ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

AUSTIN HEALEY 100 BN2 1956 UK

AUSTIN HEALEY 100 BN2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-30 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 2.7L 110HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでオースチン ヒーレー 100のミニカー検索

 

オースチン ヒーレー 100 BN2 イギリス 1956

 

 自動車エンジニアのドナルド ヒーレーがオースチンのエンジンを用いてスポーツカーのプロトタイプを製作し、それをBMCのオースチン部門が引き継いで量産化したのがオースチン ヒーレーの始まりでした。最初のモデル 100(BN1)は1953年に登場しました。オースチン A90と同じ4気筒2.7L(90HP)エンジンを搭載した2座のオープンカーで、3段変速で最高速172km/hの性能でした。100という名前は最高速100マイル/h(160km/h)が可能であることを意味していました。

 

 1955年のマイナーチェンジでBN2となり、4段変速機が採用されフロントのホイールアーチが少し大きくなりました。1956年にエンジンを6気筒2.6L(102HP)に切り換え、ホイールベースを延長し2+2座とした100/6(BN4)に発展しました。可倒式であったフロントスクリーンが固定され、ボンネットにはエアダクトが追加されました。1958年には2座の100/6(BN6)が追加されました。ヒーレー 100はMGと同じくアメリカ市場で人気を博し、1959年までに約3万台が生産されました。限定生産の高性能版として110HPエンジンを搭載した100M、アルミ製ボディで軽量化し132HPエンジンを搭載した100Sがありました。1953年ルマンなどレースでも活躍しました。

 

 

 ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。1955年にマイナーチェンジしたBN2をモデル化しています。フロントフェンダーのボリュームの感じが少し違うような感じもしますが、豪快なイメージのこの車をそこそこうまく再現していると思います。ヒーレー 100の当時物ミニカーとしては、コーギー、ディンキー、テクノなどがありました。最近のものでは、ビテス、京商の1/18、ホンウェル、オックスフォード、スパーク(レジン製)の100Sなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

AUSTIN HEALEY 100 BN2 1
AUSTIN HEALEY 100 BN2 2

 以下は2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズの100(BN1)(1/43 No.37)の画像です。メーカーは不明ですが、このシリーズのミニカーとしては良い出来だと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
AUSTIN HEALEY 100 BN1 1
AUSTIN HEALEY 100 BN1 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=874

   

MORGAN 4/4 SERIE II 1956 UK

MORGAN 4/4 SERIE II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 054B 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.66m 全幅約1.42m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 32HP 3段変速
性能: 最高速125km/h
データーベースでモーガンのミニカー検索

 

モーガン 4/4 シリーズ II イギリス 1956

 

 モーガン社は1920-30年代にサイクルカーの3輪スポーツカーで成功した、少量生産のスポーツカーメーカーです。1936年にはサイクルカーのエンジンを使った4輪車の4/4が登場しました。4/4は水冷4気筒1.1L(34HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速128km/hの性能でした。4/4は4シータ版や幌付クーペが追加され、1.2L(39HP)エンジンに変更されるなどして、第二次大戦を挟んで1949年までに約1000台弱が生産されました。

 

 1950年に4/4の後継としてスタンダード製2.1L(59HP)エンジンを搭載しボディを少しモダンにしたプラス4が登場します。この車は4段変速で最高速145km/hと高性能でした。プラス4はエンジンをトライアンフ製2L(101HP)に強化するなどして1968年まで生産されました。プラス4の後継として登場したプラス8はローバーのV型8気筒3.5L(160HP)エンジンを搭載し最高速210km/hとさらに高性能でした。プラス8はエンジンを4.6L(220HP)までパワーアップし2003年まで生産されました。

 

 

 1955年には市場の要望に応えてフォード製1.2L(32HP)エンジンをプラス4に載せた4/4がシリーズIIとして復活しています。シリーズIIは1960年にフォード製OHV1L(34HP)エンジンに変えてシリーズIIIとなります。その後も4/4は、エンジンが色々と変わっていますが、古典的なボディなど基本設計は変わらないまま現在も生産されています。(2013年現在はフォードの4気筒1.6L(110HP)エンジン搭載で最高速185km/h) なお見た目だけではなくボディや内装などの製造も、昔ながらの職人による手作業で行われているそうです。

 ミニカーはビテス製で、1996年頃に発売されました。4/4のミニカーはあまりなく、このビテス製が今でもベストの出来映えです。当時のビテスはやたらとバリエーションが多く、この4/4も15種類以上のバリエーションがあります。モーガンのミニカーとしてはデルプラド製のプラス4、ホンウェル製のプラス8、京商の1/18の4/4などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=880

