ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FIAT 127 1971 ITALY

FIAT 127 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A54 1/43 84mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 903cc 45HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフィアット 127のミニカー検索

 

フィアット 127 イタリア 1971

 

 上述したダンテ ジアコーサ方式前輪駆動車の第2弾として127が850の後継として1971年に登場しました。当時流行の直線を基調にしたコンパクトなボディに、850用エンジンを903cc(45HP)に拡大したエンジンを搭載し、4段変速機で最高速135km/hの性能でした。

 

 全輪独立懸架による優れた操縦性と実用性を兼ね備えた127は、128に続き1972年のカー オブ ザ イヤーを受賞し、商業的にも大ヒットしました。 1L(50HP)エンジン、1.3Lディーゼルエンジンが追加され、フロントグリルを2回ほど変更して、1983年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはメーベトイの当時物です。角形ヘッドライトでちょっと変わった雰囲気を持つ初期の127のフロントグリルがうまく再現されています。他の当時物としてはポリトーイとマーキュリーが手がけています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=677

   

FIAT 132 1972 ITALY

FIAT 132 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 313 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 98HP 5段変速
性能: 最高速167km/h
データーベースでフィアット 132のミニカー検索

 

フィアット 132 イタリア 1972

 

 132は名前から130の上級車と勘違いしそうですが、125後継の中型車で1972年に登場しました。125から引継いだ1.6L(98HP)DOHCエンジンと、上級車には1.8L(105HP)DOHCエンジンが搭載されました。大きくなったボディはBMW 5シリーズに似たモダンなスタイルとなっています。

 

 ただ重くなったことなどから、125のようなスポーティさはなくなりました。1976年に130が生産中止となると、132にはフィアットの最上級車としての役割が加わり、2Lエンジンや2.5Lディーゼルエンジンが追加されました。1981年には前後のデザインを変更し、アルジェンタという名前に代わり、1984年まで生産されました。

 

 

 132は人気のない車のようで、ミニカーはマーキュリーとポリトーイしかありません。フロントグリルと底板を一体化してある低コスト品で、カラーも地味でいまひとつ出来は良くありません。本来はもっと直線的なボディなのですが、サイドビューを見てもらえば、BMWに似ていることが少しは分かると思いますが。。。

FIAT 132 1
FIAT 132 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=671

   

 

FIAT X1/9 1972 ITALY

FIAT X1/9 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 836 1/43 89㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.83m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 75HP 4段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでフィアット X1/9のミニカー検索

 

フィアット X1/9 イタリア 1972

 

 上記128の駆動ユニットをリアにミドシップ配置したスポーツカーで、850スパイダーの後継車として1972年に登場しました。1969年に発表されたアウトビアンキ ランナバウトのコンセプトを発展させた車で、ベルトーネのマルチェロ ガンディーニが全体的なデザインを決定したそうです。シャーシやサスペンションが全て新設計され、本格派スポーツカーの能力がありました。

 

 1.3L(75HP)エンジンが搭載され、4段変速機で最高速170km/hと高性能でした。屋根を取り外してフロントのトランクに格納することが出来、荷物も詰めるなど実用的なこともあってこの車は大ヒットしました。1979年には1.5L(85HP)エンジンが追加され、1982年にはベルトーネが販売権を買い取りベルトーネ X1/9となり、1989年まで生産されました。

 

 

 ミニカー1974年に発売されたノレブ製の当時物です。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FIAT X1/9 1
FIAT X1/9 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=676

   

FIAT 126 1972 ITALY

FIAT 126 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS S17 1/25 139㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.38m
エンジン 変速機: 空冷2気筒 594cc 23HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでフィアット 126のミニカー検索

 

フィアット 126 イタリア 1972

 

 126は500の後継として1972年に登場しました。前輪駆動車が立て続けに発表されましたが、この126は空冷エンジンの後輪駆動車で500の構造を継承していました。エンジンは594cc(23HP)に拡大され、最高速は105km/hに向上し、上級車128のような角張ったボディデザインで居住性も改善されました。

 

 ただ126発売後も500の人気は衰えず、126はあまり500のユーザーには歓迎されなかったようです。500の実質的な後継車の役目は80年代になって登場したパンダが担いました。フィアットとして最後のリア エンジン車となった126は、1987年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物で1/25のSシリーズです。サイズが大きいので当然ですが、結構良くできてます。メーベトイとポリトーイの1/43もあるのですが今ひとつの出来です。

FIAT 126 1
FIAT 126 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=678

   

FIAT 124 ABARTH RALLY 1972 ITALY

FIAT 124 ABARTH RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 049B 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.91m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1756㏄ 128HP 5段変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでフィアット 124 アバルトのミニカー検索

 

フィアット 124 アバルト ラリー イタリア 1972

 

 124のラリーカー 124 アバルト ラリーがランチア フルヴィア 1.6HF ラリーの後継車として972年に登場しました。WRC(世界ラリー選手権)に参戦するラリーカーのベースとなった車で約1000台が生産されました。アバルトにより後輪サスペンションが独立懸架に変更され、DOHC 4気筒1.75Lエンジンは128HPにチューンされていました。

