ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ S-CLASS SWB (W221) 2005 GERMANY

MERCEDES-BENZ S-CLASS SWB (W221) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 56201 1/43 118㎜

 

メルセデス ベンツ Sクラス SWB (W221) ドイツ 2005

 

 Sクラスの5代目W221 2005年 登場
 2006年 V型12気筒5.5Lツインターボ(517HP)エンジンを搭載した S600 追加 2009年 メルセデス ベンツ 初のハイブリッドカー S400 HYBRID 追加 リチウムイオン電池を搭載した世界初の量産車

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.1m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5L 388HP 7段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W221のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1641

   

MERCEDES-BENZ CL 500 COUPE (C215) 1999 GERMANY

MERCEDES-BENZ CL 500 COUPE (C215) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430038026 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 7/5段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ C215のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ CL 500 クーペ (C215) ドイツ 1999

 

 SクラスのクーペであるCLクラスの2代目CL 600 (C215)は1999年に登場しました。ベンツの新しい顔である楕円4灯式ヘッドライトを採用したスタイリッシュなクーペスタイルは、従来のSクラスクーペにないスポーティなイメージです。Sクラス(W220)のホイールベースを短縮し、サスペンションを電子制御する「Active Body Control」やレーザーで先行車を検出するクルーズコントロールなどベンツの先進技術が採用されていました。当初のエンジンはV型8気筒5LとV型12気筒5.8L(367HP)でした。

 

 2000年に高性能版のV型8気筒5.4Lエンジン搭載のCL 55 AMGが追加されました。2002年のマイナーチェンジでフロントの意匠が変更され、12気筒エンジンはツインターボ付V型12気筒5.5L(500HP)に、8気筒のCL 55 AMGはスーパーチャージャー付(500HP)に変更されました。2003年にはツインターボ付V型12気筒6L(612HP)エンジン搭載のCL 65 AMGが追加されました。2006年に3代目のCLクラス(W216)にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプスの当時物で、リアにCL 500とモデル名が表示されています。特徴的なクーペスタイルが良く再現されていて非常に良い出来です。実車がかっこいいのでミニチャンプスは8色もカラーバリエーションを出しています。(カラーバリエーションは買わない私が2台買ってしまいました) これ以外ではオートアート、ホンウェル、スパークのAMGなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1169

   

 

MERCEDES-BENZ S-CLASS LIMOUSINE (W222) 2013 GERMANY

MERCEDES-BENZ S-CLASS LIMOUSINE (W222) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 450753800 1/43 123㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.25m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.7L ツインターボ 455P 7段自動変速 4WD仕様も有り
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W222のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ Sクラス リムジン (W222) ドイツ 2013

 

 Sクラスの6代目W222が2013年に登場しました。先代のW221のデザインを継承していますが、フロントグリルが大きくなり、柔らかいルーフラインなど古典的な重厚さや優雅さを取り入れたデザインとなっています。ボディは大きさが批判された3代目W140と同じくらいのサイズになっています。

 灯火類はヘッドライトやメーター照明を含めすべてLED化されています。走行制御/操縦アシスト/衝突防止などに最新の技術が使われていて、路面の凹凸をステレオカメラで検出しそれに応じてサスペンションを制御して車体の水平を保つ機能までついています。エンジンはDOHC V型6気筒3Lターボ/3.5L(306HP) + モーターのハイブリッド、DOHC V型8気筒4.7L(455HP)ターボ、DOHC V型8気筒5.5L(585HP)ターボ AMG仕様、DOHC V型12気筒6L(530HP)ターボ、DOHC 4気筒2.2L(204HP)ターボディーゼル + モーターのハイブリッド、V型6気筒3L(258HP)ターボディーゼルなどがあります。

 

 2014年にV型12気筒6L(630HP)ターボ AMG仕様とV型6気筒3Lターボ + モーターにプラグインハイブリッド仕様が追加されました。2015年に最上級仕様として、メルセデス マイバッハ Sクラスが設定されました。先代のマイバッハは独立したブランドでしたが、2代目はメルセデス ベンツのサブブランドとなりました。

 

 

 ミニカーはシュコー製で、2016年に発売されました。W222のロングホイールベース版のモデル化です。モデル名は単にSクラスとされているので、エンジン等の諸元はS500 ロングのデータを記載しました。ダイキャスト製なのでしっかりとした重量感があり、プロポーションは抜群です。フロントグリル/ヘッドライト、ガラスルーフと室内の造形、ワイパーのリアルな形状など細部も非常に良くできています。1/43のダイキャスト製ミニカーとして値段は少し高いですが、値段に見合った出来ばえだと思います。ディーラー用特注品など色違いが数種類あります。これ以外のW222のミニカーではノレブの1/18、ヘルパの1/87、WELLYの1/24などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ワイパーの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ S-CLASS LIMOUSINE (W222) 1
MERCEDES-BENZ S-CLASS LIMOUSINE (W222) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1889

