ミニチュアカー ミュージアム

FAVORITE お気に入り車

CITROEN SM シトロエン SM

概要

citroen smシトロエン SM ミニチャンプス製 1/43

 自動車の創成期から現代まで、フランスの自動車メーカーは時代に先駆けた素晴らしい車を作ってきました。最近は自動車のグローバル化が進展したことで、どこの国の車も似通ったデザインと性能になりつつあります。(高性能なスポーツカーなどは別ですが)

 

 1990年代以前のかつてのフランスには、フランス車というジャンルで他の国の車と明確に区別できる個性的な車が多く存在しました。特にシトロエンには2CV、DS、H トラックなど先進的な技術を採用することで優れた性能を発揮し、デザイン的に個性的な車がありました。そのシトロエンが持てる技術をつぎ込んで開発したフラッグシップカーがSMで1970年に発表されました。SMはマセラティ開発のV6エンジンで前輪を駆動し200km/hオーバーの高性能を誇る最高級のGTカーです。なおSMとは開発コードのSとマセラティのMを意味しているとのことです。

 

 SMの外観上の特徴は、なんといってもそのフロントマスクでしょう。今でも十分に未来的なこのデザインが発表されたのが1970年であることを考えると、いかに画期的なデザインであったかが分かると思います。この車の発表記事を雑誌で見た私は一目でこの車のファンになりました。フロントグリルの透明なガラスの中に左右3個ずつのライトが格納されています。外側はロービーム、中央がハイビーム、内側がドライビングライトで3個のライトは全体がユニットになっていて車両の姿勢に応じてビームを水平に保つ油圧式のセルフレベリング機能を持っています。またドライビングランプはステアリングと連動して首を振るようになっています。最近の高級車にも同じような機能が付くようになっていますが、SMは45年も前に実現しています。

 
 
 

CORGI コーギー

CORGI 284 1/43
実車発表当時のミニカー コーギーらしいやや大げさなデフォルメがされていて、実車のイメージをふくらませたミニカーになっています。 ドア開閉などのギミック動作はSMのギミックのページで見てください。リアリティのあるドアの銀色のサッシ部分は柔らかい素材でできていて、簡単に折れたり子供がけがをしないよう配慮されています。(触るだけで壊れるようなパーツが付いている最近のミニカーは商品としては失格 素材を見直すなど出来ることがあるはず)

corgi-sm01
フロントのヘッドライトカバーが着色されてます
corgi-sm02
プロポーションは良くできてます
corgi-sm03
ボディ後半の絞り込みが強調されています
 
corgi-sm04
ヘッドライトは紙のシールで表現しています
corgi-sm05
フリーホイールですが見た目は悪くないです
corgi-sm06
 

SOLIDO ソリド

184 1/43
実車発表当時のミニカー 当時のソリドらしいシャープでクールな出来映えのミニカーです。以下のミニチャンプス製が発売されるまでは、このソリド製が一番出来の良いSMのミニカーでした。
solido-sm01
solido-sm02
プレス発表された車と同じこの金色です
solido-sm03
 
sm solido 04
ナンバープレートは仏ディンキーのシールを流用して当方が貼り付けてものでオリジナルではない
sm solido 05
sm solido 06
ナンバープレートはフロントと同じシール
 
sm solido 10
ライトはバンパー一体の造形ですが
それらしく見えます

sm solido 11
室内もそこそこ良く再現されてます
sm solido 02
シャープな出来上がりのテール
 
sm solido 22
sm_solid11
カラーバリエーションは これ以外に赤、薄緑、灰Mなどがあった
solido-sm06
 

AUTO PILEN オートピレン

339 1/43
スペインのオートピレン製 フロントの造形やリアゲートの開閉ギミックが全く同じであることから、上述のコーギーをベースにしていると思います。ただしデットコピーではなく、オートピレンのオリジナルな部分を付け加えており、それなりに良いミニカーに仕上がっています。
pilen-sm01
pilen-sm02ドアはコーギーとは大きく変えてある
pilen-sm03

 
pilen-sm04ライトは紙のシールで表現
pilen-sm05コーギーと同じでリアゲートは棚も可動する
pilen-sm06別部品でマフラーを再現している
 

NOREV ノレブ

807 1/43
JETCARシリーズで販売された当時物 ダイキャスト製 ボンネットやリヤゲートも開閉できますが全体的な立て付けが悪いのがいまいちです。 なお以下の最初の3点の画像は2004年に撮影したもので、その下の3点の画像はその11年後の2015年に撮影したものです。2004年にも透明プラスチックのフロントライトカバーやウインドーが少し変形していましたが、2015年には元の形から完全に変形してしまい見るも無残なものになっています。これが不適切なプラスチック素材の経年変化で、最近ではこんなひどい変形は無いでしょうが、プラスチック素材は経年変化するものです。 経年変化についてもっと知りたい方はこちら → ミニカーの材質と経年変化
norev-sm01全体的にはシャープな出来映えです
norev-sm02
norev-sm03テールランプは赤の塗装です
 
sm norev 03
透明プラ製のライトカバーが変形してます
sm norev 05
透明プラ製のフロントウインドーが変形してます
sm norev 06
透明プラ製のリアウインドーが変形してます
 
