ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

GM CADILLAC SERIES 62 CONVERTIBLE 1950 USA

GM CADILLAC SERIES 62 CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 281 1/43 134mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.7m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.4L 160HP 4段自動変速
性能: 最高速156km/h
データーベースでキャディラック 戦後 60系のミニカー検索

 

GM キャディラック 62 コンバーチブル アメリカ 1950

 

 キャディラックの1940年代のラインアップは戦前(1930年代)の60(シリーズ)が61(シリーズ)に、65が62に、70が60Sになり、その上にはリムジンの75がありました。62はキャディラック ブランドとしてはエントリーレベルのフルサイズの高級車で、初代は1940年に登場し、4ドアセダン、2ドアクーペ、2ドアコンバーチブルがありました。1942年に2代目にモデルチェンジしましたが、2代目でもまだヘッドライトを組込んだフェンダーがボディ側面から独立していて、1930年代のイメージを残していました。

 

 1948年にフェンダーがボディと一体化された戦後型のキャディラック(3代目62や3代目60S)が登場しました。1950年代に自動車デザインの流行となったテールフィンを最初に採用したのがこの車でした。テールフィンは双胴の戦闘機ロッキード P-38 ライトニングの垂直尾翼のイメージを自動車に取り込んだ物でした。この頃のアメリカ車はクロームメッキされた派手で巨大なバンパー、グリルが特徴で、美しいかどうかは別にしてそのダイナミックな迫力には魅了があります。1953年に2ドアコンバーチブルに特別仕様のエルドラドが設定され、1954年に60系は4代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはビテス製でビテスは1940-50年代のアメリカ車を1990年頃に数多くモデル化しています。このキャディラックもその一つで、派手なバンパーなどがよく再現されていて、当時としてはかなり良い出来ばえのミニカーでした。キャディラックのエンブレム/ナンバープレートのデカールやドアミラーなどの後付け用パーツが付属していて、それらを付けるとよりリアルになるのですが、取り付けはやっていません。バリエーションとして幌を下した仕様、映画女優のフィギュア付、アイゼンハワー大統領の就任式パレード仕様などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像とテールフィン/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC SERIES 62 1
GM CADILLAC SERIES 62 2

 以下はビテスのバリエーションで、幌を畳んだエルドラド(型番280)と映画女優(M.モンローかな?)のフィギュア付のエルドラド(型番288)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC SERIES 62 3
GM CADILLAC SERIES 62 4

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミントのキャディラック エルドラド 初代 1953年(型番RB68 1/24)の画像です。1/24のサイズを生かしてエンジン/シャーシ/室内などをリアルに再現していて、ドアやボンネットが開閉でき、発売当時は最も精密な量産ミニカーでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 1
GM CADILLAC ELDORADO 2

 以下はフランクリン ミントのキャディラック エルドラド 初代 1953年(型番RB68 1/24)のエンジン部分/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 3
GM CADILLAC ELDORADO 4

 以下はデルプラド 世界の名車シリーズ(No.63)のキャディラック エルドラド 初代 1953年の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO 3
GM CADILLAC ELDORADO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=366

   

GM BUICK SURER 1950 USA

GM BUICK SURER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4511 1/43 120mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.3L 128HP 3段手動/自動変速
性能: 
データーベースでGM ビュイックのミニカー検索

 

GM ビュイック スーパー アメリカ 1950

 

 GMのキャディラックに次ぐ高級車ビュイックです。1949年に登場した戦後型はまだ独立したフェンダーが少し残っています。前フェンダーの後部にある3連の穴(ポートホール)はビュイックの象徴です。

 

 また特徴的な楕円形のフロントグリルは、正面から見ると歯をむき出しているような感じで、あまり上品なデザインではないですがインパクトがあります。この楕円形のグリルはビュイックの伝統として最近の車にも使..われています。V型8気筒 4.1~5.3Lのエンジンを搭載していました。

 ミニカーはソリド製 ソリドは1950-60年代のアメリカ車を1980年代に数種類モデル化しています。このビュイックもその一つで、特徴的な楕円形のフロントグリルがうまく再現されています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=370

   

 

GMC CHEVROLET 1950 USA

GMC CHEVROLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4508 1/43 115mm

 

GM シボレー アメリカ 1950

 

 GMの大衆車ブランド シボレーの戦後型は1949年に登場しました。ボディ形式としてはセダン(2/4ドア)、ファーストバックのセダン(2/4ドア)、クーペ、コンバーチブル、ワゴン、ウッディワゴンと、この頃のアメリカ車は何でもありだったようです。エンジンは直列6気筒 3.6L(90HP)で、オプションで3.9L(105HP)がありました。

 

 ミニカーはソリド製 オーソドックスなセダンのモデルです。アメリカ車のミニカーとしては地味ですが、端正な出来映えの秀作です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 3.5L 92HP 3段手動/2段自動変速
性能:  
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=384

   

GM BUICK SKYLARK 1953 USA

GM BUICK SKYLARK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT KC70 1/43 123mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.3L 182HP 
性能: 
データーベースでGM ビュイックのミニカー検索

 

GM ビュイック スカイラーク アメリカ 1953

 

 ビュイック50周年を記念して1953年に誕生したのが、このスカイラークでビュイックの最上級モデルでした。スカイラークはサイドにクロームのアクセントラインが走り、ビュイックの象徴のポートホールが付いていませんでした。ホイールも高級なスポーク ホイールになっています。

 

 この1953年式は約1700台しか販売されていないそうで特別な車だったようです。リアには控えめですがテール フィンが採用されています。

 ミニカーは1990年頃に作られたフランクリンミントの1/43の60年代シリーズです。サイドのクロームモール、スポークホイールなど実車に忠実です。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=371

   

GM CHEVROLET CORVETTE C1 1953 USA

GM CHEVROLET CORVETTE C1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT KC31 1/24 177mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3.9L 150HP 2段自動変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでコルベット C1のミニカー検索

 

GM シボレー コルベット C1 アメリカ 1953

 

  第2次大戦後にアメリカ軍人が祖国に持ち帰ったヨーロッパの小型スポーツカー(MG、ジャガーなど)の魅力に気付いたGMは、小型スポーツカー シボレー コルベット(C1型)の開発に着手しました。1953年にプロトタイプが発表され同年にシボレー初の2シーターオープン スポーツカーとして発売されました。量産車として初めてボディにFRPパネルを採用していました。初期のC1型は6気筒3.9L(150HP)エンジン搭載で2段自動変速機仕様しかなく、本格的なスポーツカーと言うよりも見た目重視の車でした。

 

 初期のC1型の不評に対応して、1955年にはV型8気筒4.3L(195HP)エンジンと手動変速仕様がオプション追加され、その後もエンジンは4.6Lに拡大され燃料噴射で300HP以上まで強化されていきました。またボディも1956年にフロントとリアのデザインが一新されました。その後様々なオプションが追加されたことで、C1型は本格派スポーツカーとして認められるようになっていきました。

 C1型はレースカーとしてアメリカの国内レース(SCCA:スポーツカークラブ オブ アメリカなど)でクラス優勝するなど活躍しています。ジャガー D タイプなどと互角に勝負していたそうですから、エンジンがハイパワーだっただけではなく操縦性もそこそこの実力があった?と思われます。1963年に2代目のコルベット C2にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1990年頃に発売されたフランクリン ミント製です。コルベットの各世代を1/24でモデル化したコルベット コレクションの1台で、当時フランクリン ミント製ミニカーは通信販売で販売されていました。C1が登場した初年度の1953年式をモデル化していて、フロントやリアの独特のデザインが良く分かります。ヘッドライトカバーにストーンガード(金網)が付いているのは初期型の特徴です。ボンネット/ドア/トランクが開閉し、エンジンやサスペンションなどのメカ部分や室内もリアルに再現されています。 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネット/トランクの開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CHEVROLET CORVETTE C1 1
GM CHEVROLET CORVETTE C1 2

 以下は室内と底板のシャーシやサスペンションなどのメカ部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CORVETTE C1 3
GM CHEVROLET CORVETTE C1 4

 以下は1990年頃に発売されたフランクリン ミントのコルベット C1 1956年(1/24 型番RI21)の画像です。前述したコルベット コレクションの1台でこれは1956年式をモデルしています。ギミックや細部のつくりは1953年式と同じです。脱着できるハードトップが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CORVETTE C1 5
GM CHEVROLET CORVETTE C1 6

 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/底板のエンジンやサスペンション部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CORVETTE C1 5
GM CHEVROLET CORVETTE C1 6

