ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

BMW Z3 (E36/7) 1996 GERMANY

BMW Z3 (E36/7) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4143 1/43 96㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.03m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.9L 140HP 5段変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでBMW Z3のミニカー検索

 

BMW Z3 (E36/7) ドイツ 1996

 

 1989年に発売されたマツダのユーノス ロードスターの成功で、世界的にオープン2座軽量スポーツカーへの関心が高まり、BMWではZ1に続いてZ3が1996年に登場しました。シャーシは3シリーズ コンパクト(E36/5)をベースとしており、ソフトトップを持つオープン2座スポーツカーでした。E36用のDOHC 4気筒1.9L(140HP)エンジンを搭載し、スポーティなハンドリングの車でした。

 

 1998年にハードトップを付けたクーペが追加され、クーペにはDOHC 6気筒2.8L(193HP)エンジンが搭載されました。また同時に、M3(E36)と同じDOHC 6気筒3.2L(321HP)エンジンを搭載したMロードスターとMクーペが追加されました。(正式な名前にZ3は付かない) 1999年のマイナーチェンジでトレッドの拡大で車幅が1.74mに増え、4気筒1.9Lが廃止されDOHC 6気筒2L(150HP)エンジンに変更されました。2000年には2Lが2.2L、2.8Lが3Lに排気量が拡大されました。2002年まで生産され、Z4にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはシュコーの当時物です。ガマなどの老舗メーカーが統合されて再生したシュコー ブランドはスケールモデル的な造形ながら、ミニチャンプスなどのやや無機質な作風とは違った独特の味わいがあります。このZ3もプロポーションが良く細部がリアルで、深い艶のある塗装など非常に良い出来ばえです。シュコーはクーペもモデル化しています。これ以外ではミニチャンプスがロードスター/クーペ/M クーペ/M ロードスター、007 ゴールデン アイ仕様を揃えています。他にもブラーゴのM ロードスター、コーギーの007 ゴールデン アイ仕様(1/36)、M-TECHのロードスターなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW Z3 (E36/7) 1
BMW Z3 (E36/7) 2

 以下は1998年頃に発売されたシュコーのZ3 クーペ(1/43 型番80 42 9 420 697)の画像です。これはBMWのディーラー特注品として入手したもので、ボディカラーがカタログモデルにない赤となっています。なおクーペにはボンネット開閉ギミックは付いていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW Z3 (E36/7) COUPE 1
BMW Z3 (E36/7) COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1189

   

BMW M1 (E26) 1978 GERMANY

BMW M1 (E26) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
GAMA 22 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC6気筒 3.45L 277HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでBMW M1のミニカー検索

 

BMW M1 (E26) ドイツ 1978

 

 BMWはツーリングカーレースに加えてグループ4/5 レースに進出するために、そのベースとなるエンジンをミッドシップ搭載したBMW M1を1978年に発表しました。BMWにはミッドシップ車の開発経験が無かったので、M1の開発はランボルギーニに委託されました。デザインはイタルデザインのG.ジウジアーロが担当し、当時のスーパーカーに共通する直線的なラインの車になっていました。(フロントのキドニーグリルがなければBMWとはわからないかも) エンジンはツーリングカーレース用の6気筒3.5Lに機械式燃料噴射を追加したものでロードカーは277HP、グループ4仕様は470HP、グループ5仕様は3.2Lターボで850HPでした。シャーシはスペースフレーム構造で、ボディはFRP製というレーシングカー的な構造でした。

 

 経営不振であったランボルギーニでは製造が進まず製造契約は解除され、ドイツのバウアーがシャーシを製造しイタルデザインがボディを組み付けることになりました。グループ4の認定に必要な400台を生産するのに時間が掛かった為、レース参加ができなくなるのを恐れたBMWは「プロカー レース」というM1のワンメイクレースを企画するはめになりました。特例でグループ4認定はされたのですが、M1は実際のレースではさほど活躍しなかったようです。

 

 

 ミニカーは1982年に発売されたガマ製です。当時のガマは倒産したシュコーの型を引継いだことでシュコー風の作風に変わりつつあった時期でした。シュコー的なシャープな造形で、車高が高くなってことを除けば、かなり良い出来ばえです。リトラクタブル ヘッドライト開閉とドア/リアパネルの開閉ギミックが付いています。ガマ以外の当時物としてはポリスティル(1/40、1/25)、ソリドのプロカー仕様、コーギーの1/36、バンダイのダッパー(1/55)などがありました。 最近の物では、ミニチャンプスのストリートやレース仕様、イクソ、カルツォなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW M1 (E26) 1
BMW M1 (E26) 2

