ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ 220S PONTON (W180) 1956 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220S PONTON (W180) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FALLER 4326 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.2L 100HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W180のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 220S ポントン (W180) ドイツ 1956

 

 戦前の170のシャーシを流用していた220は1954年に220aに変わります。220aは180のホイールベースを拡大し、全長を235mm長くしたボディに6気筒エンジン(2.2L 80HP)を搭載したものです。車格としては現在のSクラス級ですので、当然内装も豪華になっています。

 

 1956年にはキャブレターをツインにしてエンジンを100HPにパワーアップした220Sに進化します。220Sの最高速は160km/hに向上し、その高性能ぶりは世界の注目を浴びました。名前に付与された「ポントン」とは、フェンダーがボディと一体化したいわゆるフラッシュ サーフェス ボディのことを意味するもので、180/200/220系の俗称です。1958年には改良型の220SE(W128)が登場し1962年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはドイツの鉄道模型用アクセサリーで有名なファーラー社製で、1994年頃に発売されました。全体がプラスチックでできていて、塗装はされていませんが、ボディには艶がありますのであまり違和感はありません。プロポーションが良く、プラスチックの特性を生かして細かいところまで再現されています。ドアが開閉でき室内もそこそこ再現されています。またエンジンとフロントサスペンション部分もリアルで、そのエンジン部分を取り外すことも出来ます。このセダンと同じ型を使ったタクシーなどのバリエーションが数種類あります。これ以外のW180のミニカーは、古いものではジク(SIKU)があります。最近の物では、ミニチャンプスやブレキナのクーペが数種類あります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/底板の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 220S PONTON (W180) 1
MERCEDES-BENZ 220S PONTON (W180) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=473

   

MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W128) 1958 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W128) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 28621 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.2L 115HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W128のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 220SE カブリオレ (W128) ドイツ 1958

 

 1954年に登場した高級セダンの220aにもパーソナルなカブリオレの設定がありました。そのカブリオレは最初はクラシックな220のボディを使っていましたが、1956年の220Sの登場でカブリオレも新型のボディに変わりました。ホイールベースを120mm短縮してテールの長いスポーティなスタイルとしていますが、座席数は4/5座で後席がありました。カブリオレにハードトップを固定したクーペも後に追加されています。

 

 1958年に燃料噴射を採用して115HPにパワーアップした220SE セダンが登場し、カブリオレも220SEとなりました。(Eはドイツ語のEinspitz(噴射)の意味) カブリオレの内装は本物の木を使ったダッシュボードやドアパネル、本革張りのシートなど豪華で、上級車300S カブリオレ(W188)に準じた装備になっていました。1960年まで生産され、総生産台数は約1100台でした。後継車は220SE カブリオレ(W111)でした。

 

 

 ミニカーは2005年に発売されたビテス製で、220SE カブリオレをモデル化しています。プロポーションが良く、フロントグリル/灯火類や室内がそこそこリアルに再現されていて良い出来ばえです。ビテスはハードトップの付いたクーペなど約20種類ほどをモデル化しています。ビテス以外のW128のミニカーは、ビテスの親会社のサンスターのカブリオレ 1/18がありますが、W128のセダンはどこもモデル化していないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W128) 1
MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W128) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=474

   

 

MERCEDES-BENZ 220D (W115) 1968 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220D (W115) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FALLER 4374 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒ディーゼル 2.2L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W114/115のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 220D (W115) ドイツ 1968

 

 1968年に登場した戦後初の新設計したシャーシを採用したメルセデス ベンツ(W114/W115)はコンパクト メルセデスと呼ばれました。コンパクトとは上級車のSクラスに比べるとコンパクトであるという意味で、現在のEクラスの元祖となった車でした。また1968年に発売されたことから200/8などモデル名の末尾に/8を付けた表記がされるので、/8(ドイツ語でStrich 8 英語ではStroke 8)という名前で呼ばれることもあります。テールフィンが付いたW110系よりもシンプルでセンスの良いデザインは、新しいメルセデス ベンツを印象付けるデザインでした。

 

