ミニチュアカー ミュージアム

FAVORITE お気に入り車

MAZDA RX-7 SA22C

概要

1978年発表 エンジン 12A 130PS/7000rpm 16.5kgm  外形 4285×1675×1260mm 重量 1005kg
rx7sa

 リトラクタブルヘッドライトを特徴とする斬新なデザインで、ロータリーエンジン搭載のスポーツカーとしてして発表されたRX-7は欧州の本格的なスポーツカーと性能的に遜色がなく価格が安いことから、国内のスーパーカーブームも相まって発売当初から爆発的な人気がありました。国内の人気もさることながら米国でも爆発的に売れました。(米国では販売価格の1.5倍ものプレミアム価格が付いたとのこと) この当時の米国の映画を見ると至る所にRX-7が登場していることからも実感できます。

 

 燃費の悪さで不人気であったロータリーエンジン車はこの車の大ヒットで息を吹き返し、傾きかけていたMAZDAの救世主となったすばらしい車でした。ちなみに私が初めて新車で買った車は80年式のRX-7 GTでした。(買った当時でも子供から指をさされたりするほど人気がありました)

 
 

オートアート AUTOART 75981-5 1/18

 2010年1月にオートアートから発売された1/18で、SAの大スケール物はこれが初めての量産品です。大スケールのミニカーはほとんど購入しないのですが、まずSAのモデルであること、次に最近の大スケール物がどのような出来であるのか興味があって、久しぶりに1/18スケール物を入手しました。まず感心したというか呆れたのが、ドアやボンネットの可動部が輸送中に動かないように固定してあるワイヤーを外すのが大変面倒なことでした。もっと簡単な固定方法にすればコストが下がって製造側も購入側もメリットがあると思うのですが。。。

 

 それはさておき、ミニカーの出来映えは想像していた以上でした。1995年に同じような値段で京商の1/18のFDを購入しているのですが、それと比べてみると格段の進歩が見られます。15年も前のミニカーと比べること自体がナンセンスですが、大スケールのミニカーの現状がよく分かりました。この出来映えで約1万円強の値段ということは、コスト パフォーマンス的には非常にいい線をいっていると思います。ただし可動部の構造や使っているパーツの材質・構成などは精密な1/43サイズで使われている物とほとんど同じです。

 

 もちろん大きい分だけ細かいところが再現されてはいますが(例えばドア内張の一体成形されたドアハンドル造形など)、1/18としての特別な工夫やギミックは見られません。極端なことをいうと、1/43を大きくしただけという感じがします。このサイズにふさわしいこれ以上の精密さを求めると、結局CMCなどのような値段になってしまうのでしょう。(当たり前すぎる結論ですいません)

sa22caa01
サイズが大きいので
sa22caa01
実車のカタログ写真みたいで
sa22caa01
他のミニカーと比較にならないです

sa22caa01

リトラクタブル・ライトもしっかり動作

sa22caa01多少拡大しても
sa22caa01実車のように見えます
 
sa22caa01

 1/18ならではの見所を大きな画像でお見せします。まず室内は当時のSAの最高級グレードの内装になっています。シートの柄、フロアマット、ドア内張、メータなどリアリティがあります。(私の車はGTだったので内装の色などが違いますが、実車の記憶が甦りました)

 

 リアハッチ部もガスダンパーで支持されるハッチの開閉動作がリアルです。実車ではマットの下にスペアタイヤがあるのですが、そこまでは出来ていません。

 

 エンジンルーム内は、昔の車ですから、まだ十分手が入るスペースがあり、まさしくこんな感じでした。すごく精密という訳ではないですが、コイルの高圧コードの配線など主な部品はちゃんと再現されています。特にこの青いエアフィルターはよく覚えています。エレメント交換など自分でよくメンテナンスしていましたから。

ダイヤペット DIAPET

G114 1/40
実車発売当時のミニカー  色違いは以下の4色がありました。ダイヤペットとしては、非常に良い出来です。
SAdiapet10
やはり赤が一番似合うと思います
SAdiapet11
SAdiapet12
このモデルは右側のドアの閉まりが悪いです
 
