリルが変更され、ローレルに採用された4気筒1.8L(G18型 100HP)エンジンが追加されました。さらに先代の2000GT-Bの後継車として6気筒2LDOHC(S20型 160HP)エンジンを搭載した初代GT-R(PGC10型)が1969年に登場しました。この頃から「愛のスカイライン」というCMコピーが使われ、一般には「ハコスカ」と呼ばれてます。1972年に4代目スカイラインにモデルチェンジしました。

 

 

 3代目スカイラインのミニカーはGT-R系はたくさんあるのですが、普通の4ドアセダンはあまりありません。当時物ではダイヤペットがあり、まず1970年に型番180で2000GTがモデル化されましたが、これはダイヤペットのミスで1800のショートノーズのままでモデル化されたので直ぐに販売中止となりました。型番180の前後のパネルを変えて、1971年に型番225で1800として再度モデル化されました。この1800のミニカーは当時物としては、プロポーションが良くかなり実車のイメージがうまく再現されていると思います。最近ではアドバンスピリットでワゴン/バンが、トミカ リミッテドで1800/2000セダンとバンなどがモデル化されています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/エンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SKYLINE 1800 (C10) 1
NISSAN SKYLINE 1800 (C10) 2

 以下は先に発売された型番180の2000GTと型番225の01800のフロント/リアを比較した画像です。右側が型番180、左側が型番225です。この画像では小さくて分かりにくいですが、フロントグリル右とリアパネル右に2000GTと1800のモデル名表示があります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE 1800 (C10) 1

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=926

   

NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC10) 1970 JAPAN

NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 222 1/40 114mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.33m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC6気筒 2L 160HP 5段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでスカイライン GT-R (KPGC10)のミニカー検索

 

日産 スカイライン 2000GT-R KPGC10型 日本 1970

 

 先代の2000GT-Bの後継車としてレーシングカーのR380用エンジンをベースにしたDOHC 6気筒2L(S20型 160HP)エンジンを搭載した、初代GT-R(PGC10型)が1969年に登場しました。GT-Rはラジオさえオプション品となっていたレースに出場することを前提として作られた特殊な車でした。スカイラインは1970年のマイナーチェンジでホイールベースを短縮した2ドアハードトップが追加されました。その際にGT-Rはハードトップ(KPGC10型)に切り替わりました。GT-Rは1972年までの3年間でツーリングカーレースで49連勝する大記録を残しました。GT-Rの販売台数はPGC10型が約800台、KPGC10型が約1200台でした。

 

 3代目スカイラインはその後もエンジンのパワーアップなどの改良が加えられました。GT-Rをイメージリーダーとする戦略が当たり、3代目スカイラインは高性能なファミリーカーとして大ヒットし、ブルーバードを凌ぐほどの人気車種となりました。1972年に4代目スカイラインにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2001年に発売されたエブロ製です。全体的なデフォルメのセンスが良くフロントグリルや灯火類がリアルにできています。最近の高価なレジン製を別にするとたぶん1/43では一番出来の良いKPGC10のダイキャスト製ミニカーだと思います。(オートアートの1/18や京商の1/43も良いですが) 当時物としてはダイヤペット、モデルペット、トミカなどがありました。最近ではオートアートの1/18、京商の1/18と1/43、国産名車コレクション、トミカ リミッテド、イグニッションモデル(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC10) 1
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC10) 2

 以下は1970年に発売されたダイヤペットの2000 GT-R (PGC10)(1/40 型番201)の画像です。前述した型番225の1800がロングノーズに変えられていて、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。ルーフに結晶塗装を施してレザートップ風に仕上げています。当時は実車でレザールーフが流行ったのですが、2000 GT-Rでは見かけなかったと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (PGC10) 1
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (PGC10) 2

 以下は1971年に発売されたダイヤペットの2000 GT-R (KPGC10)(1/40 型番222)の画像です。当時のミニカーとしては、かなり良い出来ばえでした。なお約50年前に作られたビンテージミニカーですので、最近のミニカーと比較して出来ばえを評価しないでください。(50年前の車と現在の車を比較することに意味がないのと同じことです)(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (PGC10) 3
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (PGC10) 4

 以下は2009年に発売された日産名車コレクションの2000 GT-R (KPGC10)(1/43 No.33)の画像です。メーカーはノレブで、ノレブのミニカーとしてはプロポーションがいまひとつで、雑誌付きミニカーとはいえあまりセンスが良くない出来ばえです。これは最近のミニカーですので、エブロのGT-Rと見比べてみてください。実車の雰囲気を再現するデフォルメのセンスの良し悪しがわかると思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (PGC10) 5
NISSAN SKYLINE 2000GT-R (PGC10) 6