 当初のW114は6気筒2.3L(120HP)/2.5Lエンジン、W115は4気筒2L(95HP)/2.2Lエンジン又は4気筒2L/2.2Lディーゼルエンジンを搭載していました。1972年にW114に6気筒2.8Lエンジン、1974年にW115に世界初の5気筒3L(80HP)ディーゼルエンジンが追加されました。1968年にロングホイールベース仕様セダン、1969年にホイールベースはそのままで屋根をハードトップに変えたスポーティな2ドアクーペが追加されました。1973年のマイナーチェンジで内外装が変更され、ヘッドライトワイパーや表面が凸凹形状のリアライトなどSクラスに準じた安全装備が採用されました。W114/W115は大ヒットし総生産台数は約190万台で同社として初めて100万台を超えました。1976年に後継車W123にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1996年に発売されたドイツのファラー(FALLER)製、プラスチック製でディーゼル仕様の220Dをモデル化しています。ファラーは鉄道模型ジオラマ用のアクセサリーや建築物などのプラモデルで有名な老舗ブランドです。同社は「Memory Cars」という名前でメルセデス ベンツとフォルクスワーゲン ビートルの1/43のミニカー(プラモデル完成品)を20種類ほど販売していたことがありました。(これ以外のファラーのミニカー → 220S (W180)220SE カブリオレ (W111)) プラモデル完成品で塗装はされていませんが、細かいところまで良く再現され非常に良い出来ばえです。プラスチックにはABS樹脂を使っているので、レジン樹脂のような変形等の問題はほとんどありません。実際にこのミニカーは購入後20年以上経過していますが、変形等の問題は全くありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 220D (W115) 1
MERCEDES-BENZ 220D (W115) 2
 W114/W115の当時物ミニカーはサブロン、メルクリン、ジクの1/60、シュコーの1/66などがあり、最近の物ではミニチャンプス、ブレキナとヘルパの1/87、イクソのロングホイールベース仕様、ホワイトボックスなどがあります。以下は1971年頃に発売されたベルギーのサブロン製の200/8 セダン(1/43 型番14 全長110㎜)の画像です。サブロンは米澤玩具(ダイヤペット)が代理店として輸入し、国内でダイヤペット サブロンとして販売していました。ドア4枚/ボンネット/トランクが開閉するフルギミックが売り物のミニカーで、プロポーションが良く当時のミニカーとしては結構良い出来ばえでした。ただしサブロンのミニカーはタイヤがホイールを溶かすという大問題があったことで有名で、このミニカーもオリジナルのホイールは溶けてしまいました。初代コンパクト メルセデスの当時物ミニカーは貴重なので、このミニカーはタイヤとホイールを別のミニカーの物に履き替えて再生させました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220/8 (W115) 3
MERCEDES-BENZ 220/8 (W115) 4
 以下はフロント/リアの拡大画像とフルギミック動作の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220/8 (W115) 3
MERCEDES-BENZ 220/8 (W115) 4
 以下は1969年に発売されたメルクリン製の250 (W114) セダン(1/43 型番1817 全長109㎜)の画像です。250 (W114)は6気筒2.5L(130HP)エンジンを搭載したW115の上級車です。メルクリンは鉄道模型の老舗ですが、かつてはダイキャスト製ミニカーも作っていました。これはホイールが走行性を重視したフリーホイールになっているのがやや残念ですが、モールドがシャープでメルクリン独特の雰囲気があります。ドア4枚/ボンネット/トランクが開閉するフルギミックとなっています。なおヘッドライトが接着剤の劣化で外れかかっているので、やや見苦しい状態になっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 250 (W114) 1
MERCEDES-BENZ 250 (W114) 2
 以下はフロント/リアの拡大画像とフルギミック動作の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 250 (W114) 1
MERCEDES-BENZ 250 (W114) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=470

   

MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 1959 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 047B 1/43 116mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2.2L 120HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W111/112のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 220SE (W111) ドイツ 1959

 

 現在のSクラスに相当するW128の後継車として、220SE(W111)が1959年に登場しました。ボディは一回り大きくなり縦型ヘッドライトが採用された直線的なデザインになりました。当時のアメリカ車の流行を取り入れてリアフェンダーに小さなテールフィンがついていましたので、俗に「羽ベンツ」と呼ばれました。当初は4ドアセダンだけで、1961年に2ドアクーペ/カブリオレが追加されました。

 