158501 1/43
上記をベースにして1990年代に発売されたリファイン版 立てつけが悪いドア開閉を止めるなどダイキャスト型を修正し、ドアミラー追加、リアライトの別パーツ化などで細部の仕上レベルを上げたものです。同じ型でも仕上げのやり方でここまで変わるということです。ノレブは1990年代に同じようなリファイン版をたくさん手がけており、昔の型を有効利用しています。(上記で変形していたプラスチック素材は変更されています)
norev-sm04
やや車高が高くなっています
norev-sm04
塗装はやや厚ぼったい
norev-sm04
 
norev-sm04
ライトを黄色に着色し ナンバープレートを追加
norev-sm04
norev-sm04
テールライトを別パーツ化
 
158703 1/43
ノレブはSMをベースにしたパレード用大統領専用車をいくつかモデル化しています。それらは当サイトのフランス大統領専用車のページで紹介いますのでそちらをご覧ください。以下も同じSMのパレード用大統領専用車ですが、大統領専用車のページには載せていないフィギュア付のものです。これは2003年に発売されたシムカ シャンボールとSMの大統領専用車をセットにしたものです。フィギュアはミッテラン大統領と訪仏したエリザベス女王ということですが、エリザベス女王のフィギュアは雰囲気などとてもそのようには見えません。(間違いではないかと思うのですが)
presidensial set
セット物のディスプレイケース
sm_presidentiellel01
sm_presidentiellel02
 
sm_presidentiellel04大統領専用車のトリコロール エンブレム付
sm_presidentiellel05エリザベス女王はこんな人でした?
sm_presidentiellel06大統領専用車のナンバープレート「2-PR-75」

 

LE MANS miniatures

GTS20.1 1/43
GTSはフランスの「LE MANS miniatures」というsメーカーのブランド レジン製  多分2000年頃に発売されたものだと思います。フランスに多いキット物の完成品です。
sm gts01
sm gts01
キャビン部の形状が少し違ううような?気がします
sm gts01
 
sm gts04
ランプが少し奥まっています
sm gts01
小さなドアミラー付
sm gts01
テールライトはデカール仕上げ
 

MINICHAMPS ミニチャンプス

400111020 1/43
2000年頃に発売されたもの プロポーションが良いことに加えてこのメーカーらしい細部の再現に徹底してこだわったミニカーです。特にフロントの3連ヘッドライトは実にうまく再現してあり、1/43でこのリアリティを超える出来映えのミニカーはありません。
sm pma 01
プレス発表された車のカラーに忠実
sm pma 01
優れたプロポーション
sm pma 01
 
sm pma 01
リアルな3連ヘッドライト
sm pma 01
ホイールも実車に忠実
sm pma 01
 
sm pma 01
sm pma 01インパネのメーターも良く再現されている
 メーター内の赤ランプは油圧関係の警告表示灯
sm pma 01
 
400111024 1/43
2004年に発売された カラーバリエーションです。
citroe_sm_pma21
citroe_sm_pma21この色は少し地味でいまいち
citroe_sm_pma21
 
citroe_sm_pma21
citroe_sm_pma21
citroe_sm_pma21
 

436111020 1/43

2005年に発売されたバリエーションで政府公用車関係をモデル化している「Political Reader Series」の No5で、ジスカール デスタン大統領時代のフランスの政治家/外交官 ジャン ソヴァニャルグ氏(Jean Sauvagnargues)の公用車をモデル化しているようです。

citroen_sm_pma31
citroen_sm_pma31
フランス国旗付が公用車の証
citroen_sm_pma31
 
citroen_sm_pma31
ナンバープレートが変えてあります
citroen_sm_pma31
citroen_sm_pma31
 
ここで紹介した以外にもシトロエン SMのミニカーはたくさんあります。当サイトのミニカーデーターベースを検索すれば、現在モデル化されているミニカーのほとんどを一覧できます。右ののリンクをクリックしてください。  データーベースでシトロエン SMのミニカーを検索
 
フランスのシトロエン SMの愛好者クラブのサイトでシトロエン SMのミニカーをまとめたページがあります。ソリドのモデルをオープン仕様やブレーク仕様にしたミニカーなど珍しいミニカーが見られます。  http://www.smclubdefrance.org/les-miniatures.html