ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

NISSAN CEDRIC BROUGHAM VIP (Y31) 1987 JAPAN

NISSAN CEDRIC BROUGHAM VIP (Y31) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET G56 1/40 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.69m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型6気筒 3L ターボ 195HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア Y31型のミニカー検索

 

日産 セドリック ブロアム VIP Y31型 日本 1987

 

 セドリック 7代目 Y31型が1987年に登場しました。従来の直線的な角ばったデザインから、角に丸みがついたやや曲線的なデザインとなりました。Y31型は4ドアセダンと4ドアハードトップだけで、スポーティ仕様のグランツーリスモが新設され、ワゴンやバンはY30型が継続して生産されました。エンジンはV型6気筒2L/3L、6気筒2.8L/2Lディーゼルなどが搭載され、V型6気筒2Lターボ(185HP)はセドリックとしては初のDOHCエンジンでした。サスペンションにはセドリック初の4輪独立懸架が採用されました。

 

 1988年にY31型をベースにした3ナンバー専用の上級車シーマ 初代が発売されました。1989年のマイナーチェンジで後期型となり、リアライトの意匠が変更され、DOHCエンジンはインタークーラーの追加で210HPにパワーアップされました。1989年にブロアムのホイールベースを延長して全長を約5mに伸ばした、Lシリーズが追加されました。1991年に8代目のY32型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、セドリック ブロアム VIPのモデル化、1988年に発売されました。リアルな造形が特長であった12番工場製で、当時のミニカーとしてはフロントグリル/バンパーなどがリアルで、全体的にかなり良い出来ばえです。ダイヤペットはグロリアもモデル化しています。これ以外のY31型のミニカーはトミカの当時物、トミカ リミッテドの前期/後期型、レジン製ではハイストーリーやWIT'Sなどがあります。 以下はダイヤペットのセドリックのフロント/リアの拡大画像と室内/エンジン部の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC 4DOOR HARDTOP (Y31) 1
NISSAN CEDRIC 4DOOR HARDTOP (Y31) 2

 以下はダイヤペットのグロリア グランツーリスモ SV(型番G57)の画像です。スポーティ仕様のグランツーリスモなので、フロントバンパーが少し派手なスポイラー付に変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN GLORIA 4DOOR HARDTOP (Y31) 1
NISSAN
GLORIA 4DOOR HARDTOP (Y31) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1457

   

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1991 JAPAN

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV29 1/40 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.87m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 255HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア Y32型のミニカー検索

 

日産 セドリック グランツーリスモ アルティマ Y32型 日本 1991

 

 セドリックの8代目 Y32型が1991年に登場しました。セダン系はY31型のマイナーチェンジ版でタクシーなどの営業車だけとなり、一般向けは4ドアハードトップのみとなりました。。やや若年層よりのスポーティーなグロリアに対し、セドリックではクロームメッキのフロントグリルを使用するなど高級志向の高いユーザーや比較的高い年齢層を狙った位置付けとなりました。ブロアム/クラシック系は角型のヘッドライトを採用し、グランツーリスモ系は丸目4灯ライトを採用しています。エンジンはV型6気筒2L/3L、シーマ搭載のDOHC V型6気筒3L/3L ターボ、6気筒2.8Lディーゼルを搭載し、ミッションはマニアルが廃止されて、自動変速のみとなりました。1995年に9代目のY33型にモデルチェンジしました。

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で、1992年に発売されました。ダイヤペットの11番工場製で、11番工場の作風はこんな風にボディ全体が膨らんだような感じのデフォルメです。はっきり言って実車のイメージから外れているので、あまり良い出来ではありません。ダイヤペットは同じ型を流用してグロリアもモデル化しています。これ以外のY32型のミニカーとしては、ハイストーリー(レジン製)のセドリックがありますが、このセドリックもあまり良い出来ばえではありません。Y31/Y32型はシーマに人気があるので、セドリック/グロリアにはあまり良いミニカーがないようです。 

 

 

 以下はダイヤペットのセドリック Y32型のフロント/リアの拡大画像と室内/エンジンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1
NISSAN CEDRIC GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 2

 以下は1992年に発売されたダイヤペットのグロリア Y32型(型番SV31)の画像です。実車同様に前後のパネルを変更して、セドリック/グロリアを作り分けています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN GLORIA GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 1
NISSAN GLORIA GRANTURISMO ULTIMA (Y32) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1458

   

 

NISSAN CEDRIC (Y33) 1995 JAPAN

NISSAN CEDRIC (Y33) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH MS-14 1/43 115mm

 

日産 セドリック Y33型 日本 1995

 

 セドリック 9代目 Y33型 1995年 登場

 

 1999年に10代目のY34型にモデルチェンジしました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.88m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L ターボ 270HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでセドリック/グロリア Y33型のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1459

   

NISSAN CEDRIC 300LV (Y34) 1999 JAPAN

NISSAN CEDRIC 300LV (Y34) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC02002W 1/43 113㎜

 

日産 セドリック 300LV Y34型 日本 1999

 

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.87m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 240HP 4段自動変速/CVT無段変速
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースでセドリック/グロリア Y34型のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1414

   

 

NISSAN CIMA TYPE II L (FY31) 1988 JAPAN

NISSAN CIMA TYPE II L (FY31) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET SV08 1/30 162mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.89m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L ターボ 255HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースで日産 シーマのミニカー検索

 

日産 シーマ タイプ II L FY31型 日本 1988

 

 日産 シーマはバブル絶頂期の1988年に登場した高級車で、パーソナルユースを目的とした3ナンバー専用車でした。7代目セドリック Y31型 をベースにしていますが、タクシーや社有車のイメージがある従来のセドリック クラスの車とは異質の車で、輸入高級車に対抗できる日本車というジャンルを確立させました。当時は圧倒的な人気で市場を独占し「シーマ現象」といわれました。日本の高級車としてはセンスの良いデザインもさることながら、ターボ付きのハイパワーエンジン(V型6気筒3L 255HP)による圧倒的な加速力も人気の要因でした。

 

 1989年のマイナーチェンジで、内外装を変更し後期型となりました。(フロントグリルの横桟が増えただけで、見た目はほとんど同じ) CRTディスプレイ(TVも映る)/カセットデッキ/CDオートチェンジャーを持つマルチAVシステムはオーディオ関係の操作だけではなく、車速/ステアリン舵角/地磁気センサーなどで自車位置を計算して地図を表示する完全自律航法式ナビゲーションシステムの機能もありました。(現在のGPS方式のナビとは別物です) サンルーフ、デジタルメーターなどもオプション設定されました。1991年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはダイヤペットの当時物で1989年に発売されました。縮尺1/30で当時のダイヤペットではシャープな造形を特徴とする12番工場製なので、フロントグリル/バンパーやテールライトなどの細部がリアルに再現され、やや寸詰まりのプロポーションながら良い出来ばえでした。なおボンネット上にエンブレムが刻印されていますが、これはエンブレムの形状を明確に表現したいが別パーツ化すると破損する恐れがあることからこのような処置をしたのではないかと推察します。(日産特注品が実車の販促用にも使われたと思いますので) ダイヤペットは1/40で無塗装メッキ仕様のシーマのミニカー(インゴットシリーズと呼ばれる)も発売していました。当時物ミニカーではトミカもありました。最近の物では京商、国産名車コレクション、トミカ リミッテド、レジン製ではイグニッションモデルなどがあります。 以下はダイヤペットのシーマ 初代のフロント/リアの拡大画像と室内/エンジンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

NISSAN CIMA (FY31) 1
NISSAN CIMA (FY31) 2

 以下は2008年に発売された国産名車コレクションのシーマ 初代(No.68)の画像です。ヘッドライト形状がやや角を落としすぎで雰囲気が少し違っていますが、まずまずの出来ばえです。これは京商の型を流用しているようで、フロントグリルやドアミラーは仕上げが変えてありますが、ホイールが全く同じなので多分間違いないでしょう。日産名車コレクションのNo.57でも白の色違いでモデル化しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
NISSAN CIMA (FY31) 3
NISSAN CIMA (FY31) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1460

   

NISSAN INFINITI Q45 (G50) 1989 JAPAN

NISSAN INFINITI Q45 (G50) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NISSAN CAR COLLECTION (NOREV HACHETTE) 32 1/43 118mm

 

日産 インフィニティ Q45 G50型 日本 1989

 

 日産はアメリカの高級車市場向けにインフィニティ ブランドを立上げインフィニティ Q45 1989年 登場
 日本国内向け インフィニティ Q45 1989年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.09m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.5L 280HP 4段自動変速
性能: 最高速241km/h (北米仕様)
データーベースで日産 インフィニティのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1548

   

 

ページ  « 前へ 1...10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   次へ »