SAdiapet13
SAdiapet14
古いマツダ車はボンネットが前ヒンジで
開くのが多い(走行中に開かないよう配慮)
SAdiapet15
 
SAdiapet16
実車ではあまり見かけないシルバー
SAdiapet2
SAdiapet3
 
SAdiapet1
イメージカラーのグリーンメタリック
SAdiapet17
SAdiapet18
 
 上記のバリエーションです。1981年スパ フランコルシャン24時間でSAは日本車として初めて総合優勝しました。ワークスの耐久仕様12Aエンジンを搭載した3台が出場し、この40番が先行するBMW 530を猛追して抜き去り優勝したのでした。(42番が5位、41番はリタイア) ミニカーはこの快挙を記念して発売されたモデルで、実車のカラーリングを(当時のダイアペットとしては珍しく)かなりまともに再現してあります。海外のWEBサイト(ここ)の実車画像を見てください。青の色合いが違いますがなかなかよく再現してあるでしょう。 当時から私はRX-7のミニカーには注意していたのですが、この記念モデルの存在は最近になってから知った次第です。ダイヤペットにはこの手の特注モデルが結構ありますが、あまり知られていない貴重なミニカーだと思います。箱には優勝記念モデルであることを示す金色のシールが貼ってあります。
SAdiapet21
実車は青ではなく紺のツートンカラーです
SAdiapet22
実車はドアミラーが付いています
SAdiapet23
実車はレース用ホイールですが。。。
 
SAdiapet24
実車はチンスポイラーが付いてますが
昔のミニカーですから改造までは無理
SAdiapet25
箱は記念モデルであることを示すシール付
SAdiapet26
「MOTUL」はエンジンオイルのメーカー
 
G120 1/40
上記G114のレーシングカーバージョンです。色違いで緑色のシールを貼ったものがあったと思います。
SAdiapet4
SAdiapet5
SAdiapet6
 
G111 1/30
スケールが1/30と少し大きいバージョンです。ボディ下半分が大きめで少しバランスが悪いです。
SAdiapet7
SAdiapet8
SAdiapet9
 

トミカ ダンディ TOMICA DANDY

008 1/43
こちらも実車発売当時のミニカー 販売期間が長かったので色違いがたくさんありました。知る限りでは以下のように7色あります。
(赤には、室内の色違いがあります) 全体のバランスが良く、初代RX-7のイメージをうまく出していると思います。
SAdandy01初代RX-7のイメージカラーのグリーンメタリック
SAdandy05
SAdandy03
 
SAdandy04
実車ではあまり見たことがないブラック
SAdandy07
SAdandy02
 
SAdandy061
SAdandy91
赤ボディには室内が黒一色のタイプと茶色のシートタイプがあります。
SAdandy06
こちらは赤ではなくワインレッド
 
SAdandy81
SAdandy82
SAdandy83
ヘッドライトには初期のダイヤカットガラスタイプと銀、金色のシール貼付けタイプのバリエーションがあります。
 
007 1/43
上記のバリエーションで、パトカー仕様です。ミニカーのパトカー仕様は実在しないものが多いのですが、SAのパトカーは数は少ないながらも実在しました。ただ実車の画像が見あたらないので、ミニカーのような仕様だったのかどうかは分かりません。このマツダお膝元の広島県警版は一番最初に出た物で、ヘッドライトは初期のダイヤカットガラスタイプです。これ以外には警視庁版となぜか青森県警版(特注品)のバリエーションがあるそうです。私は救急車やパトカーのミニカーはほとんど買わないのですが、これはRX-7ということだけで購入したものです。(ちなみにFCやFDのパトカーは持っていませんので、ほとんど気まぐれですが)
SAdandy91
このカラーリング SAには似合わない
SAdandy92
ボンネットの上の虫除けスクリーンが
あるので高速道路用ということか?
SAdandy93
赤色灯がなんで3つもあるのかな?
 
SAdandy94
ヘッドライトは初期のダイヤカットガラスタイプ
SAdandy95
広島県警仕様
SAdandy96
リアのサイレンは
本当に付いていたのでしょうか?
 
TOMOCA LIMITED S SERIES 0001 1/43
2003年に上記DANDYをリメイクしたもの 窓枠などが細かく塗装されていて実車のイメージがさらに向上しています。
SAdandy09
SAdandy08
SAdandy10
オリジナルのDANDY008に比べるとグリーンメタリックの塗装がすこし濃くなっています。
 

エブロ EBBRO

148 1/43
2003年に発売されたミニカー 色違いはこの5色です。上記DANDYのミニカーと感じが似ていますが、最近のミニカーですのでワイパーやドアミラーが別部品として付いています。ちなみにこの型のSA22Cはリアワイパーが標準装着されていないので、ミニカーに付いているのは厳密にいうと間違いです。(なお下段の2色は後から追加されたGTバージョンでホイールや内装が変更されています)