   

MERCEDES MAYBACH S-CLASS (X222) 2016 GERMANY

MERCEDES MAYBACH S-CLASS (X222) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALMOST REAL AL420103 1/43 129㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.46m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6L ツインターボ 530P 7段自動変速 4WD仕様も有り
性能: 最高速250km/h(リミッター付)
データーベースでマイバッハ (戦後)のミニカー検索

 

メルセデス マイバッハ Sクラス (X222) ドイツ 2016

 

 戦前の高級車 マイバッハは、戦後は自動車用エンジンの製造を行い1966年にダイムラー ベンツの傘下となりました。ダイムラー ベンツは1997年にメルセデス ベンツ マイバッハという名前のコンセプトカーを発表しマイバッハ ブランドを復活させ、2002年にマイバッハ 57/62が発売されました。マイバッハ 57/62は約3000台が販売されたそうですが、この台数では商売にならなかったようで、マイバッハブランドは2012年に廃止されました。

 

 2014年にメルセデスのサブ ブランドとしてメルセデス-マイバッハが設定され、マイバッハ 57/62の実質的な後継車としてメルセデス-マイバッハ S500/600が登場しました。この車はメルセデス ベンツ Sクラス(W222)のロングホイールベース版の後席部分を200m延長したリムジーンで、前後の意匠も変えていないので実質的にはSクラスのストレッチリムジーンです。(マイバッハのエンブレムがCピラーに表示されるだけです) エンジンはS500がDOHC V型8気筒4.7Lターボ(455HP)、S600がDOHC V型12気筒6Lターボ(530HP)でSクラスと同じです。2015年にはホイールベースをさらに1053mm伸ばして車高を高くし、対面4座式後席を備えた「メルセデス マイバッハ プルマン」が発表されました。2016年にはメルセデス AMG S65 カブリオレをベースにした、4座オープンの「メルセデス マイバッハ S650カブリオレ」が限定生産されました。

 

 

 ミニカーはオールモーストリアル製で、2017年に発売されました。オールモーストリアルはミニチャンプスのミニカーを製作していたと思われる中国の会社が興したブランドで、今後もダイキャスト製ミニカーを製作していくようです。細部をリアルに仕上げていたミニチャンプスのミニカーとほぼ同じような作風で、このマイバッハ S600も1/43ダイキャスト製ミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。ダイキャスト製なのでしっかりとした重量感があり、フロントグリル/ヘッドライト、ガラスルーフと室内の造形などの細部も良くできています。これ以外のマイバッハ S600のミニカーではオートアート(1/18)がS600とS600プルマンをモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES MAYBACH S-CLASS (X222) 1
MERCEDES MAYBACH S-CLASS (X222) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1958

   

 

MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 1963 GERMANY

MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 516 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.3L 150HP 5/4段変速/4段自動変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 230/280SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 230SL ハードトップ  (W113) ドイツ 1963

 

 1963年に190SLの後継車として230SLが登場しました。190SLをベースにして、スリー ポインテッド スターの大きなロゴを配したフロントグリルを持つスポーティなデザインにボディを一新しています。ソフトトップとオプションの脱着式ハードトップを備えた2シータークーペと、シート背後のソフトトップ収納部を折畳み式ベンチシートに変えた2+2シーターロードスター(カリフォルニア クーペと呼ばれる)がありました。屋根の中央部分がへこんだ独特の形状のハードトップはパゴダルーフ(PAGODA ROOF)と呼ばれました。

 

 エンジンは220系の2.2Lを2.3L(150HP)にボアアップしたもので、最高速200km/hの高性能でした。1966年に排気量が2.5L(150HP トルクアップ)に拡大された250SLが登場し、1967年に排気量が2.8L(170HP)の280SLに発展しました。この230SLから始まったSLクラスはパーソナルな高級スポーツカーとしての地位を確立していきました。280SLは1971年まで生産され、230SLからの総生産台数は約49000台でした。後継車は350SL(R107)でした。

 

 

 ミニカーは当時物のディンキー(フランス)製で、1964年に発売されました。全体的にややスマートにデフォルメされていて、リアルに再現された独特な形状のハードトップは実車同様に取り外すことが出来ます。230SLは人気車だったので当時物のミニカーがたくさんあります。テクノ、メルクリン、ガマ(1/37)、ジク(SIKU 1/60)、マーキュリー、ポリトーイ、スポットオンなど当時の有名ブランドのほとんどがミニカーにしていました。最近のミニカーではミニチャンプス、ノレブの1/18、シュコーの1/43と1/72、イクソとその型を使った国産名車コレクションなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とルーフ/エンジンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 1
MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 2

