ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

JAGUAR MK IX 1958 UK

JAGUAR MK IX 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD JAG9002 1/43 118mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 220HP 4段変速
性能: 最高速183km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー MK IX イギリス 1958

 

 上述したMK IVの後継車として戦後型の新型サルーンとしてジャガー MK Vが1948年に登場しました。シャーシは新設計され、ボディは3.5 サルーンより大きくなり、ヘッドライトがフェンダーに組み込まれて少しだけ新しい外観になりました。エンジンはMK IVと同じ6気筒2.7L/3.5Lを搭載していました。4ドアセダンと2/4ドア ドロップヘッド クーペがあり、4段変速で最高速155km/h(3.5L)の性能でした。

 

 1950年にはボディと一体化したフェンダーを持つ近代的なデザインを採用したMK VIIが登場しました。(なおMK VIは欠番で存在しません) シャーシはMK Vのままでしたが、エンジンはXK120と同じDOHC 3.5L(160HP)を搭載し、最高速168km/hと大型車ながらもかなり高性能でした。同等の性能をもつベントレーなどの高級車よりも安く、XK120をイメージさせるダイナミックなスタイルのMK VIIはアメリカ市場で好評を博しました。MK VIIは1956年にフロントグリルを変更しエンジンを210HPにパワーアップしたMK VIIIに、1958年に3.8L(220HP)エンジンに変更したMK IXに発展しました。1961年に大型化されたMK Xにモデルチェンジしました。MK VからMK IXの総生産台数は約47000台でした。

 

 

 ミニカーは2010年に発売されたオックスフォード製で、MK IXをモデル化しています。正確なプロポーションと実車に即したツートンカラーで、この古典的な高級大型車の雰囲気が良く再現されています。オックスフォードはこの類のクラシックカーを安価なダイキャスト製でかなり良い出来ばえで作ってくれる有難いブランドです。(このMK IXは定価4620円でした) オックスフォードはMK V、MK VII、MK VIIIもモデル化しています。オックスフォード以外では、ネオ(レジン製)のMK Vと MK VIII、イクソの MK VIIなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR MK IX 1
JAGUAR MK IX 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=802

   

TRIUMPH TR3A 1958 UK

TRIUMPH TR3A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 240 1/43 87㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.84m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 2.1L 100HP 4段変速
性能: 最高速177km/h
データーベースでトライアンフ TR2/TR3のミニカー検索

 

トライアンフ TR3A イギリス 1958

 

 アメリカ市場で好評であったジャガー XKMG TDの間を狙って開発されたのが、トライアンフのTR1(プロトタイプ)で1952年に発表されました。このTR1の評判が良かったので、翌年にTR2が発売されました。MG TDよりも近代的ですが、イギリス風の切れ込んだドアを持つクラシックな外観のボディに、4気筒2L(90HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速160km/hの性能でした。

 

 TR2はまさしくジャガーとMGの中間のサイズと性能でした。価格的にはジャガーの半値ぐらいで、性能の割に安かったので好評だったようです。1955年にフロントに格子形状のフロンドグリルを追加してエンジンを95HPにパワーアップしたTR3となりました。1957年にはフロントグリルの幅が広くなり、エンジンを100HPにパワーアップしたTR3Aに発展しました。1961年にボディを一新したTR4にモデルチェンジしました。TR2/3シリーズは約8万台が生産され、そのほとんどがアメリカに輸出されました。

 

 

 ミニカーは1986年に発売された初期のビテス製です。ビテスはマニア向けのブランドでしたから、プロポーションが良く1980年代のミニカーとしてはそこそこの良い出来ばえです。(ナンバープレートのデカールやドアピラーのパーツが付属していました) 左ハンドルですので輸出仕様のモデル化で、リアに付いているのは荷物用のラックです。 TR2/3の当時物ミニカーとしてはテクノ、ディンキー、コーギー、スポットオンがありました。最近の物では京商の1/18、 ビテスの再販物、バンガーズ、スパーク(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TRIUMPH TR3A 1
TRIUMPH TR3A 2

 以下は1988年に発売されたビテス製のTR2(1/43 No.243)の画像です。上記のTR3Aとはフロントグリル部分が異なっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TRIUMPH TR2 1
TRIUMPH TR2 2

