ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN XANTIA 1994 FRANCE

CITROEN XANTIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINIA-CARS 43 02-019 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 150HP 5段自動変速/4段自動変速
性能: 最高速213km/h
データーベースでシトロエン エグザンティアのミニカー検索

 

シトロエン エグザンティア フランス 1994

 

 BXの後継車として、エグザンティアが1993年に登場しました。ZXをさらにスタイリッシュにしたデザインで、ノッチバックの4ドアセダン風のスタイルとなっています。ただトランクはリアウインドーと一体で開くので実際は5ドアハッチバックです。シトロエン伝統のハイドロニューマティック方式でサスペンション/ブレーキ/ステアリングが油圧制御され、上級車はサスペンションの電子制御付でした。当初のエンジンは4気筒1.6L/1.8L/2L(123HP)、DOHC 4気筒2L、4気筒1.9L(90HP)ターボディーゼルでした。

 

 1995年のマイナーチェンジでボンネット上のエンブレムがフロントグリル内に移動し、ハイドロニューマチックの機能が追加され、1.8LエンジンがDOHC化されました。同年にワゴンのブレークが設定されています。1997年に最上級仕様としてDOHC V型6気筒3L(190HP)エンジンが追加されました。1998年のマイナーチェンジでフロントグリルが変更され、コモンレール式の4気筒2L(109HP)ターボディーゼルエンジンが追加されました。2000年に後継車のC5が登場し、2001年に生産中止となりました。

 

 

 ミニカーはフランスの「MINIA-CARS 43」というブランド レジン製の少量生産品で1995年に購入しました。(エグザンティアのミニカーが欲しかったので、高い(13000円)と思いつつ買いました) プロポーションは悪くないのですが、値段の割にはバンパーの黒塗装処理などの仕上げがいまひとつです。当時物ミニカーとしてはブラーゴの1/43、最近ではノレブの1/43、SEGEMというブランドの1/18、フランスのミニカー付雑誌「PASSION CITROEN」のNo.30とNo.98などがあります。

CITROEN XANTIA 1
CITROEN XANTIA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1296

   

PEUGEOT 306 CABRIOLET 1995 FRANCE

PEUGEOT 306 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430112532 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.03m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 103HP 5段変速
性能: 最高速183km/h
データーベースでプジョー 306のミニカー検索

 

プジョー 306 カブリオレ フランス 1995

 

 309(305の実質的な後継車)の後継として、306が1993年に登場しました。当初は5ドアハッチバックのみ、デザインはプジョー自身によるもので、プジョーらしいシンプルで品のあるデザインです。205と同じ横置きエンジンの前輪駆動車で、PSAグループ内のシトロエン ZXとシャーシを共有していました。当初のエンジンは4気筒1.1L(初期) /1.4L/1.6L(100HP)/1.8Lと4気筒1.9L(92HP)ディーゼルでした。

 

 4ドアセダンがすぐに追加され、1994年にピニンファリーナがデザインと生産を担当するフルオープンのカブリオレ、1995年にエステートワゴンのブレークが追加されました。4気筒2L(SOHC/DOHC(135HP))エンジンを搭載する高性能版のXSi/S16/GTIも追加されました。1997年のマイナーチェンジで、フロントの意匠が変わりました。1995年からグループAのラリーに306 マキシで参戦し、フランスラリー選手権などで活躍しています。2001年に307にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製の当時物でマイナーチェンジ前の初期型です。ミニチャンプスらしい手堅い出来映えでよく出来てます。これ以外にも3ドア/5ドアでマイナーチェンジ前後両方を作っています。ライセンスを独占していたようで、ミニチャンプス以外のミニカーが見当たりません。ただラリーカーはライセンスが別のようで、306 マキシはビテスやCM'Sがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1227

   

 

RENAULT MEGANE COUPE 16V 1996 FRANCE

RENAULT MEGANE COUPE 16V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 063C 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 110HP 5段変速
性能: 最高速195km/h  
データーベースでルノー メガーヌのミニカー検索

 

ルノー メガーヌ クーペ 16V フランス 1996

 