 外観的には、前後のバンパーが硬質ゴムのオーバーライダーに変えられ、FRP製オーバーフェンダーが追加され、ホイールもアバルト製のマグネシウムホイールに変えられていました。後部座席は外されロールバーが追加され、ソフトトップはFRP製ハードトップに変えられています。またボンネット/トランクリッドが黒のFRP製に変えられ軽量化されています。

 

 WRCではフィアットのワークスカーとして、1972年アクロポリス 優勝、1973年ポーランド 優勝、1974年ポルトガル TAP 優勝など活躍しています。1974年以降はランチア ストラトスが登場しますが、1975年までランチア ストラトスに次ぐ成績を上げていました。

 

 

 2015年にマツダ ロードスターの姉妹車であるフィアット 124 スパイダーが発表され、その高性能版のアバルト 124 スパイダーも追加されました。1960年代の124 スパイダーの雰囲気を感じさせるデザインになっています。

 ミニカーはビテス製で、前述した124 スパイダーのバリエーションです。実車同様に、バンパー、ホイール、ハードトップが変えてあり、リアシート部のロールバーもちゃんと再現してあります。当時のビテスはいい仕事をしていました。ラリー仕様も含めて約10種類ほどのバリエーションがあります。124 アバルトのミニカーはビテスの型を引き継いだサンスター、イクソの物もありますが、基本的にはビテスと同じものです。

FIAT 124 ABARTH RALLY 1
FIAT 124 ABARTH RALLY 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1795

   

 

FIAT 131 MIRAFIORI 1974 ITALY

FIAT 131 MIRAFIORI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MATTEL MEBETOYS A85 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 75HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでフィアット 131のミニカー検索

 

フィアット 131 ミラフィオーリ イタリア 1974

 

 131は124の後継車で1974年に登場しました。サブネームのミラフィオーリとは生産工場の名前です。124は平凡な設計ながらスポーティな味付けの車でしたが、131はごくオーソドックスな乗用車に変わりました。124に装備していた4輪ディスクブレーキは後輪がドラム式に代わり、クーペやスパイダーの設定は無く代わりに2ドアセダンが設定されました。

 

 ボディはシンプルなセダン スタイルで、エンジンは1.3L(65HP)と1.6L(75HP)の2種類、1.6L搭載車は丸型4灯式ヘッドライト、1.3L搭載車は角形2灯ヘッドライトとなっていました。

 

 

 ミニカーはメーベトイ(マテル)製です。この頃はミニカーの玩具化が進んでいた時期で、このミニカーもコレクションの対象として見ることが出来るぎりぎりの出来映えです。(プロポーションは良いのですが、ホイールがどうしようもない)ただ当時ほとんどの量産ミニカーはこんな感じでした。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=672

   

FIAT 131 MIRAFIORI 2-DOOR 1974 ITALY

FIAT 131 MIRAFIORI 2-DOOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
STARLINE 510349 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフィアット 131のミニカー検索

 

フィアット 131 ミラフィオーリ 2ドア イタリア 1974

 

 ミラフィオーリは1978年のマイナーチェンジで、大型の角形2灯式ヘッドライトを採用し内装などが高級な物に変わりました。また4ドア版にエンジンをDOHC化した高性能版のスーパーミラフィオーリが追加され、2ドア版には132用のDOHCエンジン(2L 115HP)を搭載したレーシング(最高速180km/h)が追加されてスポーティさも加わりました。

 

 大衆車として大成功した131は、1983年に登場した前輪駆動のレガータを後継車として生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはスターライン製で、2ドアのミラフィオーリです。角形2灯ヘッドライトの初期の1.3Lエンジン搭載車をモデル化しています。昔のミニカーは最上級車をモデル化するのが一般的なので、当時物ミニカーには角形2灯のものはありません。多分その辺を分かった上で、この車種を選定したのでしょう。(うまい選定です、買ってしまいました)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=673

   

FIAT 131 ABARTH 1976 ITALY

FIAT 131 ABARTH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TOMICA DANDY F20 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 215HP 5段変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでフィアット 131のミニカー検索

 

フィアット 131 アバルト イタリア 1976

 

 フィアットのスポーツイメージを高める為に、大衆車131をWRCカーに仕立て上げたのが131 アバルトです。フィアットのモータースポーツ部門となっていたアバルトが開発し1976年に登場しました。FRP製のフェンダー、ボンネットなどで軽量化したボディ、専用設計の後輪サスペンション、機械式燃料噴射エンジン(2L 215HP)搭載といったスペシャルマシンです。

 

 ベルトーネがボディ製作を担当し、WRCのグループ4に出場する為のホモロゲーションモデルとして400台のストラダーレ(ストリート仕様)を市販し、最終的には1000台以上が生産されました。戦歴はというと、1977、78、80年のシリーズ チャンピオンを獲得しています。(さすがはアバルト!)