 以下は1988年頃に発売されたフランクリン ミント製のコルベット C1 1956年(1/43 型番KC58)の画像です。こちらは1/43ですが、ボンネット/ドアが開閉し、1/24同様にエンジンやサスペンションなどのメカ部分や室内がリアルに再現されています。脱着できるハードトップが付いています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CORVETTE C1 3
GM CHEVROLET CORVETTE C1 4

 以下はフロント/リアの拡大画像とボンネットを開いたエンジンルーム/底板のエンジンやサスペンション部分の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CHEVROLET CORVETTE C1 5
GM CHEVROLET CORVETTE C1 6

 以下は1999年頃に発売されたニューレイ(NEW RAY)のコルベット C1 コンバーチブル 1957年(1/43 型番48526)の画像です。ニューレイは中国のメーカーで1/43や1/24の安価なミニカーを作っています。これは1950-1960年代のアメリカ車を1/43で20種類ほどモデル化している「CITY CRUISER COLLECTION」というシリーズの1台です。1500円ほどの安価なミニカーですが、そこそこの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CORVETTE C1 7
GM CHEVROLET CORVETTE C1 8

 以下は1984年頃に発売されたビテスのコルベット C1 コンバーチブル 1960年(1/43 型番113)の画像です。ビテス初期のミニカーなので、かなり雑な作風であまり出来が良くありませんが、4灯式ヘッドライトを採用した1958年式以降のコルベット C1の1/43ミニカーは最近までこれぐらいしかありませんでした。(マッチボックスやダンバリーミント の1/24がありましたが) 最近ではアーテル(ERTL)やスパーク(レジン製)などがモデル化しています。なお初期のビテスのミニカーにはデカールやバックミラーなどが添付されていて、これにも付いていましたが、取り付けていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CHEVROLET CORVETTE C1 9
GM CHEVROLET CORVETTE C1 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=394

   

 

GM CHEVROLET BEL AIR 1955 USA

GM CHEVROLET BEL AIR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLINMINT KE18 1/43 123mm

 

GM シボレー ベル エア アメリカ 1955

 

 シボレーブランドの最高級車としてベル エアは1953年に登場しました。1955年にシボレーはモデルチェンジし、画像はその際に追加されたV型8気 4.3L(162HP)エンジンを搭載したモデルです。クロームのサイドモールとリアのツートンカラーがベル エアの特徴です。流行のテールフィンがまだ控え目ですが採用されています。

 

 ミニカーはフランクリンミント製の1/43 60年代シリーズです。このシリーズ独特の作風が60年代のレトロな感じをよく出しています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.3L 162HP 
性能: 
データーベースでシボレー ベル エアのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=385

   

GM OLDSMOBILE 98 STARFIRE CONVERTIBLE 1956 USA

GM OLDSMOBILE 98 STARFIRE CONVERTIBLE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
FRANKLIN MINT UO23 1/43 127mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.3L 200HP 4段自動変速
性能: 最高速175km/h?
データーベースでGM オールズモービルのミニカー検索

 

GM オールズモービル 98 スターファイアー コンバーチブル アメリカ 1956

 

 オールズモービルの98シリーズはオールズモービル ブランドの最上級車で、初代は1941年に登場しています。98シリーズ 4代目が1954年に登場し、その最上級仕様のコンバーチブルにつけられた名前がスターファイアーです。(スターファイアーとは当時のジェット戦闘機の名前にちなんだもの) ちなみにハードトップの名前はホリデイでした。1958年には98のシリーズ名が消えて単にスターファイアーとなりました。

 

 スターファイアーの2代目は1961年に登場し、この世代ではハードトップクーペも追加され、1966年まで生産されました。1975年にスターファイアーの3代目はサブコンパクトカーとして登場します。この車はシボレー モンザの姉妹車で、1980年まで生産されました。

 

 

 ミニカーは1980年代後半に作られたフランクリン ミント製の1/43で、同社の1950年代シリーズの一台です。ドア/ボンネットが開閉し、エンジン/サスペンション内装も再現されているなどこのシリーズに共通する凝った作りです。ウインドーの枠などが太いですが、これは触っても壊れないよう考慮されているのであって、技術的に細かく作れなかった訳ではありません。この辺の事情は昔のダイヤペットなども同じで、当時のミニカーは簡単に壊れないことなどの制約下で作られていたのです。このような点を考慮すれば、昔のミニカーを一括りにして作りがおおざっぱだったとするのは正しくありません。(もちろん作りが稚拙なものもありますが、全部ではありません)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1699

