ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 1962 UK

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLISTIL S634 1/30 181mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.34m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (214HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー クラウドのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー クラウド III イギリス 1962

 

 1955年にシルバー ドーンはシルバー クラウド Iに、ベントレー R タイプはS1 タイプに発展しました。これ以前のロールス ロイスとベントレーはホイールベースが異なるなどの明確な違いがありましたが、この時点で両車はグリルとエンブレムだけが異なるだけのほとんど同じ車になってしまいました。1959年に新設計のV型8気筒6.2Lエンジンが搭載され、シルバー クラウドはII型となりました。

 昔のロールス ロイスのエンジン出力は「Enough(必要十分)」と表現され数値は公表されないのが伝統でした。(現在は公表してますが) シルバー クラウド IIに搭載された6.2Lエンジンのパワーは推定で200HP程だったそうで、4段オートマティック変速機を介して車重約2tの車体を最高速180km/hで走らせました。

 

 またシルバー クラウド IIから国内仕様でもパワステが標準装備となり、標準ではないもののエアコンが装着できるようになりました。1962年にシルバークラウドとベントレー SタイプはIII型となります。III型の主たる改良点はエンジンのパワーアップ(214HP)とパワステの強化で、外観ではヘッドライトが4灯式となり顔付が変わりました。

 

 

 ミニカーは1978年に発売されたポリスティル(旧ポリトーイ)製の当時物です。シルバー クラウド IIIのリムジンを1/43より大き目の1/30でモデル化しています。キャビン部分が小さめにできているのでプロポーション的にはいまひとつですが、その分だけ大きな車に見えます。1/30なのでフロントグリル上のマスコット、フェンダーミラー、ラジオ用アンテナなどがそこそこリアルに再現されています。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 1
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部と室内の画像です。室内の出来はまずまずですが、エンジンは1/30としては物足りないレベルの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 3
ROLLS ROYCE SILVER CLOUD III 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=791

   

ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 1962 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 152 1/43 142㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.1m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(165km/h)
データーベースでロールス ロイス ファントム IV-VIのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム V リムジーン イギリス 1962

 

 ファントム Vの6mを越えるリムジーンボディはコンパクトなV型8気筒エンジンゆえに室内は十分に広く、油圧ダンパーのサスペンションで揺れの少ない乗り心地だったそうです。車重が2.5tを越えていましたが、それでも最高速は160km/hを越え加速も並みの乗用車以上に速く、しかも室内はほとんど無音でした。1960年にはファントム Vをベースにしたパレード用の特別仕様の御料車も作られました。

 

 1962年から4灯式ヘッドライトが採用され、フロント グリルがより近代的になりました。ロールス ロイスのこのフロント グリルは高級車の象徴として一番よく知られていると思います。1968年にはエンジン出力を向上し、エアコンを前後キャビン独立式としたファントム VIに変わりました。1991年までロールス ロイスの最上級車として長く生産されました。ファントム VとVIの総生産台数は890(V 516台 VI 374台)台でした。

 

 

 ミニカーはディンキー(英)製で1965年発売の当時物です。1/43サイズでファントム Vの大きさが実感でき見応えがあります。またドア、ボンネット、トランクが開閉するフルギミックながら立て付けもしっかりしています。ディンキーの傑作でファントム Vの1/43量産ミニカーとして未だにこれを凌ぐものはありません。1965年から1976年の11年間販売されたロングセラーのミニカーでもありました。以下はフロント/リアの拡大画像とドア/ボンネット/トランク開閉のフルギミック動作画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 1
ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 2

 これ以外のファントム V/VIのミニカーとしてはトミカ ダンディの1/43、京商の1/18、オックスフォードの1/43、トゥルースケールのレジン製1/43などがあります。トミカ ダンディの1/43は1979年に発売されたもので、当時物ミニカーとして良くできていました。以下がその画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 3
ROLLS ROYCE PHANTOM V LIMOUSINE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=794