 以下は2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズのTR3(1/43 No.54)の画像です。フロントグリルやエンブレムなど細かいところもそこそこリアルで、このシリーズのなかでは出来の良い部類のミニカーに仕上がっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TRIUMPH TR3 3
TRIUMPH TR3 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=819

   

 

HILLMAN MINX IIIA 1958 UK

HILLMAN MINX IIIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGAURDS VA06800 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.1m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 53HP 4段変速
性能: 最高速127km/h
データーベースでヒルマン ミンクスのミニカー検索

 

ヒルマン ミンクス IIIA イギリス 1958

 

 1919年に自動車ディーラーとして創業したルーツ社は、1920年代にイギリス最大の自動車販売会社に発展します。ルーツ社は1930年代にヒルマン、ハンバー、サンビーム、タルボといった自動車メーカーを傘下に収め、ルーツ グループを形成しました。第2次大戦後にシンガーを買収し、ルーツ グループは1950年代後半にはBMCに次ぐ自動車メーカーとなりました。

 ヒルマンは自転車メーカーの創業者であったウイリアム ヒルマンが起こした老舗の自動車メーカーでした。ミンクスは戦前の1931年に発表された大衆車で、戦前はかなりヒットした車でした。信頼性が高かったので、戦時中も軍用車として生産されていました。戦後もそのまま生産され、その後も絶え間なく改良が行われモデルチェンジを重ね1970年頃まで生産されました。
参照画像 →ヒルマン ミンクス 1932年
参照画像 →ヒルマン ミンクス 1946年

 

 ミンクスは1956年に著名なデザイナーのレイモンド ローウイがデザインした新型にモデルチェンジしました。新型は4気筒1.4L(51HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速125km/hの性能でした。セダン、コンバーチブル、エステートワゴン(ハスキー)がありました。ミンクスはルーツ グループの他のブランドであるシンガーやハンバーの名前を付けた姉妹車のプラットフォームとしても使われました。なお日本のイスズ自動車がこの車のノックダウン生産を行い、イスズのヒルマン ミンクスとして1953年から1964年まで販売していました。

 

 

 ミニカーはバンガーズ製で、2004年に発売されました。1958年に登場したシリーズ IIIAと呼ばれるタイプをモデル化しているようです。レイモンド ローウイがデザインした一番知られているデザインのボディを正確に再現していて、当時の流行だったツートンカラーのカラーリングで仕上げてあり良い出来ばえです。当時物ミニカーとしてはスポットオンやディンキーの物がありました。なおイスズのヒルマン ミンクスはトミカ リミッテドでもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

HILLMAN MINX 1
HILLMAN MINX 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=831

   

AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 1958 UK

AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 413 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.35m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 43HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでオースチン ヒーレー スプライトのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー スプライト MK I イギリス 1958

 

 前述したオースチン ヒーレー(ビッグヒーレー)に対してスモールヒーレーと呼ばれたヒーレー スプライトは、MGのような小型スポーツカーとしては安価なモデルを目指して開発されました。コストを下げるために、BMCで最も安価なオースチン A35からエンジン948cc(43HP)やサスペンションなどの基本パーツを流用していました。エンジンは非力ながらも、640kgの軽量モノコックボディ故に最高速は130km/hとそこそこ高性能でした。また小型スポーツカーに造形が深いイギリス流の優れた設計で、小さいながらも優れた操縦性のスポーツカーに仕上がっていました。1961年までに約5万台が生産されました。

 

 特徴的なヘッドライトの形状から日本ではカニ目、アメリカではバグアイ(虫の目)、イギリスではフロッグアイ(カエルの目)とあだ名されていました。なおスプライトは1961年にMK IIに切り替わっていますが、このMK IIは同じBMCグループのMG ミジェットの姉妹車となりました。両車はまとめてスプリジェットと呼ばれることがあります。

 

 

 ミニカーは1999年頃に発売されたディテールカー製です。プロポーションが良く、愛嬌のあるカニ目がうまく再現されているかわいらしいモデルに仕上がっています。これ以外のスプライトのミニカーは、このディテールカーと同じ型を使っていると思われるソリド、最近ではイクソ、エブロ、スパーク、国産名車コレクションなどがあります。なお実車が登場した時期が古いので、当時物のミニカーはないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 1
AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 2

 以下は2018年に発売された国産名車コレクションのスプライト(1/43 No.317)の画像です。メーカーはイクソで、雑誌付きミニカとしてはレベルの高い出来ばえとなっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 3
AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=876

   

LAND ROVER SERIES II 109 TOW TRUCK 1958 UK

LAND ROVER SERIES II 109 TOW TRUCK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 477 1/46 100㎜ (アーム除く)

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2.3L 72HP 4X2段変速 4WD
性能: 最高速105km/h
データーベースでランドローバー シリーズ IIのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ II 109 レッカー車 イギリス 1958

 

 前述したようにランドローバーは戦時中のジープをヒントにした多目的の小型車として開発されました。したがって最初はホイールベースが80インチ(2.03m)と短いオープンの小型トラックでした。ボディはアルミ製のシンプルな物で、キャンバス製の屋根とドア上半分はオプションで、ヘッドライトは最初はフロントグリルの内側についていました。(多分オフロード走行を考量しての処置?) またエンジン始動は手動のクランク式ハンドル(知らない人もいるでしょうが)でも可能でした。

 初期のランドローバーの4輪駆動方式は2段の副変速機を持つ本格的なフルタイム4WDでした。副変速機は通常は高速側で使い、極めて滑り易い路面などを極低速で走行する場合に低速側にセットします。フルタイム4WDながらトランスファーにフリーホイール機構を備えていたので、前輪の駆動力をカットすることもできました。後に高速では2WDと4WDを切り替えることもできるようにもなったようです。

 

 農業用トラクターとしての需要も見込んでいたので、農業用のスキやクワを取り付けるアタッチメント接続機構やそれを駆動する為のPTO(Power Take Off:動力取出装置)も最初から設定されていました。この構造はドイツの多目的車 メルセデス ベンツ ウニモグと同じで、ウニモグ同様にランドローバーも乗用車だけではなく、消防車やレッカー車など様々な用途で使われることになりました。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、1974年に購入しました。このランドローバー ピックアップをコーギーが最初にモデル化したのは1957年で、シリーズ Iをモデル化していました。その後この型を使って様々なバリエーションが作られ、1960年頃に型が少し修正されてシリーズ IIのモデルに変わったようです。(ただ小修正なので厳密にはシリーズ IIとは言えないかも) このレッカー車仕様は1960年に型番417で登場しその後3回仕様変更されて、最終的に型番477として1977年頃まで販売されたロングセラーのミニカーでした。(約170万台以上が売れました)

 画像のレッカー車は最終型で、ホイールが見た目が良くないスピードホイールに変更されています。1960年に型が作られているので素朴な作りですが、プロポーションは良くできています。クレーンは左側面のノブを回すことで巻上げることができます。単純なしかけですが、子供向けギミックとしては人気があったようです。これ以外のシリーズ IIの当時物ミニカーとしてはスポットオン、ディンキーなどで色々な仕様があります。最近の物では、ビテス、オックスフォード、ブレキナ、バンガーズなどたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とクレーンの巻上げ部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LAND ROVER SERIES II 109 TOW TRUCK 1
LAND ROVER SERIES II 109 TOW TRUCK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1892

   

 

AUSTIN A40 FARINA COUNTRYMAN 1959 UK

AUSTIN A40 FARINA COUNTRYMAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA11203 1/43 86mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.66m 全幅約1.51m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 34HP 4段変速
性能: 最高速113km/h
データーベースでオースチン A40のミニカー検索

 

オースチン A40 ファリーナ カントリーマン イギリス 1959

 

 A35の後継車として1958年にA40 ファリーナが登場しました。A35のシャーシにピニンファリーナがデザインしたボディを載せていました。エンジンはA35と同じ948cc(34HP)で、4段変速で最高速113km/hの性能でした。当初は2ドアセダンだけでしたが、1959年には上下2分割式テールゲートを持つカントリーマンが追加され、その機能的なデザインはハッチバック車の元祖とされています。

 1961年にフロントグリルを変更してMK IIに発展し、1967年まで生産されました。MK IとMK IIの総生産台数は約34万台でした。テールフィン的なリアエンドを持つこのピニンファリー デザインは好評だったそうで、ADO16シリーズなどその後のBMC車にも使われています。

 

 なおA40という名前の車は、それ以前にも1947年登場のA40 デヴォン、1952年登場のA40 サマーセット、1954年登場のA40 ケンブリッジなどがありました。この40というのはエンジンの馬力がおよそ40HPという意味で、同じエンジンを搭載しているそれぞれ別の車です。

 

 

 ミニカーは2010年に発売されたバンガーズ製です。バンガーズは老舗コーギーのブランドで、昔のコーギーを感じさせる少しレトロな感じがする作風になっています。このA40もプロポーションが良くシンプルで良質なミニカーに仕上がっています。安価ながらもエッティング材のワイパーを使い、そのワイパーがほとんど目立たないのもこのブランドの良いところです。A40の当時物ミニカーはコーギー、スポットオンなどがありました。最近の物ではオックスフォードのMK IIがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUTSTIN A40 FARINA COUNTRYMAN 1
AUTSTIN A40 FARINA COUNTRYMAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=765

   

MORRIS MINI MINOR 1959 UK

MORRIS MINI MINOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 183 1/40 75㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでBMC ミニのミニカー検索

 

モーリス ミニ マイナー イギリス 1959

 

 1956年に第2次中東戦争(スエズ動乱)が勃発し石油価格が高騰しました。この状況に対応した経済的な新しいコンセプトの小型車として、BMCの開発コードでADO15(ADO :Austin Design Officeの略)と呼ばれたミニが開発されました。ミニは1959年にオースチン セブンとモーリス ミニ マイナーの名前で登場しました。1962年にオースチン セブンは オースチン ミニに、1967年にモーリス ミニ マイナーはモーリス ミニに名称変更されました。また1968年にBMCがBLMCになると、モーリスとオースチンの区別が無くなりました。

 

 ミニはそれまでになかった2ボックス スタイルの斬新な小型車で、それを実現したのは横置きエンジンによる前輪駆動方式とゴムを用いたラバーコーン サスペンションでした。BMCの主任技術者アレック イシゴニスはエンジンの下にギヤボックスを配置するというイシゴニス方式を考案し、この方式で実用車に4気筒エンジンを横置き搭載した前輪駆動車はミニが世界初でした。オースチン製の4気筒848cc(34HP)エンジンを搭載し、約650kgの小型軽量ボディで4段変速、最高速125km/hの性能でした。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)の当時物で、1966年に発売されました。1/43より少し大きめの1/40でプロポーションが良く、実車の雰囲気がうまく再現されています。メタル製のグリルなど少しごついですが、その辺がディンキー(英)らしいところです。ディンキー(英)は同じ型を使ったポリス仕様やワゴンのトラベラー/商用バンもモデル化していました。これ以外の当時物ミニカーはコーギー、スポットオン、ポリトーイなどがありました。当時物以外ではビテス、ブレキナ、コーギー、エリゴール、エブロ、イクソ、京商、ノレブ、オックスフォード、シュコーなど様々なサイズで非常にたくさんあります。 以下はディンキー(英)のフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MORRIS MINI MINOR 1
MORRIS MINI MINOR 2

 以下は1984年に発売されたエリゴールのオースチン ミニ パリジェンヌ(型番1113)の画像です。エリゴールのミニはキャビン部分の前後長が少し長いように感じます。ボディの黄色の部分は籐細工を模した飾りです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MORRIS MINI MINOR 3
MORRIS MINI MINOR 4

 以下は1980年に発売されたトミカ ダンディのモーリス ミニ クーパー S(1/43 型番DF22)の画像です。当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえで、ボンネット/ドア/トランク開閉のフルギミックで、室内も良く再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MORRIS MINI MINOR 3
MORRIS MINI MINOR 4

 以下はトミカ ダンディのモーリス ミニ クーパー Sのトランク/エンジン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MORRIS MINI MINOR 3
MORRIS MINI MINOR 4

 以下は2014年に発売された国産名車コレクションのBMC ミニ クーパー S 1964年(No.213)の画像です。メーカーはイクソで、雑誌付きミニカーとして標準的な出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MORRIS MINI MINOR 3
MORRIS MINI MINOR 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=767

   

AUSTIN SEVEN (MINI) 1959 UK

AUSTIN SEVEN (MINI) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 570 1/40 71㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.05m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 848cc 34HP 4段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでBMC ミニのミニカー検索

 

オースチン セブン (ミニ) イギリス 1959

 

 1956年に第2次中東戦争(スエズ動乱)が勃発し石油価格が高騰しました。この状況に対応した経済的な新しいコンセプトの小型車として、BMCの開発コードでADO15(ADO :Austin Design Officeの略)と呼ばれたミニが開発されました。ミニは1959年にオースチン セブンとモーリス ミニ マイナーの名前で登場しました。ミニという名前は先に成功していたモーリス マイナーのMINOR(ラテン語でより小さいの意)に対して、さらに小さいという意味を込めてラテン語で最小を意味するMINIMUSから付けたそうです。

 またオースチン版のオースチン セブンという名前(SE7ENと表記されることがある)は戦前の傑作小型車セブンにちなんだものでした。1962年にオースチン セブンは オースチン ミニに、1967年にモーリス ミニ マイナーはモーリス ミニに名称変更されました。また1968年にBMCがBLMCになると、モーリスとオースチンの区別が無くなりました。

 

 モーリスとオースチンはフロントグリルの形状とボンネット/トランクのエンブレムが違っていました。フロントグリルの違いはオースチンが9本の波形横バーで構成されるのに対して、モーリスは7本の縦バーと10本の横バーの格子で構成されていました。簡単にいうとフロントグリルの縦バーが明確に目立つのがモーリスです。こちらが→モーリス ミニ マイナーです。

 

 

 ミニカーはビテス製で1992年頃に発売されました。ウインドスクリーンにワイパーやバックミラーを一体化表現したややレトロな作風ですが、プロポーションが良く実車の素朴な雰囲気がうまく再現されています。これはオースチン セブンですがモーリス ミニ マイナーもあって、グリルとエンブレムがちゃんと作り分けてあります。ビテスは他にも左ハンドル仕様やラリー仕様などのバリエーションをたくさん出しています。オースチン セブンの当時物ミニカーはコーギー、スポットオンなどがありました。当時物以外ではマッチボックス、コーギー、バンガーズ、エブロ、サンスターの1/12などがあります。 以下はビテスのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUSTIN SEVEN 1
AUSTIN SEVEN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=768

   

 

AEC ROUTEMASTER LONDON DOUBLE DECKER BUS 1959 UK

AEC ROUTEMASTER LONDON DOUBLE DECKER BUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 468 1/72 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約8.4m 全幅約2.4m 全高約4.4m
エンジン 変速機: ディーゼル 6気筒 9.6L 115HP 4段半自動変速
性能: 最高速50km/h
データーベースでロンドン バスのミニカー検索

 

AEC ルートマスター ロンドン 2階建てバス イギリス 1959

 

 前述したタクシーと並んでロンドンの風物詩として有名なのが2階建てバスです。ルートマスターはAEC(Associated Equipment Company)社が製造していた2階建てバスのブランドです。2階建てバスはロンドン市内の路面電車やトロリーバスの代替として開発され、1939年にAEC リージェント III RT 2階建てバスが登場しました。このAEC ルートマスター 2階建てバスはリージェント III RTの後継車で1958年に登場しました。大きさは標準のRM型で全長8.4mX全幅2.4mX全高4.4mと日本の中型バス程度ですが、高さはかなり高く日本では公道を走れません。(長距離バスのRML型は全長が9.1mでした)

 

 定員は1階28人2階38人の計64人です。6気筒9.6L(115HP)ディーゼルエンジンを搭載し、最高速50km/h程の性能でした。約2800台がロンドン市内で使われたそうです。運転席の左横にエンジンが配置されており、後部にオープンデッキ方式の出入り口があり、昔懐かしい車掌さんが乗車していました。このバスは構造的に運転手が料金精算を行うワンマンバス化が難しいので、車掌さんがずっと乗っていたそうです。

 車体の老朽化、排出ガス規制の強化、オープンデッキ方式の安全性の問題などで2005年頃に退役し、現在は一部が記念品として運行されているそうです。2005年頃まで運行していたとは驚きましたが、古い物を大事にするお国柄なんですね。 2011年にライトバス(WRIGHTBUS)社が製造するニュー ルートマスター バスが新型のロンドン バスとして登場しました。ディーゼルエンジンと電気モーターのハイブリッドバスで基本的なデザインはAEC ルートマスターを継承しています。

 

 

 ミニカーはコーギー製で1964年から11年間も作られていたベストセラーで、非常に多くのバリエーションが存在します。室内もそこそこに再現されていて、運転手さんと車掌さんのフィギュアが付いています。このミニカーの縮尺ははっきりしなくて1/65としているWEBサイトもありますが、全長8.4mで計算してみると1/72ぐらいになり、全幅のサイズもそれぐらいとなっていますので、1/72とするのが正しいと思われます。(ただしビンテージミニカーは縮尺通りに厳密に作ってある訳ではないので、おおよその目安です) 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AEC ROUTEMASTER LONDON BUS 1 AEC ROUTEMASTER LONDON BUS 1
AEC ROUTEMASTER LONDON BUS 2

 以下は1964年に発売されたディンキー(英)製のルートマスター 2階建てバス(1/70? 型番289)の画像です。こちらは全長が121㎜で、上述したコーギーより少し大きいです。(全長8.4mで計算すると縮尺は1/70ぐらいとなります) こちらも運転手さんと車掌さんのフィギュアが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AEC ROUTEMASTER LONDON BUS 3
AEC ROUTEMASTER LONDON BUS 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=785

   

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 1959 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 115 1/43? 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.41m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド II イギリス 1959

 

 1955年にシルバー ドーンはシルバー クラウド Iに、ベントレー R タイプはS1 タイプに発展します。これ以前のロールス ロイスとベントレーはホイールベースが異なるなどの明確な違いがありましたが、この時点で両車はグリルとエンブレムだけが異なるだけのほとんど同じ車になってしまいました。エンジンはシルバー レイス用の6気筒4.9Lを大幅に改良してものが搭載され、シャーシは新設計で最高速は170km/hと、ロールス ロイスとしては初めて100mp/h(160km/h)を越えた車となりました。

 

 1959年に新設計のV型8気筒6.2Lエンジンが搭載され、シルバー クラウドはII型となりました。この変更は6気筒エンジンが排気量拡大の限界に達したことに加えて、V型8気筒エンジンが当たり前となりつつあったアメリカ市場をにらんだものでした。なお内外装に大きな変更はありませんでしたので、見た目は変わっていません。

 

 

 ミニカーはソリド初期の当時物です。50年以上も前の1960年に発売されたミニカーですが、プロポーションが正確でかつ実車の雰囲気を見事に再現した傑作ミニカーです。(ただ1/43より少し小さめ) ワイパーやマスコットなどの細かいパーツは付いていませんが、そのようなパーツが無くても素晴らしいミニカーが成立することが分かっていただけるでしょう。(昔のミニカーなので、基本的にボディは一体鋳造で、そのような細かい部分は再現できなかったということですが) 以下はフロント/リアの拡大画像です。

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 2

 古いソリドの型を流用してソリドとは一味違う物を作っていたブランドがベレムです。そのベレムがこのシルバー クラウドの型をリファインして1980年代にシルバー クラウドとベントレー Sを作っています。以下がその画像で、フロントグリル/ヘッドライト/バンパーがメッキされたプラスチック製パーツに変わり、ロールス ロイスとベントレーを作り分けています。なおシルバー クラウドのピンク色はエルトン ジョンの所有していたロールス ロイス ファントム(車種が違いますが)をイメージしているのではないかと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 2

 これ以外のシルバー クラウド I/IIの当時物ミニカーとしては、スポットオン、マッチボックス、マーキュリーなどがあります。最近の物ではミニチャンプス、マトリックスやトゥルースケールのレジン製などがあります。以下は2015年に発売されたミニチャンプスのシルバー クラウド IIの画像です。最近のダイキャスト製ミニカーの代表として、昔のミニカーと見比べてみてください。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します) 細かいところのリアルさでは最近のミニカーが優れているのは当たり前ですが、昔のミニカーにも捨てがたい味わいがあると思います。(そう思うのは私だけでしょうか?)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 3
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD II 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=789

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...19 次へ »