   

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 1957 USA

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4501 1/43 130mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6L 300HP 4段自動変速
性能: 
データーベースでキャディラック エルドラドのミニカー検索

 

GM キャディラック エルドラド ビアリッツ アメリカ 1957

 

 1954年にキャディラックは戦後型の4代目にモデルチェンジしました。先代のイメージを踏襲していますが、フェンダーが完全にボディと一体化してボンネットの膨らみも小さくなりました。1956年には4ドアハードトップのセダン デビル(SEDAN DE VILLE)、エルドラドの2ドアハードトップのセビル(SEVILLE)が追加されました。

 

 1957年にキャディラックは5代目にモデルチェンジしました。やはり同じイメージのボディですが、ボンネットの膨らみがなくなり直線的なデザインになりました。3代目に採用されて1950年代の流行りとなったテールフィンはモデルチェンジの度に徐々に大きくなっていきました。5代目の4ドアセダン系ではリアフェンダーの後端がサメの背びれのように盛り上がった形で、2ドアクーペ系ではテールエンドがなだらかに下がり、そこに垂直尾翼のように尖ったフィンが突き出しています。またフロントグリルにもテールフィンに呼応した2本の突起がありますが、これも飛行機のイメージを取り込んだデザインで、当時はかっこよかった?のでしょう。1959年に6代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはソリド製で、1985年に発売されました。エルドラドの豪華仕様であるビアリッツをモデル化しています。ソリドは1950-60年代のアメリカ車を1980年代に数種類ほどモデル化しています。このキャディラックもその一つで、特徴的なテールフィンを持つリアエンドをうまく再現しています。なお廉価版的なミニカーでしたので、プロポーションなど基本的な部分はきちんと作ってありますが、細かい部分は値段相応の仕上げとなっています。ソリドには幌を畳んだバリエーションもありました。これ以外の5代目キャディラックのミニカーはサンスターの1/18、シグネチャーの1/32、レジン製ではNEOやGREAT LIGHTNINGなどがあります。 以下はフロント(ボンネットを開いたエンジン部)/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 1
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 2

 以下はバリエーションで幌を畳んだエルドラド ビアリッツ(型番4500)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 3
GM CADILLAC ELDORADO BIARRITZ 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=367

   

 

GM CHEVROLET NOMAD 1957 USA

GM CHEVROLET NOMAD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
YATMING 94203 1/43 116㎜

 

GM シボレー ノマド アメリカ 1957

 

 ノマドの原型は1954年にコンセプトカーとして発表されたスポーツカーのような形をしたワゴン(実車の画像はここ)です。翌年にベル エアのワゴンとして発売され、ショールームに人を呼び寄せる車 (halo model) という位置付けでした。フロントグリルはベル エアになっていますが、ユニークなトップの形状やリアはコンセプトのイメージを残しています。

 

 ミニカーはヤトミン製で、シンプルな出来映えです。ノマドのミニカーはビテスとフランクリンミント(1/43)からも出ています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 4.7L 283HP 
性能: 最高速202km/h
データーベースでシボレー ノマドのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=386

   

GM BUICK ROADMASTER 1958 USA

GM BUICK ROADMASTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 038 1/43 125mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約2m
エンジン 変速機: V型8気筒 6L 250HP 2段自動変速?
性能: 最高速180km/h
データーベースでGM ビュイックのミニカー検索

 

GM ビュイック ロードマスター アメリカ 1958

 

 ビュイックも1958年に4灯式のヘッドライトが採用され、大幅なモデルチェンジがされました。グリルは水平になりライトにひさし(眉)がつき、そのひさしの縁がサイドのクロームのラインにつながっています。

 

 グリルの中央にはV字をあしらったエンブレム、左右のフェンダー上にも同じモチーフのエンブレムがあり、これはgunsight(銃の照準器)と呼ばれているそうです。リアサイドの派手なモールはリアの大きなテールフィンと一体化しています。

 ミニカーはビテス製 グリル中央、左右フェンダーのエンブレムがきちんと再現されています。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=372

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6   次へ »