ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FORD CONSUL CLASSIC (CONSUL 315) 1961 UK

FORD CONSUL CLASSIC (CONSUL 315) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 234 1/46 95mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでフォード コンサルのミニカー検索

 

フォード コンサル クラシック (輸出名 コンサル 315) イギリス 1961

 

 コンサルの後継として、1961年に登場した中型車がクラシックでした。デザイン的にはアングリアと似ていて、4灯式ヘッドライトなどでアメリカ車的な味付けをより一層強めた物でした。4気筒1.3L(55HP)/1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速135km/h(1.5L)の性能でした。4ドアと2ドアが有り、2ドアをベースにしたクーペはカプリ(コンサル 335)という別名が付けられていました。

 

 クラシックは3年間で約11万台、カプリは約2万台が生産されましたが、当時のフォードではこの数字は失敗作の類だったようです。あまりにアメリカ車的なデザインが一般大衆に受け入れられなかったのでしょう。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で、他にはスポットオンもモデル化しています。特徴的なルーフやフロントのアメリカ車的な感じが良くわかると思います。(ボンネットが前ヒンジで開閉するので、隙間が少し目立っていますが)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=842

   

FORD CONSUL CORTINA MK I 1962 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 507 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.2L 48HP 4段変速
性能: 最高速124km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I イギリス 1962

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナでした。革新的だったミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、4ドアやワゴンが追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。

 

 コルチナの売りは大柄なボディ、割高なミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。(特にワゴン用途ではミニは対抗できません) この戦略は当たり、4年間で100万台を生産するという大ヒット車となりました。(大衆車では良くあるパターンの勝ち方ですが)

 

 

 ミニカーはポリトーイの当時物です。スポーツカーの多いMシリーズでモデル化されているので、実車の人気が高かったことが伺えます。あまりデフォルメせず素直にモデル化されていて、非常に良い出来映えです。他の当時物としては以下で紹介するディンキーや、コーギーのエステート、ノレブなどがありました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=843

   

 

FORD CONSUL CORTINA MK I RALLY CAR 1964 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I RALLY CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 212 1/42 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 106HP 4段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I ラリー イギリス 1964

 

 コルチナの当初の正式名称はコンサル コルチナでしたが、1964年のマイナーチェンジ後にフォード コルチナに変わりました。なお現在はコーティナと書くのが一般的なようですが、私は昔から慣れ親しんだコルチナを使わせてもらいます。

 

 ミニ クーパーはミニのイメージ リーダーでしたが、コルチナにも高性能なロータス コルチナがありました。コルチナをベースにしてレース用モデルの開発から生産までロータスが担当しました。ロータスがチューンした4気筒1.6L(106HP)DOHCエンジンを搭載し、最高速178km/hと高性能でした。フォードの思惑どうりレースやラリーで活躍し、コルチナのスポーツイメージを高めました。ロータス コルチナは3年間で2800台ほどが生産され、ロータスの財政基盤をも安定させました。

 

 

 ミニカーはディンキーの当時物で、1964年の東アフリカ サファリ ラリーで優勝したコルチナ GTをモデル化しているようです。(ゼッケン番号が違うようですが) フロントの補助灯、屋根のスポットライト、ブラックアウトしたボンネットなど当時のミニカーとしてはかなり大幅な変更でラリー車の雰囲気を出しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=844

   

FORD CONSUL CORTINA MK I SUPER ESTATE 1963 UK

FORD CONSUL CORTINA MK I SUPER ESTATE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 440 1/47 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.59m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5 58HP 4段変速
性能: 最高速148km/h
データーベースでフォード コルチナのミニカー検索

 

フォード コンサル コルチナ (コーティナ) MK I スーパー エステート イギリス 1963

 

 大ヒットしたBMCのミニに対抗してフォードが送り出したのが、1962年に登場したコルチナでした。革新的だったミニとは異なり、コルチナは非常にオーソドックスな構成の小型車でした。アングリア用を拡大した4気筒1.2L(48HP)エンジンを搭載する後輪駆動車で、4段変速で最高速124km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、4ドアやエステート(ワゴン)が追加され、エンジンも1.5L(58HP)やそれを76HPにチューンした高性能版のGTが追加されました。

 

 コルチナの売りは大柄なボディ、割高なミニに比べて低価格なこと、エンジンやボディの多彩なバリエーションでした。ミニにもワゴン仕様がありましたが、ミニのワゴンの全長は約3.3mで、4ドアで全長約4.28mのコルチナ エステートとは室内の広さで勝負になりませんでした。エステートの豪華仕様であるスーパー エステートにはオプションでサイドとリアゲートに木目調パネル(本物の木材ではない)が付きました。ボディに本物の木材を使用したウッディ ワゴンは、アメリカでは高級車として人気がありました。当時のイギリスでもこの手の飾りが同じように人気があったようです。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物です。オプション設定された木目調パネルの付いたスーパー エステートをモデル化しています。リアゲートが開閉し、コーギーお得意のフィギュア2体(ゴルファーととキャディの子供)とゴルフカートが付き、ちょっとしたジオラマ仕立ての楽しい物になっています。この木目パネルは別パーツで、ボディはパネルを挟むように2分割で成型されています。その為パネルは塗装で表現するよりもリアルな仕上がりとなっています。(ただその為に前フェンダー先端に少し隙間ができていますが)コーギーがここまで凝った作りをしたということは、実車の人気が高かったからでしょう。セダンはディンキーなどがモデル化していましたので、コーギーがエステートをモデル化したのは競合を避ける理由もあったのでしょう。後にフィギュア無しの物も発売されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1850

   

 

FORD ZEPHYR (MK III) 6 1962 UK

FORD ZEPHYR (MK III) 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPOT-ON 270 1/42 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 6気筒 2.55L 98HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでフォード ゼファー/ゾディアックのミニカー検索

 

フォード ゼファー (MK III) 6 イギリス 1962

 

 1962年にゼファー/ゾディアックはモデルチェンジし、MK IIIとなります。MK IIIから4気筒1.7L(68HP)エンジンを搭載するゼファー 4が追加され、コンサルの後継となりました。6気筒版のゼファー 6はMK IIのエンジンを98HPまでパワーアップし、最高速は150km/hに向上していました。

 

 ボディは大型のフロントグリルやテールフィンなど、アメリカ車的なデザインを取り入れています。ゾディアックもほぼ同じデザインですがライトが4灯式で全長がやや長く、さらに109HPまでパワーアップしたエンジンで最高速は160km/hでした。

 

 

 ミニカーはスポットオン製で、当時物は多分これしかありません。独特のフロントグリルがうまく再現されています。室内に女性ドライバーと犬のフィギュアが乗っているのは楽しいおまけです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=845

   

FORD CORSAIR 2000E 1967 UK

FORD CORSAIR 2000E 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 212 1/43 106mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.49m 全幅約1.61m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 88HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速150km/h

 

フォード コルセア 2000E イギリス 1967

 

 失敗作であったクラシックの後継として、1963年にコルセアが登場しました。コルチナをベースとしておりシャーシやボディの部品を共有していました。当初はコルチナと同じ1.5L(58HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速130km/hの性能でした。個性的なフロントのデザインは、1961年式フォード サンダーバードのイメージをダブらせたものでした。

 

 2灯式のライトにとどめたあたりが、クラシックの失敗から学んだ教訓のようです。1965年には新型のV型4気筒1.7L(66HP)エンジンが追加され、さらに2L(82HP)エンジンも追加されました。1970年まで約30万台が生産され、フォードの中型車として成功しました。

 

 

  ミニカーはディンキーの当時物で、豪華仕様の2000Eで実車同様黒いビニールレザートップ仕様となっています。型番130で通常のコルセアもモデル化していますので、この車は結構人気があったのでしょう。側面から見ると特徴的なフロントデザインが良く分かります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=846

   

 

ページ  « 前へ 1...15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  ...30 次へ »