ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CORD 812 1936 USA

CORD 812 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT PN92M 1/24 212㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.7L 170HP 4段変速
性能: 最高速177km/h
データーベースでオーバン/コード/デューセンバーグのミニカー検索

 

コード 812 アメリカ 1936

 

 インディアナ州オーバンの馬車製造会社が1900年にオーバーン自動車を設立し自動車製造を始めました。1920年頃まで平凡ながら信頼性の高い車を生産していましたが、第一次大戦の物資不足の影響で工場が閉鎖されました。自動車ディーラーの優秀な販売員だったエレット ローバン コード(Errett Lobban Cord)はこの会社を1926年に再建し、その後の3年間でオーバン、コード、デューセンバーグの3つの自動車メーカーと航空機会社などを傘下に持つ一大企業連合体「コード帝国」を作り上げました。

 

 コードは創業者が自分の名前を付けた車でオーバンと高級車デューセンバーグの間をうめる車でした。1929年にコード L29が登場しましたが、販売は芳しくなく営業的には失敗作でした。このL29の失敗がコード帝国の崩壊の始まりで、この危機を救うべく1935年に登場したのがコード 810でした。L29と同じエンジンを搭載する前輪駆動車ながら、既存車とは全く違うフロントグリル、フェンダー埋込み式ヘッドライトなど斬新なデザインで、発表されるや大評判となりました。1937年にスーパーチャージャーを追加して170HPにパワーアップした高性能版812が追加され、812はボンネット横から排気管が出ているのが特徴でした。810/812は前輪駆動機構などに不具合が発生し、あまり売れませんでした。1937年に生産中止となり、総生産台数は約3000台でした。創業者のコードは自動車に対する情熱がなくなったのか? 1937年にコード社を航空機製造会社に売却してしまいコード社は消えました。

 

 

 ミニカーは1990年頃に通信販売で発売されていたフランクリン ミント製です。縮尺高性能版の812をモデル化しています。フランクリン ミント製のミニカーは現在のオートアートなどの大スケールミニカーの先駆けで、シャーシ/エンジン/サスペンションなどのメカ部分が金属製パーツで再現されドアやボンネットなどが可動する、当時としては最も精密なミニカーでした。この812の当時の価格は25000円とかなり高価でしたが、その価格に見合った素晴らしい出来ばえになっています。プロポーションが良く実車がリアルに再現されている上に、ボンネット/ドア/トランクの開閉ギミック付で、エンジンや床下部分のサスペンションなどもリアルに再現されています。前輪は操舵可能でステアリングホイールと連動しています。なおここまでやるならリトラクタブルヘッドライトも開閉可能にして欲しかったところです。これ以外の810/812のミニカーはドゥグーのビンテージ物、ヤトミンのシグネチャーシリーズの1/32と1/18(リトラクタブルヘッドライト可動)、マッチボックスの1/48、イクソなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CORD 812 1
CORD 812 2

 以下はドア開閉/室内の画像と床下部分/前輪操舵ギミックの画像です。前輪操舵のメカ部分は少し変わった構造ですが、これは実車に即した構造のようです。室内のメーターパネルの造形も実車に即したかなりリアルなものになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD 812 3
CORD 812 4

 以下は2006年頃に発売されたヤトミン製のシグネチャーシリーズのコード 812 (1/32 型番32112)の画像です。シグネチャーシリーズの1/32は1920-1950年代の代表的なアメリカ車をモデル化していました。縮尺が1/32と中途半端なのですが、1/43より大き目のサイズを生かして結構細かいところまで再現されていました。定価は約3000円ぐらいでしたから、大きさの割には安価なミニカーでもありました。この812もプロポーションが良く結構良く出来きています。ボンネット/ドアの開閉ギミック付で、全輪も操舵できます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD 812 5
CORD 812 6

 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームとリア/室内の画像です。エンジンも結構リアルに再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD 812 7
CORD 812 8

 以下は1970年代に発売されたドゥグー製のコード 812 (1/43 型番20)の画像です。1970年代のミニカーとしてはかなり良い出来ばえで、2000年以前では1/43サイズの812のミニカーとしてはこれがベストでした。ボンネットを外すとエンジンがそこそこリアルに再現されています。幌を閉じたバリエーションもありました。ただドゥグー製ミニカーの弱点である経年劣化でホイールが溶ける問題がこの個体でも発生しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD 812 9
CORD 812 10

 以下は1979年に発売されたマッチボックス製のYシリーズ コード 812 (1/48 型番Y18)の画像です。マッチボックス製のYシリーズは歴史的に有名なクラシックカーを揃えていますが、細部の造形を簡略化することで安価に仕上げていました。(縮尺が統一されていないのは好ましくないのですが) この812も縮尺1/48と中途半端ですが、実車の雰囲気がうまく再現されています。当時の値段は1200円と安価でしたが、1970年代のミニカーとしては悪くない出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CORD 812 11
CORD 812 12

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=321

   

FORD V8 SEDAN (MODEL 48) 1936 USA

FORD V8 SEDAN (MODEL 48) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WHITE BOX WB52 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.6m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.6L 85HP 3段変速
性能: 最高速130km/h?
データーベースでフォード V8のミニカー検索

 

フォード V8 セダン (モデル 48) アメリカ 1936

 

 1932年に登場したV8は1935年に大幅な変更を受けます。前方に張り出したフロントグリルや丸みのついたキャビンなどボディは全体的にモダンになりました。またトランクがリアに組み込まれたのも目新しい点です。(トランク無し仕様もあった) ボディ形式はロードスター、クーペ、2/4ドア セダン、セダンのコンバーチブル、ウッディ ワゴン、ピックアップトラックとほぼなんでもありました。アメリカでは1920年代にラジオ放送が始まっていて、この車には車載ラジオがオプション設定されていたということです。

 

 ミニカーはイクソの廉価版ブランドのWHITE BOXで、このブランドでは雑誌についているミニカーと同じレベルの物を出しています。このフォード V8は「世界のタクシー」というミニカー付雑誌用だったものを流用していると思います。廉価版といっても仕上げが簡素化されているだけで、プロポーションなど基本的なところは良くできています。この時代のフォード セダンのミニカーはたぶんこれぐらいしかないので、その点で貴重なミニカーです。なおミニカーの台座には1937年式と明記されていますが、1937年式はフロントのデザインが変更されているので、1936年式としました。(アメリカ車の年式は年度制なので解釈しだいですが)

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1627

   

 

CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 1936 USA

CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS033 1/43 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.25m
エンジン 変速機: 8気筒 4.9/5.3L 122/130HP 3段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでクライスラー エアフローのミニカー検索

 

クライスラー エアフロー ツーリング セダン アメリカ 1936

 

 クライスラーの革新的な車エアフローは1934年に登場しました。エアフロー(Airflow:空気の流れ)という名前が示すように、実用車の外形デザインに空力的な処理を本格的に取り入れた画期的な車でした。直立したラジエータと独立したヘッドライトが一般的であった時代に、曲線で構成された滑らかなボディとボディと一体化したヘッドライトを持つこの車は当時としては極めて先進的なデザインでした。4ドアセダンと2ドアクーペの2タイプがあり、当時のフルサイズの大型車では一般的であった8気筒5.3L(130HP)/4.9L(122HP)エンジンを搭載し、最高速は145km/hの性能でした。

 

 このデザインは一般ユーザーには奇異なデザインだと受け取られ、また新しい構造のボディに製造不良の問題があり販売は芳しくありませんでした。その為1935年にはフロントグリルのデザインを変更しています。1936年にリアにトランクが追加され、1937年にもフロントのデザインを変えていますが、販売不振は解消されず、1937年に生産中止となりました。鋼鉄製流線形ボディによる車体構造は技術的には優れていて他社に多大な影響を与えた車でしたが、一般ユーザーには理解されずエアフローは商業的には失敗作でした。(この手の先進的な車によくあるパターンなのですが)

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2011年に発売されました。リアにトランクのある1936年式をモデル化しています。プロポーションが良く、フロントグリルとヘッドライト、Aピラーについたミラー、室内などがリアルに再現されていて良い出来ばえです。ただサイドビューを見ると、窓の開口部が少し大きめに感じる点と、大きすぎるワイパーが作動状態のように垂れ下がっている点がいまひとつです。なおこのミニカーはもともとはフランスのミニカー付雑誌「Voitures Francaises d'Autrefois」用に作られた物でした。このイクソのカタログモデルではクロームメッキ調塗装処理の追加などで仕上げレベルを上げて、雑誌付ミニカーとは差別化しています。 エアフローは有名な車ですが、このイクソ製がでるまで1/43量産ミニカーではモデル化されていませんでした。(ディンキーの戦前モデルがありますが、さすがに古すぎます) よく見かけるのはシグネチャーの1/32で、あとはブルックリン(BROOKLIN)とレックストイ(REXTOY)ぐらいでした。 以下はイクソのエアフローのフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 1
CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 2

 以下は1985年に購入したブルックリンのエアフロー(型番BRK7)の画像です。フロントグリルの形状から発売当初の1934年式をモデル化しています。ホワイトメタル製でずっしりと重いです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 3
CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 4

 以下は1990年に購入したレックストイのエアフロー(型番21)の画像です。こちらはフロントグリルを変更した1935年式をモデル化しています。ブルックリンと比べるとキャビンの前後長が短いので、ホイールベースの短いタイプをモデル化しているようです。これもホワイトメタル製でずっしりと重いです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 5
CHRYSLER AIRFLOW TOURING SEDAN 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=338

   

PACKARD SUPER EIGHT CONVERTIBLE 1937 USA

PACKARD SUPER EIGHT CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4037 1/43 140mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6m
エンジン 変速機: 8気筒 4.6L 120HP 3段変速
性能: 最高速136km/h
データーベースでパッカードのミニカー検索

 

パッカード スーパー エイト コンバーチブル アメリカ 1937

 

 パッカードは航空用エンジンの生産でも有名で、第一次大戦中はV型12気筒航空機エンジンを量産しました。第一次大戦後の1924年に8気筒5.9L(84HP)エンジンを搭載するシングル エイトを発表し、この車はツイン シックスの後継車として成功し、生産台数でキャディラックを追い抜きアメリカの高級車No.1の地位をかためました。1930年代になると、世界大恐慌によって高級車の販売が低下しパッカードは販路拡大の為、中級車市場に進出します。1932年に6気筒エンジンを搭載した廉価版のライト シックスを発表しますが、これは評判が悪くすぐに8気筒エンジンに戻しました。

 

 1935年にはシングル エイトの後継車として新型8気筒エンジン(4.6L 120HP)を搭載したスーパー エイトが登場します。スーパー エイトはホイールベースが120インチであったことから、120とも呼ばれます。スーパー エイトは前輪独立懸架で4輪油圧ブレーキが装備され、パッカードとしては破格の低価格でした。あこがれのパッカードが安く買えるということで、スーパー エイトは大ヒットしました。1937年にはさらに低価格の6気筒エンジン搭載の110/115を発売しました。この年にパッカードは同社の年間最高生産台数(約11万台)を記録しました。この中級車シリーズは一時的にパッカードの業績を上げましたが、パッカードのブランドイメージを下げることになりました。

 

 

 ミニカーはソリド製で、1983年に発売されました。コーチビルダー ディートリッヒが架装したスーパー エイトのコンバーチブル ビクトリアと呼ばれた車をモデル化しているようです。この車はアメリカ式の大柄なオープンボディの2ドアコンバーチブルで、やや大きめの幌が付きリアバンパー上に大きなトランクを載せています。当時のソリドのクラシックカーはクラシックカーを専門としていたリオほど凝った作り方をしていませんが、当時のクラシックカーのミニカーとしては値段相応で文句のない出来ばえでした。このスーパー エイトもフロントグリルの雰囲気や室内などがきちんと再現され良い出来ばえです。ソリドはバリエーションで幌を開いたタイプ(型番4099)と後述するセダン(型番4047)もモデル化しています。なおフロントグリル上の鳥のマスコットは、パッカード家の紋章に使われていたペリカンをイメージしたものとのことです。 以下はフロント/リアの拡大画像とフロントグリル/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PACKARD SUPER EIGHT 1
PACKARD SUPER EIGHT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=310

   

PACKARD SUPER EIGHT SEDAN 1937 USA

PACKARD SUPER EIGHT SEDAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4047 1/43 132mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m
エンジン 変速機: 8気筒 4.6L 120HP 3段変速
性能: 最高速136km/h
データーベースでパッカードのミニカー検索

 

パッカード スーパー エイト セダン アメリカ 1937

 

 パッカードは航空用エンジンの生産でも有名で、第一次大戦中はV型12気筒航空機エンジンを量産しました。第一次大戦後の1924年に8気筒5.9L(84HP)エンジンを搭載するシングル エイトを発表し、この車はツイン シックスの後継車として成功し、生産台数でキャディラックを追い抜きアメリカの高級車No.1の地位をかためました。1930年代になると、世界大恐慌によって高級車の販売が低下しパッカードは販路拡大の為、中級車市場に進出します。1932年に6気筒エンジンを搭載した廉価版のライト シックスを発表しますが、これは評判が悪くすぐに8気筒エンジンに戻しました。

 

 1935年にはシングル エイトの後継車として新型8気筒エンジン(4.6L 120HP)を搭載したスーパー エイトが登場します。スーパー エイトはホイールベースが120インチであったことから、120とも呼びます。スーパー エイトは前輪独立懸架で4輪油圧ブレーキが装備され、パッカードとしては破格の低価格でした。あこがれのパッカードがお安く買えるということで、スーパー エイトは大ヒットしました。1937年にはさらに低価格の6気筒エンジン搭載の110/115を発売しました。この年にパッカードは同社の年間最高生産台数(約11万台)を記録しています。中級車シリーズは一時的にパッカードの業績を上げましたが、パッカードのブランドイメージを下げることになりました。

 

 

 ミニカーはソリド製で、1986年に発売されました。コーチビルダー は不明ですが、リアにトランクの付いているフォーマルな4ドアセダンをモデル化しています。当時のソリドのクラシックカーはクラシックカーを専門としていたリオほど凝った作り方をしていませんが、当時のクラシックカーのミニカーとしては値段相応で文句のない出来ばえでした。このスーパー エイトも全体的な雰囲気や室内などがきちんと再現されていて良い出来ばえです。なおフロントグリル全体がメッキされていますが、実車ではスリット部分以外はボディ同色となっているのがほとんどなので、その点は値段相応とはいえやや残念です。ソリドはバリエーションで前述したコンバーチブル(型番4037)もモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PACKARD SUPER EIGHT 1
PACKARD SUPER EIGHT 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=311

   

 

GM CHEVROLET COUPE 1937 USA

GM CHEVROLET COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BROOKLIN 4 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.4m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 3.5L 85HP 3段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースで戦前のシボレーのミニカー検索

 

GM シボレー クーペ アメリカ 1937

 

 馬車製造会社を経営していたウイリアム C デュラントは1908年にGM(ジェネラル モータース)社を設立しました。GM社はキャディラックオールズモービルなどを買収して拡大していきました。財務の悪化で経営権を剥奪されたデュラントは1911年にシボレー社を設立し低価格の大衆車を開発しました。最初のシボレーは6気筒4.8Lエンジンを搭載したクラシック シックスで、安価ながら高性能だったので成功しました。シボレーの成功でデュラントはGMの経営者として復帰し、1916年にシボレーはGMの大衆車ブランドとなりました。

