ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA CELICA (T230) 2000 JAPAN

TOYOTA CELICA (T230) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430168920 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 190HP 6/5段変速/4段自動変速
性能: 最高速225km/h (輸出仕様)
データーベースでトヨタ セリカ 7代目のミニカー検索

 

トヨタ セリカ T230型 日本 2000

 

 セリカ 7代目が1999年に登場しました。3代目からほとんど同じモチーフのデザインはアメリカのデザインスタジオ CALTYのデザインで、7代目は当時としては先進的だったつり目のヘッドライトとテールライトに繋がるキャラクターラインが特徴です。先代よりホイールベースが延ばされましたが、フロントのオーバーハングが短くなり全長は少し短くなりました。WRC仕様の4WD GT FOURの設定がなくなったので、シャーシは前輪駆動専用設計に変わり、ロングホイールベース化で高速安定性が向上し、リアサスペンションにバイザッハアクスルを採用して操縦性を向上させています。

 

 エンジンは新設計されたDOHC 4気筒1.8L(145HP/190HP)で、190HPの高性能版は連続可変バルブタイミングリフト機構(VVTL-i)を採用していました。2000年にカローラ シリーズが9代目にモデルチェンジした際に、スポーツ仕様のレビン/トレノが廃止され、セリカ 7代目はその後継車としての役割も与えられていました。そんなわけでスポーツ志向が薄められた7代目でしたが、この種のスペシャリティカーの需要が低迷したことで、2006年にセリカは生産中止となりました。この頃にはトヨタのスポーティカー(スープラ、MR-Sなど)が次々と生産中止になっていきました。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2000年に発売されました。プロポーションが良く灯火類や室内などの細部がリアルに再現された、ミニチャンプスらしい良い出来ばえです。これ以外では、トミカ、M-TECH、HIGH SPEED、エブロのレース仕様、REAL-Xの1/72、オートアートの1/18などがあります。 以下はミニチャンプスのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CELICA (T230) 1
TOYOTA CELICA (T230) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1442

   

TOYOTA WILL Vi 2000 JAPAN

TOYOTA WILL Vi 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA 27-6 1/60 62㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.76m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.3L 87HP 4段自動変速
性能: 最高速 不明 (ヴィッツ同等で170km/h?)
データーベースでトヨタ WILLのミニカー検索

 

トヨタ WILL (ウイル) Vi 日本 2000

 

 WiLL(ウィル)プロジェクトはトヨタ自動車の社内バーチャル カンパニーが発起人となって始まった異業種による合同プロジェクトで、従来世代とは異なる価値観を持つ20-30代の購買層に向けた商品開発を模索する実験的プロジェクトでした。参加企業は、トヨタ自動車、花王、アサヒビール、松下電器産業、近畿日本ツーリストのの5社で1999年に開始され、その後2000年にコクヨ、江崎グリコが参入し2004年まで続きました。このプロジェクトで開発された商品はWiLLブランド名とオレンジ色のロゴで統一されていました。各社がWiLLブランド商品を開発していますが、現在まで継続している商品はないようで、このプロジェクトは成功しなかったようです。

 

 トヨタがこのプロジェクトで開発した WiLLシリーズの車は第1弾が2000年に登場したWILL Vi、第2弾が2001年登場のWILL VS、第3弾が2002年登場のWILL サイファーでした。いずれもWiLLブランドということでトヨタのロゴやエンブレムはついていませんでした。WILL Viはヴィッツのプラットフォームをベースにした4ドアセダンで、シンデレラの「かぼちゃの馬車」をイメージしたクリフカットのリアウィンドーを持つボディが特徴でした。ボディの雰囲気に合わせた淡いボディカラーが設定され、室内も同じような雰囲気で統一され、細身のタイヤを履いていました。キャンバストップ仕様もありました。ヴィッツと同じDOHC 4気筒1.3Lエンジン(87HP)エンジンを搭載する前輪/4輪駆動車でした。2001年まで販売され、ヴィッツよりかなり高価な上に良くも悪くも独創的な車だったので、総生産台数は約1.5万台とあまり売れていません。変わった車で日産のパイクカーのような存在でした。

 

 

 ミニカーは2000年に発売されたトミカの当時物です。このミニカーを保有していないので、画像はWEBショップから借用しました。画像で見る限りの見解ですが、実車の雰囲気はうまく再現されていると思います。ボンネットが開くギミック付きです。実車にあまり人気がないようで、WILL Viのミニカーは2020年現在でもこのトミカの物しかありません。実車のキャラクター自体がトミカ的ですので、トミカ製のミニカーしかないのはいかにもといった感じがします。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1587

   

 

TOYOTA COROLLA FIELDER (E120) 2000 JAPAN

TOYOTA COROLLA FIELDER (E120) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH T-02-C 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 136HP 5/6段変速/4段自動変速 4WD
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースでトヨタ カローラ/スプリンター 9代目のミニカー検索

 

トヨタ カローラ フィールダー E120型 日本 2000

 

 カローラ 9代目(E120)が2000年に登場しました。(姉妹車スプリンター シリーズは先代(E110)で終了) 4ドアセダンのみでサイズが大きくなり、前進したキャビンと短いテールエンドを持つ欧州風のデザインとなりました。世界共通のプラットフォームを持つカローラとしてはこれが最後の世代となりました。エンジンは新開発のDOHC 4気筒1.3L/1.5L/1.8L(136HP)と4気筒2.2Lディーゼルが搭載され、自動変速機が電子制御化され4WD車はMT仕様がなくなりました。カローラとしては初の横滑り防止システム(VSC)とトラクションコントロールシステム(TRC)が採用され、後輪サスペンションが改良されて走行安定性が向上しました。(実車画像→ トヨタ カローラ 2000)

 

 この世代でセダンの高性能版GTとスポーツ仕様のレビンが廃止され、その後継車としてカローラ ランクス/アレックス(E120)にDOHC 4気筒1.8L(190HP)エンジンを搭載した高性能版が2001年に設定されました。また派生車種としてステーションワゴンのカローラ フィールダー 初代(E120)が登場しました。2002年のマイナーチェンジで内外装が変更されました。2004年のマイナーチェンジでヘッドライトが4灯式に変わり、フロント周りの意匠がフィールダーと同じになり、ディーゼルエンジンが廃止されました。2006年に国内専用車となったカローラ 10代目 アクシア(E140)にモデルチェンジしました。(実車画像→ トヨタ カローラ アクシオ 2006)

 

 

 ミニカーは2001年に発売されたMテック製の当時物です。ステーションワゴンのカローラ フィールダーをモデル化しています。Mテックはエポック社が1996年に立ち上げた1/43国産車ミニカーのブランドで、出来の良い乗用車/商用車を作っていました。このカローラ フィールダーは特徴のあるフロント周辺やサイドビューなどがうまく再現されていて、当時の国産ミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。ドアの開閉ギミック付きで、室内もそこそこ再現されています。カローラ フィールダー 初代のミニカーはこのMテック製しかないようです。カローラ 9代目のミニカーとしては欧州仕様の3/5ドアハッチバック(国内のランクス/アレックス)をミニチャンプスがモデル化していますが、セダンは2020年現在でもないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA COROLLA FIELDER (E120) 1
TOYOTA COROLLA FIELDER (E120) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1481

   

TOYOTA MARK II 2.5 GRANDE G (X110) 2000 JAPAN

TOYOTA MARK II 2.5 GRANDE G (X110) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC11011W 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.74m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 2.5L 200HP 5段自動変速
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)  
データーベースでトヨタ マーク**のミニカー検索

 

トヨタ マーク II 2.5 グランデ G (X110型) 日本 2000

 

 2000年にトヨタ マーク II 9代目(X110)が登場し、兄弟車チェイサー/クレスタは廃止され後継車としてヴェロッサが登場しました。シャーシはクラウン (S170)と共通化され、ハードトップがなくなりセダンだけとなりました。2代前のX80から続いていた低い車高のスタイリッシュなデザインから一転して高い車高のボリュームのあるデザインに変わりました。(室内の居住性は向上しましたが、かっこよくなくなった) エンジンは先代を継承したDOHC 6気筒2L/2.5L(ツインターボ)がありました。(実車画像→ トヨタ ヴェロッサ 2000)

 

 スポーツ系のツアラーは廃止され、グランデiR-V/iR-Sという呼称になりました。2002年のマイナーチェンジで前後の意匠が小変更され、スポーツ系のグランデiR-V/iR-Sは単にiR-V/iR-Sとなりました。1997年に登場したステーションワゴンのマーク II クオリス(名前はマーク IIだがカムリ 6代目の姉妹車)の後継車として、2002年にマーク II (X110)をベースにしたマーク II グラシアが登場しました。2004年に後継車のマーク X 初代(X120)が登場し、コロナ マーク IIから36年間続いたマーク IIという名前が消えました。なおワゴンのマーク II グラシアは2007年まで生産されました。(実車画像→ トヨタ マーク X (X120) 2004)

 

 

 ミニカーは2002年に発売された京商 Jコレクションの当時物です。、上級グレードのグランデ Gをモデル化しています。京商 Jコレクションは比較的安価ながらレベルの高い国産車のミニカーをモデル化していました。このマーク II(X110)もプロポーションが良く、実車の雰囲気がうまく再現されています。灯火類や室内などの細部もリアルにできています。これ以外のマーク II (X110)のミニカーはCAM(レジン製)、国産名車コレクションがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA MARK II 2.5 GRANDE G (X110) 1
TOYOTA MARK II 2.5 GRANDE G (X110) 2

 以下は2010年に発売された国産名車コレクション製のトヨタ マーク II (X110) (1/43 No.114)の画像です。一見しただけで、上記京商 Jコレクション製とほとんど同じ物であることが分かります。前述したクラウン (S170)のミニカーの場合と同じで、製造メーカーはイクソのようです。安価な雑誌付きミニカーですので、室内の彩色など仕上げレベルを少し落としてコストダウンしています。Jコレクション製は右側サイドウィンドーが開いているのですが、国産名車コレクション製では閉じていますので、室内が見難く透明プラスチック越しの画像はかなり歪んでいますが彩色仕上げを簡素化してあるのが分かります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA MARK II 2.5 GRANDE G (X110) 3
TOYOTA MARK II 2.5 GRANDE G (X110) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1495

   

TOYOTA ESTIMA 2000 JAPAN

TOYOTA ESTIMA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH MS-24B 1/43 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 220HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様) ハイブリッド 4WD仕様有り
データーベースでトヨタ エスティマ/プレビアのミニカー検索

 

トヨタ エスティマ 日本 2000

 

 2000年にエスティマ 2代目が登場しました。失敗作となった初代の問題点がすべて改善されました。まずエンジン/駆動系は、カムリをベースにした横置き前輪駆動方式に変更されました。パワー不足だったエンジンはDOHC V型6気筒3L(220HP)とDOHC 4気筒2.4L(160HP)の2タイプとなりました。初代で評判の良かった卵型の丸みのあるボディデザインは継承され、リアのピラーをブラックアウトし屋根が浮いて見えるような処理がされました。両側スライドドアが採用され、床下のエンジンが無くなった分だけ室内が広くなりました。先代で設定された5ナンバー規格のエミーナ/ルシーダはなくなりました。

 

 2001年にはプリウスに次ぐ2番目のハイブリッドカーとして、後輪を電気モーターで駆動するハイブリッド4WD仕様が追加されました。また4人乗りに改造し木目調カウンター、AV機器、冷蔵庫等を装備した特装車の「エスティマ モバイルオフィス」が発売されました。初代同様に安くはない価格でしたが、それに見合った性能や装備となったことが評価され、販売は2000年の新車販売台数で3位となるほど大ヒットし、その後上級ミニバンの代表的な車になっていきました。タクシーとしても使用されました。2006年にエスティマ 3代目にモデルチェンジしました。(実車画像→ トヨタ エスティマ 2006)