   

 

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I HOOPER EMPRESS 1956 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I HOOPER EMPRESS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD 43EMP002 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 4.9L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド I フーパー エンプレス イギリス 1956

 

 1955年にシルバー ドーンはシルバー クラウド Iに、ベントレー R タイプはS1 タイプに発展しました。これ以前のロールス ロイスとベントレーはホイールベースが異なるなどの明確な違いがありましたが、この時点で両車はグリルとエンブレムだけが異なるだけのほとんど同じ車になってしまいました。シャーシは新設計でエンジンはシルバー レイス用の6気筒4.9Lを大幅に改良して搭載し、最高速は170km/hとロールス ロイスとしては初めて100mp/h(160km/h)を越えた車となりました。

 

 フーパー エンプレスという名前はコーチビルダーのフーパーが1950年代半ばにデザインしたフロントフェンダーが長く裾を引いたエレガントなデザインのボディのことを示します。もともとはベントレー用として使われたデザインだったようですが、同じデザインがロールス ロイスにも使われたとのことです。この時期からロールス ロイスはボディとシャーシを一体化したモノコック構造を本格的に採用し始めたので、コーチビルダー フーパーは1959年に廃業しています。その為このフーパー エンプレス ボディを架装したシルバー クラウド Iは十数台しか製作されなかったようです。

 

 

 ミニカーはオックスフォード製で、2018年に発売されました。オックスフォードの1/43は以前から出来が良かったのですが、このフーパー エンプレスも特徴的なデザインをうまく再現しています。またツートンカラーの塗装、フロントグリルの造形、適度に再現された室内なども良い出来ばえです。なおロールスロイスのマスコットを大きめのサイズでリアルに作っているのは、マニアの嗜好をよくわかっているからなのです。(正確にスケールダウンするとみすぼらしくなります)  この出来ばえで定価6300円ですから、ミニカーの価格が高騰している現在では実にリーズナブルな価格設定です。(ダイキャスト製であれば、現在でもこの値段で充分やれるのです) これ以外のフーパー エンプレスのミニカーは、モデルカーグループの1/18(シルバー レイス)やネオ(シルバー レイス レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と裾を引いたフェンダー/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I HOOPER EMPRESS 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I HOOPER EMPRESS 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1953

   

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I 1956 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
OXFORD 43RSC002 1/43 124㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.89m
エンジン 変速機: 6気筒 4.9L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド I イギリス 1956

 

 1955年にシルバー ドーンはシルバー クラウド Iに、ベントレー R タイプはS1 タイプに発展しました。これ以前のロールス ロイスとベントレーはホイールベースが異なるなどの明確な違いがありましたが、この時点で両車はグリルとエンブレムだけが異なるだけのほとんど同じ車になってしまいました。エンジンはシルバー レイス用の6気筒4.9Lを大幅に改良してものが搭載され、シャーシは新設計で最高速は170km/hと、ロールス ロイスとしては初めて100mp/h(160km/h)を越えた車となりました。

 

 前述したフーパー エンプレスはコーチビルダーが架装したボディでしたが、こちらはロールス ロイスが標準仕様としていたモノコックボディのようです。フーパー エンプレスより少し全長が短く、前後フェンダーとトランクがボディと一体化した近代的なデザインとなっています。このモデルは標準のホイールベース仕様(3124㎜)で、ロングホイールベース仕様(3226㎜)も1957年から追加されました。1959年にエンジンをV型8気筒に変更してシルバー クラウド IIとなりました。シルバー クラウド Iの総生産台数は約2300台で、そのなかでコーチビルダーが架装したのは150台ほどでした。

 

 

 ミニカーはオックスフォード製で、2018年に発売されました。オックスフォードの1/43は以前から出来が良かったのですが、このシルバー クラウド Iもプロポーションが良く実車の雰囲気をうまく再現しています。フロントグリルの造形、適度に再現された室内なども良い出来ばえです。また小さなフェンダーミラーとロールスロイスのマスコットもリアルに出来ています。マスコットを大きめに作っているのは、マニアの嗜好をよくわかっているからです。これで定価6300円ですから、ミニカーの価格が高騰している現在では実にリーズナブルな価格設定です。(ダイキャスト製であれば、現在でもこの値段で充分やれるのです) これ以外のシルバー クラウド Iのミニカーは、マーキュリーやマッチボックスのビンテージ物、フランクリンミントの1/24、マトリックス(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とフロントグリルのマスコット/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD I 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1954