   

 

ROVER P5 MK II 1962 UK

ROVER P5 MK II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA06905 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.74m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 106HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでローバー P5のミニカー検索

 

ローバー P5 MK II イギリス 1962

 

 自転車メーカーとして起業したローバー社は、1904年に自動車の生産を始めました。1911年に発表したローバー トゥエルブは4気筒2.3Lエンジンを搭載した中型車で、安価ながら優れた品質で大ヒットしました。その後空冷2気筒1Lエンジン搭載の小型車から6気筒2.5Lエンジンの中型車までラインアップを広げましたが、業績は振るいませんでした。そこで1933年に車種を削減して生産合理化を行い、品質の向上をはかりました。その結果ローバーは高品質の中型車としての名声を確立していきました。第2次世界大戦中は軍用車のエンジン生産に専念しました。

 

 戦争が終わるとすぐに戦前型の生産が再開され、1948年には戦後型のローバー 60/ローバー 75(コードネーム P3)が発売されました。前輪独立懸架を採用したシャーシは60/75に共通で、60は4気筒1.6L、75は6気筒2.1Lエンジンを搭載していました。 1949年にはボディを新しくしたローバー 75(コードネーム P4)が登場し、1953年には2.6Lに排気量が拡大された90に発展しました。

 

 

 さらに1958年には6気筒3L(106HP)エンジンを搭載したP5が追加されました。P5はイギリス車らしい落ち着いたデザインの上質な中型車で、4速手動/3速オートマティック変速機で、最高速160km/hの性能でした。P5は歴代首相の公用車に採用されるなど、政府の公用車として非常に人気が高かったそうです。1962年にMK II、1965にMK IIIに発展し、最終型のP5Bは1973年まで生産されました。

  ミニカーは2003年に発売されたバンガーズ製です。コーギーのブランドであるバンガーズはラインストーンを埋め込んだヘッドライトなど昔のコーギーを思わせるレトロな作風のミニカーが多いですが、プロポーションなどの基本はしっかりしています。このローバーも実車の雰囲気が良く再現されていて、なかなか良い出来ばえです。また壊れやすいフェンダーミラーは添付されたパーツをユーザーが後付けするようになっているのも個人的には好ましく思います。P5の当時物ミニカーはスポットオンなどがありました。最近の物ではネオ(レジン製)のクーペやMATRIX(レジン製)のセダンがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROVER P5 MK II 1
ROVER P5 MK II 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=811

   

TRIUMPH VITESSE 1962 UK

TRIUMPH VITESSE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINK(UK) 134 1/45 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.89m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 6気筒 1.6L 77HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでトライアンフ ビテスのミニカー検索

 

トライアンフ ビテス イギリス 1962

 

 前述したヘラルドをベースにして、新設計の6気筒1.6L(77HP)エンジンを搭載した上級車がビテスで、1962年に登場しました。2ドアセダンとカブリオレがあり、ボディはヘラルドとほとんど同じですが、フロント部分が1960年代初めに流行した釣り目(チャイニーズ アイと呼ばれた)の4灯式ヘッドライトに変えられています。このデザインはミケロッティによるもので、同じデザイナーがデザインした日産 スカイライン スポーツ(1962年発売)も同じようなデザインのヘッドライトを使っていました。4段変速で最高速145km/hの性能でした。

 

 1966年にはエンジンが2L(95HP)に拡大され、1968年にはリアサスペンションをダブルウィッシュボーン式に変更したMK IIに発展しました。コンパクトなボディに高性能な6気筒エンジンを搭載し操縦性も優れていたビテス MK II(最高速160km/h)は、「プアマンズ ロータス コルチナ」と呼ばれたそうです。1971年まで生産され、総生産台数は約5万台でした。なおビテス(VITESSE)とはポルトガル語で「速い」という意味で、もともとはポルトガルのミニカーメーカーであったビテスも同じ意味です。

