ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BMW 630CS (E24) 1976 GERMANY

BMW 630CS (E24) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 629 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.76m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 185HP 4段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでBMW 6シリーズ(E24)のミニカー検索

 

BMW 630CS (E24) ドイツ 1976

 

 2000CSの後継車として630CS/633CSiが1976年に登場しました。E12系5シリーズをベースとし、先代譲りの流麗なクーペスタイルのボディはカルマンのコーチワークで、「世界一美しいクーペ」と言われました。また当時のBMWの最上級車で非常に高価な車でもありました。6気筒3L/3.2L(197HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速215km/h(3.2L)の性能でした。

 

 1978年に3.5Lエンジンの635CSiが追加され、1979年には630CSが2.8Lの628CSiに切り替わりました。1982年にベースがE12系5シリーズからE28系5シリーズに変更され、内外装が変更されました。(外観的にはほとんど同じですが) 1983年にはスポーツカーのBMW M1用のDOHC 6気筒3.5L(286HP)エンジンを搭載するM6も追加されました。M6は3.0CSLの後継車としてツーリングカーレースで活躍しました。E24系は基本的なデザインを変えることなく、1988年まで生産され、1990年登場の8シリーズが後継車となりました。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物で1976年に発売されました。プロポーションが良くシャープな造形で実車のイメージが良く再現されてます。シュコー流の塗装したフロントグリルは当時のBMW車のフロントを再現するのには良く合っていました。これ以外の当時物としてはノレブやその型を使ったガマのものがありました。最近ではミニチャンプス、オートアートの1/18、スパーク(レジン製)のレース仕様などがあります。以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW 630CS (E24) 1
BMW 630CS (E24) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1081

   

BMW 733i (E23) 1977 GERMANY

BMW 733i (E23) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1115 1/45 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.86m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3.2L 197HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでBMW 7シリーズ(E23)のミニカー検索

 

BMW 733i (E23) ドイツ 1977

 

 大型セダン 3.0S/3.3L(E3系)の後継として、1977年に7シリーズが登場しました。メルセデス ベンツ Sクラスに対抗する為に7シリーズ専用の車台が新規設計されました。6シリーズのデザインを流用し、BMWの最上級車らしいスポーティなスタイルとなっていました。当初は728/730/733iの3モデルで、それぞれ6気筒2.8L/3L/3.2L(197HP)エンジンを搭載し、4段変速/3段自動変速で最高速205km/hの性能でした。

 

 1979年に全エンジンを燃料噴射化して、728i/732i/735iとなり、1980年にはターボ仕様の3.4Lエンジン(250HP)を搭載する745iが追加されました。1983年のマイナーチェンジで、フロントグリルなどのデザインが小変更された後期型となり1986年まで生産されました。E23系の総生産台数は約28万台でした。1986年に2代目7シリーズ(E32)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはガマの当時物で1978年に発売されました。同時期のシュコー流の作風でサイズは1/45と中途半端です。サイズが小さめなのがいま一つですが、シュコーと同等の良い出来ばえです。倒産したシュコーの型を引き継いだガマはシュコー製ミニカーをガマの箱にいれて販売していた時期があるのですが、1/45というサイズを考えるとこれはガマが型を作ったものだと思われます。これ以外の当時物としてはメーベトイの730がありました。最近のものではミニチャンプスの733iがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW 733i (E23) 1
BMW 733i (E23) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1082

   

 

BMW 735i (E32) 1986 GERMANY

BMW 735i (E32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 1107 1/45 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.91m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.5L 218HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速234km/h
データーベースでBMW 7シリーズのミニカー検索

 

BMW 735i (E32) ドイツ 1986

 

 BMWの最上級車7シリーズの2代目E32が1986年に登場しました。先代の逆スラントのノーズを変えて、空力的に洗練されたデザインになっています。E32の最大の売りは戦後のドイツ車として初めてV型12気筒エンジンを搭載したことでした。ロングホイールベース仕様(車名にLが付く)を設定し、自動車電話やワインクーラーなど高級車としての装備を充実させていました。当初のエンジンはV型6気筒3L/3.5L、V型12気筒5L(300HP)でした。

 

 1992年からDOHC V型8気筒3L/4L(282HP)エンジンが追加され、このエンジンには5段自動変速が設定されました。なおV型エンジン搭載車はキドニーグリルの幅が広くなっており、外観からも区別化されています。1987年にはなんとV型16気筒エンジン搭載のプロトタイプ(生産されず)まで作られました。1995年まで約30万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはガマの当時物です。全体的に滑らかになったボディがうまく再現されていると思います。ただ前述した733i(E23)同様に1/45で出来ていて、少し小さいのが残念です。(底板には1/43と表記されていますが、寸法を測れば明らかに違います) これ以外の当時物ではマッチボックスのキングサイズ(1/36)があります。最近の物ではミニチャンプスとヘルパがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1183

   

BMW 750i (E38) 1995 GERMANY

BMW 750i (E38) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1170 1/43 116㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.98m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5.4L 326HP 
5段変速/5段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでBMW 7シリーズのミニカー検索

 

BMW 750i (E38) ドイツ 1995

 

 1994年に7シリーズは3代目E38に切り替わりました。基本的なスタイルは変わりませんが、サイズが少し大きくなり、キドニーグリルを独立させたBMWの新しい顔に変わりました。内容的には先代のE32をリファインしたものですが、ボディ剛性を大幅に向上していました。当初のエンジンは先代を引き継いだV型8気筒3L/4Lでした。

 

 1995年にV型12気筒5.4L(326HP)エンジン搭載の750iとロングホイールベース(+140㎜)版の750iL、6気筒2.5Lターボ ディーゼルエンジンの725tdsが追加されました。1997年にはホイールベースを250㎜延長した全長5.4mのリムジーン L7も追加されました。1998年のマイナーチェンジで、ライトやグリルの意匠が変更され、V型8気筒3.9Lターボ ディーゼルエンジン搭載の740dが追加されました。E38は2001年まで生産され、4代目のE65/E66にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはシャバックの当時物で、1995年に発売されました。実車に即した大きなサイズで、当時のミニカーとしては非常に良くできていました。ドア/ボンネット/トランクが開閉でき、12気筒エンジンが再現されているので、750iのモデルだとわかります。当時のシャバックのBMWのミニカーは実車のプロモーション用に使われていていずれも良い出来ばえでした。1998年以降シャバックは航空機モデルに専念したようで、ミニカーが出なくなってしまいました。(プロモーション製作をミニチャンプスにとられたからでしょうか?) これ以外ではネオの740d、イクソ へコルサ(HEKORSA)の750iL(後期型)/L7、コーギーの750i '007 トゥモロー ネバー ダイ'仕様(1/36)などがありました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW 750i (E38) 1
BMW 750i (E38) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1179

   

 

BMW 850i (E31) 1990 GERMANY

BMW 850i (E31) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1180 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.78m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型12気筒 5L 300HP 6段変速/4段自動変速
性能: 最高速250km/h(リミッター付)
データーベースでBMW 8シリーズのミニカー検索

 

BMW 850i (E31) ドイツ 1990

 

 BMW 6シリーズ(E24)の後継車として、8シリーズ(E31)が1990年に登場しました。M1のようなリトラクタブルライトを採用した低いノーズのフロントは、従来のBMWにはないスーパーカー的なデザインのハードトップクーペでした。当時のBMWでは最も高価(約1500万円)で、名実ともにBMWの旗艦でした。当初のエンジンはV型12気筒5L(300HP)だけで、4段自動変速で最高速度はで250km/h(スピードリミッター付)でした。

 

 1993年にDOHC V型8気筒4L(286HP)エンジンを搭載する840Ciが追加され、1996年には4.4Lに排気量が上がりました。(名前にクーペのCが付くようになりました) DOHC V型12気筒6Lエンジン搭載車がM8として開発されましたが、販売されず、それをディチューンした高性能な850CSiが1994年に追加されました。V型12気筒5.6L(380HP)エンジン搭載で足回りが固められていました。なおM8用として開発されたエンジンはマクラーレン F1に提供されました。1996年には12気筒エンジン搭載車はなくなり、1999年まで生産されました。大きめの車体ながらシートは2+2と狭く荷物もあまり積めなかったE31は高級車市場では販売が芳しくなかったようです。(デザインは今でもかっこいいのですが) 

 

 

 ミニカーはシャバック製の当時物で、1990年頃に発売されました。シャバックらしいシャープな造形で、当時のミニカーとしては素晴らしい出来ばえでした。最大の特徴であるリトラクタブルライトの可動ギミックも付いています。(なおこのギミックは繊細過ぎて壊れ易いので、取り扱いは要注意です) シャバックは1/43で850i カブリオレ、1/24でも850iをモデル化しており、当時物のミニカーはシャバックしかないようです。当時物以外ではミニチャンプス、デルプラド、マッチボックス、ヘルパなどがありました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/ボンネットを開いたエンジン部の画像です。室内は現在の感覚ではやや物足りない感じですが、V型12気筒エンジンはリアルで見ごたえがあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW 850i (E31) 1
BMW 850i (E31) 2

 以下はデルプラド 名車コレクション(No.43)の画像です。メーカーは不明ですが、まずまずの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW 850i (E31) 3
BMW 850i (E31) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1187

   

BMW Z1 1989 GERMANY

BMW Z1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1160 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 6気筒 2.5L 170HP 5段変速
性能: 最高速219km/h
データーベースでBMW Zシリーズのミニカー検索

 

BMW Z1 ドイツ 1989

 

 Z1はBMWの研究開発部門が担当した2座ロードスターで、新技術をテストする実験車的な位置づけでした。(Z1のZは'Zukunft'(ドイツ語で未来)に由来しています) シャーシから完全に取り外せるプラスチック製ボディとそれを可能とするプラットフォーム式床構造、上下にスライドするドアなど新しいボディ構造が使われています。エンジンやサスペンションは3シリーズ(E30)がベースとなっており、325iと同じ6気筒2.5Lエンジンを搭載していました。

 

 後輪サスペンションはZ1用に特別に設計されたもので、BMW初のマルチリンク式サスペンションでした。このサスペンションは「セントラルアーム式」と呼ばれ、後の3シリーズ(E36)などに採用されました。1987年にZ1がフランクフルト ショーで発表されると、当初は大人気を博しましたが、結局は1989年から1991年の2年間で約8000台が生産されただけでした。後に同じ2座ロードスターでZ3、Z4、Z8が登場しました。

 

 

 ミニカーはシャバック製で、1989年に発売されました。独特のフロント造形、Aピラーに付いたミラー、上下に可動するドアなど非常によく出来ています。シャバックは1/24でもZ1をモデル化しています。当時物ミニカーはシャバックだけですが、最近の物ではミニチャンプスの1/43と1/18、ヘルパなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/ドアが上下するギミックと室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW Z1 1
BMW Z1 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1188

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »