ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 131 ABARTH RALLY 1976 ITALY

FIAT 131 ABARTH RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 54 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 215HP 5段変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでフィアット 131 アバルトのミニカー検索

 

フィアット 131 アバルト ラリー イタリア 1976

 

 フィアット グループのラリーカーとして1974年からランチア ストラトスが活躍しましたが、ラリー専用車故にフィアットの乗用車販売には貢献しませんでした。そこで大衆車 131をラリーカーに仕立てることになりました。車両開発はアバルトが行いベルトーネがボディ製作を担当し、131 アバルト ラリーが1976年に登場しました。専用設計の後輪サスペンション、FRP製のフェンダー/ボンネットなどで軽量化したボディに機械式燃料噴射エンジン(4気筒2L 215HP)を搭載しています。グループ4の認証用に400台のストラダーレ(ストリート仕様)が市販され、総生産台数は1000台以上でした。

 

 初戦は1976年のモロッコ ラリーで結果は12位(#8)でした。1000湖ラリーで初優勝しますが、この年はランチア ストラトスがマニファクチャラータイトルを獲得しています。(グループ内でも競争していた) 1977年はポルトガル、ニュージーランド、サンレモなどで5勝し、マニファクチャラータイトルを獲得しています。1978年にはストラトスのワークス活動が終了し、131 アバルトがポルトガル、アクロポリス、1000湖などで5勝し、マニファクチャラータイトルを連覇しています。

 

 

 1979年は1000湖での1勝しかできず、マニファクチャラータイトルはフォード エスコート MK IIが獲得しています。1980年はモンテ カルロ、ポルトガル、1000湖などで5勝し、3回目のマニファクチャラータイトルを獲得しています。1981年はポルトガルの1勝しかできず、1982年にはWRCのレギュレーションに追加されたグループB(ラリー専用車)として開発されたランチア ラリー 037が後を引継ぎました。

 ミニカーはソリド製の当時物で、1977年頃に発売されました。1976年のモロッコ ラリー出場車(#5はリタイア)をモデル化しています。派手なオーバーフェンダーやスポイラーなど迫力のあるボディが良く再現されています。ただヘッドライトをメッキパーツで表現するやり方(この頃のソリド標準)は小さすぎるライトがいまひとつです。なおこのミニカーはデカールが最初から貼られていました。(この頃はまだ自分では貼るのが普通でしたが) 当時物ミニカーとしては、メーベトイ、ポリトーイ、Bブラーゴ、マッチボックス、トミカなど多くあり人気が高いです。最近のものではトロフューが約50種類もモデル化していて、イクソ、京商(1/18)などもあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1740

   

FIAT RITMO 75 1979 ITALY

FIAT RITMO 75 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 301 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 75HP 5段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでフィアット リトモのミニカー検索

 

フィアット リトモ 75 イタリア 1979

 

 128の後継車としてリトモ(イタリア語でリズムの意)が1978年に登場します。フロントグリルの無いやや角ばったデザインはベルトーネによるもので、それまでのフィアットとは一味違います。ボディは3/5ドアバックの2タイプでした。ダンテ ジアコーサ方式の前輪駆動車で、当初のエンジンは4気筒1.1L(タイプ60 60HP)/1.3L(タイプ65 65HP)/1.5L(タイプ75 75HP)でした。

 

 1980年に1.7L(54HP)ディーーゼルエンジンが追加され、1981年に1.3L/1.5Lエンジンをパワーアップしたスーパー、DOHC 1.6L(105HP)エンジン搭載の高性能版105TCが追加されました。105TCをベースにしてアバルトがチューンしたDOHC 2L(125HP)エンジン搭載のアバルト 125TC(後に130TCに発展)も登場しました。またベルトーネが製造するロールバー付のカブリオレがベルトーネ ブランドで販売されました。1982年のマイナーチェンジでフロントグリルを付けた 後期型に変わりました。1988年に後継のティーポにモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクション製で2017年発売、メーカーはイクソです。1.5Lのタイプ75のモデルで、特徴的なフロントの顔つきや樹脂製バンパーがうまく再現され、ホイールやドアハンドルなどの細部もまずまずです。室内もそこそこ再現されていますが、彩色を省いているのはこのシリーズの標準です。このミニカーは海外のミニカー付雑誌で発売されていますが、イクソのカタログモデルとしては発売されていないようです。当時物ミニカーでは、ソリド、メーベトイ、マーキュリー、ポリスティル(1/25)、ブラーゴなどがありますが、どれも当時の廉価版ミニカーです。最近の物では、ノレブ、プロゲット Kなどがあります。以下フロントとリアの拡大画像です。

FIAT  RITMO 1
FIAT  RITMO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1254

   

 

FIAT PANDA 30 1980 ITALY

FIAT PANDA 30 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM 386-01 1/43 80㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.41m 全幅約1.51m
エンジン 変速機: 空冷2気筒 652cc 30HP 4段変速
性能: 最高速117km/h
データーベースでフィアット パンダのミニカー検索

 

フィアット パンダ 30 イタリア 1980

 

 126の後継車としてパンダが1980年に登場します。パンダという名前は動物のパンダに因んでもので、中国市場を意図したものだったそうです。この車のボディとインテリア開発はイタル デザイン(G.ジウジアーロ)がフィアットから委託されて行い、シトロエン 2CVのような簡素で安価な車を目指したそうです。コストダウンの為にボディは平面パネルだけで構成され全ての窓は平面ガラスです。内装もハンモック式シートなど実用本位です。ボディ形式は3ドアハッチバックのみで、簡素ながらも機能的な美しさを感じさせるのはジウジアーロ デザインのなせる業でしょう。前輪駆動車で、当初のエンジンは縦置きの空冷2気筒652cc(30HP タイプ30)と横置きの水冷4気筒903cc(45HP タイプ 45)でした。

 

 1982年には4気筒843㏄(34HP)エンジンを搭載する34と、45を普通のシートなどで豪華に仕立てたスーパーが追加されました。。1993年にはシュタイア プフ社と共同開発したパートタイム4WDシステムを45に採用した4X4が追加されました。1986年のマイナーチェンジでは、エンジンが新型の4気筒769cc/1L(45HP)に切り替わり、1.3Lディーゼルエンジンが追加されました。スーパーで採用した豪華仕様が標準装備化もされました。1991年のマイナーチェンジで、1.1Lエンジンが追加され、ベルト式無段変速機(CVT)を装備したセレクタが登場しました。パンダは歴代の500同様にヒットし、2003年まで長期にわたり生産され、フィアットの財政状況改善に寄与しました。

 

 

 ミニカーはブルム製で、2005年に発売されました。それまでのブルムの出来にはアバウトな部分がありましたが、このパンダはプロポーションが良くリアルなワイパー/ドアミラー/底板の造形などそれまでとはレベルの違う出来映えになっています。ブルムは得意のバリエーション展開で、約40種類ほどのパンダをモデル化しています。なお当時物ミニカーは、メーベトイ、ポリスティル、ブラーゴなどがありますが、いずれも廉価版であまり出来が良くありません。最近の物では、ミニチャンプスやノレブがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1255

   

FIAT REGATA 1983 ITALY

FIAT REGATA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 4121 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 82HP 5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでフィアット レガータのミニカー検索

 

フィアット レガータ イタリア 1983

 

 131の後継車としてレガータが1983年に登場します。リトモをベースにしており、リトモにリアのトランクを追加したような構造です。ただ車格はリトモより上で、全く異なるスラントノーズで別の車のようにデザインされています。当初は4ドアセダンのみで、エンジンはリトモと同じ4気筒1.3L/1.5Lと、リトモ 105TC用をディチューンしたDOHC 4気筒1.6L(100HP)と4気筒1.7Lディーゼルでした。