 

 

 ミニカーはトミカ ダンディの外国車シリーズです。このシリーズは1/43で出来の良い物がたくさんありますが、この131 アバルトも迫力十分です。ラリー仕様ではなくストラダーレ(ストリート仕様)でモデル化しているのもユニークです。

FIAT 131 ABARTH 1
FIAT 131 ABARTH 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=674

   

 

FIAT 131 ABARTH RALLY 1976 ITALY

FIAT 131 ABARTH RALLY 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 54 1/43 98mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 215HP 5段変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでフィアット 131 アバルトのミニカー検索

 

フィアット 131 アバルト ラリー イタリア 1976

 

 フィアット グループのラリーカーとして1974年からランチア ストラトスが活躍しましたが、ラリー専用車故にフィアットの乗用車販売には貢献しませんでした。そこで大衆車 131をラリーカーに仕立てることになりました。車両開発はアバルトが行いベルトーネがボディ製作を担当し、131 アバルト ラリーが1976年に登場しました。専用設計の後輪サスペンション、FRP製のフェンダー/ボンネットなどで軽量化したボディに機械式燃料噴射エンジン(4気筒2L 215HP)を搭載しています。グループ4の認証用に400台のストラダーレ(ストリート仕様)が市販され、総生産台数は1000台以上でした。

 

 初戦は1976年のモロッコ ラリーで結果は12位(#8)でした。1000湖ラリーで初優勝しますが、この年はランチア ストラトスがマニファクチャラータイトルを獲得しています。(グループ内でも競争していた) 1977年はポルトガル、ニュージーランド、サンレモなどで5勝し、マニファクチャラータイトルを獲得しています。1978年にはストラトスのワークス活動が終了し、131 アバルトがポルトガル、アクロポリス、1000湖などで5勝し、マニファクチャラータイトルを連覇しています。

 

 

 1979年は1000湖での1勝しかできず、マニファクチャラータイトルはフォード エスコート MK IIが獲得しています。1980年はモンテ カルロ、ポルトガル、1000湖などで5勝し、3回目のマニファクチャラータイトルを獲得しています。1981年はポルトガルの1勝しかできず、1982年にはWRCのレギュレーションに追加されたグループB(ラリー専用車)として開発されたランチア ラリー 037が後を引継ぎました。

 ミニカーはソリド製の当時物で、1977年頃に発売されました。1976年のモロッコ ラリー出場車(#5はリタイア)をモデル化しています。派手なオーバーフェンダーやスポイラーなど迫力のあるボディが良く再現されています。ただヘッドライトをメッキパーツで表現するやり方(この頃のソリド標準)は小さすぎるライトがいまひとつです。なおこのミニカーはデカールが最初から貼られていました。(この頃はまだ自分では貼るのが普通でしたが) 当時物ミニカーとしては、メーベトイ、ポリトーイ、Bブラーゴ、マッチボックス、トミカなど多くあり人気が高いです。最近のものではトロフューが約50種類もモデル化していて、イクソ、京商(1/18)などもあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1740

   

FIAT RITMO 75 1979 ITALY

FIAT RITMO 75 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 301 1/43 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.94m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 75HP 5段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでフィアット リトモのミニカー検索

 

フィアット リトモ 75 イタリア 1979

 

 128の後継車としてリトモ(イタリア語でリズムの意)が1978年に登場します。フロントグリルの無いやや角ばったデザインはベルトーネによるもので、それまでのフィアットとは一味違います。ボディは3/5ドアバックの2タイプでした。ダンテ ジアコーサ方式の前輪駆動車で、当初のエンジンは4気筒1.1L(タイプ60 60HP)/1.3L(タイプ65 65HP)/1.5L(タイプ75 75HP)でした。

 

 1980年に1.7L(54HP)ディーーゼルエンジンが追加され、1981年に1.3L/1.5Lエンジンをパワーアップしたスーパー、DOHC 1.6L(105HP)エンジン搭載の高性能版105TCが追加されました。105TCをベースにしてアバルトがチューンしたDOHC 2L(125HP)エンジン搭載のアバルト 125TC(後に130TCに発展)も登場しました。またベルトーネが製造するロールバー付のカブリオレがベルトーネ ブランドで販売されました。1982年のマイナーチェンジでフロントグリルを付けた 後期型に変わりました。1988年に後継のティーポにモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーは国産名車コレクション製で2017年発売、メーカーはイクソです。1.5Lのタイプ75のモデルで、特徴的なフロントの顔つきや樹脂製バンパーがうまく再現され、ホイールやドアハンドルなどの細部もまずまずです。室内もそこそこ再現されていますが、彩色を省いているのはこのシリーズの標準です。このミニカーは海外のミニカー付雑誌で発売されていますが、イクソのカタログモデルとしては発売されていないようです。当時物ミニカーでは、ソリド、メーベトイ、マーキュリー、ポリスティル(1/25)、ブラーゴなどがありますが、どれも当時の廉価版ミニカーです。最近の物では、ノレブ、プロゲット Kなどがあります。以下フロントとリアの拡大画像です。

FIAT  RITMO 1
FIAT  RITMO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1254

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6   次へ »