ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 1957 GERMANY

MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 924 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 215HP 4段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 300SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 300SL ロードスター (W198) ドイツ 1957

 

 300SL クーペは1400台を生産して1957年に生産終了となりました。オープンカーを望むアメリカ市場からの要望に応えて、1957年に登場したのが300SL ロードスターです。鋼管スペースフレーム構造のサイドシルが一部変更され、ガルウイングドアは通常のドアに変更されました。エンジンはクーペの240HPが215HPに少しデチューンされました。また後輪のサスペンションが変更され、限界走行時の挙動変化が穏やかなものに変えられました。またドラムブレーキは1961年に全輪がディスクブレーキに変わりました。

 

 ソフトトップを収納する為にシート背後の収納スペースが無くなったので、燃料タンクを小型化してリアのトランクスペースが拡大されました。(トランク拡大で全長も少し長くなっています) 外観的にはクーペは丸形ヘッドライトでしたが、ロードスターは縦長の異形2灯式ヘッドライトに変わりました。1959年から脱着可能なアルミ製のハードトップが設定されました。1963年に生産中止となり総生産台数は約1900台でした。

 

 

 ミニカーはデンマークのテクノ製の当時物で、1957年に発売されました。全長を長めにして低い車体を強調したデフォルメがされ、この300SLは実車の雰囲気をうまく再現しています。ボンネットを開くとエンジン、トランクを開くとスペアタイヤが再現されています。ベレー帽をかぶったドライバーが付いているのも楽しいです。60年以上も前に作られたミニカーですが、ボディの塗装やバンパーなどの金属パーツの状態が非常にきれいです。これは当時の製造品質がかなり高かったことの証明です。はたして現在のミニカーはこのようにきれいなままで長期保存できるでしょうか? 直射日光さえ避ければ老舗ブランドのダイキャスト製はたぶん大丈夫でしょう、レジン製は塗装が丈夫な焼付塗装ではないことと樹脂の変形などがあるので難しいと思います。これ以外の300SL ロードスターのミニカーは、コーギーの当時物(1/46)と1990年代の物(1/43)、ミクロペットの当時物、ダイヤペットの当時物、シュコーの1/43と1/87、ミニチャンプス、Bブラーゴの1/18などがあります。 以下はテクノのフロント/リア(トランク開)の拡大画像と室内/エンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 1
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 2

 以下は2005年に販売されたミニチャンプスの300SL ロードスター(型番400039030)の画像です。車高を少し下げることでかっこよく見せるミニチャンプス流のデフォルメがされています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 3
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 4

 以下は同じミニチャンプスの300SL ロードスターのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 5
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 6

 以下は1993年に発売されたコーギーの300SL ロードスター(型番 96416)の画像です。全体的に少し寸詰まりの感じになっていますが、これがコーギー流の少し玩具的な味付け(かわいらしく見えるデフォルメ)なのです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 7
MERCEDES-BENZ 300SL ROADSTER (W198) 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=464

   

MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 1955 GERMANY

MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO R06 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 105HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 190SLのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 190SL ロードスター (R121) ドイツ 1955

 

 300SLほどの高性能/高価格の車は手に余るという人向けの普及版が1955年に登場した190SLでした。見た目は300SLに似せていますが、中身は後述する小型セダンの180(W120)のホイールベースを短縮しオープンカー用にシャーシ各部を補強した物でした。300SLよりサイズは一回り小さく、6気筒エンジンではなく新開発した4気筒1.9L(105HP)エンジンを搭載していました。最高速170km/hの性能は2Lクラスのスポティーカーとしては高性能でした。

 

 当初はロードスターだけでしたが脱着できるハードトップ式のクーペも後に追加されました。オプションでシート背後に横向き補助シート(3人乗り可となる)が付けられました。高性能で300SLの半値(それでもアメリカでは高級なフォード サンダーバードと同じくらいの値段)で買えることから、人気が高く約25000台が販売されました。1963年に後継車230SL(W113)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1992年に発売されたリオ製です。全体的な雰囲気が190SLのイメージをうまく再現していて、当時のミニカーとしては良く出来ていました。この適度に古くさい感じがするリオの作風が私好みなので気に入ってます。190SLのミニカーとしてはディンキー、ジク(SIKU)、メルクリン、ソリドなどの当時物、最近の物ではシュコーの1/87、ノレブの1/18、オートアートの1/18、ミニチャンプスの1/43と1/18などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 1
MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 2

 以下は1992年に発売されたバリエーションの幌を立てた190SL(型番R07)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 3
MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 4

 以下は2005年に発売されたミニチャンプスの190SL(型番430033155)の画像です。フロント周りの雰囲気が少し違う感じがして、ミニチャンプスのベンツとしては今一つの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 5
MERCEDES-BENZ 190SL ROADSTER (R121) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=465

   

 

MERCEDES-BENZ 180 (W120) 1953 GERMANY

MERCEDES-BENZ 180 (W120) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430033102 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 52HP 4段変速
性能: 最高速126km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W120のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 180 (W120) ドイツ 1953

 

 戦前の小型車170Vは1949年にボディを大型化しトランクを付けた170Sに改良されました。170Sは1953年に戦後型の180(W120)に切り替わります。エンジンは170Sの流用(4気筒 1.8L 52HP)ですが、ボディは独立したトランクを持つ近代的な3ボックススタイルとなり、窓が大きくなり室内も広くなっています。この当時からディーゼルエンジン(1.8L 40HP)版の180Dも発売されていて、タクシーなどに使われ販売台数はディーゼルが3割ほど多かったとのことです。

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2000年に発売されました。 ウインドーの手前に付けられたウインカー(オレンジ色)を塗装で処理するなどあえてレトロな作風にしているようです。ミニチャンプスはタクシーやポリスなどバリエーションが十数種類あります。ミニチャンプス以外のW120のミニカーは、古いものではテクノやジク(SIKU)があります。最近の物では、デルプラドの世界の名車シリーズ、ブレキナが商用車なども含めて約30種類、ヘルパ、イクソなどたくさんあります。

 

 

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 180 (W120) 1
MERCEDES-BENZ 180 (W120) 2

 以下はデルプラドの世界の名車シリーズの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 180 (W120) 3
MERCEDES-BENZ 180 (W120) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=466

   

MERCEDES-BENZ 180 (W120) PONTON  1959 GERMANY

MERCEDES-BENZ 180 (W120) PONTON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 723 1/46 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 52HP 4段変速
性能: 最高速126km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W120のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 180 (W120) ポントン ドイツ 1959

 

 180系(W120)は1962年まで生産されましたが、その間に排気量を拡大した1.9Lの190/190D(W121)が追加されています。180系とほとんど同じデザインで一回り大きなボディに6気筒2.2Lエンジンを搭載した上級車(現在のSクラス)220a(W180)が1954年に登場しました。220aは1956年に220Sに発展し、1958年に改良型の220SE(W128)となりました。名前に付与された「ポントン」とは、フェンダーがボディと一体化したいわゆるフラッシュ サーフェス ボディのことを意味するもので、180/200/220系の俗称です。

 

 1959年に220SE(W128)は当時流行したテールフィンがついたボディを採用した220b(W111)にモデルチェンジしました。4気筒エンジン搭載の190系も1961年のモデルチェンジでテールフィンがついたボディが採用された190c/190Dc(W110)に変わりました。この車には4段オートマチック仕様もありました。このテールフィンのついたベンツは「羽ベンツ」と呼ばれました。

 

 

 ミニカーはテクノ製の当時物で、1959年頃に発売されました。1/43サイズより少し小振りに出来ています。フロントドアに三角窓がついているので、180の後期型をモデル化しているようです。50年以上も昔に作られたミニカーなので室内などは再現されていませんが、プロポーションが良く再現され、ヘッドライトやフロントグリルなどが結構リアルにできていることがわかると思います。以下はフロント/リアの拡大画像です。経年変化でリアバンパーが少し錆びています。

MERCEDES-BENZ 180 (W120) PONTON 1
MERCEDES-BENZ 180 (W120) PONTON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=467

   

 

MERCEDES-BENZ 200 (W110) 1965 GERMANY

MERCEDES-BENZ 200 (W110) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
METOSUL 9 1/46? 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 95HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W110のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 200 (W110) ドイツ 1965

 

 180系(W120)は1962年まで生産されましたが、その間に排気量を拡大した1.9Lの190/190D(W121)が追加されています。180系とほとんど同じデザインで一回り大きなボディに6気筒2.2Lエンジンを搭載した上級車(現在のSクラス)220a(W180)が1954年に登場しました。220aは1956年に220Sに発展し、1958年に改良型の220SE(W128)となります。1959年に220SE(W128)は当時流行したテールフィンがついたボディを採用した220b(W111)にモデルチェンジしました。このテールフィンのついたベンツは「羽ベンツ」と呼ばれました。

 

 4気筒エンジン搭載の190系も1961年のモデルチェンジでテールフィンがついたボディが採用されて、190c/190Dc(W110 4気筒1.9L/4気筒2Lディーゼルエンジン搭載)に変わりました。W110は1965年のマイナーチェンジで4気筒2Lと6気筒2.3Lエンジンに変更されて、200/200D/230に変わりました。少しややこしいのですが、同じ6気筒2.3Lエンジンをテールフィンがついた一回り大きいボディに搭載した上級車230S(W111)も同時期に登場しています。

 

 

 ミニカーはポルトガルのメトスル製で、プロポーションが良くない上にタイヤも変な物が付いているなどかなり甘い出来です。ただし丸いライトにテールフィン ボディのW110のミニカーは少し前まではこれとジク(SIKU)ぐらいしかなかったので、その点で貴重でした。最近になってW110はミニチャンプス、ブレキナ、ノレブなどでたくさんモデル化されました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=468

   

MERCEDES-BENZ 220S (W180) 1956 GERMANY

MERCEDES-BENZ 220S (W180) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430033005 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 2.2L 100HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W180のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 220S (W180) ドイツ 1956

 

 戦前の170のシャーシを流用していた220は1954年に220aに変わります。220aは180のホイールベースを拡大し、全長を235mm長くしたボディに6気筒エンジン(2.2L 80HP)を搭載したものです。車格としては現在のSクラス級ですので、当然内装も豪華になっています。さらに1956年にはエンジンを100HPに強化して220Sに進化します。1958年には改良型の220SE(W128)が登場し1962年まで生産されました。

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2006年に発売されました。220Sのモデル化で、前述した180のミニカーよりも全長が5mmほど長くなっています。サイドのモール類が増えて室内もなんとなく?豪華な感じになってます。フロントグリルの造形やウインカーの位置などが変更されていることも分かります。ミニチャンプスにはバリエーションが数種類あります。ミニチャンプス以外では、古いものではジク(SIKU)、1990年代頃のファーラー(FALLER)があります。最近の物では、ブレキナのクーペが数種類あります。改良型のW128はビテスやサンスターがモデル化しています。
データーベースでメルセデス ベンツ W128のミニカー検索

 

 

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MERCEDES-BENZ 220S (W180) 1
MERCEDES-BENZ 220S (W180) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=472

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...12 次へ »