 

 

 ミニカーは1963年に発売されたディンキー(英)製です。ビンテージ物のミニカーですから素朴な作りですが、当時のミニカーとしてはかなりリアルに実車を再現していてかなり良い出来ばえです。サイドの白いストライプは実車に即したもので、スポーティな雰囲気を出しています。ビテスの量産ミニカーはこれしかないみたいで、最近の物でもネオ(レジン製)やブルックリン(ホワイトメタル製少量生産)のランスダウン(Lansdowne)シリーズのカブリオレぐらいしかないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TRIUMPH VITESSE 1
TRIUMPH VITESSE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=818

   

TRIUMPH SPITFIRE MK I 1962 UK

TRIUMPH SPITFIRE MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 114 1/42 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.68m 全幅約1.45m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 63HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでトライアンフ スピットファイアーのミニカー検索

 

トライアンフ スピットファイアー MK I イギリス 1962

 

 トライアンフが値段の安いスポーツカーのスプリジェット(MG ミジェットとオースチンヒーレー スプライトのことです)に対抗して開発したのがスピットファイアーで、1962年に登場しました。ヘラルドのエンジンとシャーシを流用した2座のオープンカーで、ツイン キャブレターで強化した4気筒1.2L(63HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速151km/hの性能でした。ボディはヘラルドと同じミケロッティのデザインで、ヘラルド同様にフロントボンネット部分が大きく開きます。また最初から巻上げ式のサイドウインドウが装備されていて、居住性はスプリジェットより優れていたようです。

 

 1965年にエンジンを67HPにパワーアップしたMK II、1967年にアメリカの安全基準に対応したバンパーに変更しエンジンを1.3L(75HP)に変更したMK IIIに発展しました。その1967年にはレイランド(トライアンフの親会社)とBMCが合併しBL(ブリティッシュ レイランド)となったことで、ライバルだったBMCのスプリジェットが同じBL グループとなりました。1971年にはノーズ部分のデザインを変更しリアサスペンションを改良したMK IVとなり、1975年に1.5L(71HP)エンジンに変更した最終型の1500に改名されました。1980年まで生産され、総生産台数は約30万台でした。

 

 

 ミニカーは1963年に発売されたディンキー(英)製です。実車の雰囲気が良く再現されていて、当時のミニカーとしてかなり良い出来ばえでした。実車同様フロント部分が大きく開き、モールドされたエンジンを見ることが出来ます。付属している女性ドライバーのフィギュアがちゃんと着脱できるシートベルトをしているのがおもしろいです。スピットファイアーの当時物ミニカーは何故かこれしかなく、8年間も生産されたので、スピットファイアーのミニカーとしては一番有名だと思います。最近のミニカーではビテスのMK IV、ミニチャンプスのMK IVと1500、スパーク(レジン製)のレース仕様と1500などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

TRIUMPH SPITFIRE 1
TRIUMPH SPITFIRE 2

 以下は1994年に発売されたソリドのスピットファイアー MK I 1963年(1/43 4539)の画像です。1990年代に発売された値段が2000円程の廉価版的なミニカーですが、プロポーションが良く値段に見合ったそこそこ良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
TRIUMPH SPITFIRE 1
TRIUMPH SPITFIRE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=822

   

 

SPRITE MUSKETEER CAMPING TRAILER 1962 UK

SPRITE MUSKETEER CAMPING TRAILER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
TEKNO 815 1/43 112m

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: エンジン等自走機能無し 
性能: 
データーベースでキャンピング トレーラーのミニカー検索

 

スプライト マスケティア  キャンピング トレーラー イギリス 1962

 

 日本でキャンピングカーといえば、ワゴン車などに居住できる設備を備えた自走式が一般的です。しかし欧米ではキャラバンやキャンピングトレーラー(トラベルトレーラー)と呼ばれる、乗用車で牽引するトレーラー式のほうが一般的で、バカンス旅行などによく使われているようです。日本でトレーラー式がほとんど使われない理由は、車両総重量が750kgを越えるトレーラーを牽引する場合には牽引免許が必要でさらにトレーラーを登録する必要があるなど、交通法規上の制限があるからです。また使用しない時は駐車場が必要なので、その点でも日本には不向きだと言えます。

 

 キャンピング トレーラーには、ベッド、テーブル、キッチン、トイレ、電源など生活に必要な設備が備わっています。自走する為のエンジンなどが不要なので、キャンピングカーより広いスペースがあります。欧米にはキャンピング トレーラーの専門メーカーがたくさんあります。一番良く知られているのは、アメリカのエアストリーム社のトレーラーです。エアストリーム社は1930年代に起業した業界最古のメーカーです。同社のトレーラーは銀色に輝くアルミニウム製の流線形ボディが特徴で、これは創業当時から変わらないデザインのようです。

 

 

 キャンピングカー/キャンピングトレーラーのミニカーはたくさんあります。画像のミニカーはテクノの当時物で、1969年頃発売されました。イギリスのスイフト レジャー(SWIFT LEISURE)社が1960年代に生産していたスプライト マスケティアをモデル化しています。このキャンピングトレーラーは単なる箱型ではなく、曲面的な屋根や屋根上の明かり窓などしゃれたデザインになっています。ミニカーはリアルなリアライト、ハンドルで高さを調整できるアンカー金具、コイルスプリングを内蔵したサスペンションなど凝った作りになっています。ボディは金属製で、カラーリングもきれいです。内装はテーブルやキッチンが再現されています。牽引する車と接続する為の金具が付属していて、この金具は車側の底の穴に取り付けます。(同時期に発売されたテクノのミニカーのほとんどには穴があります) テクノのサーブ 99に牽引させるとこんな具合になります。

 国産ミニカーのキャンピング トレーラーではダイアペットが型番1127で、クラウン(S60) ワゴンとセットになったトレーラーを1973年に出しています。このトレーラーは当時フランスベッドが国内で販売していたフランスのキャラベルエア社の物をモデル化したようです。トミカも同時期に同じトレーラーを型番65-1でモデル化しています。国産ミニカーのキャンピングカーでは、ダイアペットがハイエースやハイラックスなどのキャンパー仕様、トミカもハイエースやハイラックスなどのキャンパー仕様、M-TECHがスズキ ワゴン Rとイスズ エルフのキャンパー仕様を出しています。特にM-TECHのエルフ キャンパー(型番MT-08)は内装のテーブルなどが良くできていて、サイドオープニングと呼ばれる引き出し式の屋根まで付いているといった凝りようです。
データーベースでキャンピングカーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1861

   

FORD CONSUL CORTINA MK I 1962 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 507 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 48HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I イギリス 1962

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナ(CORTINA)でした。革新的な技術を使ったBMC ミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する3ボックスセダンの後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。コルチナの当初の正式名称はコンサル コルチナでしたが、1964年のマイナーチェンジ後にコルチナに変わりました。なおCORTINAは最近はコーティナと表記するようですが、私は昔流のコルチナがしっくりきますので、当サイトではコルチナで統一しています。

 

 当初は2ドアだけでしたが、4ドアやワゴンが追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。コルチナの売りは大柄なボディ、ミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。特にワゴン用途のサイズの大きさではミニのワゴン仕様(トラベラーなど)では対抗できませんでした。このコルチナの戦略は当たり、4年間で100万台を生産するという大ヒット車となりました。(大衆車では良くあるパターンの勝ち方ですが) 1966年にコルチナ MK IIにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはポリトーイ Mシリーズの当時物で1965年に発売されました。人気の高いスポーツカーを揃えていたMシリーズでモデル化されているので、実車人気が高かったことが伺えます。左ハンドルなので輸出仕様をモデル化しています。ポリトーイ流のかっこよく見えるデフォルメをせず素直にモデル化されていて、非常に良い出来ばえです。ボンネット/ドア/トランクが開閉するフルギミックとなっています。これ以外の当時物ミニカーとしてはディンキー(英)、コーギーのエステート、ノレブ、エリゴールなどがありました。最近の物ではディテールカー、ソリド、ミニチャンプス、バンガーズ、オックスフォードなどたくさんあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルーム画像とトランクを開いたリア/室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD CONSUL CORTINA MK I 1
FORD CONSUL CORTINA MK I 2