 ルノー 19の後継車としてメガーヌが1995年に登場しました。フロントノーズなど前述した上級車ラグナと同じようなデザインですが、より曲線的なラインで構成されていました。19のシャーシをベースにした横置きエンジンの前輪駆動車で、当初は5ドアハッチバックと2ドアクーペのみでした。当初のエンジンは4気筒1.4L/1.6L/2L(全てにDOHC仕様有り)と4気筒1.9Lディーゼル(ターボ有り)がありました。衝突安全ボディ、プリテンショナー付シートベルト、運転席エアバッグなどクラストップの安全装備を売り物にしていました。

 

 1996年に4ドアセダン、クーペをベースにしたドイツのカルマンが手掛けた電動式ソフトトップを持つクーペ カブリオレ、派生車のミニバンであるセニックが追加されました。1998年には5ドアワゴンが追加され、多彩なバリエーション展開がされました。1999年のマイナーチェンジで、フロントグリルやリアライトの意匠が変更された後期型(フェーズ II)となりました。クーペをベースにしたラリー仕様のマキシが1999年のFIAヨーロッパラリー選手権で優勝しています。2002年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1997年に発売されたビテスの当時物です。前述したビテス製のラグナと同じく当時のミニカーとして非常に良い出来ばえでした。ボンネット開閉ギミック付でエンジンがそこそこリアルに再現され、室内では柄が付いたシートなど細かいところも凝っています。当時のビテスはバリエーションが多くこれ以外にもセダン、カブリオレ、さらにマイナーチェンジ後のセダン、クーペ、カブリオレ、ブレークもモデル化していました。 ビテス以外のメガーヌ 初代のミニカーは同じビテス グループのオニキスのレース仕様、アンソンのクーペ、レース仕様、カブリオレ 1/18などがあります。 以下はフロント(ボンネット開閉)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT MEGANE COUPE 16V 1
RENAULT MEGANE COUPE 16V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1316

   

RENAULT SPORT SPIDER 1996 FRANCE

RENAULT SPORT SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 070D 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.79m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 150HP 5段変速
性能: 最高速210km/h   ミドシップ横置エンジン
データーベースでルノー スポール スパイダーのミニカー検索

 

ルノー スポール スパイダー (スピダー) フランス 1996

 

 ルノー スポール スパイダー (スピダー)はルノーのスポーツ部門であるルノー スポールが開発した初の市販車で1995年に発表され1996年に一般市販されました。元々はフランス国内でルノーが開催するワンメイクレース「スパイダートロフィー」用のレースカーとして開発された車でしたので、ボディは屋根のないスパイダー仕様のみでデザイン的にもレースカーそのものの斬新なものでした。ドアは手前に跳ね上げる方式で、公道走行に必要な保安部品しか装備しておらず、パワステやオーディオはおろか当初はフロントウィンドーさえも付いていませんでした。1997年にはフロントウィンドーとワイパーを備えた仕様が追加されました。

 

 シャーシは角断面のアルミ材を溶接して組み上げたスペースフレーム構造で、ボディはFRP製でした。エンジンはメガーヌのDOHC4気筒2L(150HP)を横置きでミドシップ搭載し、サスペンションは前後ともレースカーと同じダブルウィッシュボーン式でした。レース仕様のエンジンは210HPまでチューンされていて、イギリスなどで開催されたヨーロッパのワンメイクレースでも活躍したようです。1999年まで生産され、総生産台数は約1800台でした。

 

 

 ミニカーは1997年頃に発売されたビテスの当時物です。フロントウィンドーのない初期型をモデル化しています。シンプルなスタイルがうまく再現され、室内もそこそこリアルで良い出来ばえです。ビテスはフロントウィンドーの付いたタイプも型番V98033でモデル化しています。これ以外のスポール スパイダーのミニカーはビテスと同じグループのオニキスのレースカー仕様、アンソンの1/18、デルプラドの世界の名車シリーズ、ノレブなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT SPORT SPIDER 1
RENAULT SPORT SPIDER 2

 以下は2002年に発売されたデルプラドの世界の名車シリーズのルノー スパイダー 1995 (1/43 No.38)の画像です。上記のビテス製とほとんど同じですので、ビテスがOEMした物のようです。安価な雑誌付きミニカーですので、コスト低減で内装の仕上げは簡略化されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT SPORT SPIDER 3
RENAULT SPORT SPIDER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1529

   

PEUGEOT 406 COUPE 1997 FRANCE

PEUGEOT 406 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430112621 1/43 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.62m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 190HP 4段自動変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでプジョー 406のミニカー検索

 

プジョー 406 クーペ フランス 1997

 

 405の後継車406が1995年に登場します。大きくなったボディはプジョー内製のデザインで上級車605と同じような顔つきのシンプルなスタイルです。シトロエンのエグザンティアとシャーシを共有化する横置きエンジンの前輪駆動車です。当初のエンジンはDOHC 4気筒1.8L/2L(135HP)、4気筒1.9L/2.1L(110HP)ディーゼルターボでした。

 

 1996年にワゴンのブレーク、1997年にクーペが追加されました。クーペはセダンとは別物のピニンファリーナによるデザインで、優雅で美しいスタイルとなっています。1997年に4気筒2Lターボ(147HP)とDOHC V型6気筒3L(194HP)エンジンが追加されています。1999年のマイナーチェンジで、フロント/リアの意匠や内装が変わり、4気筒2.2Lと4気筒2Lディーゼルエンジンが追加されました。2003年にクーペがマイナーチェンジし、フロントの意匠が変わりました。2005年に407にモデルチェンジします。

 

 

 405の当時物ミニカーはラリー仕様の405 T16ばかりで、ノーマルの405は最近になってノレブからモデル化されたセダンとブレークぐらいしかありません。→データーベースでプジョー 405のミニカー検索 画像の406 クーペはミニチャンプス製で、実車の美しいスタイルが良く再現されています。セダンとブレークをノレブが、セダンのラリー仕様をミニチャンプスがモデル化しています。クーペはソリドやウェリーもモデル化しています。なお映画「タクシー」に登場した派手な羽根がついた406のタクシーをアオシマがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1263

   

 

PEUGEOT 206 XT PREMIUM 1998 FRANCE

PEUGEOT 206 XT PREMIUM 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 472600 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.84m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 75HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速168km/h
データーベースでプジョー 206のミニカー検索

 

プジョー 206 XT プレミアム フランス 1998

 

 205の後継車として206が1998年に登場しました。極端な吊り目ヘッドライトとそれに合わせたリアライトは社内デザインによるもので、このスタイルがその後のプジョーの特徴となりました。横置きエンジンの前輪駆動車で、当初ボディは3/5ドアハッチバックのみでした。当初のエンジンは4気筒1.1L/1.4L/1.6L、高性能版GTI(S16)用のDOHC 4気筒2L(137HP)、4気筒1.9Lディーゼルがありました。

 

 GTIをベースにして4WD化した206 WRCが開発され、プジョーは1999年からラリー選手権に参戦しました。206 WRCは2000年から3年連続で総合優勝しており、圧倒的に強かったようです。2003年には206のラリーでの活躍を記念して、GTIをさらに177HPまでチューンしたRCが設定されています。

 2001年には1.6LエンジンがDOHC化され、電動開閉式ハードトップを持つカブリオレのCC、ステーションワゴンのSWが追加されました。2006年にイラン コードロ社と共同開発したノッチバックの4ドアセダンが中東/中国/ロシア地域などで追加されました。2009年にブラジルで開発された206の改良版が206+という名前でフランスでも2012年まで販売されました。このように206は世界中で大ヒットし、プジョーのベストセラーカーとなりました。後継車の207が2006年に登場した後も、フランスでは2010年まで生産されました。(総生産は約800万台以上)

 

 

 ミニカーは2002年頃に発売されたノレブ製の当時物です。ノレブは老舗だけあって腕利きの型職人がいるようで、プロポーションから細部の仕上げまでレベルの高い非常に良い出来ばえです。(その分ノレブは高いですが) 206はノレブがモデル化のライセンスを得ていたようで、このXT(ベーシック仕様)以外にも、CC、SW、RC、WRC、206+をモデル化しています。特にCCはハードトップが実車同様に開閉する高度なギミックが付いています。(このギミックはノレブが特許を取っているようです) ノレブ以外の206のミニカーはソリドの206 CC、ホンウェルやAWMの小スケール、イクソやビテスのラリー仕様などたくさんあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT 206 XT PREMIUM 1
PEUGEOT 206 XT PREMIUM 2

 以下は2002年頃に発売されたノレブ製の206 CC(1/43 型番472623)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 206 CC 1
PEUGEOT 206 CC 2

 以下は2000年に発売されたソリド製のプジョー 20♡(ハート)(1/43 型番1559)の画像です。20♡は1998年のジュネーブモーターショーで発表された206 CCのコンセプトカーでした。206 CCはほぼこのコンセプトカーのままで市販されました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 206 CC 3
PEUGEOT 206 CC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1262

   

RENAULT KANGOO I 1998 FRANCE

RENAULT KANGOO I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE V98061 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.04m 全幅約1.67m 全高1.86m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 75HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速155km/h  
データーベースでルノー カングー Iのミニカー検索

 

ルノー カングー I フランス 1998

 

 小型商用車のルノー 4 フルゴネットやその後継車のエクスプレスに変わる車として、カングーが1997年に登場しました。(実車画像→ ルノー エクスプレス 1985) カングーはクリオ Iのシャーシをベースにしてホイールベースを延長していました。エクスプレスは乗用車とボディ前半分を共有していましたが、カングーは4/5ドア(商用3ドア)ハッチバックの専用ボディでした。ただ乗用車仕様のカングーと商用車仕様のカングー エクスプレスがあり、乗用車としても通用する走行性能/装備となっていました。エンジンは4気筒1L/1.2L/1.4L/DOHC 1.6L(95HP)、4気筒1.5L/1.9Lディーゼルがありました。

 

 カングーには両側スライドドア仕様、車高を高くしたパンパ(PAMPA)、四輪駆動仕様の4X4、荷室部分を延長したマキシ、ピックアップトラック仕様、アジア地域向けの3列シート7人乗りなどのバリーエーションが追加されました。2003年のマイナーチェンジで、グリル/リアの意匠を変更しフェーズ IIになりました。2007年に2代目のカングーが登場しましたが、2010年まで生産されました。カングーは乗用車としての機能性が評価され大ヒットし、その後シトロエン ベルランゴやフォルクスワーゲン キャディ IIIなど同じようなジャンルの車が登場することになりました。(実車画像→ ルノー カングー II 2007シトロエン ベルランゴ 1996フォルクスワーゲン キャディ III 2003)

 

 

 ミニカーは1998年に発売されたビテスの当時物です。同じビテスのメガーヌなどの解説で記載したように、この当時のビテスのミニカーは非常に出来が良かったです。このカングーも全体的にレベルの高い出来ばえで室内などの細部の造形がリアルで、さらに立て付けの良いドア開閉ギミックも付いています。(本物同様のナンバープレートが付いているのも凝ってます) ビテスはこれ以外にもパンパや商用車のエクスプレスもモデル化しています。ビテス以外ではソリド/べレムの商用車、ノレブの4X4と商用車、リーツェの商用車などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT KANGOO 1
RENAULT KANGOO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1318

   

RENAULT CLIO II 1.6 16V 1999 FRANCE

RENAULT CLIO II 1.6 16V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VMC044 1/43 88㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.6L 110HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速193km/h  
データーベースでルノー クリオのミニカー検索

 

ルノー クリオ II 1.6 16V フランス 1999

 

 ルノー クリオ 2代目が1998年に登場しました。初代の基本デザインを継承しつつ、ボディ全体に丸みが付きヘッドライトも丸い形状になっていました。ボディは3/5ドアハッチバックで、当初のエンジンは4気筒1.2L/1.4L/1.6L、4気筒1.9Lディーゼルがありました。前述したメガーヌ同様に安全性向上に力を入れており、サイドエアバッグや後席中央3点式シートベルトなどが採用されました。

 

 1999年に1.4L/1.6LエンジンにDOHC仕様が追加され、DOHC 2L(169HP)エンジンを搭載し各部をチューンしたRS(ルノー スポール)も追加されました。さらにDOHC V型6気筒3L(230HP)を後席部分にミドシップ配置したかつての5 ターボのような最強仕様のルノー スポール V6も追加されました。(さらにレース車用のベースとしてはトロフィーもありました) 2001年のマイナーチェンジでフロントグリル/リアの意匠を変更しフェーズ IIになりました。2004年のマイナーチェンジでフロントの意匠が小変更されてフェーズ IIIとなりました。クリオ 2代目は世界中で大ヒットし、2005年にクリオ 3代目が登場した後も2012年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは2000年に発売されたビテスの当時物です。この当時のビテスはいずれも出来が良かったですが、このクリオも実車の雰囲気が良く再現され、細部もリアルに出来ています。細かい点ではEU仕様のナンバープレートが付いているのが珍しく、ナンバーが付いていることでリアリティが向上してします。ビテス以外のミニカーはユニバーサルホビーがフェーズ IIの高性能版やラリー仕様、イクソのラリー仕様、ノレブのフェーズ IIの5ドア、ブラーゴなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT CLIO II 1.6 16V 1
RENAULT CLIO II 1.6 16V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1317

   

 

RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 1999 FRANCE

RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 7711210648 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.17m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 140HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速196km/h  
データーベースでルノー セニックのミニカー検索

 

ルノー メガーヌ セニック 2.0 16V フランス 1999

 

 ルノー メガーヌの派生車としてミニバンのメガーヌ セニックが1996年に登場しました。MPV(ミニバン)の元祖であるエスパスの小型版といった位置づけで、後部シートのスライド/脱着などが可能でした。当時のルノーに共通するフロントのデザインで、大きな6ライトウインドーを持つボディとなっていました。エンジンはメガーヌとほぼ同じで、4気筒1.8L/2.0LとV型6気筒3L、4気筒2.2Lディーゼルがありました。メガーヌと同時に1997年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞し、ミニバンとしては初の受賞でした。

 

 1999年のマイナーチェンジでフロント/リアライトの意匠が変更され後期型(フェーズ II)となりました。また名前からメガーヌが外れ単にセニックとなりました。2000年にシュタイア プフ製のビスカスカップリング式センターデフによる4輪駆動システムを採用し車高を上げた4WD仕様のRX4が設定されました。セニックは当初の予想以上に大ヒットし、その影響でシトロエン クサラ ピカソ フィアット ムルティプラ、オペル ザフィーラなどの似たようなジャンルの車が次々と開発されることになりました。2003年に2代目にモデルチェンジしました。総生産台数は約280万台でした。

 

 

 ミニカーは1999年に発売されたビテスの当時物で、マイナーチェンジ後のフェーズ IIをモデル化しています。これはプロモーション用として使われたルノー ディーラー用特注品で、ルノーのロゴ付専用紙箱に収まっています。プロポーションが良く、前述したメガーヌ同様に柄が付いたシートを再現した凝った室内、綺麗な塗装などレベルの高い出来ばえです。ビテスは初期型も含めて数種類をモデル化しています。ビテス以外ではマイナーチェンジ後をユニバーサルホビーがモデル化していますが、それもビテスの型を使っているのではないかと思われます。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 1
RENAULT MEGANE SCENIC 2.0 16V 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1319

   

BUGATTI EB218 1999 FRANCE

BUGATTI EB218 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 50931 1/43 126㎜

 

ブガッティ EB218 フランス 1999

 

 フォルクスワーゲンがブガッティ ブランドを買い取り 1998年 ブガッティ オートモビル社 設立
 イタルデザイン(G.ジウジアーロ)によるコンセプトカー 2ドアクーペ EB118 1998年 発表 4ドアセダン EB218 1999年 発表 エンジンはフォルクスワーゲン製 W型18気筒エンジン 両車とも市販化されず

 

 解説 追加予定

 ミニカーはオートアート製で非常に良い出来 オートアートはEB118もモデル化しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.35m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: W型18気筒 4.6L 555HP 5段自動変速  4WD
性能: 最高速 不明
データーベースでブガッティ EB118/EB218のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1616

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 15  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15   次へ »