ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 1959 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 198 1/48 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.1m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速 165km/h
データーベースでロールス ロイス ファントム IV-VIのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム V リムジーン イギリス 1959

 

 王族や国家元首の公用車としてシルバー レイスよりも大きな車の要望があり、生産中止となったファントム IIIの後継としてファントム IVが1950年に登場しました。ファントム IVは16台(18台ともいわれる)だけ製作された特別な車でした。シルバー レイスより大きく重厚なリムジーン ボディ(車重2.5t)に、ロールス ロイス初の直列8気筒5.7L(約170HP)エンジンを搭載し、最高速度160km/hの性能でした。ファントム IVの1号車はイギリス王室御料車で、その他も王侯などの公用車として使われ一般人には販売されませんでした。

 

 1959年にファントム Vが登場しました。シャーシの基本設計はシルバー クラウドと同じですが、ホイールベースとトレッドが拡大されています。エンジンもシルバー クラウド IIと同じ新設計のV型8気筒6.2Lエンジンが搭載され、4段自動変速機とパワステが標準装備されていました。なおボディはまだコーチビルダーが架装していましたが、この頃には基本的なデザインはほぼ決まっておりかつてのような自由度は無くなっていました。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で1962年発売の当時物です。1/43では大きくなりすぎるので1/48で製作されたのだと思いますが、それでも結構大きくて堂々としたミニカーに仕上がっています。品の良いツートンカラー、赤いシート、青い制服の運転手さんと、どこかの富豪の私有車といった雰囲気です。 ファントム Vの当時物ミニカーとしては、ディンキー(英)の4灯式ヘッドライトとなった1962年式のリムジン、スポットオンのパレード用特別仕様車がありました。最近のものでは、オックスフォードの1/43と1/76、トゥルースケール(レジン製)などがあります。ファントム IVのミニカーはフランスのレックストイ(REXTOYS)がホワイトメタル製で数種類をモデル化していました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。サイドウインドーを上下させることができるギミックが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 1
ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 2

 以下は1990年頃に発売されたレックストイのファントム IV(型番31 ホワイトメタル製)の画像です。これはスペイン国王が使用したリムジンをモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE PHANTOM IV LIMOUSINE 1
ROLLS ROYCE PHANTOM IV LIMOUSINE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=793

   

TRIUMPH HERALD COUPE 1959 UK

TRIUMPH HERALD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 231 1/44 89mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 35HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでトライアンフ ヘラルドのミニカー検索

 

トライアンフ ヘラルド クーペ イギリス 1959

 

 2輪車メーカーとして成功したトライアンフ社は1923年に4輪車に進出しました。第2次大戦前はモータースポーツで活躍するなどしてスポーティなブランドとして知られていましたが、1939年に一度倒産しています。その後1945年にスタンダード社がトライアンフ社を買い取り、トライアンフ スタンダード社となりました。

 

 そのスタンダード社は、1903年に設立された自動車メーカーで、戦前はナイン、テン、トゥエルブなど小型車から中型車までを販売していました。名前どうりの堅実で地味な会社で、日本ではあまり知られていません。戦後のスタンダード車としては、中型車のバンガードが一番有名で、ディンキーやコーギーのミニカーがありました。戦後のトライアンフは小型車やスポーツカーを担当し、親会社のスタンダード社を上回る業績を上げています。

 

 

 スタンダードの戦前型のエイトやテンを刷新する小型車として、1959年に登場したのがヘラルドでした。ミケロッティのデザインによる軽快なボディーに、全輪独立懸架といった先進的な車でした。エンジンは4気筒948cc(35HP)、4段変速で最高速124km/hという性能でした。2ドア セダン、クーペ、コンバーチブル、ワゴンとボディ バリエーションが多く、エンジンも1.2L、1.3Lが追加され、1971年まで12年間も生産されました。

 ミニカーは1961年に発売されたコーギーの当時物です。ヘラルド クーペのモデル化で、ツートンカラーのカラーリングで実車の雰囲気が良く再現されています。このミニカーの最大の見せ所はボンネットが前方に大きく開くことで、エンジンも当時のミニカーとしては良く再現されています。このボンネットの開閉機構は非常にしっかり出来ていて、この当時のコーギーのメカ設計のレベルが高いことがよく分かります。なお2ドアセダンはディンキーが型番189でモデル化しています。最近のヘラルドのミニカーは、バンガーズ、カララマ、プレミアムXなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TRIUMPH HERALD COUPE 1
TRIUMPH HERALD COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=817

   

 

FORD ANGLIA 105E 1959 UK

FORD ANGLIA 105E 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA00122 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1L 38HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでフォード アングリアのミニカー検索

 

フォード アングリア 105E イギリス 1959

 

 1959年にアングリアは新型(105E型)にモデルチェンジしました。それまでのオーソドックスなデザインから、アメリカ車的な(スチュードベーカー風)フロント、クリフカット(リアウインドーが通常とは逆に傾いている)のルーフ、テールフィンなど個性的なデザインが採用されていました。このクリフカットは当時の流行で、シトロエン アミ 6マツダ キャロルなどにも使われたデザインでした。新開発の4気筒1L(39HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速120km/hの性能でした。なお姉妹車のプリフェクトはエンジンが新型に切り替わりましたが、ボディはそのままで1961年まで生産されました。

 

 1962年には上級車コルチナの1.2L(48HP)エンジンを搭載した高性能版のスーパーが追加されました。1968年に後継車エスコートに切り替わるまでに約130万台が生産され、ベストセラーの小型車として大成功しました。最近では2002年の映画「ハリー ポッターと秘密の部屋」の劇中車で「空飛ぶ車」として有名になりました。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたバンガーズ製です。バンガーズはイギリスの老舗コーギーのブランドで、2000年頃から主に昔懐かしいイギリス車をモデル化しています。ラインストーンを使ったヘッドライトや塗装で表現したテールライトなどレトロな作風ながら、実車の雰囲気が良く再現されています。レトロなだけではなくエッチングパーツのワイパーやユーザーが取付けるフェンダーミラーが添付されているなど細部にこだわった部分もあります。アングリア 105E型の当時物ミニカーとしてはディンキー、スポットオン、ノレブ、マッチボックスなどがありました。また最近映画で有名になったことで、オックスフォードやイクソなどでもモデル化されました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD ANGLIA 1
FORD ANGLIA 2

 以下は1961年に発売されたディンキー(英)製の当時物のフォード アングリア (1/48 型番155)の画像です。縮尺が1/48なので全長82㎜と小ぶりなサイズです。古いミニカーなので素朴な出来ばえですが、そこそこリアルで、実車のイメージを良く再現しているとおもいます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD ANGLIA 3
FORD ANGLIA 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=840

   

ASTON MARTIN DB4 1959 UK

ASTON MARTIN DB4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 302 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.7L 240HP 4段変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでアストン マーチン DB4のミニカー検索

 

アストン マーチン DB4 イギリス 1959

 

 アストン マーチン社は1910年代に創立されました。名前の由来は創始者の一人であるライオネル マーティンがアストン クリントンという場所で行われたヒルクライム レースに優勝したことから付けられたそうです。戦前は高性能なスポーツカーやレースカーを製作していたようです。1947年に実業家デビット ブラウンが経営に乗り出し、車名に彼のイニシャルであるDBが付くようになりました。1948年に試作されたレースカーは初戦のスパ フランコルシャンで優勝し、その性能を知らしめました。この車をベースにした市販車が2L スポーツ(後にDB1と呼ばれた)で、4気筒2L(77HP)エンジンを搭載し、最高速155km/hの性能でした。

 

 1950年にベントレーの設計者として有名なW.O.ベントレーが設計したDOHC 直列6気筒2.6L(105HP)エンジンを搭載したDB2が登場しました。ボディはアルミ製で、フェンダーがボディと一体化した戦後型の2ドア クーペで最高速は190km/hと極めて高性能でした。この車は1950年のルマンで優勝するなどレースで活躍し、高性能車としてのアストン マーチンのブランドを確立しました。DB2にはDB2/4という2+2座のハッチバックが追加され、エンジン排気量は3L(140HP)まで拡大されました。またレース仕様のDB3とその軽量版のDB3Sが各種レースで活躍しました。

 

 

 1958年にはDB4が登場しました。DOHC 直列6気筒3.7L(240HP)エンジンを搭載し、最高速240km/hと当時世界最速の高級スポーツカーでした。軽量アルミ製ボディはトゥーリングのデザインで、クーペとドロップヘッドクーペ(オープンカー)がありました。1959年にホイールベースを短縮し2座としてエンジンを3.7L(302HP)にチューンした高性能版のDB4GTが追加されました。DB4はシリーズ5まで発展し1963年まで生産されました。

 ミニカーは2017年に発売された国産名車コレクション製でメーカーはイクソです。イクソは型番CLC144でDB4をモデル化していて、これはその廉価版で、内装仕上げが省略されワイパーとホイールが簡素化されています。プロポーションが良くフロント/リアの雰囲気も実車のイメージをうまく再現しているので、DB4のミニカーとしてはかなり良い出来ばえだと思います。(ただフロントウィンドーがやや大きめに感じます) DB4の当時物ミニカーとしてはコーギーとソリドがありました。最近の物では、イクソの前身のビテスがDB4GTの高性能版のザガート仕様など約20種類をモデル化していて、スパーク、トップモデルなどのレジン製もあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ASTON MARTIN DB4 1
ASTON MARTIN DB4 2

 以下は1960年に発売されたコーギーの当時物ミニカー(1/46 型番218)の画像です。ダイキャスト製ミニカーとして初めてボンネットを開閉させるギミックを実現させた画期的なミニカーでした。ボンネットの中には簡単な造形ですがエンジンがモールドされていました。このボンネット開閉ギミックが子供受けしたのだと思いますが、このミニカーは5年間で約98万台も販売されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
ASTON MARTIN DB4 1
ASTON MARTIN DB4 2


アストン マーチン DB1/DB2/DBR3のミニカー検索→データーベースでアストン マーチン DB1/DB2/DBR3のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=859

   

MG MGA 1600 MK I 1959 UK

MG MGA 1600 MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI D732/1 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 72HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでMG MGAのミニカー検索

 

MG MGA 1600 MK I イギリス 1959

 

 TF型ミジェットの古典的なボディを一新し、近代的な流線型ボディを採用したMGAが1955年に登場しました。外観は斬新でしたが、中身はTF型ミジェットと同じラダーフレームに金属製ボディを載せた古典的な構造でした。エンジンは4気筒1.5L(72HP)で、4段変速で最高速160km/hの性能でした。当初はオープンのロードスターだけでしたが、1966年にハードトップのクーペが追加されました。

 

 1958年にツインカム(DOHC)1.6L(108HP)エンジンを搭載する高性能版(最高速183km/h)が追加されました。1959年にはエンジンをOHV1.6L(79HP)に変更したMGA 1600 MK Iとなりました。1961年には新設計されたOHV1.6L(86HP)エンジンを搭載するMGA 1600 MK IIに発展しました。1962年のMGBにモデルチェンジしました。MGAの総生産台数は約10万台で、その半数はアメリカ市場に輸出されました。

 

 

 ミニカーは1990年頃に販売されたコーギー製で、MGA 1600 MK Iをモデル化しています。これは当時のマニア向けミニカーでしたので、ややレトロなコーギー流の作風ながら、プロポーションが良く当時としてはそこそこ良い出来ばえでした。これは幌付ですが、オープンのロードスターやハードトップクーペのバリエーションがありました。MGAの当時物ミニカーではコーギー、スポットオン、マッチボックス、テクノがありました。最近の物ではノレブ、バンガーズ、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MG MGA MK I 1600 1
MG MGA MK I 1600 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=870

   

 

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1959 UK

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY 150 1/48 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約1.96m
エンジン 変速機: 6気筒 4.9L 140HP 4段自動変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー レイスのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー レイス イギリス 1959

 

 前述したように標準ボディが設定されたシルバー ドーンとは違い、シルバー レイスはコーチビルダーが個別にボディを架装する伝統的な高級車でした。日本の皇室も1959年に天皇陛下の御料車として購入しています。シルバー レイスは排気量を4.6L、4.9Lに拡大して、ロールス ロイスの最上級車として後継車のファントム Vが登場する1959年までに約1700台が生産されました。なお1977年にシルバー シャドウがシルバー シャドウ IIにモデルチェンジした際に、そのロングホイールベース版がシルバー レイス IIと名付けられ、名前が一時的に復活しています。

 

 ミニカーは1959年頃に発売されたディンキー(英)の当時物で、シルバー レイスの最終版をモデル化しています。室内が再現されていませんので中身は空っぽですが、実車の雰囲気がよく再現されたディンキーの傑作です。ちなみにミニカーで最初に室内を再現したのは同時期のコーギーでした。1960年頃のコーギーのミニカーには、真空成型したプラスチック パーツでシートを表現しただけでしたが、室内が簡単に再現されていました。(当時のコーギーのミニカーの実例 → 型番230 メルセデス ベンツ220SE

 

 

 以下はディンキーのシルバー レイスのフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1
ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 2

 シルバー レイスのこれ以外のミニカーとしては、前述したサクラの世界の名車シリーズとスポットオンの当時物ぐらいしかなかったのですが、最近になってレジン製少量生産のトゥルースケールやマトリックスなどから数種類がモデル化されました。トゥルースケールのシルバー レイスには画像のような皇室が購入した昭和天皇御料車仕様(1950年)があります。(画像はWEB上のカタログから流用しました)
ROLLS ROYCE SILVER WRAITH 1

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1623

   

AUSTIN FX4 TAXI 1960 UK

AUSTIN FX4 TAXI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 418 1/47 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: ディーゼル 4気筒 2.2L 54HP 3段自動変速
性能: 最高速95km/h
データーベースでロンドン タクシーのミニカー検索

 

オースチン FX4 タクシー イギリス 1960

 

 初代のロンドンタクシー オースチン FX3の後を引き継いだのがFX4で、1958年に登場しました。FX3同様のセパレートフレーム構造ながら、コーチビルダーのカーボディーズ社が担当したボディは近代的になりました。ドアが付いた運転席の左側は依然として荷物スペースでしたが、暖房や照明が付けられた室内の乗り心地は向上しました。初期のFX4DはBMC製の4気筒2.2L(54HP)ディーゼルエンジンを搭載し、3段オートマティックで最高速95km/hの性能でした。

 

 1961年にオースチンの2.2Lガソリンエンジンとマニアル ミッションを搭載したFX4Gが追加されましたが、経済的なディーゼルエンジンのFX4Dが主流でした。オースチンはFX4のライセンスをカーボディーズ社に譲渡し、1982年からはカーボディーズ社のブランドで改良されたFX4Rに発展しました。FX4Rにはローバー製の2.2Lディーゼルエンジンが採用され、5段変速機やパワステなどの最新装備が搭載されていました。

 

 

 その後カーボディーズ社はタクシー総合管理会社LTI(ロンドン タクシー インターナショナル)社の一員となり、LTIからは1985年にFX4S、FX4Qが登場しました。1989年には日産製の2.7L(86HP)ディーゼルエンジンを搭載しサスペンションを改良した最終型のフェアウェイが登場しました。フェアウェイは約55000台が生産され1997年に生産中止となり、後継車のTX1が登場しました。TX1は2002年にTX2に発展し2007年にはその後継車のTX4が登場しました。(有名なFX4の名前と合わせる為に、TX3は意図的に飛ばされたようです)  2018年には最新型のTX5が登場しています。

 ミニカーはコーギー製で最初の物は1960年に発売されていますが、これは1971年に再生産された物なのでホイールがフリーホイール仕様になっています。元々1960年代に作られたミニカーなので素朴な出来ばえですが、そのレトロな感じがFX4の雰囲気に良く合っています。コーギーはイギリスを象徴する車として最近でもFX4を1/36や1/32でモデル化していて、各種の記念品やセット物が非常にたくさんあります。約40年間も生産された有名なロンドンタクシー FX4のミニカーは新旧たくさんあります。コーギー以外ではディンキー、スポットオン、ポリトーイの1/25、ミニチャンプスの1/18、トミカ、イクソ、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUSTIN FX4 TAXI 1
AUSTIN FX4 TAXI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=784

   

JAGUAR MK II 3.8 1960 UK

JAGUAR MK II 3.8 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 072D 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 6気筒 3.8L 220HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速201km/h
データーベースでジャガー MKのミニカー検索

 

ジャガー MK II 3.8 イギリス 1960

 

 1959年にMK Iの改良版MK IIが登場しました。外観はほとんど同じですが、窓枠部分が細くなりウインドー面積が広がり開放的で近代的なキャビンとなりました。またMK IXに搭載されていた6気筒3.8Lエンジン(220HP)が追加され、リアトレッドの拡大などで操縦安定性が改良されました。パワーステアリングや3速自動変速機の設定もありました。

 1960年にジャガーは業績の悪化したディムラーを吸収合併しました。1962年にはMK IIのフロントグリルなどを変え内装を豪華にしたディムラー版の2.5 V8 サルーンが登場しました。ディムラー版はディムラー製のV型8気筒2.5L(140HP)エンジンを搭載し、自動変速機仕様のみで最高速183km/hの性能でした。1963年にはMK IIの発展型のSタイプが登場しました。

 

 1960年代中頃になると売り上げが低迷したため、値段を下げるべく1967年にコストダウンを主体としたモデルチェンジが行われました。このモデルチェンジでMK IIは3.8Lエンジンが外されて名前が240/340に変わり、ディムラー版は250に変わり、1969年まで生産されました。MK IIと240/340の総生産台数は約9万台でした。1968年に実質的な後継車であるXJ6が登場しました。

 

 

 ミニカーは1996年頃に発売されたビテス製です。プロポーションが良く、室内やフロントのジャガーのマスコットなど細かいところも良く再現されていて、かなり良い出来ばえです。ビテスはバリエーションとして3.4、ラリー仕様、ディムラー版の2.5 V8もモデル化していました。MK IIの当時物ミニカーはディンキー(英)、マッチボックスがありました。最近の物では、コーギー、マイスト、ミニチャンプス、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR MK II 1
JAGUAR MK II 2

 以下は1996年頃に発売された同じビテス製のMK II 3.4 1960 (1/43 型番072B)の画像です。アンテナがなくなりフェンダーミラーが追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 3
JAGUAR MK II 4

 以下は2000年頃に発売されたマイスト製のMK II 3.8 (1/43 型番31503G)の画像です。マイストのミニカーは1/18が主流ですが、数種類ほど1/43を販売していました。全体的にやや大げさに丸みが付いたデフォルメがされています。室内のメータ類がそこそこ良く再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 5
JAGUAR MK II 6

 以下は1989年頃に発売されたコーギー製のMK II 3.4 1959 (1/43 型番D700/5)の画像です。マニア向けに古いイギリス車などをモデル化したクラシックカー シリーズの1台です。コーギーらしい作風で、そこそこ良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 7
JAGUAR MK II 8

 以下は2015年頃に発売された国産名車コレクション製のMK II 1960 (1/43 No.250B)の画像です。メーカーはイクソで、イクソのカタログモデルの廉価版で、雑誌付きミニカーとしては結構良く出来ています。ただオーバーサイズで再現されたジャガーのマスコットが少し目立ちすぎです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR MK II 9
JAGUAR MK II 10

 ディムラー版 MK IIのミニカー →データーベースでディムラー 2.5 V8のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=804

   

 

LAND ROVER SERIES II 88 1960 UK

LAND ROVER SERIES II 88 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 470 1/43 83㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.62m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2.3L 72HP 4X2段変速 4WD
性能: 最高速105km/h
データーベースでランドローバー シリーズ IIのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ II 88 イギリス 1960

 

 ランドローバーは、1958年にシリーズ IIに変わりました。基本的なデザインはシリーズ Iと変わりませんが、サイドパネル上端に丸みが付き特徴的な横一線のウエストラインを持つデザインとなりました。(このウエストラインは最新のディフェンダーまで継承されています) シリーズ IIでエンジンは4気筒2.3L(72HP)に変更されました。1961年にはディーゼルエンジンも4気筒2.3L(62HP)に変更されました。2.3Lガソリンエンジンはディーゼルエンジンが主流となった1980年代中頃まで使われました。

 

 ショートホイールベース 88インチのステーションワゴン仕様は7人乗りで、前列が3人掛けのベンチシートで後は2人掛けシートが対面式に配置されていました。ロングホイールベース 109インチのステーションワゴン仕様は10人乗りで、前列と2列目が3人掛けのベンチシートで、その後ろに2人掛けシートが対面式に配置されていました。さらにオプションで3人掛けシートが対面式に配置された12人乗りもあったそうです。(参照サイト→ランドローバーの歴史) なおこの12人乗りは税制上バスとみなされて税金が安かったそうで、ディフェンダーにも2002年まで設定があったそうです。

 

 

 ミニカーはビテス製で、1989年頃に購入しました。一番良く見かけるホイールベース 88インチのハードトップ仕様をモデルしています。ビテス初期のモデルですが、フロントの造形など結構リアルで当時のミニカーとしては良い出来ばえです。画像では分かり難いですが、左ハンドルの輸出仕様で後席は対面シートになっています。ビテスにはバリエーションが約10種類ほどあります。シリーズ IIの当時物ミニカーとしてはスポットオン、コーギー、ディンキーなどで色々な仕様がありました。最近ではバンガーズ、オックスフォード、ブレキナの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LAND ROVER SERIES II 88 1
LAND ROVER SERIES II 88 2

 以下は1969年頃に発売されたメーベトイのランドローバー シリーズ II 'トランス アメリカン' (1/43 型番A40)の画像です。これは有名な探検家のニーノ チラーニ(Nino Cirani)氏が1968年にアメリカ大陸横断を行った際に使用したランドローバー シリーズ II 109 をモデル化したものです。フロントに付いているジェリ缶や屋根上の荷物、側面のロゴなど実車に即した仕様になっています。なおこのランドローバーには「AZIZA 3」という名前が付いていました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LAND ROVER SERIES II 109 TRANS AMERICAN 1
LAND ROVER SERIES II 109 TRANS AMERICAN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=814

   

COOPER T51 F1 1960 UK

COOPER T51 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R278 1/43 82㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.5L 240HP 4段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでクーパーのミニカー検索

 

クーパー T51 F1 イギリス 1960

 

 クーパーの歴史は自動車修理工場を営むクーパー父子が、1946年にレーシングカーを製作したことから始まります。最初に開発されたクーパー 500はオートバイの単気筒500㏄エンジンをミドシップ搭載するF3マシンでした。この車はF2クラスに匹敵する性能があり、大ヒットしました。ミドシップ方式で操縦性が優れていたのでしょうが、この方式を採用したのは単に後輪をチェーン駆動するのに最適だったからだそうです。戦前にアウトウニオンがミドシップ方式を採用していましたが、当時のハイパワーエンジン主体のマシンではその真価がわからなかったのでした。

 

 1950年にはF3マシンとしてFIAに認証されますが、F3ではクーパーが圧倒的に強くレースが成立しなかったようです。ブリストルの6気筒2Lエンジンをフロントに搭載するF2マシン T20が1952年に登場します。(この時はまだミドシップ方式の優位性に気づいていなかった) T20はF2規格で行われた1952-53年グランプリのプライベーター用マシンとして使われました。

 

 

 1957年にクライマックス製 DOHC 4気筒2Lエンジンをミドシップ搭載するT43が登場し、クーパーはワークスとしてF1に参戦します。デビュー戦の1957年モナコGPでは6位で、1958年アルゼンチンGPで初優勝(ドライバー S.モス)します。これはリアエンジン車によるF1初勝利でした。T43はサスペンションを改良したT45に変わり、1959年にエンジンを2.5Lに拡大したT51が登場します。1959年シーズンのクーパーは9戦中5勝して、初のコンストラクターズ選手権を獲得し、J.ブラバムがドライバー選手権を得ました。

 ミニカーはブルム製で、1997年頃に発売されました。1959年モナコGP優勝車(ドライバー J.ブラバム)をモデル化しています。ブルムもこのころになると、初期の物よりレベルの高い出来ばえとなりました。(ウインドーの取り付けが浮いてますが、押さえれば治ります) クーパー初期のF2はテクノ、ソリド、ディンキー、ポリトーイなどの老舗ブランドが揃って当時物をだしていることで、当時の人気がうかがえます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1747

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...19 次へ »