 

 

 ミニカーは2001年頃に発売されたMテック製の当時物です。当時のミニカーとしてはプロポーションが良く、全体的な雰囲気がうまく再現されています。ただヘッドライトが少し大きすぎて形状も少し違っているのが今一つです。ドア開閉ギミック付きでドアを開くとセンターコンソール部分が大きく張り出した特徴的な室内がそこそこ再現されています。これ以外のエスティマ 2代目のミニカーはトミカの当時物、REAL-Xの1/72、京商 Jコレクション、その京商 Jコレクションの型を流用した国産名車コレクション、ハイスピードのプレビア(エスティマの輸出仕様)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA ESTIMA 1
TOYOTA ESTIMA 2

 以下は2011年に発売された国産名車コレクションのエスティマ 2代目(1/43 No.138)の画像です。リアに「3.0 AERAS」のロゴがありますので、上級グレードのアエラスをモデル化しています。メーカーはイクソで、イクソが製造していた京商 Jコレクションのエスティマ 2代目の型を流用しています。プロポーションが良くフロント周りの造形など実車の雰囲気がうまく再現されていて良く出来ています。京商Jコレクションのエスティマは内装が彩色されていますが、これは安価な雑誌付きミニカーなので、コストダウンで内装は無彩色に簡素化されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA ESTIMA 3
TOYOTA ESTIMA 4

 以下は2002年に発売された京商 Jコレクション製の当時物 トヨタ プレビア 2000 (1/43 型番JC001)の画像です。エスティマの欧米向け輸出仕様のプレビアをモデル化していますので、左ハンドル仕様で車名ロゴがPREVIAに変更されています。(なお左ハンドルになるとワイパーの配置も左右が逆になるのですがそこまでは変更してありません) 上記の国産名車コレクションとは同じ型ですので外観は同じですが、内装が彩色されてリアルに仕上げられています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA PREVIA 1
TOYOTA ESTIMA 2

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA PREVIA 3
TOYOTA ESTIMA 4

 以下は2003年に発売されたハイスピード製の当時物 トヨタ プレビア 2000 (1/43 型番HF20438)の画像です。エスティマの欧米向け輸出仕様のプレビアをモデル化しています。(ただしこれは何故か右ハンドル仕様です) ハイスピード(HIGH SPEED)は中国のミニカーメーカーでシュコー向けのOEMなども手掛けていて安価ながらそこそこ良い出来のミニカーを作っていました。(2013年頃に倒産しましたが) このプレビアはプロポーション的には上記の京商 Jコレクション製と同じような良い出来ばえですが、テールライトや室内などの細部が見劣りします。ただしハイスピード製は定価800円で京商 Jコレクション製の半額以下でしたので、これは当たり前のことですが。ドア開閉ギミック付きで室内も値段相応に仕上げてあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA PREVIA 5
TOYOTA ESTIMA 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1487

   

 

TOYOTA bB MAZIORA 2000 JAPAN

TOYOTA bB MAZIORA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH H-01-C 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.95m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 110HP 4段自動変速  FF/4WD
性能: 最高速170km/h?  
データーベースでトヨタ bBのミニカー検索

 

トヨタ bB マジューラ 日本 2000

 

 1993年に発売されたスズキ ワゴンRが大ヒットし、車高の高い軽ワゴン「トールワゴン」のブームを引き起こしました。その流れは小型車にも波及し1996年にホンダ SM-X、1998年に日産 キューブ、2000年にトヨタ bBなどが登場しました。トヨタ bBはヴィッツ 初代をベースにした小型ミニバンで、日産 キューブと同様の車高の高いシンプルな箱型ボディが特徴でした。またエアロパーツや広い室内をユーザーが自由にカスタマイズできるように設計したことで若年層にアピールしました。bBという名前はBlack Box(たぶん中身の用途が決まっていないという意)の頭文字で、大文字小文字の違いは不明です。

