ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA ROMEO GIULIA SS 1963 ITALY

ALFA ROMEO GIULIA SS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 506 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 112HP 5段変速
性能: 最高速200km/h
データーベースでアルファ ロメオ ジュリエッタ/ジュリア SSのミニカー検索

 

アルファ ロメオ ジュリア SS イタリア 1963

 

 ジュリエッタ シリーズの高性能版として、SZ(スプリント ザガート)とSS(スプリント スペチアーレ)がありました。SZはスプリントのレース仕様、SSはスプリントの特別仕様の2シータークーペで1960年に追加されました。ベルトーネがデザインした、古典的な美しさと優れた空力特性を持つ流線形ボディが特徴でした。エンジンはSZと同じDOHC4気筒1.3L(100HP)で、軽量で空力に優れたボディのせいもあって、最高速は200km/hでした。

 

 1962年にジュリエッタがジュリアにモデルチェンジし、1963年にジュリエッタ SSはボディはそのままでジュリアの1.6Lエンジンを112HPにパワーアップして搭載し、名前がジュリア SSに変わりました。(内装は豪華に変更されたようです) ジュリア シリーズでは、TZの次に高価なモデルで、1966年まで生産されました。ジュリエッタ SSとジュリア SSはどちらも約1400台が生産されました。

 

 

 ミニカーはジュリア SSをモデル化したポリトーイの当時物で、1965年に発売されました。フェンダーの膨らみ具合などがポリトーイ流でややオーバーにデフォルメされていますが、美しい曲面で構成されたボディスタイルを良く再現しています。スケールモデル的な観点では少しやりすぎのデフォルメですが、このポリトーイ流のセンスが好きなので、このジュリア SSはポリトーイのMシリーズの中で一番好きなモデルです。(もう1台 金色の色違いも持ってます) 当時物ミニカーは同じポリトーイのペニー(1/66)とポリトーイをコピーしたスペインのジョアル(JOAL)の物しかありません。最近の物では、M4、テクノモデル(1/18 レジン製)、ルックスマート(レジン製)などがあります。 以下はポリトーイのジュリア SSのフロント/リアの拡大画像とトランク開閉の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO GIULIA SS 1
ALFA ROMEO GIULIA SS 2

 以下はドア開閉ギミック/室内とボンネット開閉ギミック/エンジンの画像です。室内のシートはシートバックが可動します。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO GIULIA SS 3
ALFA ROMEO GIULIA SS 4

 以下は1973年頃に発売されたジョアルのジュリア SS(型番112)の画像です。ジョアルは当時のディンキー、コーギー、ポリトーイなどをコピーしたミニカーを発売していました。これはポリトーイの完全なコピーで、違っているところは底板(自社の表記に変更)、塗装、ホイール、室内のシート(シートバックの可動省略)ぐらいです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO GIULIA SS 5
ALFA ROMEO GIULIA SS 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=700

   

ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 1965 ITALY

ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 532 1/43 87㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.67m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 106HP 5段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでアルファ ロメオ 1750のミニカー検索

 

アルファ ロメオ グラン スポルト クアットロルオーテ ザガート イタリア 1965

 

 この車はクラシックカーのように見えますが、戦前の名車6C 1750を模して1965年に作られたレプリカです。イタリアの自動車雑誌「QUATTRORUOTE」(クアットロルオーテ)誌が提案したプロジェクトで、アルファ ロメオがジュリア TIのシャーシを提供し、オリジナルの6C 1750と同じザガートがボディを担当して約100台が限定生産されました。レプリカですので見た目は6C 1750に似せていますが、近代的なタイヤとハンドルの位置(6C 1750は右ハンドル)から戦前の6Cとは別物であることが分かります。 、

 

 ボディはアルミニウム パネルを使い、ザガートが伝統的な方法で架装しています。またブレーキはジュリア TIのディスクブレーキをあえてドラム ブレーキに変えています。ただエンジンは6気筒ではなくジュリア TI用の4気筒1.6L(106HP)エンジンを搭載し、車重は750kg、5段変速機で155km/hの性能でした。この動力性能はオリジナルの6C 1750 GS(グラン スポルト)と同じような性能になってます。

 

 

 ミニカーはポリトーイ製で、1967年に発売されました。ポリトーイが当時の技術力の全てを注ぎ込んで作った、ギミック満載の傑作ミニカーです。ドア、ボンネットが開閉可で、ボンネット内には精密に再現されたエンジンが収まっています。ポリトーイは足回りのメカを再現するのも特徴ですが、このグラン スポルト ザガートでは実車に即した構造のコイルスプリングで吊ったリアサスペンションと、実車と同じ構造のラック & ピニオン方式で可動する前輪操舵を再現しています。このラック & ピニオン方式の前輪操舵ギミックは現在の1/18クラスのミニカーでもほとんど採用していない構造で、実に凝っています。ミニカーコレクターなら是非オークション等で入手してその素晴らしさを実感してもらいたいミニカーです。なおグラン スポルト ザガートのミニカーはこのポリトーイの物しかありません。 以下はフロント/リアの拡大画像と付属品の幌を取り付けた状態の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 1
ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 2

 以下はボンネットを開くギミックの画像と、ドア開閉/ウインドスクリーンを倒すギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 3
ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 4

 以下は前輪操舵ギミックの画像とリアサスペンション部分の拡大画像です。ハンドルの付いたステアリング シャフト先端のピニオンギヤで前輪操舵ロッドのラックを駆動します。(ハンドルを回すと前輪が操舵されます) 後輪はコイル スプリングでリア車軸を吊った構造で、デフやロッドも実車に準じています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 5
ALFA ROMEO GRAND SPORT QUATTRORUOTE ZAGATO 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=701

   

 

ALFA ROMEO 1750 BERLINA 1967 ITALY

ALFA ROMEO 1750 BERLINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
cover 510967 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.39m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1779cc 122HP 5段変速
性能: 最高速176km/h
データーベースでアルファ ロメオ 1750/2000のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 1750 ベルリーナ イタリア 1967

 

 上級車2600 シリーズの後継として、1967年に1750 ベルリーナが登場しました。ジュリアのホイールベースを延長して室内を拡大し、排気量を1779cc(122HP)に拡大したエンジンを搭載、最高速176km/hの性能でした。 1779ccなのに1750というのは戦前の名車6C 1750に因んだ名前です。ボディはジュリアをシンプルにしたようなスタイルで、ベルトーネのデザインだそうです。

 

 なお1750 シリーズには2ドアクーペのGTV、2シーター オープン仕様のスパイダーもありましたが、それらはジュリア シリーズのボディを流用していました。1971年にはエンジンを2L(132HP)に拡大した2000 ベルリーナに発展し、アルファ ロメオの最上級車として1977年まで生産されました。アルフェッタの内外装を豪華にし2Lエンジンを搭載した高級版のアルフェッタ 2000が1977年に登場し、この車が2000 ベルリーナの後継車となりました。2000 ベルリーナはの総生産台数は約9万台でした。

 

 

 ミニカーは2009年頃に発売されたスターライン製です。スターラインはドイツのメーカーですが、1960-1970年代のアルファ ロメオやフィアットなどのイタリア車もたくさんモデル化しています。プロポーションは良いのですが、肝心のフロントグリルの顔つきがいまひとつという感じがします。ただ1750 ベルリーナは当時物のミニカーがなく、今でもこれぐらいしかミニカーがないので、車種的には貴重なミニカーです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO 1750 1
ALFA ROMEO 1750 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=702

   

ALFA ROMEO JUNIOR Z (ZAGATO) 1969 ITALY

ALFA ROMEO JUNIOR Z (ZAGATO) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 183 1/43 89mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.3L 103HP 5段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでアルファ ロメオ ジュニア Zのミニカー検索

 

アルファ ロメオ ジュニア Z (ザガート) イタリア 1969

 

  ジュニアはジュリアに1.3Lエンジンを搭載したモデルですが、そのスペシャルモデルとして1969年にジュニア Z (ザガート)が登場しました。ザガートのデザインによる従来のSZTZはアルミ製の軽量ボディを持つレース用のスペシャルモデルでしたが、このジュニア ザガートは実用的な2シーター スポーツカーとして設計され、ボディはスチール製でした。

 

 ウエッジシェイプを基調にしたボディ、4灯式ライトを透明カバーで覆ったユニークなフロントグリルなど、先進的で魅力的なスタイルで人気を集めました。リアのハッチバックはベンチレーション用に電動モーターで僅かに開ける機能がありました。DOHC 4気筒1.3L(103HP)エンジンを搭載し、最高速175km/hの性能でした。1972年にはエンジンを1.6L(109HP)に拡大し、1600 ジュニア Z (ザガート)となりました。1975年まで生産され、総生産台数は約1500台(1600が約400台)と少数でした。(多分高価な車だったのでしょう)

 

 

  ミニカーはソリドの当時物で、1971年に発売されました。特徴的なフロントグリルが非常にリアルに再現されていて、当時さすがはソリドと感心したものでした。昔のミニカーに多いダイヤカットのガラスを使ったヘッドライトが妙にリアルに見えて、これは現在でも通用する出来ばえだと思います。これ以外の当時物としてはメーベトイがありましたが、そちらはフロントグリルのカバーを再現していないのでやや見劣りします。 最近のものでは、ミニチャンプス、京商の1/64、スパーク(レジン製)などがあります。 以下はソリドのジュニア Zのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。室内ではセンターパネルから水平に突き出たシフトレバーが再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO JUNIOR ZAGATO 1
ALFA ROMEO JUNIOR ZAGATO 2

 以下は1971年に発売されたメーベトイのジュニア Z(型番A46)の画像です。特徴的なフロントのカバーを再現していないのでその部分は見劣りしますが、ボンネットが開くギミックや室内の造形はソリドより凝ってます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO JUNIOR ZAGATO 3
ALFA ROMEO JUNIOR ZAGATO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=703

   

 

ALFA ROMEO MONTREAL 1970 ITALY

ALFA ROMEO MONTREAL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS S6 1/25 177㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.22m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 2.6L 200HP 5段変速
性能: 最高速220km/h
データーベースでアルファ ロメオ モントリオールのミニカー検索

 

アルファ ロメオ モントリオール イタリア 1970

 

 1970年に登場したモントリオールはフェラーリのような本格派の高級スポーツカーでした。1967年モントリオール万国博覧会にショーカーとして出展されたことがモントリオールという名前の由来です。デザインはベルトーネで、1964年に発表されたショーカーのカングーロがベースとなっています。リアクオーターパネルのエアーベントとまつ毛(スリット付のカバー)の付いたヘッドライトがデザイン上の特徴です。ヘッドライトを点灯するとまつ毛部分は手前に一回転してヘッドライトの下に格納されるようになっています。(→ライト点灯動画)

 

 2000GTをベースにして、レーシングカーのティーポ 33用のV型8気筒2.6Lエンジンを200HPにデチューンしてフロントに搭載し、最高速220km/hとスーパーカー並みの性能でした。ただしお値段も当時の価格で770万円とスーパーだったので、1977年までの7年間で約4000台ほどしか生産されていません。

 

 

 ミニカーはポリトーイ製の当時物で、1973年発売、1/25で大スケールモデルの先駆けとなったミニカーでした。1/25のSシリーズは最初の数種類はかなり良い出来ばえでしたが、その後だんだん単に大きいだけの低レベルなミニカーになっていきました。なおモントリオールは他にもメーベトイ、マーキュリー、ノレブなど当時物のミニカーが有りますが、ミニカー全体のレベルが落ちていった時期だったのであまり良い物がありません。サイズが大きいので当たり前かもしれませんが、当時物ではこれが一番出来が良いと思います。 以下はポリトーイのモントリオールのフロント/リアの拡大画像とエンジン/室内部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO MONTREAL 1
ALFA ROMEO MONTREAL 2

 以下は1971年に発売されたマーキュリーのモントリオール(型番304)の画像です。マーキュリーらしいややオーバーなデフォルメですが、個人的には好きな作風です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO MONTREAL 3
ALFA ROMEO MONTREAL 4

 以下は1972年に発売されたノレブのモントリオール(型番816)の画像です。廉価版的なJETCARシリーズのミニカーですが、プロポーションなどの基本的なところはちゃんと押さえてあります。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO MONTREAL 5
ALFA ROMEO MONTREAL 6

 以下は2015年に発売された国産名車コレクションのモントリオール(No.240)の画像です。サイドビューをみるとノーズの尖り方が一番少ないことがわかります。(スケールモデル的な観点では、このノーズが一番リアルなようですが、ミニカー的にはやや物足らない感じがします) またヘッドライトのカバーは結構リアルですが、立て付けが悪いので左右で開き方が違っています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO MONTREAL 7
ALFA ROMEO MONTREAL 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=704

   

ALFA ROMEO ALFETTA 1972 ITALY

ALFA ROMEO ALFETTA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EDISON GIOCATTOLI 804521 1/43 102㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 122HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでアルファ ロメオ アルフェッタのミニカー検索

 

アルファ ロメオ アルフェッタ イタリア 1972

 

 1750の後継車アルフェッタが1972年に登場しました。アルフェッタという名前は1950年代のGPカー 159に付けられた愛称で、その159は変速機を後輪デフ直前に配置するトランス アクスル方式(前後重量配分が良くバネ下重量が軽い)を採用していて、同じ方式を採用したことからアルフェッタという名前が付けられたそうです。その甲斐あってアルフェッタは50:50の前後重量配分で、優れた操縦性と良好な乗り心地を実現していました。自社でデザインしたボディスタイルも、なかなか魅力的です。1.8L(122HP)エンジンを搭載し、最高速180km/hの性能でした。

 

 1974年に2ドアクーペのGTが追加されました。1975年に丸形2灯式ヘッドライトで1.6Lエンジンの廉価版1.6、1977年に角形2灯式ヘッドライトで内外装を豪華にして2Lエンジンを搭載した高級版の2000、1979年に2Lターボ ディーゼル エンジンを搭載したターボ Dが追加されました。アルフェッタは基本設計は素晴らしかったのですが、当時のイタリアの製造品質の問題、ボディ鋼板の錆、シャフトの振動などの不具合があって商業的には失敗したようです。1984年に内外装を変更した後継車の90にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはイタリアのエジソン製で、2010年頃に入手しました。エジソンはモデルガンのメーカーのようですが、1/43のダイキャスト製ミニカーも手掛けています。(どこかのOEM品かもしれませんが) このアルフェッタは直線的なスタイル(BMWに似てます)や端正なフロントマスクが良く再現され、かなり良い出来ばえです。当時物ミニカーとしてはポリトーイ、メーベトイ、ブラーゴの1/24がありました。最近のものではミニチャンプス、ノレブ、ネオ(レジン製)などがあります。 以下はエジソンのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ALFA ROMEO ALFETTA 1
ALFA ROMEO ALFETTA 2

 以下は1974年に発売されたメーベトイのアルフェッタ(型番A76)の画像です。スピード ホイールの安っぽいタイヤと車高が高いのがいまいちですが、実車の雰囲気の再現はまずまずです。コストを下げる為、バンパーとヘッドライトとグリルを一体化するという大胆なパーツ削減をしています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ALFA ROMEO ALFETTA 3
ALFA ROMEO ALFETTA 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=705

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »