ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 850 COUPE 1965 ITALY

FIAT 850 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 517 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.65m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 843cc 42HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフィアット 850のミニカー検索

 

フィアット 850 クーペ イタリア 1965

 

 フィアットには昔からどの車種にもスポーティなモデルがありました。600ではまだその余裕がなかったようですが、850には1965年に自社デザインのクーペが追加されました。エンジンは42HPと少しチューンされていて、見た目だけでなく性能的にも少しスポーティでした。

 

 日本でもサニーとサニークーペ、カローラとスプリンターといった似たような車種展開がありましたね。1968年には排気量が906cc(52HP)に拡大され、最高速が150km/hに向上しています。1970年まで生産されました。

 

 

 これもポリトーイの当時物です。同じブランドで派生車をそろえて並べるのは結構おもしろいです。全長が3mm程長めに出来ているのは、かっこよくデフォルメしてあるのだと思います。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=661

   

FIAT 850 SPIDER 1965 ITALY

FIAT 850 SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 12 1/44? 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 843cc 47HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでフィアット 850のミニカー検索

 

フィアット 850 スパイダー イタリア 1965

 

 850にはクーペだけではなく、2座のスパイダーまで追加されました。小さいながらもボディはベルトーネ製で、見た目は本格的なスポーツカーとして仕上げられています。性能的にも47HPにチューンされたエンジンで、最高速145km/hとなかなかのものでした。価格も安かったそうで、当然ながら大ヒットとなりました。

 

 クーペ同様1968年に906cc(52HP)エンジの後期型に切り替わり、最高速が150km/hに向上しています。その際にカバーの付いたヘッドライトがカバー無しの一般的なものに変わりました。1973年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはマーキュリーの当時もので、少し小さめに出来ています。昔のミニカーですからシンプルな作りでおもちゃぽい感じがしますが、実車も写真を見るとそのような感じの車です。なお後期型はミニチャンプスなどがモデル化していますが、初期型はほとんどモデル化されていません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=662

   

 

FIAT 1100R 1966 ITALY

FIAT 1100R 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A09 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.47m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 48HP 4段変速
性能: 最高速132km/h
データーベースでフィアット 1100のミニカー検索

 

フィアット 1100R イタリア 1966

 

 上記1200 グラン ルーチェは1957年にボディを小変更して、1100Dとなりました。名前は1100ですが、エンジンは1.2L(50HP)でした。さらに1966年には1100シリーズの最終型1100Rとなりエンジンがまた1.1L(48HP)に戻り、1969年まで作られました。1953年から実に16年間も生産されたわけで、これは戦後のイタリア車としては一番のロングセラーでした。

 

 ミニカーはメーベトイの当時物です。メーベトイやポリトーイは初期には派手なスポーツカーだけではなく、地味なイタリアの実用車も結構モデル化しています。昔はこの手の車には興味がなかったのですが、今となっては貴重なモデルです。上記のディンキーと見比べると、ボンネットやフロントグリルが微妙にモダン化されているのが分かると思います。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=652

   

FIAT 124 1966 ITALY

FIAT 124 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A16 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.06m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 60HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでフィアット 124のミニカー検索

 

フィアット 124 イタリア 1966

 

 1966年には1.2Lクラスの新型車として124が登場しました。従来の排気量を表す名前の付け方を変えたのは、新世代の車であることを示しています。新設計の4気筒1.2L(60HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速145km/hの性能で、4輪ディスクブレーキを装備していました。

 

 見た目もメカ的にもごく平凡な設計ながら、居住性、操縦性、経済性などが高水準に仕上げられ、フィアットとして初めてカー オブ ザ イヤーを獲得しています。1968年に1.4L(52HP)、1970年に1.6L(70HP)エンジンが追加され、1978年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物で、実車の雰囲気をよく表現しています。124のクーペやスパイダーは人気が高く、ミニカーがたくさんありますが、セダンは何故かこれとマーキュリー、エディルトイの物ぐらいしかありません。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=663

   

FIAT 124 SPIDER 1966 ITALY

FIAT 124 SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 046A 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 1438㏄ 90HP 5段変速
性能: 最高速174km/h
データーベースでフィアット 124のミニカー検索

 

フィアット 124 スパイダー イタリア 1966

 

 セダンと同時にピニンファリーナのデザインによるスポーツ仕様のスパイダーが発表されました。ホイールベースが短縮されたスポーティなボディに高性能なDOHC1.4L(90HP)エンジンが搭載され、四輪ディスクブレーキ、5段変速機で最高速174km/hと高性能でした。

 

 これはライバルのアルファ ロメオのデュエット スパイダーを意識したものでしたが、124は+2の後部座席があるなどより実用的でした。ライバル同様に北米で人気が高く、排気量を2Lまで拡大し1980年代半ばまで生産されてました。1972年に登場したアバルト チューンのワークスラリーカーも有名です。

 

 

 ミニカーは1996年頃発売されたのビテス製で、美しいスタイルがよく再現されています。バリエーションでアバルト ラリー仕様などが出ています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=664

   

 

FIAT DINO SPIDER 1966 ITALY

FIAT DINO SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
PROGETTO-K PK160 1/43 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2L  160HP 5段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでフィアット ディノのミニカー検索

 

フィアット ディノ スパイダー イタリア 1966

 

 フェラーリがフォーミュラ 2 レースのホモロゲーションをとるためにエンジンを量産する必要に迫られ、提携関係のあるフィアットにそのエンジンを搭載した車を提案して生まれたのがフィアット ディノでした。このディノとはエンツォ フェラーリの息子のアルフレード フェラーリの愛称で、彼の24歳での早すぎる死を悼んで、彼がアイデアを出したといわれるV型6気筒エンジンにディーノの通称が与えられました。

 

  まず最初にスパイダーが1960年のトリノショーで発表されました。ピニンファリーナ製のダイナミックなスタイルのスパイダーにはV型6気筒2L(160HP)DOHCエンジンが搭載され、最高速は210km/hと高性能でした。この車がどのくらいの価格だったのかはわかりませんが、フィアットですから、そんなには高くはなかったのでしょう。

 

 

 ミニカーはプロゲットK製で、フロントグリルが今ひとつの出来なので実車の美しいスタイルが伝わりませんが、あしからず。これ以外ではシュコー(ジュニアライン)、ミニチャンプス、京商(1/64)などがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=666

   

FIAT DINO COUPE 1966 ITALY

FIAT DINO COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A14 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.4L  180HP 5段変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでフィアット ディノのミニカー検索

 

フィアット ディノ クーペ イタリア 1966

 

 スパイダーに続いてホイールベースを延ばして4座を確保したクーペも追加されました。こちらはベルトーネ製で、G.ジウジアーロがデザインしたそうで、同時期に彼がデザインしたイスズ 117クーペ(1968)によく似ています。(117クーペよりフェンダーのコークボトル ラインがダイナミックですが)

 

 スパイダーより大きく重い為、動力性能はやや劣りますが、4人が乗れる居住性が売りでした。ディノのシリーズはスパイダーとクーペを併せて約8000台が1972年までに生産されました。

 

 

 当時物のミニカーとしてはマーキュリー、メーベトイ、ノレブ(プラスチック)の物が有ります。マーキュリーはスリムにデフォルメされていてかっこいいのですが、メーベトイの方が実車の雰囲気に近いように思います。(実車を見たわけではないので、直感ですが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=667

   

FIAT 125 1967 ITALY

FIAT 125 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 25 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.22m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 90HP 4段変速
性能: 最高速163km/h
データーベースでフィアット 125のミニカー検索

 

フィアット 125 イタリア 1967

 

 124のホイールベースを延長したボディに、124のスポーツ仕様の1.6L(90HP)DOHCエンジンを搭載したのが125で、1300/1500の後継として1967年に登場しました。最高速は163km/h 4輪ディスクブレーキを標準装備した優れたハンドリングのスポーティな中級車でした。

 

 角形4灯式ヘッドライトを採用しフォーマルな角張ったスタイルで、124との差別化を図っています。100HPにパワーアップしたさらに高性能なスペシャルも翌年に追加されました。1972年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはマーキュリー製で、125の当時物は多分これとポリトーイぐらいしかありません。ボクシーなスタイルがよく再現されています。ヘッドライトにライン ストーンを使っているので、丸形4灯式に見えてしまうのがやや惜しいところです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=668

   

 

FIAT 130 1969 ITALY

FIAT 130 画像をクリック/タップすると画像が変わります
STARLINE 510349 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.9L 140HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでフィアット 130のミニカー検索

 

フィアット 130 イタリア 1969

 

 フィアットの最上級車は6気筒2.3Lエンジンの2300でしたが、3Lクラスの新型大型車130が1969年に登場しました。125をそのまま大きくしたようなビジネスライクなスタイルで、全幅は1.8m有りますが全長は4.75mとさほど大きくありません。新設計のV型6気筒2.9L(140HP)エンジンを搭載し、ボルグワーナー製の3段自動変速機を介して1.5tのボディを最高速180km/hで走らせました。

 

 4輪独立サスペンション、4輪ディスクブレーキなど当時としては進歩的な技術を採用していました。ただフィアット グループの高級車の位置づけがランチアに移ったことにより、1976年に生産中止となりました。

 

 

 ミニカーは2009年発売のスターライン製です。値段相応であまり凝ったところはありませんが、プロポーションはよくとらえてあると思います。なお当時物としてはマーキュリーの物がありますが、これはレア物で持っていません。

FIAT 130 1
FIAT 130 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=669

   

FIAT 128 1969 ITALY

FIAT 128 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A59 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.84m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 55HP 4段変速
性能: 最高速139km/h
データーベースでフィアット 128のミニカー検索

 

フィアット 128 イタリア 1969

 

 128はフィアット初の前輪駆動車です。駆動方式は考案した技術者の名前でダンテ ジアコーサ方式と呼ばれ、ミッションを直列に接続したエンジンを横置き配置し不等長のドライブ シャフトで前輪を駆動します。これ以前の横置き前輪駆動方式はBMC ミニが採用したエンジンの下にミッションを配置するイシゴニス方式がありましたが、ダンテ ジアコーサ方式は通常のエンジンが使用できるといったメリットがあり現在の前輪駆動車では主流となっています。

 

 前輪駆動方式によるスペース効率の良いボディ、フェラーリから移籍してきたランプレディが設計した4気筒1.1L(55HP)エンジン、4輪独立サスペンションによる優れた操縦性などこの車は画期的な小型車でした。1970年のカー オブ ザ イヤーを受賞し、商業的にも大ヒットしました。1974年に1.3L(60HP)エンジンが追加され1983年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物です。この時期のメーベトイはシャープなモールドのミニカーを作っていました。 (この頃既にマテルに吸収合併されていましたが) この128もシンプルな3ボックス スタイルを忠実にモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=675

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6   次へ »