 

 DOHC 4気筒1.3L(88HP)/1.5L(110HP)エンジンを搭載し4段自動変速で、前輪駆動とフルタイム4WDがありました。2001年に派生車として車体後部に荷台を設けたピックアップトラックのbB オープンデッキが追加されました。(オープンデッキは販売不振で2003年に廃止 実車画像→ トヨタ bB オープンデッキ 2011) 2003年のマイナーチェンジでバンパーが大型化され、内外装が変更されました。2004年にサイオン xBの名前で北米でも販売されました。純正カスタムパーツやアフターパーツメーカーのドレスアップパーツが豊富であったbB 初代は、若年層に支持されて大ヒットしました。2005年にbB 2代目にモデルチェンジしました。なお2代目は初代のシンプルさがなくなり押しつけがましい仕様となったことなどが災いして、徐々に売れなくなり2016年に生産中止となりました。(実車画像→ トヨタ bB 2005)

 

 

 ミニカーは2001年に発売されたMテック製の当時物です。トヨタ bB 初期型で、光の当たり方によって色が変化する日本ペイントの特殊塗料マジョーラ(MAZIORA)を採用した特別仕様車マジョーラをモデル化しています。プロポーションが正確でシンプルな箱型ボディがうまく再現され、当時のミニカーとして良い出来ばえでした。灯火類や室内などの細部もそこそこ再現されています。特に実車と同じ特殊塗料を使っているので、見る角度によってボディの色が変化するのは面白いです。これ以外のbB 初代のミニカーはトミカの1/60、ホットホイールのサイオン xB 1/64などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA bB 1
TOYOTA bB 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1653

   

TOYOTA CELSIOR (F30) 2000 JAPAN

TOYOTA CELSIOR (F30) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO J COLLECTION JC05041K 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.3L 280HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速260km/h (レクサス)  
データーベースでトヨタ セルシオ/レクサスのミニカー検索

 

トヨタ セルシオ (F30) 日本 2000

 

 1994年にレクサス LS(F20)は2代目にモデルチェンジしました。国内版のセルシオも同時に2代目となりました。ボディサイズの変更はなく外観のデザインも初代とほとんど同じでした。ホイールベースが少し長くなったので室内は少し広くなり、ボディの剛性強化と遮音性能向上、サスペンションとブレーキの改良などが行われました。エンジンは初代と同じDOHC V型8気筒4L(260HP)で少しパワーアップしました。1997年のマイナーチェンジで後期型となりエンジンが290HPにパワーアップし、4段自動変速が5段自動変速に変わりました。外観はフロントグリルが少し大きくなってヘッドライトから独立したデザインとなり、ホイールの意匠も少し変更されました。レーダークルーズコントロールなどの先進装備が追加されました。

 

 2000年にレクサス LSは3代目(F30)にモデルチェンジしました。国内版のセルシオも同時に3代目となりました。ボディサイズの変更はなく外観は基本的なスタイルは同じながら、ヘッドライト形状が変更され全体的に丸みが付いたデザインになりました。エンジンはDOHC V型8気筒4.3L(290HP)に変更されました。音声制御式ナビ、ドアを自動でロックするイージークローザー、スマートキーなどの先進電子機器が追加されました。2003年のマイナーチェンジで後期型となり、ヘッドライト、ボンネット、トランクリッドなどの意匠が変更されました。同時に5段自動変速が6段変速に変わり、レーダーを使った衝突被害軽減ブレーキがオプション設定されました。2005年に国内にもレクサス ブランドが展開されたので、セルシオは2006年に生産中止となり、レクサス LSに移行しました。なおレクサス LS 4代目が2006年に登場しました。

 

 