 

 1984年に4気筒1.9L(65HP)ディーゼルエンジンが追加され、エステートワゴンのウイークエンドが追加されました。1986年のマイナーチェンジで、フロントグリル、バンパー、ドアハンドルなどが変更されています。(4本斜線のフィアット エンブレムがより目立つデザインになっています)その後、1.9LターボディーゼルやDOHC 4気筒2Lエンジンが追加され、1989年に後継車のテムプラにモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはブラーゴ製の当時物です。お世辞にも良い出来とは言いにくいですが、実車のイメージはある程度再現されています。ブラーゴの1/43は安価故にこのような簡素な作りなのでコレクション対象から少し外れるのですが、この当時のイタリア車にはブラーゴだけが量産ミニカーを作っているものが結構あります。このレガータもポリスティルとブラーゴしかモデル化していません。(最近になってレジン製やイタリアのミニカー付雑誌フィアット ストーリー コレクションでモデル化されました)

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1256

   

FIAT UNO 1983 ITALY

FIAT UNO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 4120 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.64m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 56HP 5段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでフィアット ウーノのミニカー検索

 

フィアット ウーノ イタリア 1983

 

 大ヒットした127の後継としてウーノが1983年に登場しました。イタル デザインによる背の高いボディはシンプルで機能的です。高い車高はクラス最大の広い室内を実現し、フラッシュサーフェイス化されたボディは空力的にも優れていました。このパッケージングなどが評価されて1984年のヨーロッパ カー オブ ザイヤーを受賞しています。ダンテ ジアコーサ式前輪駆動車で、3/5ドアハッチバックがありました。当初のエンジンは4気筒900㏄(タイプ45 45HP)/1.1L(タイプ55 56HP)/1.3L(タイプ70 68HP)でした。

 

 1985年に1.3L(105HP)ターボ エンジンを搭載し最高速200km/hの高性能版ターボ IEが追加されました。1986年に1.4L(70HP)ターボ ディーゼルも追加されました。1989年のマイナーチェンジで、前後のデザインがより空力に優れた形状に変更された後期型に変わりました。その後1Lエンジンの変更や1.4Lエンジンの追加が行われ、1993年に後継車のプントが登場しました。ウーノはこのクラスでは圧倒的な大ヒットとなり、1993年までに700万台以上も販売されました。

 

 

 ミニカーはブラーゴ製の当時物です。コスト重視の簡素な作りですが、プロポーションは悪くありません。ラリー車仕様になっているのは、デカールを人目を引くデコレーションとして使っているのでしょう。(デカールが無いとかなり地味です 当時の廉価版ミニカーはこのようなラリー車仕様が多いです) 実車が大ヒットしたのに、当時物ミニカーはこれぐらいしか無いようです。地味な実用車はミニカーにはなり難いのかもしれませんが、最近になってノレブとプレミアムXがモデル化しました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1257

   

 

FIAT CROMA 1986 ITALY

FIAT CROMA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLISTIL E2045 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.50m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 120HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速194km/h
データーベースでフィアット クロマのミニカー検索

 

フィアット クロマ イタリア 1986

 

 132(アルジェンタ)の後継車としてクロマが1985年に登場しました。直線基調のシンプルなボディはイタル デザイン(G.ジウジアーロ)のデザインです。フィアット、アルファ ロメオ、ランチア、サーブで共同開発した「TIPO 4プロジェクト」の車で、アルファ ロメオ 164、ランチア テーマ、サーブ 9000とは姉妹車になります。各車はブランドの最上級車ですが、クロマはそれほど車格が高くはありませんでした。ノッチバックセダンに見えますが、リアハッチを持つ5ドアハッチバックで、このクラスとしてはフィアット初の前輪駆動車でした。

 

 当初のエンジンは4気筒1.6L/DOHC 2L/2Lターボ(153HP)と4気筒2.4Lターボディーゼル(100HP)/2.5Lディーゼルでした。1991年のマイナーチェンジで、フロントグリル/ライトなどの意匠が変更されました。1993年にはアルファ ロメオのDOHC V型6気筒2.5L(160HP)エンジンが追加されました。1996年に生産中止となり、フィアットのこのクラスの車は無くなりました。なおクロマという名前は2005年に登場した中型ワゴン車で復活しています。

 

 

 ミニカーはポリスティル製の当時物です。廉価版ミニカーの類ですが、ホイールはまともな物が付いていますし、そこそこ良く作ってあります。ポリスティルは1/25でもモデル化しており、クロマのミニカーは最近までポリスティルしかありませんでした。2007年にノレブがモデル化し、イタリアのミニカー付雑誌フィアット ストーリー コレクションでもモデル化されました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1258

   

FIAT TIPO 1988 ITALY

FIAT TIPO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 0125 1/24 168㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.70m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 86HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速174km/h
データーベースでフィアット ティーポのミニカー検索

 

フィアット ティーポ イタリア 1988

 

 リトモの後継車として1988年にティーポが登場します。フィアット グループの小型車開発プロジェクトで開発された前輪駆動車で、その名(英語でTYPE 標準の意)が示すようにグループ内の小型車のベースとなりました。大成功したウーノのスタイルを発展させたボディはイタリアのデザイン会社 I.DE.A(イデア)によるものです。ウーノ同様に広い室内が売りもので、1989年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。当初は5ドアハッチバックのみで、エンジンは4気筒1.1L(56HP)/1.4L/1.6L、4気筒1.7L/1.9Lターボ ディーゼルでした。

 

 1989年にDOHC 4気筒1.8L(138HP)エンジン搭載の高性能版が追加されました。1990年にはその2L仕様(148HP)が追加され、最高速207km/hとこのクラスでは最速でした。ティーポの4ドアセダン版であるテムプラが1990年に登場しています。1993年のマイナーチェンジでフロントグリルが小変更され、3ドアハッチバックが追加されました。ウーノ同様に成功し1995年まで生産され、後継車は3ドアがブラーボ、5ドアがブラーバとなります。

 

 

 ミニカーはブラーゴの当時物です。現在の1/18の出来とは較べられませんが、ブラーゴの1/24は当時としては良くできていました。(タイヤ径が小さいのとドアミラーが無いのが残念ですが) 当時物は同じブラーゴの1/43しかないようですので、貴重な存在です。最近ではノレブやイタリアのミニカー付雑誌フィアット ストーリー コレクションでモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1272

   

FIAT PUNTO 1994 ITALY

FIAT PUNTO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 0127 1/24 157㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.70m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 75HP 5段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでフィアット プントのミニカー検索

 

フィアット プント イタリア 1994

 

 大ヒットしたウーノの後継車 プントが1994年に登場します。イタル デザイン(G.ジウジアーロ)のデザインしたボディは、シンプルかつ実に魅力的で空力的にも優れています。(縦長テールライトもユニーク) 前述したティーポをベースにした3/5ドアハッチバックで、1995年には先代同様 ヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。当初のエンジンは4気筒1.1L(55HP)/1.2L、スポルティング 1.6L(90HP)、高性能版GT 1.4L(136HP)ターボ、1.7L(72HP)ターボディーゼルでした。

 

 3ドアをベースにした電動式ソフトトップのカブリオレも設定されベルトーネが製造しました。富士重工業製のCVTを搭載したセレクタも設定されました。1997年にスポルティングはDOHC 4気筒1.2L(86HP)エンジンに変わりました。プントは魅力的なデザインと幅広いバリエーションで大ヒットしました。1999年に2代目にモデルチェンジします。

 

 

 このミニカーもブラーゴの当時物 1/24です。前述したティーポから数年後のミニカーですが、ドアミラーが付き室内のメーター類がプリント表示されるなどかなり仕上げが良くなっています。(ただ室内に赤いテールライトが見えるのはご愛嬌ですが) ブラーゴには1/43もあります。実車が大ヒットしたのに当時物ミニカーはブラーゴだけで、最近でもホンウェルとイタリアのミニカー付雑誌フィアット ストーリー コレクション(No.112)ぐらいでしかモデル化されていないのは不思議です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1273

   

 

FIAT BRABO 1995 ITALY

FIAT BRABO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 771102 1/43  

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.02m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 103HP 5段変速
性能: 最高速180km/h  
データーベースでフィアット ブラーボ/ブラーバのミニカー検索

 

フィアット ブラーボ イタリア 1995

 

 大成功したティーポの後継車ブラーボ/ブラーバが1995年に登場します。ティーポは直線的で簡潔なデザインでしたが、ブラーボ/ブラーバは曲面の多いダイナミックなデザインとなっています。3ドアのブラーボは操縦性重視、5ドアのブラーバは居住性重視の設定でした。先代をベースにした設計で、エンジンは4気筒1.4L、DOHC 4気筒1.6L/1.8L、4気筒1.9Lターボディーゼル、ブラーボの高性能版HGT用にはDOHC 5気筒2L(147HP)が搭載されました。

 

 1996年にワゴンのマレア(MAREA) ウィークエンドが設定されました。また前述したムルチプラも派生車の1つでした。1996年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しており、プント同様にヨーロッパでは結構ヒットした車だったようです。なお日本ではブラーボがブラビッシモという名前で発売されたそうですが、ほとんど知られていません。

 

 

 ブラーボ/ブラーバのミニカーは最近までブラーゴの廉価版で1/43のブラーボしかありませんでした。(1990年代後半頃のイタリア車は当時物ミニカーが少ないのです) 最近になってイタリアのミニカー付雑誌フィアット ストーリー コレクション(ノレブ製)のNo.55とNo.57でモデル化されました。ミニカーは入手できていないので、画像はノレブのWEBサイトから拝借しました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1361

   

FIAT CINQUECENTO (500) SPORTING 1996 ITALY

FIAT CINQUECENTO (500) SPORTING 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE L192D 1/43 77㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.23m 全幅約1.49m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 54HP 5段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフィアット チンクエチェントのミニカー検索

 

フィアット チンクエチェント (500) スポーティング イタリア 1996

 

 126の後継車としてチンクエチェントが1991年に登場しました。チンクエチェントとはイタリア語で500の意で、名車フィアット 500に因んだ名前ですが、500ではなく「CINQUECENTO」と表記します。デザインはG.ジウジアーロによるもので、同時期のティーポや後のプントに通じるシンプルながらセンスの良いデザインです。ボディは3ドアハッチバックのみの前輪駆動車で、2気筒704㏄(30HP)エンジンは縦置き配置、4気筒903㏄(40HP)エンジンは横置き配置されました。ポーランドのフィアットの子会社 FSMが製造していました。

 

 1994年にプント用の4気筒1.1L(54HP)エンジンを搭載し足回りを固めるなどした高性能版スポーティングが設定されました。また同じエンジンを搭載したグループAラリーの入門用車両トロフェオが限定生産されました。126の後継車としては先にパンダが出ていましたが、チンクエチェントはパンダよりも安い車として人気があったようです。1998年に後継車セイチェント(SEICENTO 600の意)にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはビテス製で、スポーティングのモデルです。ホイールや非対称なフロントバンパーのライト類など実車に即しており、なかなかの出来映えです。当時のビテスはバリエーションを作るのに熱心で、このチンクエチェントでもラリー仕様など10種類ほどのバリエーションがあります。(やたらとバリエーションを増やしたことが倒産につながりましたが) これ以外ではブラーゴやヘルパがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1261

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6   次へ »