 以下は2001年に発売されたミニカー付雑誌の元祖デルプラドの世界の名車シリーズのM1(1/43 No.22)の画像です。製造元はユニバーサルホビーで、デルプラドのこのシリーズの中では出来の良い部類で、値段以上の出来ばえだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW M1 (E26) 3
BMW M1 (E26) 4

 以下は2015年に発売された国産名車コレクションのM1(1/43 No.237)の画像です。メーカーはイクソで、イクソのカタログモデルがベースなので、雑誌付きミニカーとしてはレベルの高い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW M1 (E26) 5
BMW M1 (E26) 6

 以下は1981年に発売されたソリドのM1 プロカー仕様(1/43 型番10311)の画像です。これは1980年のルマン出場車(#96のレース結果はリタイヤ)のデカールが添付された限定品でした。フロントスポイラーや大きなリアスポイラーなどが追加されたプロカー仕様がうまく再現されたソリドらしい良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW M1 (E26) 7
BMW M1 (E26) 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1083

   

 

BMW 745Li (E66) 2001 GERMANY

BMW 745Li (E66) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 431020205 1/43 119㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.17m 全幅約1.90m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.4L 333HP 6段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでBMW 7シリーズ(E65)のミニカー検索

 

BMW 745Li (E66) ドイツ 2001

 

 7シリーズの4代目E65系が2001年に登場しました。独特のヘッドライトを持つフロントやリアのデザインは斬新で、従来の雰囲気を一変させていました。大きくなったボディは標準でも全長5mを超え、さらにロングホイールベース版E66や防弾仕様E67まで設定されていました。外観だけではなく、室内でもセンターコンソールの丸いダイヤルでナビ、エアコン、オーディオなどを操作する革新的な「iドライブ」が採用されていました。当初のエンジンはDOHC V型8気筒3.5L/4.4Lでした。

 

 2003年に6気筒3L、DOHC V型12気筒6L(445HP)、6気筒3L/8気筒4Lディーゼルエンジンが追加されました。またアルピナがチューンしたターボチャージャー付DOHC V型12気筒4.4L(500HP)エンジンを搭載し、フロント/リアにスポイラーを装備したアルピナ B7が登場しました。2005年のマイナーチェンジで、フロント/リアの意匠が変更され、エンジンはV型8気筒が4L/5Lに拡大されました。2006年には世界初の量産型水素自動車 ハイドロジェン 7(E68)が限定生産されました。E65は当初外観デザインの評判が悪かったのですが、最終的には7シリーズとしては一番成功したようです。2009年に5代目のF01系にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたミニチャンプス製です。ロングホイールベース版のE66をモデル化しています。ミニチャンプスとしては珍しくボンネットの開閉ギミックを付けた為か、特徴であるヘッドライト周りにややシャープさが足りない感じがしますが、全体的には良い出来ばえです。(最近の車ですからエンジンルームを見てもエンジンのカバーが見えるだけであまり面白くないですが) これ以外では京商の1/18、シュコー ジュニア、ヘルパなどがあります。アルピナ B7(E65)はヘルパがモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW 745Li (E66) 1
BMW 745Li (E66) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1191

   

BMW X5 4.4i (E53) 2000 GERMANY

BMW X5 4.4i (E53) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 431028471 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.67m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.4L 286HP 5段変速/5段自動変速/
性能: 最高速230km/h フルタイム4WD
データーベースでBMW Xシリーズのミニカー検索

 

BMW X5 4.4i (E53) ドイツ 2000

 

 BMW初のSUVとして、X5が2000年に登場しました。BMWはレンジローバーを有するイギリスのローバーグループを1994年に買収しており、X5の開発はローバーと共同で行われました。(2000年にはランドローバーをフォードに売却していますが) その為X5とレンジローバー(2代目)はエンジンなどを共用していました。前後のトルク配分を固定したフルタイム4WDシステムや乗用車的な4輪独立サスペンションの採用は、この車が悪路よりも舗装路を目的としていることを示しています。エンジンはDOHC V型6気筒3L(231HP)、DOHC V型8気筒4.4L、6気筒3L(193HP)ディーゼルなどでした。

 