 ミニカーは2003年に発売された京商Jコレクション製です。3代目 セルシオの前期型をモデル化しています。サイドビューを見るとキャビンの形状が実車とやや違う感じがするので、プロポーションは今一つです。ただ灯火類や室内の造形などの細部はリアルで良い出来ばえです。京商は2003年のマイナーチェンジ後の後期型もモデル化しています。これ以外の3代目 レクサス LS/セルシオのミニカーはダイヤペットのセルシオ、トミカのセルシオ、ハイスピードのレクサス、国産名車コレクション、国産名車コレクションの色違いであるFIRST43、WIT'S(レジン製)の後期型などがあります。なお2代目 レクサス/セルシオ LSのミニカーは京商、アオシマのセルシオ(ジャンクションプロデュース仕様)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA CELSIOR (F30) 1
TOYOTA CELSIOR (F30) 2

 以下は2011年に発売された国産名車コレクション製のセルシオ  2001年 (1/43 No.143)の画像です。メーカーはイクソで、上記の京商 Jコレクションの物を流用して内装仕上げを簡素化したものとなっています。(2010年あたり?から京商の1/43サイズのミニカーはイクソが製作しているようです) そのおかげでこのセルシオは内装がそこそこに仕上げてあり、雑誌付きミニカーとしてはかなり良い出来ばえになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CELSIOR (F30) 5
TOYOTA CELSIOR (F30) 6

 以下は2001年に発売されたダイヤペット(アガツマ)製のセルシオ  2000年 (1/43 型番DK-1003)の画像です。アガツマ傘下のダイヤペットで製作された1/43のミニカーで、従来のダイヤペットよりスケールモデル的な作風でまずまずの良い出来ばえになっています。サイドビューは上記の京商 Jコレクションよりも実車に近いように思います。(これも微妙に違う気がしますが) ドアが開閉するギミック付で、室内もそこそこリアルにできています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA CELSIOR (F30) 3
TOYOTA CELSIOR (F30) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1489

   

TOYOTA ARISTO S300 WALNUT PACKAGE (JZS160) 2000 JAPAN

TOYOTA ARISTO S300 WALNUT PACKAGE (JZS160) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOSA COLLECTION (J-COLLECTION) 300056 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3L 230HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速230km/h (レクサス GS300)  
データーベースでトヨタ アリストのミニカー検索

 

トヨタ アリスト S300 ウォールナット パッケージ JZS160型 日本 2000

 

 1991年に初代 アリストが登場しました。クラウン マジェスタ(S140)とシャーシを共有する姉妹車で、高性能を売りにした高級セダンでした。(実車画像→トヨタ アリスト 1991年) デザインはイタル デザインが関与していたとのことで、欧州風のしゃれたデザインでした。エンジンはDOHC 6気筒3L(203HP)(ツインターボ280HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、1992年にはセルシオと同じDOHC V型8気筒4L(260HP)エンジンを搭載する4WD仕様が追加されました。サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーンでショックアブソーバー減衰力を電子制御するピエゾTEMSを装備、4輪ABSやTRCなど先進技術が採用されていました。1994年のマイナーチェンジでフロントグリル、テールライトなどの意匠が変更されました。1993年からは北米でレクサス GSとして販売されました。

 

 1997年にアリスト(レクサス GS) 2代目が登場しました。後輪駆動セダンの基本仕様とすべく開発されたプラットフォームが採用され、クラウン系から独立した車となりました。先代と違い自社デザインで先代の基本的なスタイルを踏襲していましたが、フロント/リアの形状を揃えたライトの造形は個性的でした。エンジンは先代と同じでしたが、国内版のアリストにはV型8気筒エンジンの設定がなくなりました。2000年のマイナーチェンジでフロントとリアの意匠が変更されました。レクサス ブランドの国内展開でアリストは2005年に販売中止となり、レクサス GXに移行しました。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたトサ コレクション製です。トサ コレクションは「面白部品倉庫」(トヨタ系)のブランドで、トヨタ車の特注品を企画して販売していました。これは京商 Jコレクションの特注品で、京商製のV300(ターボ仕様)をベースにしてS300(ノンターボ仕様)のウォールナット パッケージというグレードに仕上げたものです。V300とS300の外観上の違いは、V300にはリアスポイラーが付いているのですがS300には付いていません。オリジナルのJコレクションの出来が良いので、これも細部の仕上げがリアルで実車の雰囲気がうまく再現された良い出来ばえです。なおトサ コレクションはリアスポイラーが付いたV300 ベルテックス エディションもモデル化しています。これ以外のアリストののミニカーはベースとなった京商 Jコレクション、Jコレクションの物を流用した国産名車コレクション、国産名車コレクションの色違いであるFIRST43、オートアートの1/18、WIT'S(レジン製)などがあります。初代のアリストのミニカーはハイストーリー(レジン製)とWIT'S(レジン製)があります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA ARISTO S300 (JZS160) 1
TOYOTA ARISTO S300 (JZS160) 2