 

 1915年にシボレーはフォード T型に対向してモデル 490(4気筒2.8Lエンジン搭載)を発表し名前どおりの490ドル(T型と同じ値段)で販売し、フォード Tのシャアを奪い始めました。1923年にフォード T型より少し良い品質のシューペリア(SUPERIOR 4気筒2.8Lエンジン搭載)を発売しヒットさせ、1931年にはフォード A型を抜いてベストセラーカーとなりました。さらに4気筒エンジン搭載のフォード A型に対して6気筒エンジンを搭載したACシリーズを1929年に発売し、その頃には販売台数でフォードを上回るようになっていました。

 

 

 ミニカーはこの時代のアメリカ車を多くモデル化しているイギリスのブルックリン製です。ブルックリンのミニカーはホワイトメタル製でハンドメイドの少量生産品です。少量生産なのでほとんどのパーツが金属製で、手に持つとずっしりと重く存在感があります。これは1937年に登場したシボレーの上級グレードのマスター デラックス クーペをモデル化しているようです。当時の流行りであった流線型ボディを再現していますが、横から見ると窓がずいぶん小さく感じます。プロポーション的には実車のイメージを強調するやや大げさなデフォルメがされているようです。この時代のシボレー乗用車のミニカーはフランクリン ミントやダンバリー ミントの1/24がありますが、それ以外はあまりミニカーになっていませんので、その点で貴重なミニカーだと思います。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CHEVROLET COUPE 1
GM CHEVROLET COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=319

   

GM CADILLAC V16 COUPE DE VILLE 1938 USA

GM CADILLAC V16 COUPE DE VILLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REXTOY 2 1/43 134㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型16気筒 7L 185HP 3段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでキャディラック 戦前のミニカー検索

 

GM キャディラック V16 クーペ デビル アメリカ 1938

 

 1930年代中頃ののキャディラックのラインナップは50、60、70、75、80、85、90といった7シリーズ構成でした。50/60シリーズにはV型8気筒4.1L/5.3L/5.7L、70/75シリーズにはV型8気筒/5.3L/5.7L、80/85/90シリーズにはV型12気筒6L/V型16気筒7.4Lなどのエンジンが搭載されました。それぞれのシリーズにはリムジーン/セダン/クーペ/カブリオレなど様々なボディ形式が用意され、この車種構成で年間に約3万台弱を販売していました。一番売れたのはV型8気筒エンジン搭載の60シリーズだったようです。当時ライバルであったパッカードは約10万台を販売しており、この頃はまだ販売台数で負けていました。

 

 1938年にモデルチェンジしたキャディラックは次の1940年代への先駆けとなる斬新なデザインとなりました。当時流行した流線型を取り入れつつ、リアフェンダーやトランクの形状が近代的な3ボックス スタイルに変わろうとしていました。1938年式にはサイドバルブ式を採用した新しいV型16気筒エンジンが登場しました。このエンジンはVバンク角を従来のOHV方式90°から135°に広げ、従来の半分の部品で構成されていました。排気量は7Lと少し小さくなりましたが、185HPに性能は向上していました。このエンジンは高さが低くなったので、ボンネットを下げたボディデザインが可能となり重心が下がったことで操縦性が良くなりました。このエンジン搭載車は1940年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはこの時代のアメリカ車を多くモデル化しているフランスのレックストイ製で、1987年に発売されました。V型16気筒エンジンを搭載した最上級の90シリーズ クーペ デビルをモデル化しています。クーペ デビルとは運転席(前席)の屋根だけがオープンになっているフォーマルな用途に使われるセダンのことです。レックストイはホワイトメタル製で、グリルやバンパーなどが金属製パーツで構成された重厚な出来ばえです。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン部分/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC V16 COUPE DE VILLE 1
GM CADILLAC V16 COUPE DE VILLE 2

 以下は同じレックストイのバリエーションで、セダン(型番4)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC V16 COUPE DE VILLE 3
GM CADILLAC V16 COUPE DE VILLE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=317

   

GM CADILLAC V16 COUPE 2-DOOR 1938 USA

GM CADILLAC V16 COUPE 2-DOOR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
REXTOY 1 1/43 134㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.8m
エンジン 変速機: V型16気筒 7L 185HP 3段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでキャディラック 戦前のミニカー検索

 

GM キャディラック V16 クーペ 2ドア アメリカ 1938

 

 1930年代中頃ののキャディラックのラインナップは50、60、70、75、80、85、90といった7シリーズ構成でした。50/60シリーズにはV型8気筒4.1L/5.3L/5.7L、70/75シリーズにはV型8気筒/5.3L/5.7L、80/85/90シリーズにはV型12気筒6L/V型16気筒7.4Lなどのエンジンが搭載されました。それぞれのシリーズにはリムジーン/セダン/クーペ/カブリオレなど様々なボディ形式が用意され、この車種構成で年間に約3万台弱を販売していました。一番売れたのはV型8気筒エンジン搭載の60シリーズだったようです。当時ライバルであったパッカードは約10万台を販売しており、この頃はまだ販売台数で負けていました。

 

 1938年にモデルチェンジしたキャディラックは次の1940年代への先駆けとなる斬新なデザインとなりました。当時流行した流線型を取り入れつつ、リアフェンダーやトランクの形状が近代的な3ボックス スタイルに変わろうとしていました。1938年式にはサイドバルブ式を採用した新しいV型16気筒エンジンが登場しました。このエンジンはVバンク角を従来のOHV方式90°から135°に広げ、従来の半分の部品で構成されていました。排気量は7Lと少し小さくなりましたが、185HPに性能は向上していました。このエンジンは高さが低くなったので、ボンネットを下げたボディデザインが可能となり重心が下がったことで操縦性が良くなりました。このエンジン搭載車は1940年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは前述したレックストイ製のV16 クーペ デビルのバリエーションで、これは伸びやかなデザインの2ドアクーペです。レックストイはホワイトメタル製で、グリルやバンパーなどが金属製パーツで構成された重厚な出来ばえです。レックストイはこのほかにもバリエーションで、セダンやキャブリオレなどもモデル化していました。 以下はフロント/リアの拡大画像とキャビン部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC V16 COUPE 2-DOOR 1
GM CADILLAC V16 COUPE 2-DOOR 2

 以下は同じレックストイのバリエーションのV16 コンバーチブル チッチョリーナ仕様(型番7)の画像です。1980年代に国会議員に選出されたことで有名になったイタリアのセクシー女優のチッチョリーナさんのフィギュアが後席に座っています。このミニカーは彼女の人気にあやかって作られたものですが、このような実車があったかどうかは不明です。(お遊びのミニカーですから、たぶん実在しないと思います)(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC V16 COUPE 2-DOOR 1
GM CADILLAC V16 COUPE 2-DOOR 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=318

   

 

GM CADILLAC 90 FLEETWOOD LIMOUSINE (V18?) 1939 USA

GM CADILLAC 90 FLEETWOOD LIMOUSINE (V18?) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA VOITURES CLASSIQUES No.46 1/43 137mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.76m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型16気筒 7L 185HP 3段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでキャディラック 戦前のミニカー検索

 

GM キャディラック 90 フリートウッド リムジン (V18?) アメリカ 1939

 

 1938年にモデルチェンジしたキャディラックは次の1940年代への先駆けとなる斬新なデザインとなりました。当時流行した流線型を取り入れつつ、リアフェンダーやトランクの形状が近代的な3ボックス スタイルに変わろうとしていました。1938年式にはサイドバルブ式を採用した新しいV型16気筒エンジンが登場しました。このエンジンはVバンク角を従来のOHV方式90°から135°に広げ、従来の半分の部品で構成されていました。排気量は7Lと少し小さくなりましたが、185HPに性能は向上していました。このエンジンは高さが低くなったので、ボンネットを下げたボディデザインが可能となり重心が下がったことで操縦性が良くなりました。このエンジン搭載車は1940年まで生産されました。

 

 この画像のような用途が限られるフォーマル リムジンは製作台数が少ないので、モデルとなった実車は極めて希少な車でした。当時特注仕様のキャディラックはGM傘下となったコーチビルダーのフリートウッドがボディを架装していましたが、この頃になるとかなり近代的なデザインになっています。オプション装備にはラジオ(約70$ 現在の貨幣価値で約35万円)やヒーター(約30$)がありました。当時のラジオはかなり高価だったようです。

 

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズのNO.46でメーカーはALTAYA(イクソ)です。全体的なプロポーション、クロームメッキの大きなフロントグリル、クロームモール処理、室内などよく出来ています。この時代の重厚なアメリカ製最高級車を見事に再現した魅力的なミニカーに仕上がっています。

 なおこのミニカーは車名がV18と表記されています。V型18気筒エンジンのキャディラックなど無かったはずですから単なる間違いと思うのですが、それにしても底板にまでしっかりと明記されているので何か意味があるのかもしれません。(散々調べましたが??でしたので、やはり間違いでしょう) 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC 90 FLEEDWOOD (V18?) LIMOUSINE 1
GM CADILLAC 90 FLEEDWOOD (V18?) LIMOUSINE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1126

   

FORD LINCOLN ZEPHYR CONVERTIBLE 1939 USA

FORD LINCOLN ZEPHYR CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SIGNATURE 32333B 1/32 160mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m
エンジン 変速機: V型12気筒 4.4L 110HP 3段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでリンカーン ゼファーのミニカー検索

 

フォード リンカーン ゼファー コンバーチブル アメリカ 1939

 

 GMの中級車(ビュイックやオールズモービルなど)に対抗してフォードは1935年にリンカーンの廉価版リンカーン ゼファー(V型12気筒4.4Lエンジン)、1938年に新ブランドのマーキュリー(V型8気 4Lエンジン)を発売しました。ゼファーはフェンダーに埋め込まれたヘッドライトなど空気力学に基づいてデザインされた流線形ボディを備えた先進的な車でした。4ドアセダン/コンバーチブル、2ドアセダン/クーペ/コンバーチブルのボディ形式がありました。8気筒エンジンを搭載していたライバルのキャディラックやパッカードの廉価版に対して、V型12気筒エンジンを搭載していたのは優位でした。

 

 ゼファーは初年度に約15000台が販売され、リンカーン ブランドの販売台数の大半を占め、大ヒットしました。1941年以降は全てのリンカーンはゼファーをベースにしたモデルになりました。その為ゼファーという名前は戦前まで使われただけで、戦後はリンカーンに統合され使われなくなりました。ゼファーは「アメリカで最初に成功した流線型デザイン」といわれ、同時期に流線型を打ち出して失敗したクライスラーエアフローとは違い傑作車として高く評価されています。

 

 

 ミニカーはヤトミンのシグネチャー クラシックカーシリーズで、2007年頃に購入しました。フロントグリルが大幅に変更された1939年式のコンバーチブル クーペをモデル化しています。このシリーズは1/32と中途半端なスケールですが、そのサイズを生かしてドア/ボンネット開閉などのギミック付きで室内やエンジンもそこそこ再現してあります。このゼファーもプロポーションが良く、室内やエンジンなどの細かいところもきちんと作ってあり、さらに前輪の操舵ギミック(ハンドルと連動しない)まで付いています。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジン部/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FORD LINCOLN ZEPHYR 1
FORD LINCOLN ZEPHYR 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=330

   

 

ビンテージ期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5   次へ » → 戦後期

 

 

 

当サイト掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2004-2021 MINIATURECAR MUSEUM All rights reserved.