 3代目スカイライン GT-R(PGC10)のミニカーもたくさんあります。以下のリンクで当サイトのデーターベースから検索できます。
データーベースでPGC10のミニカーを検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=927

   

 

NISSAN GLORIA (A30) 1967 JAPAN

NISSAN GLORIA (A30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPAN CAR COLLECTION (NOREV) 37 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 105HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースで日産 グロリア A30型のミニカー検索

 

日産 グロリア A30型 日本 1967

 

 3代目グロリアは日産との合併後の1967年に発表されたのでプリンスの名前は付いていません。日産とプリンスの合併中に設計が進められた車で、セドリックとの部品共有化が行われていました。特徴的な縦型4灯ヘッドライトとリアライトのデザインは、1965年頃のキャディラックあたりから始まったアメリカ車的デザインで当時の流行りでした。同時期に開発された皇室御料車のロイヤルにも同じデザインが使われていましたので、3代目グロリアのこのデザインは今でも人気があります。セドリックよりやや高めの価格設定となっていたそうです。

 

 エンジンはプリンス製の6気筒2L(105HP)G7型と日産製の4気筒2L(105HP)L型で、3段AT/4段MT変速で最高速160km/hの性能でした。なお6気筒エンジンは1969年には日産製に切り替わっています。モデル末期の1970年にはパワステやパワーウインドーを装着した最上級仕様のGLが登場しています。セダン以外にバン(4/6気筒)もありました。1971年に4代目グロリアにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2007年に発売された国産名車コレクション製です。メーカーはノレブで、ややキャビンが小さいような気もしますが、なかなか良い出来ばえです。なお日産名車コレクションにもNO.17で色違いの青があります。当時物ミニカーとしてはダイヤペットからアンチモニー製とダイキャスト製の2モデルが作られていて、どちらもプロポーションが正確で良い出来ばえでした。最近の物ではアンチモニー製のアドバンスピリット、トミカリミッテド、ENIFなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN GLORIA (A30) 1
NISSAN GLORIA (A30) 2

 以下はダイヤペットの当時物のグロリア スーパー 6(1/40 型番213) の画像です。これはダイキャスト製で、プラスチックのメッキパーツで再現したフロント/リアパネルは良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN GLORIA (A30) 3
NISSAN GLORIA (A30) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=928

   

NISSAN FAIRLADY Z Z432 (S30) 1969 JAPAN

NISSAN FAIRLADY Z Z432 (S30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 197 1/40 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC6気筒 2L 160HP 5段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでフェアレディ Z S30型のミニカー検索

 

日産 フェアレディ Z Z432 S30型 日本 1969

 

 フェアレディ 2000の新型として1969年にフェアレディ Zが登場しました。従来のイギリス製軽量スポーツカーの模倣から脱却して、主力市場のアメリカのニーズを取り入れた高級GTカーに生まれ変わりました。居住性に優れたクーペ ボディは軽量なモノコック構造で、全輪独立懸架を採用するなど先進的な設計でした。ジャガーEタイプを模したロングノーズ/ショートデッキのスタイルで、フェンダー先端に埋め込まれたライトが個性的でした。

 

 標準のZ/Z-Lではセドリック用6気筒2L(125HP)L20型エンジン、高性能版のZ432はスカイライン GT-R用のDOHC6気筒2L(160HP)S20型エンジンを搭載していました。5段変速で最高速210km/h(S20型)の性能でした。なおアメリカ向けは6気筒2.4L(150HP)L24型エンジンを搭載し、最高速は190km/hでした。性能的にはポルシェなどの高級スポーツカーには及ばないものの、価格の安さと信頼性の高さでスポーツカー市場を席捲し、アメリカ市場を中心に大ヒットしました。Z(ズィー)カーと呼ばれて、ダットサン ブランドを世界に知らしめた傑作車でした。

 

 

 1970年に3段ATの追加、1971年に2.4Lエンジンを搭載した240Z、FRP製のフロントバンパー一体式エアロパーツとオーバーフェンダーを装着した240ZGの追加、1974年に全長を延ばし4人乗りとした2by2の追加など改良が施され、1978年に2代目S130型に切り替わっています。モンテ カルロやサファリなどのラリー選手権に参戦し、1971年と1973年のサファリで総合優勝しています。