 以下は2010年に発売された国産名車コレクション製のアリスト 2001年 (1/43 No.128)の画像です。メーカーはイクソで、京商 JコレクションのV300を流用して室内の仕上げなどを簡素化したものです。V300をベースにしていますので、リアスポイラーが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA ARISTO V300 (JZS160) 3
TOYOTA ARISTO V300 (JZS160) 4

 トヨタ レクサス GSのミニカーはアリスト 2代目を流用している京商 Jコレクションやオートオートの1/18などがあります。 → データーベースでトヨタ レクサス GSのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1490

   

 

TOYOTA SOARER CONVERTIBLE (Z40) 2001 JAPAN

TOYOTA SOARER CONVERTIBLE (Z40) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO J-COLLECTION JC14040R 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.52m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.3L 280HP 5段自動変速
性能: 最高速250km/h (輸出仕様)
データーベースでトヨタ ソアラ Z40のミニカー検索

 

トヨタ ソアラ コンバーチブル Z40型 日本 2001

 

 2001年にソアラ 4代目(Z40)が登場しました。先代同様に2001年にアメリカで発売されたレクサス SC 2代目の国内版でした。デザインはトヨタのフランスのデザインスタジオが担当し、それまでのソアラのイメージからかけ離れたアメリカ人が好みそうなマッシブなデザインになりました。ボディ形式は電動格納式ハードトップを備えた4シータのコンバーチブルのみで、クーペ仕様はありませんでした。(後席はかなり狭い) 搭載されるエンジンはセルシオと同じV型8気筒4.3L(280HP)のみで変速機は5段自動変速でした。

 

 内装は天然木目パネルと本革をふんだんに使った豪華なもので、グレードは430SCVだけでした。また従来のソアラはデジタルメーターが特徴でしたが、普通のアナログメーターに変わりました。パンクしても一定距離は走行可能なランフラットタイヤがトヨタ?初でオプション設定されました。2005年に日本国内でレクサス ブランドが展開されることになり、マイナーチェンジでフロントグリルなどが小変更され、車名が輸出仕様のレクサス SC430に変更されました。この時点で1981年に登場した名車ソアラの名前が消えました。レクサス SC430は2010年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは2003年に発売された京商 Jコレクション製です。Jコレクションは比較的安価ながらも出来の良い国産車のミニカーでしたが、2016年以降は新製品がでていません。このソアラは当時の定価が2100円と安価でしたが、灯火類や室内などの細部がきちんと仕上げてあり、実車のイメージが良く再現され良い出来ばえでした。これ以外のソアラ Z40のミニカーはトミカ、カプセルMテックの1/72、国産名車コレクション、マイストのレクサス SC 1/18、ミニチャンプスのレクサス SCなどがあります。レクサス SC 430のレース仕様はエブロや京商がモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA SOARER CABRIOLET (Z40) 1
TOYOTA SOARER CABRIOLET (Z40) 2

 以下は2010年に発売された国産名車コレクション製のトヨタ ソアラ Z40 (1/43 No.120)の画像です。メーカーはイクソですが、上述したJコレクション製と極めてよく似ています。実はJコレクションのミニカーはこの当時からイクソが製造していて、これはJコレクションをベースにして仕上げを簡素化した廉価版なのです。(内装の仕上げが少し簡素になっています) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA SOARER CABRIOLET (Z40) 3
TOYOTA SOARER CABRIOLET (Z40) 4

 以下は2003年に発売されたミニチャンプス製のレクサス SC430 2001 (1/43 型番 トヨタ特注品)の画像です。これはトヨタ特注品なので型番が不明ですが、標準品ではルーフが開いたオープン仕様もありました。レクサスはアメリカ車ですので左ハンドル仕様で、ソアラとの外観上の違いはフロントグリル/リアのソアラのロゴがレクサスに変更されていることとリアバンパーのリフレクターが追加されていることぐらいしかないようです。ミニチャンプスらしいそつのない出来ばえで、室内などの細部がリアルに再現されよく出来ています。フロントノーズ周りの造形が上記Jコレクション製と微妙に違っていますが、これはミニチャンプス製の方がノーズの突き出しが少し強調されているようです。またミニチャンプス製はキャビン部分もやや小さめにデフォルメされているようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA LEXUS SC430 (Z40) 1
TOYOTA LEXUS SC430 (Z40) 2

 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA LEXUS SC430 (Z40) 3
TOYOTA LEXUS SC430 (Z40) 4

 レクサス SCのミニカー検索→データーベースでレクサス SCのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1475

   

TOYOTA RAV4 5-DOOR (XA20) 2001 JAPAN

TOYOTA RAV4 5-DOOR (XA20) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 106 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.16m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 152HP
 5段変速/4段自動変速  FF/4WD
性能: 最高速185km/h (輸出仕様)
データーベースでトヨタ RAV4のミニカー検索

 

トヨタ RAV4 5ドア (XA20) 日本 2001

 

 トヨタのSUV RAV4 2代目(XA20)が2000年に登場しました。3ドアモデル主体で開発された初代は室内が狭いといった問題がありました。2代目は居住性を改善する為に5ドアモデル主体で開発され、海外向けを重視してボディは大型化されて3ナンバー規格となりました。基本的なデザインは初代を踏襲していますが、5ドアモデルの見た目のバランスが良くなりました。輸出仕様には本革シートの設定もあるなど内装が豪華になり、初代よりも乗用車的な性格になりました。

 

 初代同様の専用プラットフォーム構造で、前輪駆動2WDとフルタイム4WDの2タイプがありました。エンジンは2WDがDOHC 4気筒1.8L(125HP)、4WDがDOHC 直噴4気筒2L(155HP)が搭載されました。輸出仕様にはDOHC 4気筒2.4L(160HP)、4気筒2L(116HP)ターボディーゼルエンジンも搭載されました。同じコンセプトのホンダ CR-V日産 エクストレイルなどが登場したことで、RAV4 2代目の国内販売はあまり芳しくありませんでしたが、海外では好評でした。2005年にRAV4 3代目にモデルチェンジしました。(実車画像→トヨタ RAV4 2005)

 

 

 ミニカーは2010年に発売された国産名車コレクション製です。メーカーは明示されていませんが、HIGH-SPEED(香港のメーカー)がほとんど同じ物を発売しているので、HIGH-SPEEDのOEMだと思われます。プロポーションが良くカラーリングが綺麗で、灯火類などの細部もそこそこリアルで雑誌付きミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。これ以外のRAV4 2代目のミニカーは京商Jコレクションの5ドア、HIGH-SPEEDの5ドア、ミニチャンプスの3ドア、ホンウェル(カララマ)の3ドア(ハードトップとソフトトップを下げたピックアップがある) 1/43と1/72、REAL-Xの5ドア 1/72などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TOYOTA RAV4 1
TOYOTA RAV4 2

 以下は2001年に発売されたミニチャンプス製のRAV4 3ドア 2000年 (1/43 型番430166000)の画像です。こちらは3ドアのモデル化で、ミニチャンプスらしい細部がリアルでそつのない良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TOYOTA RAV4 3
TOYOTA RAV4 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1586

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14   次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.