 以下は1963年頃に発売されたテクノの当時物の230SL(型番928)の画像です。前長が110㎜なので縮尺は1/40ぐらいで、1/43よりも少し大きめに出来ています。プロポーションが良く室内などの細部も良く再現され、230SLの当時物ミニカーとしてはベストの出来ばえでした。内装とウインドスクリーンとタイヤ以外の主要パーツは金属製で極めて丈夫にできています。ハードトップ仕様もありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 230SL (W113) 1
MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 2

 テクノのミニカーは(全てではないですが)前輪操舵ギミックと分解/組立てギミックが付いているのが特徴でした。この230SLもその一台です。側面からみるとボディが少し弓なりに変形していますが、これは子供のころに分解/組立てを何度もやった後遺症かもしれません。(またはダイキャストの材質の問題もあるかもしれません) 以下はフロント/リア(トランク開)の拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/底板の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 230SL (W113) 3
MERCEDES-BENZ 230SL (W113) 4

 以下は1965年に発売されたポリトーイの当時物 230SL(型番503)の画像です。ポリトーイ初期のMシリーズでそこそこの出来ばえですが、タイヤが大き目であまりかっこよくありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 3
MERCEDES-BENZ 230SL HARDTOP (W113) 4

 以下は2014年に発売された国産名車コレクションの230SL(No.225)の画像です。メーカーはイクソ製で、雑誌付きミニカーとしては標準的な出来ばえです。ヘッドライトに組み込まれたウインカーがヘッドライトの下にある北米仕様をモデル化しています。ウインカーを上に組込んだヨーロッパ仕様の縦長異形ヘッドランプが北米では許可されていなかったので、北米仕様ではこのようにヘッドランプが変更されていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 230SL (W113) 5
MERCEDES-BENZ 230SL (W113) 6

 以下は1994年に発売されたミニチャンプスの 280SL(型番430032231)の画像です。新しいだけあって実車の細かい部分のリアリティはこのミニチャンプスが一番良いと思います。フロントの拡大画像は室内の画像に変わります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 280SL (W113) 1
MERCEDES-BENZ 280SL (W113) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=485

   

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 1971 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MARKLIN 1839 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 195HP 5/4段変速/4段自動変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでメルセデス ベンツ SL(R107/C107)のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SL (R107) ドイツ 1971

 

 350SLは前述した280SLの後継車として1971年に登場しました。初代コンパクト メルセデス(W114)のシャーシにSクラスのV型8気筒3.5L(195HP)エンジンを搭載した2シータ車で、ハードトップ又はソフトトップの脱着が出来ました。同時にホイールベースを254mm延長した4シータークーペ(トップは固定式)のSLC(C107)も登場しました。このSLCはSクラス クーペ(W111)の後継車でもありました。

 

 SLクラスは現在もスポーツカーとして続いていますが、SLCはSクラスのクーペ(高級パーソナルカー)といった性格の車(1990年代まで続いたSEC)に変わっていきました。1973年にはV型8気筒4.5L(225HP)、1974年には廉価版の6気筒2.8L(185HP)エンジンが追加されました。この車は1989年まで生産され、18年間の総生産台数は約24万台でした。1989年にSLシリーズ4代目(R129)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは鉄道模型の老舗メルクリンの当時物で、1971年に発売されました。メルクリンらしい肉厚の薄いシャープな造形で、当時物としてかなり良い出来ばえでした。(ホイールが当時流行だったフリーホイールになっているのが、今ひとつですが) これ以外の当時物ではコーギー、ノレブ、マッチボックスなどがありました。最近の物では、ミニチャンプス、イクソ、デルプラドの世界の名車シリーズなどがあります。 以下はメルクリンの350SLのフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 1
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 2

 以下は1972年に発売されたコーギーの350SL(型番393)の画像です。コーギー流の玩具的なデフォルメ(寸詰まりになっている)がされています。このホイールもフリーホイールです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 3
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 4

 以下は2003年に発売されたデルプラド 世界の名車シリーズの350SL(No.42)の画像です。フロントウインドーが大き目でプロポーション的には今ひとつですが、一昔前の雑誌付きミニカーとしてはまずまずの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 5
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 6

 以下は1971年に発売されたノレブのJETCARシリーズの350SL(型番821)の画像です。JETCARシリーズは当時の廉価版ミニカーでしたので灯火類などが簡素な仕上げですが、プロポーションは悪くないです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 7
MERCEDES-BENZ 350SL (R107) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=487

   

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   次へ »