 人気車ゆえミニカーはたくさんあります。画像はダイヤペットの当時物でZ432のモデル、プロポーションから細部まで実に素晴らしい出来映えで、ダイヤペットの傑作です。ダイヤペットは他に2by2も出しています。当時物としては他にトミカがZ432と240Z、トミカ ダンディがZ432をモデル化しています。当時物以外では京商、エブロなどがZ、Z-L、Z432、240Zなどをレース仕様も含めて数十種類もモデル化しています。また最近は日産名車コレクションやハイストーリーやイグニッションモデルなどのレジン製でもたくさんモデル化されています。以下はダイヤペットの2by2(型番G33)とエブロの240ZG(型番43054)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN FAIRLADY Z 2BY2 (S30)
NISSAN FAIRLADY 240ZG (S30)

 ポリトーイやコーギーなどの外国メーカーからも当時物ミニカーとしてモデル化されていますが、これは海外でモデル化された国産車としては、トヨタ 2000GTホンダ S800に次ぐものでした。以下はポリトーイの240Z(型番EL64)の画像とコーギーの240Z ラリー仕様(型番396)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FAIRLADY 240Z (S30) 1
NISSAN FAIRLADY 240Z (S30) 2

 以下は日産名車コレクションのZ432と240Z モンテ カルロ ラリー仕様の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN FAIRLADY Z Z432 (S30) 1
NISSAN FAIRLADY 240Z MONTE CARLO

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=929

   

 

NISSAN CEDRIC (230) 1971 JAPAN

NISSAN CEDRIC (230) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 269 1/40 122mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 115HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでセドリック/グロリア 230型のミニカー検索

 

日産 セドリック 230型 日本 1971

 

 3代目のセドリックは1971年に登場しました。この3代目からセドリックとグロリアはグリルなどが異なるだけの姉妹車として統合されました。先代のセドリック最終モデルのデザインを踏襲し、当時流行していたコークボトルラインを取り入れた無難なスタイルとなっています。エンジンは4気筒2L (92HP)H20型 、6気筒2L(115/125HP)L20型、6気筒2.6L(140ps)L26型 、4気筒ディーゼルSD20型の4タイプで、3段AT/4段MT変速で最高速165km/hの性能でした

 

 。当初のセダン、ワゴン(バン)に加えて、クラウンに対抗して2ドアハードトップが追加され、1972年には国内初の4ドアハードトップも追加されました。同時期にモデルチェンジしたライバルのクラウン(MS60)が、やや奇抜なデザインで販売を落とすといった幸運があり、3代目セドリック(グロリア)は販売台数でクラウンを上回る快挙を成し遂げました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、実車の雰囲気がよく再現されてなかなかの出来映えです。(1/40よりかなり大きめに出来てますが) ダイヤペットは2ドアハードトップと後期型のセダン(1/30)も作っています。他の当時物ではモデルペットが4ドアハードトップ、トミカがセダンとワゴンを出しています。最近ではアドバンスピリットからセダンとバン、トミカ リミッテドから後期型セダンとワゴンが出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=930

   

NISSAN CEDRIC (230) STATION TAXI 1971 JAPAN

NISSAN CEDRIC (230) STATION TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 269 1/40 122mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 80HP LPG仕様 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースで日産 タクシーのミニカー検索

 

日産 セドリック 230型 構内タクシー 日本 1971

 

 最近のタクシーはトヨタのコンフォート/クラウンセダン、日産 セドリックのタクシー専用車がほとんどですが、1990年代以前は様々な自動車会社のタクシーがありました。1970-80年代の中型車クラスのタクシーで代表的な車種といえば、やはりトヨタ クラウンと日産 セドリックでした。

 

 タクシーのエンジンはほとんどがLPガス仕様ですが、これはLPガスがガソリンや軽油より大幅に安かったからで、1960年代にタクシーのLPガス化が進みました。現在でもLPガスは安いのですが、LPガス充填スタンドが少ないことやガスタンク構造など諸々の理由で、LPガス車は一般向けには普及していません。

 

 

 ミニカーは1972年に発売されたダイヤペットの当時物です。前述したセドリック 230型のバリエーションの構内タクシー仕様です。構内タクシーとは、鉄道駅構内での営業許可を受けたタクシーのことです。この当時の東京駅構内タクシーのカラーリングは黄色に青ラインだったようで、たぶんそれをモデル化しているのでしょう。ダイヤペットのタクシーにはこの構内タクシーのカラー、黄色とオレンジの2トンカラー(東京の大手タクシー会社4社の統一カラー 通称「4社カラー」)、個人タクシーの白が多いです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC (230) STATION TAXI 1
NISSAN CEDRIC (230) STATION TAXI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1684

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...20 次へ »