   

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 1957 UK

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436139550 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.38m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.9L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでベントレー S シリーズのミニカー検索

 

ベントレー S1 タイプ コンチネンタル フライング スパー イギリス 1957

 

 前述したロールス ロイス シルバー クラウド Iのベントレー版のS1は1955年に登場しました。ロールス ロイスとベントレーは基本的に同じ性能になりましたが、2ドア クーペやオープンのドロップヘッド クーペを架装したベントレ コンチネンタルだけは圧縮比を高めてパワーアップがされていてスポーティになっていました。このフライイング スパー(飛翔する拍車)と名付けられたモデルは、H.J.マリナー製のコンチネンタル クーペのデザインを生かして4ドア化したものでした。アルミ製のボディは手作りで標準のS タイプより豪華な内装に仕立てられた特別なモデルでした。

 

 フライング スパーは当時最も高速でかつ最も高価な4ドアサルーンでした。前述したロールス ロイス シルバー クラウド Iと比べてみると、リアフェンダーあたりのデザインが少し違っていますが、これはフライイング スパーがコーチビルダーによる特別なデザインであったからです。なおこの頃にはセダンにコーチビルダー製のボディが架装されることは少なくなり、ほとんどがロールス ロイス内製の標準ボディとなりました。

 

 

 1959年にS1はエンジンをV型8気筒6.2Lに変更されてS2(シルバー クラウド IIの兄弟車)となりました。S1の総生産台数は約3500台でした。(その中でコーチビルダー製のボディは約500台) 1962年には4灯式ヘッドライトを採用しボディが全面的に変更され、エンジンが少しパワーアップされたS3(シルバー クラウド IIIの兄弟車)となりました。S2の総生産台数は約2200台でした。1965年にS3からT シリーズ(シルバー シャドウの兄弟車)にモデルチェンジしました。S3の総生産台数は約1600台でした。

 ミニカーは2007年に発売されたミニチャンプス製です。ミニチャンプスの箱には1955年式と表示されていますが、フライング スパーが登場したのは1957年ですから、1957年式とするのが正しいでしょう。ミニチャンプスらしいそつのない出来ばえで、フロントグリルや室内などの細部が良く再現されています。これ以外のベントレー S タイプの当時物ミニカーはコーギーのS2、スポットオンのS2、ディンキーのS2などがありました。最近の物では、べレムのS1、フランクリン ミントの1/24のS1、ミニチャンプスのS2、オックスフォードのS1、スパーク(レジン製)のS1とS3、ネオ(レジン製)のS3などがあります 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 1
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 2

 以下は1961年に発売されたコーギー製の当時物 S2 コンチネンタル スポーツ サルーン 1956年(1/50 型番224)の画像です。1/50と少しサイズが小さいですが、ヘッドライトだけではなくリアライトにもダイヤカットガラスを使うなど凝った作りです。トランク開閉と前輪操舵ギミックも付いています。前輪操舵ギミックの詳細はこちら→前輪操舵ギミックのページ (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 3
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 4

 以下は1986年に発売されたべレム(ソリド)製のベントレー S1 1956年(1/43 型番V311)の画像です。ソリドのシルバー クラウド II(型番115)の型をリファインしフロントグリルなどを変更してS1に仕立てています。経年変化でサスペンションがへたったので車高が下がりすぎています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 5
BENTLEY S1 TYPE CONTINENTAL FLYING SPUR 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=790

   

 

VAUXHALL VICTOR FA 1957 UK

VAUXHALL VICTOR FA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGAURDS VA03810 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.24m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 48HP 3段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでヴォクスホール ビクターのミニカー検索

 

ヴォクスホール ビクター FA イギリス 1957

 

 1910-20年代の傑作車プリンス ヘンリーで有名であったヴォクスホール モーターズ社は、1925年にアメリカのGMに買収されました。その後GM傘下ながらも、ヴォクスホールはイギリスの国情に合った独自の車両開発を行いました。乗用車では小型車から大型車までのラインアップを整え、商用車ではベッドフォード(BEDFORD)ブランドを展開し、戦前には年間6万台を生産する量産メーカーになっていました。

 

 戦時中は軍用トラックやベッドフォード エンジンを搭載したチャーチル歩兵戦車などを生産しました。戦後は1946年から乗用車生産を再開し、1951年には戦前型を改良しフラッシュ サーフェス ボディを採用した4気筒1.5L(45HP)エンジン搭載のワイバーン(WYVERN)と、同じボディに6気筒2.3L(55HP)エンジンを搭載するヴェロックス(VELOX)が登場しました。(参照画像→ヴォクスホール ワイバーン)

 

 

 1957年にワイバーンの後継としてビクターが登場しました。GMグループのドイツのオペル レコードをベースにした車で、4気筒1.5L(48HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速120km/hの性能でした。フロントスクリーンの形状や派手なモールなどアメリカ車的なデザインが採用されていました。1961年までに約40万台が生産され、商業的にはかなり成功したようです。1960年に後継車のビクター FBが登場し、1963年にビクター FC、1966年にビクター FD、1972年にビクター FEと続きました。(いずれもオペル レコードがベースでした)

 ミニカーは2005年に発売されたバンガーズ製です。プロポーションが正確な上に、実車に即したツートンカラーやレトロな作風で実車の雰囲気が良く再現されたミニカーになっています。全体的にはレトロな作風ながら、フェンダーミラーやエッチング材のワイパーは現代風に仕上げてあります。クローム モールやテールライトの塗装処理やヘッドライトへのラインストーン埋込みなどは昔のコーギー風で、この辺の処理は老舗ブランド コーギーの昔なじみのファンに対する心使いでしょう。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VAUXHALL VICTOR FA 1
VAUXHALL VICTOR FA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=828

   

FORD TAUNUS 12M (CONSUL) 1957 UK

FORD TAUNUS 12M (CONSUL) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400085600 1/43 94mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 41HP 3段変速
性能: 最高速116km/h
データーベースでフォード コンサルのミニカー検索

 

フォード タウナス 12M (コンサル) イギリス 1957

 

 イギリス フォードの戦後の新型車であるコンサルは1951年に登場しました。アメリカで発表された1949年型フォードはフラッシュサーフェス(前後フェンダーがボディと一体化している)デザインを採用したことで大きな話題となりました。コンサルはこのフラッシュサーフェスを採用したモノコック ボディ、前輪独立懸架、OHVエンジンなど戦後のフォードの基本となった革新的な車でした。上述した戦前型フォードのデザインと比べて見ると、画期的なデザインであったことがよく分かります。4気筒1.5L(41HP)エンジンを搭載し、3段変速で最高速116km/hの性能でした。

 

 コンサルと同時期にボディを10cmほど長くして、6気筒2.3L(59HP)エンジンを搭載したゼファー(ZEPHYR)も登場しまいた。こちらは上述したV8 パイロットの後継車で、3段変速で最高速129km/hの性能でした。コンサル、ゼファーとも2ドアコンバーチブルが追加されました。コンサルは1956年にデザインを一新してMK IIに発展し1962年まで生産されました。なお1952年にはドイツ フォードからコンサルと同じデザインとシャーシを持つタウナス 12Mが登場しています。(ただしエンジンは全く異なりますが)

 

 

 初代コンサルのミニカーはコーギーの当時物ぐらいしかなく、それは滅多にお目にかかれないレア物です。そこでミニカーはコンサルではないのですが、ミニチャンプス製のタウナス 12Mを流用しました。フロントエンドのグリルなどのデザインが違いますが、全体的にはほとんど同じスタイルですので雰囲気が分かってもらえると思います。なお実車諸元のデータはフォード コンサルのデータです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD CONSUL (TAUNUS 12M) 1
FORD CONSUL (TAUNUS 12M) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=838

   

LOTUS ELITE S1 1957 UK

LOTUS ELITE S1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO CLC047 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.76m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 76HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでロータス エリートのミニカー検索

 

ロータス エリート シリーズ 1 (S1) イギリス 1957

 

 大学生であったコーリン チャップマンがオースチン セブンをベースにしたレースカーを製作し、この車が好成績をあげたことからロータスの歴史が始まりました。1952年にロータス エンジニアリング社が設立され、本格的なレースカーとして開発されたマーク VIは高性能で安価であったことから、プライベートチームに好評を博しました。その後もマーク XIまでのレースカー販売で順調に資金を蓄えたロータスは、GPレースへの本格参戦と市販スポーツカーの販売に乗り出しました。

 

 1957年に最初の市販スポーツカーのセブンとエリートが発表されました。エリートはFRPによるフルモノコックという特殊な構造のクーペ ボディで、ジャガー並みの価格の高級GTカーでした。エンジンは4気筒1.2L(76HP)、4段変速機で、最高速は軽量なボディの為185km/hと高性能でした。 1960年にS2に発展し、85HPの高性能版SEが追加されるなどして、1963年までに約1000台が生産されました。エリートは結構売れましたが、特殊な構造故に製造コストが高く、営業的には失敗作でした。

 

 

 ミニカーは2004年に発売されたイクソ製です。キャビン部分が少し大きめな感じもしますが、全体的にはエリートの微妙なスタイルがうまく再現されていて良い出来ばえです。ワイヤースポークホイールがリアルでブリティッシュグリーンのカラーリングはセンスが良いです。イクソにはレース仕様など数種類のバリエーションもあります。エリートの当時物ミニカーは無いようです。イクソ製以外では、ヤトミンの1/18、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LOTUS ELITE S1 1
LOTUS ELITE S1 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=864

   

 

VANWALL F1 1957 UK

VANWALL F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R199 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 2.5L 285HP 5段自動変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでバンウォール F1のミニカー検索

 

バンウォール F1 イギリス 1957

 

 ベアリング会社バンダーベル(VANDERVELL)社の創業者トニー バンダーベルはレースマニアでBRM(British Racing Motors)を支援していました。その後彼はフェラーリのレースカーを購入して改良し、自社のベアリングの商標シンウォール(THINWALL)を冠した「Thinwall Special」の名前でレースに参加するようになりました。1954年にレースカー製作に乗り出し、バンダーベルとシンウォールを合成したバンウォールという名前をレースカーに付けました。

 

 最初のバンウォールは、バイクで有名なノートン社の4気筒2Lエンジンをクーパー社のシャーシに搭載したもので、1954年に登場しました。当初は勝てませんでしたが、シャーシをロータス社のコーリン チャップマンの協力で改良しエンジンを2.5Lに拡大するなどして競争力を上げていきました。1956年のベルギー GPでは4位となり、結果を出しました。

 

 

 1957年にスターリング モスがドライバーに加わり、イギリスGPで初勝利を挙げました。その後のペスカーラ(イタリア)、イタリアGPでも優勝し、フェラーリマセラティを脅かす存在となりました。1958年にはS.モスとT.ブルックスが共に3勝して、シリーズ11戦中6勝の成績でコンストラクターズ チャンピオンとなりました。ただこの頃にトニー バンダーベルが健康を害したことで、レース活動は1958年限りとなりました。バンウォールの活躍はクーパー、BRM、ロータスなどのイギリス勢が台頭する先駆けとなりました。

 ミニカーはブルム製で、1993年頃に発売されました。1957年ペスカーラGPの優勝車(ドライバー S.モス)をモデル化しています。実車参照画像(1958年イタリアGP)と見比べると、年式は違っていますが、実車の雰囲気がそこそこうまく再現されています。これ以外のミニカーとしてはディンキー、コーギー、ソリドなどがありますが、いずれも古い当時物で当時のバンウォールの人気が高かったことがわかります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1744

   

LOTUS ELEVEN 1957 UK

LOTUS ELEVEN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
QUARTZO QLM025 1/43 ㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.4m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 76HP 4段変速
性能: 最高速158km/h
データーベースでロータス イレブンのミニカー検索

 

ロータス イレブン イギリス 1957

 

 ロータスはマーク VIの成功を受けて、ルマンに出場する本格的なレーシングカーの開発に着手します。1954年にマーク VIIIが完成し、シルバーストーンでクラス優勝しています。この車はマーク IX、マーク Xと発展し、1956年にXI(イレブン このモデルから「マーク」が付かない)が登場します。イレブンの最大の特徴はアルミパネルを補強材とした航空機のようなスペースフレーム構造で、車重は約400kgと非常に軽量でした。フランク コスティンのデザインした流線形ボディで、コベントリー クライマックス製4気筒1.1L(76HP)エンジンを搭載しています。

 

 1955年にマーク IXでルマンに初参戦しますが、リバースギアを使ったことで失格となりました。1956年ルマンにはイレブンで出場し、総合7位(クラス優勝)、1957年ルマンでは総合9(クラス優勝)-14-16位となっています。イレブンにはフォード製4気筒1.2Lエンジンも搭載され、ボディもドライバー後方の大きなテールフィンがあるものとないものがあります。1957年にフロントサスペンションなどを改良してシリーズ 2となり、1958年まで生産され総生産台数は約270台でした。

 

 

 ミニカーはカルツォ製で、2000年頃発売されました。1957年ルマンで14位となった車(750ccエンジン搭載)をモデル化しています。(画像はWEBサイトから借用しました)カルツォは旧ビテスグループのブランドで、画像で見る限りではなかなか良い出来ばえです。これ以外では老舗コーギーの当時物、最近のものではスパークやBOSモデルなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1745

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...19 次へ »