 エンジンは6気筒2.2L(95-120HP)で、220SE(120HP)はボッシュの機械式燃料噴射方式でした。1961年には上級車300(W189)の6気筒3L(160HP)エンジンを搭載した300SE(W112)が追加されました。1965年にW111/W112の後継車のW108/W109が登場したことで、W112は生産中止となり、W111はセダンのみがエンジンを2.3L(120HP)に変更した後期型となり1968年まで生産されました。W111の総生産台数は約34万台でした。

 

 

 ミニカーは1996年頃に発売されたビテス製です。プロポーションが良く、特徴的なテールフィンもうまく表現されています。フロントグリルや灯火類、室内などの細部もリアルに再現されています。ちょっと変わった位置についているフェンダーミラーも実車に忠実です。220SE(W111)のセダンの当時物ミニカーは、JRD、テクノ、ジク、ディンキー、ガマ、ノレブ(プラスチック)、ダイヤペットなどがあり、最近の物ではイクソ、ヴィーキングなど多くのミニカーが作られています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 1
MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 2

 以下は1961年に発売されたディンキー(英)の当時物の220SE セダン(1/48 型番186 全長102㎜)の画像です。スケールは小さめの1/48ですが、プロポーション的にはなかなか良い出来であると思います。ライト、グリル、バンパーにプラスチックのメッキパーツを使用しているのは、当時としてはかなり高級な仕上げでした。また当時は当たり前のギミックとなっていたスプリング サスペンションが付き、それを一歩進めたディンキー独自の前輪操舵ギミックが付いています。これは車軸を支える部分に動くスペースを設けて軸全体が回転する構造となっていて、車体を傾けることで前輪を操舵できます。(参照→ 操舵ギミックのページ)(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 3
MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 4

 以下はフロント/リアの拡大画像と前輪操舵ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 5
MERCEDES-BENZ 220SE (W111) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=475

   

 

MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W111) 1961 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W111) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FALLER 4311 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 2.2L 120HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W111/112のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 220SE カブリオレ (W111) ドイツ 1961

 

 現在のSクラスに相当するW128の後継車として、220SE(W111)が1959年に登場しました。ボディは一回り大きくなり縦型ヘッドライトが採用された直線的なデザインになりました。当時のアメリカ車の流行を取り入れてリアフェンダーに小さなテールフィンがついていましたので、俗に「羽ベンツ」と呼ばれました。当初は4ドアセダンだけで、1961年に2ドアクーペ/カブリオレが追加されました。

 

 クーペ/カブリオレはホイールベースがセダン(W111)と同じだったので、後席もセダン同様の居住性がありました。またテールフィンがセダンよりかなり控えめですので、上品な感じがします。内装は高級パーソナルカー300Sの後継ですから、木の削りだし!のダッシュボード、本革の内張りなど現在の車では考えられない豪華さで、量産ラインとは別のラインで手作りで入念な仕上げがされていたそうです。

 1968年にW111のセダンは生産中止となりましたが、クーペ/カブリオレは1965年に6気筒2.5L(150HP)エンジン搭載の250SEに、1967年に6気筒2.8L(160HP)エンジン搭載の280SE、1969年に6気筒3.5L(200HP)エンジン搭載の280SE 3.5となり1971年まで生産されました。W111 クーペ/カブリオレの総生産台数は約3.3万台(カブリオレは約7500台)でした。暫定的な後継車は1971年登場の350SL(C107)で、Sクラスとしての後継車は1981年登場のSクラスの2ドアクーペ(C126)となります。

 

 

 ミニカーはドイツのファラー(FALLER)製で1996年に発売されました。ファラーは鉄道模型ジオラマ用のアクセサリーや建築物などのプラモデルで有名な老舗ブランドですが、「Memory Cars」という名前でメルセデス ベンツとフォルクスワーゲン ビートルの1/43のプラモデル完成品を販売していたことがありました。これは220SE カブリオレで他にも20種類ほどがあるようです。(これ以外のファラーのミニカー → 220S (W180)200D (W115)) プラモデル完成品なのでダイキャスト製に比べると軽いのですが、塗装されていないボディに艶があるのでプラスチックの安っぽい感じはあまりなく、実車同様に重厚な感じがします。またボンネット/ドア/が開閉し、エンジンや室内の細かいところまで良く再現されていて、非常に素晴らしい出来ばえです。プラスチックはABS樹脂を使っているので、レジン樹脂のような変形等の問題はほとんどありません。実際にこのミニカーは購入後20年以上経過していますが、変形等の問題は全くありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W111) 1
MERCEDES-BENZ 220SE CABRIOLET (W111) 2