 コルチナには高性能なロータス コルチナがありました。コルチナをベースにしてレース用モデルの開発から生産までロータスが担当しました。ロータスがチューンした4気筒1.6L(106HP)DOHCエンジンを搭載し、最高速178km/hと高性能でした。ロータス コルチナはフォードの思惑どうりレースやラリーで活躍し、コルチナのスポーツイメージを高めました。ロータス コルチナは3年間で2800台ほどが生産されました。 以下は1967年に発売されたディンキー(英)製のコルチナ ラリー 1966年 (1/42 型番212)の画像です。ディンキー(英)は型番133でコルチナ MK Iをモデル化していますが、これはそのバリエーションで1966年の東アフリカ サファリ ラリーで8位入賞したコルチナ GTをモデル化しているようです。(なおコルチナ GTは1964年のサファリ ラリーで優勝していますが、それのモデル化ではないようです) フロントの補助灯、屋根のスポットライト、ブラックアウトしたボンネットなど当時のミニカーとしてはかなり大幅な変更でラリー車の雰囲気を出しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD CONSUL CORTINA MK I RALLY 1
FORD CONSUL CORTINA MK I RALLY 2

 以下は1966年に発売されたコーギー製の当時物のフォード コルチナ ワゴン (1/47 型番440)の画像です。オプション設定された木目調パネルの付いたスーパー エステートをモデル化しています。リアゲートが開閉し、コーギーお得意のフィギュア2体(ゴルファーととキャディの子供)とゴルフカートが付き、ちょっとしたジオラマ仕立ての楽しい物になっています。この木目パネルはプラスチック製のパーツで、ボディは木目パネルを挟むように2分割で成型されています。その為木目パネルは塗装で表現するよりもリアルな仕上がりとなっています。(ただその為に前フェンダー先端に少し隙間ができていますが)コーギーがここまで凝った作りをしたということは、実車の人気が高かったからでしょう。セダンはディンキーがモデル化していましたので、コーギーがエステートをモデル化したのは競合を避けたのでしょう。後にフィギュア無しの物も発売されました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD CONSUL CORTINA MK I WAGON 1
FORD CONSUL CORTINA MK I WAGON 2

 以下はリアゲートの開閉ギミックの動作画像と付属するフィギュアを配置した画像です。コーギーのミニカーに付いてくるフィギュアはおまけなのですが、いずれも綺麗に着色されていてそのフィギュアだけでも楽しめる物でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD CONSUL CORTINA MK WAGON I 3
FORD CONSUL CORTINA MK I WAGON 3

 以下は1986年に発売されたエリゴール製のコルチナ 1965年 (1/43 型番1102)の画像です。エリゴールのミニカーはノレブのプラスチック製ミニカーをベースにしているものが多いのですが、これもノレブの型番84をベースにしているようです。フランス仕様なので、左ハンドルで黄色のヘッドライトになっています。当時のミニカーとしては標準的な出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FORD CONSUL CORTINA MK I 1
FORD CONSUL CORTINA MK I 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=843

   

FORD ZEPHYR 6 MK III 1962 UK

FORD ZEPHYR 6 MK III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPOT-ON 270 1/42 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.55L 98HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゼファー 6 MK III イギリス 1962

 

 フォード UKの6気筒エンジンを搭載する高級車ゼファー/ゾディアック MK IIは1962年にモデルチェンジしてMK IIIとなりました。MK IIIから4気筒1.7L(68HP)エンジンを搭載するゼファー 4が追加され、この車はコンサル MK IIの後継車となりました。6気筒エンジンを搭載するゼファー 6は先代のMK IIの6気筒2.55Lエンジンを98HPまでパワーアップして、最高速は150km/hに向上していました。ボディは大型のフロントグリルやテールフィンなど、アメリカ車的なデザインを取り入れていました。

 

 ゼファーの上級車のゾディアック MK IIIもゼファー MK IIIとほぼ同じデザインでしたが、4灯式ヘッドライトを採用して外観を差別化し、全長を少しだけ長くしてCピラーにウィンドーが追加されていました。フォード UKの最上級車でしたので内装は豪華に仕立てられ、エンジンは109HPまでパワーアップされ最高速は160km/hでした。(実車画像→ ゾディアック MK III 1962) 1966年にゼファー/ゾディアック MK IIIは新型のV型6気筒エンジンを搭載したMK IVにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1964年に発売されたスポットオン製の当時物です。6気筒エンジンを搭載したゼファー 6 MK IIIをモデル化しています。イギリスのスポットオンはバスなどの大型車もすべて縮尺1/42で統一していたことで知られるミニカーブランドで、当時としてはレベルの高いミニカーを作っていました。このゼファーも特徴的なフロントグリルの造形がリアルで実車の雰囲気がうまく再現され、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえでした。スポットオンのミニカーにはドライバーのフィギュアが付いている物が多いのですが、これにも女性ドライバーと犬(プードル?)のフィギュアが付いています。当時のミニカーに付いてくるフィギュアは結構よく出来ていて楽しいおまけでした。これ以外のゼファー/ゾディアック MK IIIのミニカーはマッチボックスの当時物 ゼファー 6、オックスフォードのゼファー 6、バンガード(VANGUARDS)のゼファー 6、ネオ(レジン製)のゾディアック ワゴンなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD ZEPHYR (MK III) 6 1
FORD ZEPHYR (MK III) 6 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=845

   

 

LOTUS SUPER SEVEN S2 1962 UK

LOTUS SUPER SEVEN S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 27501 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.35m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 95HP 4段変速
性能: 最高速166km/h
データーベースでロータス (ケーターハム) セブンのミニカー検索

 

ロータス スーパー セブン S2 イギリス 1962

 

 1957年にロータス エリートと当時に登場したセブンは、レースカーのマーク VIをベースとした安価なスポーツカーでした。エンジンはフォード 100EやBMCのAタイプなどが選択できましたが、標準的な4気筒1.2L(40HP)エンジンを搭載したタイプで、最高速130km/hの性能でした。チューンしたエンジンを搭載した高性能版はスーパーセブンと呼ばれ、スーパーセブン シリーズ 1(S1)は4気筒1.1L(70HP)エンジン搭載で最高速167km/hの性能でした。

 

 当時イギリスでは自動車の物品税が高かったので、この車をキットで購入し自分で組み立てることで安価に済ませることが出来ました。また中古エンジンを流用することも可能で、財布の軽い若者の入門用の車として人気を呼びました。セブンはシリーズ 4(S4)まで発展しましたが、イギリスのキットカー優遇税制廃止やアメリカの安全基準の強化などで、1973年に生産中止となりました。 その後セブンの製造販売権と生産設備はロータスの代理店であったケーターハム社へ売却され、ケーターハムのブランドで現在も生産されています。またそれ以外にも、多くの国でセブンのレプリカが作られています。

 

 

 セブンは当時物のミニカーが無く、これは2003年に発売されたビテス製です。高性能版のスーパーセブンのモデル化で、テールライトの形状などから、シリーズ2をモデル化したようです。灯火類、樹脂製サイドパネル、ロールバー、室内などがリアルに再現されていて非常に良い出来ばえです。ボンネットを外すとエンジンも再現されています。これ以外のセブンのミニカーはミニチャンプス、イクソ、ソリド、スパーク(レジン製)、ノレブのケーターハム、京商のケーターハム 1/18、国産名車コレクションなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LOTUS SUPER SEVEN S2 1
LOTUS SUPER SEVEN S2 2

 以下は2015年に発売された国産名車コレクションのロータス セブン (1/43 No.244)の画像です。メーカーはイクソだと思います。あまり凝ったところはありませんが、雑誌付きミニカーとしては標準以上の出来ばえです。なおソリドのもの(型番S4400500)とホイール/室内などの造形が非常によく似ていますので、おそらく同じ型を使っていると思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS SUPER SEVEN 1
LOTUS SUPER SEVEN 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=865

   

BRM P57 F1 1962 UK

BRM P57 F1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R322 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 1.5L 190HP 6段自動変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでBRMのミニカー検索

 

BRM P57 F1 イギリス 1962

 

 BRMはBritish Racing Motorsの略で、ERAを退社したレイモンド メイズなどを中心に1945年に設立されました。ERAと同じくGPレースにイギリス製マシンで参戦する為、イギリスの自動車関連会社の協力を求めました。最初に開発されたタイプ 15(P30)はBRM製の極めて高出力/高回転のスーパーチャージャー付V型16気筒1.5L(500-600HP/12000rpm)エンジンを搭載していました。タイプ 15は1951年イギリスGPでデビューし5位となっていますが、それ以上の成績はあげていません。複雑なエンジンに問題が多かったようです。

 

 1952年からF2規格のGPレースとなり、タイプ 15は使えなくなりました。チームはアルフレッド オーウェン卿に買収され、新たに開発した4気筒2.5Lエンジンを搭載したタイプ 25(P25)が1955年に登場しました。P25のデビュー戦は1956年イギリスGPで、結果はリタイヤでした。その後P25は熟成されて徐々に競争力を上げ、1959年オランダGPで初優勝します。1960年にBRM初のミドシップ方式のP48が登場しますが、この車は信頼性に乏しく1勝もできませんでした。

 

 

 1961年にF1の排気量が1.5Lに変わり、BRMはエンジンの開発が間に合わずコベントリー クライマックス製エンジンを搭載したP48/57が登場します。P48/57は熟成不足で1勝もできませんでした。1962年に新開発したV型8気筒1.5Lエンジンを搭載したP57(P578)が登場します。P57のデビュー戦は1962年オランダGPでG.ヒルのドライブで優勝しています。このシーズンにG.ヒルは4勝してチャンピオンドライバーとなり、BRMは初のコンストラクターズ チャンピオンを獲得しました。

 その後P57はP26/P261に発展し、BRMは1965年までライバルのロータスと競いあうトップチームとして活躍しました。1966年からF1の排気量が3Lとなり、BRMはP83用として水平対向8気筒エンジンを2段重ねしたH型16気筒3Lエンジンを開発しますが、このエンジンは失敗作で成績が低迷します。1968年にV型12気筒3Lエンジンを開発し1970年代前半には勢いを盛り返しますが、1977年にF1から撤退しました。なおBRM製エンジンはロータス、クーパー、マクラーレンなどに供給されていました。

 ミニカーはブルム製で、2001年頃に発売されました。1962年オランダGPのでデビュー戦優勝車(ドライバー G.ヒル)をモデル化しています。特徴的な排気菅などのエンジン部分もそこそこに再現され、良い出来ばえです。エンジン部分が異なるバリエーションもあります。当時物ミニカーではコーギーとポリトーイ(プラスチック製)がP25をモデル化しており、P57はソリド、ディンキー、マッチボックス、ポリトーイ(プラスチック製)がモデル化しています。当時のBRM F1の人気がうかがえます。最近のものでは、スパークがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1756

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  ...18 次へ » 

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.