 2007/02追加 AKIさんよりゲストブックでご指摘あり SA22Cにも車台番号が148000以降の車両のSE-LTDとLTDの2グレードにはリアワイパーが標準装備されていたとのことなので、リアワイパーがついているのが間違いであるとの記述は正確ではありませんでした。ごめんなさいね (-_-;)

SAebbro6.
SAebbro4
SAebbro3
 
SAebbro8
SAebbro7
SAebbro5
私が乗っていたRX-7はこのミニカーと同じGT仕様の赤でした。(リアワイパーは付いてなかったけど)
 
239 1/43
上記EBBRO 148のレーシング仕様 1979 DAYTONA 24H GTUクラス優勝をした車です。 色違いで緑色のデカールのものがあります。
SAebbro9
SAebbro10
SAebbro11
 

京商 KYOSHO

03282S 1/43
2008年末に京商から発売されたSAのミニカーです。上記エブロの型を流用していると思っていましたが、新規に型を起こしたということらしいので購入してみました。実車に忠実なスケールモデルなので一見するとエブロと同じように見えますが、微妙に細部が異なっていて明らかに型が違います。以下に違いがわかるようフロント、リアサイド、リアの画像を上下に並べてみましたので、比較してみてください。とちらが実車に近いかどうかは個々のパーツに一長一短があり微妙なところです。ただ両者を並べてみる(比較画像)と、京商のほうが明らかに車高が低くやや平べったい感じになっています。(個人的な好みをいうとエブロの方が好きです) このシルバー以外にメタリック・グリーンの色違いがあり、近々ボンネビルでの速度記録車仕様も追加されるようです。
SAkyosho01
SAkyosho02
フロントのサイドマーカーがプラ製の
別パーツ エブロは塗装処理
SAkyosho03
 
SAkyosho04
フロントはほぼ同じイメージだが
SAkyosho05
リア・ウインドの透明度が異なる
SAkyosho06
ライセンス・プレートが配置された
凹んだ部分の形状が微妙に異なる
 
SAebbro0f
フェンダーミラーの高さ、ワイパーの大きさが
異なる エブロはライト開閉ギミック付き
SAebbro0rs
フューエル・リッドの位置、フェンダーの
張り出し加減などが異なる
SAebbro0r
リア・ワイパーの有無、リア・ガラスの
開閉ヒンジ、マフラーの大きさが異なる
03284A 1/43
2008年11月に京商から発売されたSAのモンテ カルロ ラリー(1979年)仕様です。SAがモンテ カルロ ラリーに出場していたことは、このミニカーを入手するまで知りませんでした。調べてみるとたった一台のプライベーターの出場ながら、グループ2でクラス優勝(総合74位)という素晴らしい成績を収めていました。実車は2004年にマツダR&Dセンターに保管されているのが見つかり、昔のスタイルで行なわれている「RALLY MONTE CARLO HISTORIQUE」に今年も参加しているということです。ミニカーは上記のバリエーションですが、現存する実車をよく調査して実に細かいところまで再現してあります。特にヘッドライトをポップアップ状態に変えてあること、シャーシ下面のアンダーガードの追加、細かく正確なデカールなど京商のこだわりが感じられます。
sakyosho21
黄と黒の粋なカラーリング
sakyosho22
シャーシ下面にはアンダーガード
sakyosho23
「GORO」は当時の男性誌でタイアップしていた
 
sakyosho24
ライトがポップアップ状態に変えられている
sakyosho25
室内はドライバー側シートが変えられている
ライト側面のデカールまで再現している
sakyosho26
リアにはスポイラーが付いている
03283A 1/43
2009年5月に京商から発売されたSAの速度記録車 ボンネビル(1978年)仕様です。ボンネビル ソルトフラッツ(Bonneville Salt Flats)はアメリカ ユタ州北西部に位置する広大な塩の平原で、自動車の速度記録を行う場所として有名です。上記のラリー優勝同様、このSAの速度記録についても国内ではほとんど知られていないと思います。WEB検索してもこの速度記録を解説した日本語のページは見つかりませんが、英語のページは結構見つかりました。(例えばここ) 初代RX-7は国内で人気がありましたが、北米ではそれ以上に絶大な人気があったことを物語っています。実車は「RACING BEAT」というマツダ車をチューニングする会社がチューンしていて、エンジンは電子式点火装置(今では当たり前ですが)を付けた10,000rpmまで回る13Bに換装されていました。記録はGTカークラスで183.904mp/h(295.964/h)というものでした。ミニカーは左ハンドル仕様に変えてあり、室内補強用のロールバーが再現されているなどこちらも京商のこだわりが感じられます。

sakyosho31

ほとんどノーマルな状態で空力的な
パーツも付いていません

sakyosho32
ホイールは空力を考慮した
平板な物に変えられている
sakyosho33
リアもほぼノーマルの状態です
 
sakyosho34
NGK、CAR-DRIVER、RACING BEAT
のロゴが付いている
sakyosho35
室内は左ハンドル仕様で、ドライバーズ
シートがバケットタイプになっている
sakyosho36
室内にロールバーが見える バンパー上の
黒い物は畳んだパラシュート?
 

イワヤ IWAYA

8103-1 1/43
2008年に発売されたイワヤのスーパーサウンド・プレミアム・シリーズのSAです。ロータリーエンジンのチューナーRE雨宮製のツインターボ化した13Bを搭載し、1985年に谷田部テストコースで最高速307.42km/hを記録した車をモデル化しています。実車の画像がWEBで見つからないので、どの程度のリアリティがあるのか分かりませんが、それらしくできてます。イワヤのオリジナルの型だと思いますが、プロポーションはましたRE雨宮はその実力を期待されつつもマイナートラブル等で記録達成には至っていませんでしたが、RX-7(SA22C)前期型に13Bエンジンを搭載し、ツインターボ化して谷田部最高速トライアルに挑み、ついに307.42km/hを記録しました。 谷田部 1985 ツインターボ ロータリー初の300k越え 307.42km/h ダクト付きボンネット
saiwaya01
saiwaya02
プロポーションは良好
saiwaya03
 
saiwaya04
チンスポイラー一体型のバンパー
saiwaya05
空気抵抗の低いホイールが付いている
saiwaya06
ロータリーターボと同じリアライトになってます
 

アシェット HACHETTE

国産名車コレクションシリーズ14 1/43

 2006年8月に発売された国産名車シリーズのミニカー 一見しただけでエブロの型を使っていることは明らかですが、細かな点が変更されています。まず実車の初期型(2007/02追加)にはないリアワイパーが外されエッチング部材であったフロントワイパーがプラ材に代わりシートが黒色に変更されライセンスプレートの文字も変えられています。また室内が見えるようウインドーがオープン状態に変えられているのもうれしい配慮です。(せっかくコクピットが再現してあってもウインドーがあると非常に見難いので)

SAhachetto01
SAhachetto02
SAhachetto03

Mテック M-TECH

M4-12 1/43

 2003年に発売されたミニカー 1983年にマイナーチェンジして発売されたSA22Cの最終型ターボ仕様をモデル化しています。色違いは以下のように2色です。(FS(フレンドショップ)限定品で赤があることが判明 2011年に入手して画像を追加) 最終型で変更されたフロントバンパー、リアランプなどがリアルに表現されています。ただ惜しむらくはドアミラーがやや大きめで目障りな気がします。このミニカーにリアワイパーがついているのは正解です。(EBBROのSA22Cについているのも間違いではありません 2007/02追加)

SAmtech01
実車ではあまり見かけなかった色
SAmtech02
アルミホイールの意匠も実車に忠実
SAmtech03
 
SAmtech01
内装が赤い革張り仕様のような仕上げ
SAmtech01
SAmtech01
 
SAmtech01
「RE TURBO」のロゴ付のバンパー
SAmtech01
ボディと一体化したバンパー
SAmtech01
高級な仕上げとなったリアライト
 
47790FS FS(フレンドショップ)限定品
sa mtech21
やはりRX-7は赤が一番似合う
sa mtech22
sa mtech23
ドアミラーが少し大きすぎる
 
sa mtech24
このSA最終型だけは乗ったことがないので
sa mtech25
今でも十分魅力的なこの車の
sa mtech26
程度の良いのがあれば欲しい
 

オートストラーダ AUTOSTRADA

TZ01006 1/43
ALLプラスチック製のミニカーですが、全体的な出来はかなりいいと思います。
SAautostrada
SAautostrada02
SAautostrada03
 

シンセイ JETMACHINE

413 1/37
プルバックで走行可能 プロポーション的にはまあまあの出来ですが、サイズが中途半端。
SAsinsei
SAsinsei02
SAsinsei03
 

ブラーゴ BBURAGO

4118 1/43
ブラーゴの廉価ミニカー 出来は見てのとうりでSA22Cには違いありませんが、かなりおもちゃっぽい。
SAbburago
SAbburago02
SAbburago03
 
 

RX-7のミニカーは上記以外にもたくさんあります。当サイトのミニカーデーターベースを検索すれば、現在モデル化されているミニカーのほとんどを一覧できます。右のリンクをクリックしてください。  データーベースでRX-7(SA)のミニカーを検索