 W111 クーペ/カブリオレの当時物ミニカーは、コーギー、ソリド(べレム)、メーベトイなどがあり、最近の物ではミニチャンプス、ブレキナの1/87、オートアートの1/18、ノレブの1/18などがあります。 以下は1963年に発売されたソリドの当時物の220SE クーペ(1/43 型番126 全長113㎜)の画像です。ソリドは当時のミニカーとしてはスケールに非常に正確で、全長、全幅ともに1/43サイズきっちりで、プロポーション的にも良く出来ています。昔のミニカーなのでライトやグリルは塗装処理ながら、ベンツのマスコットがちゃんと付いてます。当時は当たり前であったスプリング サスペンション付ですが、それに加えてドア開閉ギミックも付いています。このギミックはソリドが1961年発売したランチア フラミニアで最初に始めたものでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 1
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 2
 以下はフロント/リアの拡大画像と、ドアの開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 3
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 4
 以下は1962年に発売されたコーギーの当時物の220SE クーペ(1/48 型番230 全長101㎜)の画像です。縮尺は1/48と小さめに出来ていますが、プロポーションは良いと思います。昔のミニカーですからライトやグリルは塗装処理ながら、ベンツのマスコットをちゃんと再現しています。室内は簡易的な表現で、でかいハンドルが付いています。当時は当たり前であったスプリング サスペンションは当然ついていますが、前輪が操舵できるギミックも付いています。さらにトランクが開閉できるようになっていて中にはスペアタイヤが一本入っています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 5
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 6
 以下はフロント/リアの拡大画像と、前輪の操舵ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 7
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 8
 以下は1967年に発売されたメーベトイの当時物の220SE クーペ(1/43 型番A19)の画像です。これもプロポーションが良く、当時のミニカーとしては良く出来ていました。なおヘッドライトを固定する接着材が茶色に変色していますが、メーベトイのミニカーによく見られる経年変化です。なおスペインのオートピレンの当時物の220SE クーペ(1/43 型番305)はこのミニカーのコピーです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 9
MERCEDES-BENZ 220SE COUPE (W111) 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=479

   

MERCEDES-BENZ 300SE (W112) 1961 GERMANY

MERCEDES-BENZ 300SE (W112) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE L149A 1/43 116㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 160HP 4/段変速/4段自動変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W111/112のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 300SE  (W112) ドイツ 1961

 

 現在のSクラスに相当するW128の後継車として、220SE(W111)が1959年に登場しました。ボディは一回り大きくなり縦型ヘッドライトが採用された直線的なデザインになりました。当時のアメリカ車の流行を取り入れてリアフェンダーに小さなテールフィンがついていましたので、俗に「羽ベンツ」と呼ばれました。エンジンは6気筒2.2L(95-120HP)で、220SE(120HP)はボッシュの機械式燃料噴射方式でした。

 

 1961年にはW111に上級車300(W189)の6気筒3L(160HP)エンジンを搭載した300SE(W112)が登場しました。W111と同じボディですが飾りのクロームモールが増え、エアサスペンション、パワーステアリング、自動変速機が標準装備されました。1962年に300SEにもクーペ/カブリオレが追加されました。1963年にはボディを100mm長くした300SE ラング(LANG:LONGの意)が富裕層向けの最上級車として追加されました。このモデルは後に正式な名前が300SELとなり、この300SELがその後のSELシリーズの初代となりました。1963年にメルセデス ベンツの最上級車として600(W100)が登場したので、W112のセダンは生産中止となりました。(クーペ/カブリオレは1967年まで生産されました)

 

 

 ミニカーは前述したビテスの220SEのバリエーションで、1996年に発売されました。220SEは出来が良いミニカーですが、この300SEはボディサイドのモールディングを増やし、アンテナ(ラジオ用?)を追加して実車同様に豪華に仕仕立てています。W111の当時物ミニカーはディンキーのクーペ、ジク、マッチボックスのクーペがありました。最近の物ではミニチャンプスのロング、スパークのカブリオレ、プレミアム クラシックスなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 300SE (W112) 1
MERCEDES-BENZ 300SE (W112) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=480

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 次へ »