 2002年にDOHC V型8気筒4.6L(347HP)エンジンが追加されました。2003年に4.4Lエンジンの出力がアップし6段自動変速が追加され、2004年には4.6Lは4.8Lに変更されました。専用のスポーツサスペンション(エアサス)、アルミホイールを装備する'スポーツ パッケージ'のオプション設定がありました。X5は2006年まで生産され、2代目X5(E70)にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは2001年頃に発売されたミニチャンプス製です。ボンネットが開閉するギミック付ですが、ボンネットのチリ合わせはあまり良くありません。(ミニチャンプスのギミックは総じて出来が今一つです) また標準装備と思われるルーフレールを何故か再現していません。ただこのX5はずっしりと重く、この重量感はダイキャスト製ミニカーならではの物です。(私はこのダイキャスト製の重量感が好きです) これ以外のX5のミニカーはデルプラドの世界の名車シリーズ、アンソン、京商の1/18、ヘルパ、スパークのダカールラリー仕様などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW X5 4.4i (E53) 1
BMW X5 4.4i (E53) 2

 以下は2001年頃に発売されたアンソンのX5(1/43 型番80808)の画像です。アンソンのミニカーは1/18がメインでしたが、1/43も少しだけ作っていました。(X5も1/18がありました) ボンネット開閉ギミック付で、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW X5 4.4i (E53) 3
BMW X5 4.4i (E53) 4

 以下は2002年頃に発売されたデルプラド 世界の名車シリーズのX5(1/43 No.73)の画像です。上記のアンソンの物にたいへん良く似ていますが、型は同じものを使っているようです。ただしこちらはボンネット開閉ギミックは固定されて開かないようになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW X5 4.4i (E53) 5
BMW X5 4.4i (E53) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1190

   

 

BMW Z8 (E52) 1999 GERMANY

BMW Z8 (E52) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1561 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.9L 400HP 6段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでBMW Z8のミニカー検索

 

BMW Z8 (E52) ドイツ 1999

 

 1950年代のスポーツカー 507をモチーフにして、アメリカのデザインセンターがデザインしたコンセプトカーZ07が1997年に発表されました。この車は507のイメージを現代風に焼き直したノスタルジックな美しさを持つ2座スポーツカーでした。このZ07をほとんどそのままで量産化したのがZ8で1999年に登場しました。

 ボディだけではなくシャーシも全てアルミニウム製という高度な構造(車重1585kg)で、M5(E39)用のV型8気筒4.9L(400HP)エンジンを搭載していました。6段変速機で最高速は250km/h(リミッター解除で290km/h)と高性能でした。室内はセンターメーターが採用され、ややクラシックな感じがするシンプルな内装でした。標準装備されるリアデフロスター付のハードトップは、手動で脱着します。

 

 2002年まで生産され、2003年はアルピナがチューンしたV型8気筒4.8L(381HP)エンジンを搭載し5段自動変速機に変更したアルピナ V8 ロードスターとして生産されました。総生産台数は約5700台(アルピナ V8は555台)でした。1999年に公開された映画「007 ワールド イズ ノット イナフ」のボンドカーに採用されました。

 

 

 ミニカーはソリド製で2000年に発売されました。ソリドの型番1500番台のシリーズは、定価2000円ほどと安価ながらも、老舗らしいツボを押させた出来の良いミニカーに仕上げていました。このZ8もプロポーションが良く、灯火類や室内などの細部もうまく再現された良い出来ばえです。バリエーションでハードトップ付(型番1581)もありました。これ以外のZ8のミニカーはオートアートの1/18、京商の1/12と1/18と1/64、ミニチャンプス、シュコー、イクソ、国産名車コレクションなどがあります。アルピナ V8 ロードスターはヘルパがモデル化しています。ボンドカー仕様はコーギーの1/36、オートアートの1/18、京商の1/12などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW Z8 (E52) 1
BMW Z8 (E52) 2

 以下は2018年に発売された国産名車コレクションのZ8(1/43 No.315)の画像です。イクソ製だと思いますが、イクソのカタログモデルはハードトップが付いていないので、そこは変えているようです。雑誌付きミニカーとしては良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW Z8 (E52) 3
BMW Z8 (E52) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1522

   

BMW MINI COOPER CABRIOLET 2004 GERMANY

BMW MINI COOPER CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 15103 1/43 85㎜

 

BMW ミニ クーパー カブリオレ ドイツ 2004

 

 BMW製のミニ 2000年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.63m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 115HP 5段変速/CVT自動変速
性能: 最高速193km/h
データーベースでBMW ミニのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1521

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »