ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PEUGEOT 403 CABRIOLET 1957 FRANCE

PEUGEOT 403 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VEREM 313 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 57HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでプジョー 403のミニカー検索

 

プジョー 403 カブリオレ フランス 1957

 

 プジョーの伝統で、403にもしゃれたデザインの2座の2ドア カブリオレとカブリオレのボディにハードトップをつけたクーペ、ブレーク(ワゴン)がありました。403のカブリオレはTVドラマ「刑事コロンボ」でコロンボの愛車として登場し一躍有名になりました。この車は1959年式という設定で、そのポンコツ具合がいい味をだしていました。

 

 ミニカーはベレム製で1992年頃のものです。ソリド初期の100シリーズ型番108の型を流用して作られています。たぶん「刑事コロンボ」のヒットにからめてキャラクターものとしてモデル化したのでしょう。

 

 

 なおドアに例のコートが掛けてあり、愛犬「ドッグ」が後席に乗っているコロンボ仕様の403がエリゴールの LEADERというブランドから出ています。このミニカーはエリゴールのモデルをまとめてあるこのサイト(ページの下のあたり)でみることが出来ます。塗装がきれいな点が似てませんが、おもしろいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=616

   

RENAULT FLORIDE COUPE 1958 FRANCE

RENAULT FLORIDE COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 222 1/46 92㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 845㏄ 37HP 4段変速
性能: 最高速137km/h
データーベースでルノー フロリード/カラベルのミニカー検索

 

ルノー フロリード クーペ フランス 1958

 

 ルノー フロリードはドーフィンをベースにした2+2座のスポーティーカーで、1958年に発表されました。クーペとカブリオレの2タイプがあり、イタリアのピエトロ フルアがデザインした小粋なスタイルで人気がありました。フロリードという名前はアメリカのフロリダ州にちなんだものでしたが、北米とイギリスではカラベル(CARAVELLE)という名前で発売されました。リアに搭載したエンジンはドーフィンのゴルディーニ仕様(37HP)と同じで、走行性能はドーフィンより少しだけスポーティでしたが見た目重視の車でした。

 

 1962年にエンジンがルノー 8用の4気筒1L(48HP)に変更され4輪ディスクブレーキが採用されました。1962年以降は全市場で名前がカラベルに統一されました。1964年にエンジンが1.1L(55HP)に拡大されて最高速が158km/hに向上し、性能的にもスポーツカーらしくなりました。しかし1960年代後半になると見た目的にも時代遅れになり、1968年に生産中止となりました。総生産台数は約12万台でした。

 

 

 ミニカーは1959年に発売されたコーギーの当時物です。1950年代後半のミニカーですのでヘッドライトやバンパーは塗装処理の素朴な作りです。縮尺1/46と1/43より少し小さめに作られていますが、プロポーションが良く実車の雰囲気がしっかり再現されています。なおこのミニカーは室内の造形がされていてスプリング サスペンションのギミックが付いていますが、当時のミニカーにはまだ室内の造形がないがらんどうの物もありました。これ以外でもソリド、CIJ、ノレブ、ディンキー、スポットオン、ガマなど当時の老舗ブランドが揃ってモデル化していますので、実車の人気が高かったことが分かります。最近の物ではノレブの1/18と1/43があります。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT FLORIDE 1
RENAULT FLORIDE 2

 以下は1960年に発売されたディンキー(英)製のフロリード クーペ (1/43 No.543)の画像です。上記のコーギーと同じビンテージ物のミニカーで1977年にミニカー専門店で絶版品として入手した物ですが、これもプロポーションはしっかりしていて1960年代のミニカーとしては良い出来ばえです。こちらは室内の造形がなく白いゴム(天然ゴム系)のタイヤを履いているなどかなり初期のミニカーですが、これにもスプリング サスペンションのギミックは付いています。またリアタイヤをよく見てもらうと変形しているのが分かりますが、このタイプの白いゴムタイヤは派手に変形しているものが多いです。(参照ページ→ ミニカーの材質と経年変化 タイヤの変形) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT FLORIDE 3
RENAULT FLORIDE 4

 以下は1962年に発売されたスポットオン製のフロリード カブリオレ (1/42 型番166)の画像です。これも1960年代のビンテージ物のミニカーですが、メッキしたプラスチックパーツが使われているなど、内容的には新しいものです。スポットオンはバスなどの大型車も含めて縮尺を全て1/42で統一していたことで有名なブランドで、マニア向けのミニカーで出来ばえが良いものが多かったです。このフロリードもリアフェンダーのダクトやリアグリルの処理が巧みで当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT FLORIDE 5
RENAULT FLORIDE 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=575

   

 

CITROEN ID 19 BREAK 1958 FRANCE

CITROEN ID 19 BREAK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 99 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでシトロエン DS/ID ブレークのミニカー検索

 

シトロエン ID 19 ブレーク (ワゴン) フランス 1958

 

 DSの最大の技術的特徴は空気と油を使ったハイドロニューマチック システムによる卓越したサスペンションです。これは密封した窒素ガスを使うエア サスペンションにオイルポンプ油圧による車高調整を加えたようなサスペンション システムで、この油圧はパワー ステアリング、トランスミッション、ブレーキの制御にも使われていました。この複雑なシステムはコンピュータなどない時代ですから、全て機械式のメカで制御されていました。(優れた設計でしたが、複雑な構造でしたので油圧系の故障が付き物だったようです)

 

 1956年にDSの廉価版としてIDが設定されました。IDはエンジン出力がやや低く、クラッチとステアリングの油圧アシストが付いていませんでした。1958年にワゴン形式のブレークが追加されました。(アメリカではワゴン、イギリスではサファリ又はエステートと称する) ブレークのリアゲートは上下2分割式で標準仕様は商用バンで、乗用車仕様で3列シートを持つファミリアールもありました。またブレークのルーフはルーフラックを取り付ける為に、FRP製からスチール製に変更されていました。

 

 

 ミニカーは1990年代のリオ製で、ルーフラックの付いたブレークをモデル化しています。リオはこれ以外にも消防車、救急車霊柩車など20数種類のブレークをモデル化しています。リオ以外ではノレブ、ソリド、ブレキナなども多くのブレークをモデル化しています。イギリスのコーギーとディンキーからはサファリ又はエステートの名前でモデル化されています。

 以下は同じリオのブレークのバリエーションで「ラジオ ルクセンブルグ」(型番SL044)の画像です。これは報道用の無線移動車のようで、室内には放送用機器らしきものが搭載されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN ID 19 BREAK 1
CITROEN ID 19 BREAK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=597

   

SIMCA (VEDETTE) CHAMBORD 1958 FRANCE

SIMCA (VEDETTE) CHAMBORD 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4561 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.75m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: V型8気筒 2.4L 80HP 3段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシムカ (ベデット)のミニカー検索

 

シムカ (ベデット) シャンボール フランス 1958

 

 ベデットは合併後にボディを一新し、シムカ トリアノンとして登場します。エンジンはV型8気筒2.3L(84HP)を搭載していました。トリアノンのシリーズにはアロンド用の4気筒1.3Lエンジンを搭載したアリアーヌが追加されました。

 

 また8気筒エンジンを搭載した上級車クラスはワゴンのマーリー、ビューロ、シャンボール、プレジダンスにバリエーション展開されました。いずれもボディ細部が異なるだけの派生車でした。なおシムカの最高級車プレジダンスは、フランス大統領専用車にも採用されています。

 

 

 ミニカーは2000年発売のソリド製で、上級車クラスのシャンボールです。同じ型を使ったプレジダンスもモデル化されています。テールフィンとサイドの塗り分けは同時代の米フォードのフェアレーンとそっくりで、まさに小さなアメリカ車といった感じの車です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=632

   

CITROEN DS 19 HEARSE 1958 FRANCE

CITROEN DS 19 HEARSE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO SL023 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースで霊柩車のミニカー検索

 

シトロエン DS 19 霊柩車 フランス 1958

 

 昔の話ですが、イギリス人は誰でも一生に一度はロールス ロイスに乗ると言われていました。この一度乗る車とはロールス ロイスの霊柩車のことです。ロールス ロイスはシャーシが長持ちするので、イギリスの霊柩車は古いロールス ロイスを改装したものが多かったとのことです。霊柩車はメルセデス ベンツやキャディラックなどの高級車やそのステーションワゴンを改造したものが多いです。日本の霊柩車も同様ですが、日本には神社や寺院を模した棺室を有する日本独自の宮型霊柩車があります。

 

 一般的に日本では霊柩車は縁起が悪いというイメージがあり、霊柩車の国産ミニカーはダイヤペットが作った宮型霊柩車の1台しかありません。しかし海外では霊柩車にそういったこだわりがあまりないようで、海外のミニカーメーカーは霊柩車のミニカーを結構作っています。このミニカーはリオ製のDS 19 ブレークの霊柩車で、1996年に発売されました。リアウインドーに花輪が添えられていて、いかにもそれらしいミニカーに仕上がっています。リオはこのモデルのバリエーションを数種類と、DS 21の特別な霊柩車、メルセデス ベンツ 300Dの霊柩車、フィアット 519の霊柩車など10数種類をモデル化しています。

 

 

 以下はDS 19 霊柩車のフロント/リアの拡大画像と後部の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します。

CITROEN DS 19 HEARSE 1
CITROEN DS 19 HEARSE 2

 以下はリオのDS 21の特別な霊柩車(型番4193)の画像です。この車はイタリアの聖人 ピオ神父の葬儀用として1968年に製作された車で、後部が大幅に改造されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 HEARSE 3
CITROEN DS 19 HEARSE 4

 以下はリオのメルセデス ベンツ 300D 霊柩車(型番137)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 300D HEARSE 1
MERCEDES-BENZ 300D HEARSE 2

 リオ以外の物では、ベレムのキャディラック 霊柩車、オックスフォードのディムラー DS420 霊柩車、ミニチャンプスやシュコーのフォルクスワーゲン T1 霊柩車、NEO(レジン製)のキャディラック 霊柩車などがあります。ダイアペットとベレムの霊柩車は1980年代に作られましたが、それ以外のほとんどは1990年以降にモデル化されたものです。(1990年以前のミニカーはほとんどが子供のおもちゃだったので、おもちゃとして霊柩車はあまり相応しくなかったわけです) 以下はベレムのキャディラック 霊柩車(型番V306)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC HEARSE 1
GM CADILLAC HEARSE 2

 以下はベレムのオックスフォードのディムラー DS420 霊柩車(型番DS002)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DAIMLER DS420 HEARSE 1
DAIMLER DS420 HEARSE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1838

   

 

SIMCA OCEANE 1959 FRANCE

SIMCA OCEANE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 110 1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.26m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 57HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシムカ オセアーヌ(オーシャン)のミニカー検索

 

シムカ オセアーヌ(オーシャン) フランス 1959

 

 1955年にアロンドはマイナーチェンジされました。エンジンは1.3L(48HP)に拡大され、フロントとリアのデザインが変更されました。1957年には2ドアコンバーチブルのオセアーヌ、2ドアハードトップクーペのプランシエル(Plein Ciel)が追加されました。

 

この2つのスポーティ仕様はファセル製の軽快なボディに、57HPにパワーアップされたエンジンを搭載し、最高速は140km/hと高性能になっていました。アロンドは1958年にはエンジンはそのままで、ボディをかなり近代的なスタイルに変えたP60に変わりました。、

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、P60のオセアーヌのモデルです。セダンとは打って変わって、魅力的なスポーツカーであったことが分かります。本来は座席に女性ドライバーが座っているのですが、欠品してます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=630

   

CITROEN ID 19 MONTE CARLO 1959 FRANCE

CITROEN ID 19 MONTE CARLO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 109 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシトロエン DS/ID レース仕様のミニカー検索

 

シトロエン ID 19 モンテ カルロ フランス 1959

 

 優れた乗用車であったDS/IDは大柄のボディに非力な4気筒エンジンを積んでいたので高性能とは言えず、モータースポーツには無関係の車のように思えます。しかしDS/IDはその優れた操縦性を生かしてラリーでも活躍しています。1956年からプライベータがモンテ カルロ ラリーに参戦しており、1959年にはID 19が総合優勝しています。当時のラリーはまだ市販車そのままの車が活躍できる状況だったのです。

 

 1960年からワークスがDS 19で参戦するようになり、1961年のコルシカ ラリーや1962年の1000湖ラリーで優勝するなど活躍しています。1966年にはパワーアップしたDS21が投入され、モンテ カルロ ラリーで優勝しています。なおこの勝利は1-3位で完走したミニ クーパーが失格になったことで、4位からの繰り上げ優勝でした。その後も動力性能よりも耐久性が重視されるサファリ ラリーなどに参戦しています。1969年にはホイールベースを短縮し軽量化したラリー専用のDS 21が開発され、この車は1969年と1970年のモロッコ ラリーで優勝しています。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1992年に発売されました。1959年モンテ カルロ ラリー優勝車をモデル化しています。実車に即したカラーリングで補助灯が付いていて、当時のミニカーとしては良い出来ばえです。リオはこれ以外にもDS 19のミッレ ミリア、DS 21のモンテ カルロ、DS 21のサファリ、DS 21のモロッコ ラリーなど約20種類のレース仕様車をモデル化しています。リオ以外ではモンテ カルロやサファリ ラリー仕様車をビテスなどがモデル化しています。なお当時物ミニカーとしてはコーギーの1965年モンテ カルロ ラリー仕様車だけしかないようで、これはかなりのレア物です。

 以下はリオの1965年 サファリ ラリー仕様 #30(型番SL031)と1967年 モンテ カルロ ラリー仕様 #134(型番SL069)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS SAFARI 1965
CITROEN DS9 MONTE CARLO 1967

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1859

   

PANHARD PL17 1960 FRANCE

PANHARD PL17 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 547 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 850cc 42HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでパナール PL17のミニカー検索

 

パナール PL17 フランス 1960

 

 1960年にボディが変更されて、ディナからPL17に名前が変わりました。このPLとはかつての名声パナール ルバッソールのイニシャルで、17とは2気筒、4段変速、5ドア(トランクリッド含む)、6人乗りの数字を足したものということらしいです。同時に50HPに強化した高性能エンジンを搭載し最高速145km/hのティグル(TIGRE:虎)も追加されました。

 

 なおこのヘッドライトの上のひさしのような飾りは当時の流行で、シトロエン アミ 6にも同様の飾りがついてます。パナールは1965年にシトロエンに吸収合併され、その時点でPL17は生産中止となりました。

 

 

  ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。50年も前に作られたミニカーですので、若干塗装が荒れてます。上記のディナZと比べてみて、プロポーションがしっかり出来ていることが分かると思います。(さすがにホイールは見劣りしますけど)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=611

   

 

PEUGEOT 404 1960 FRANCE

PEUGEOT 404 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 553 1/43 102mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 69HP 4段変速
性能: 最高速143km/h
データーベースでプジョー 404のミニカー検索

 

プジョー 404 フランス 1960

 

 1960年に最初の4シリーズとして403の後継車404が登場します。404の最大の特徴はボディデザインをピニンファリーナが手がけたことで、ランチア フラミニアなどに代表される直線を基調にした美しいデザインでした。1.6L(69HP)に拡大されたエンジンは、フェンダーより低いボンネットを実現する為45度傾けて搭載されていました。

 

この後1995年の406まで、プジョーはピニンファリーナがデザインするようになり、このセンスの良いデザインがプジョーの特徴となっていきました。燃料噴射仕様エンジンや1.8Lディーゼルエンジンが追加されて、1978年まで長期にわたり生産されました。

 

 

 ミニカーはディンキー(仏)の当時物です。塗装の艶がなくなっているので見た目が良くないですが、プロポーション的には良くできています。低いボンネット、ルーフ後端とそれにつながるテールフィンなどピニンファリーナ スタイルがよく捉えられています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=617

   

FACEL VEGA FACELLIA 1960 FRANCE

FACEL VEGA FACELLIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CIJ 3/3 1/43 96mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.12m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒DOHC 1.6L 115HP!) 4段変速
性能: 最高速182km/h

 

ファセル ヴェガ ファセリア フランス 1960

 

 ファセルは北米である程度成功し、続いてさらなる販路拡大を目指して小型高級車の開発に乗り出しました。1960年に登場したファセル ヴェガ ファセリアはファセル ヴェガのイメージを継承し小型化したものでした。ファセリアには独自設計の4気筒1.6LDOHCエンジン(115HP!)が搭載されましたが、このエンジンは信頼性がなくトラブルが多発しました。

 

 その後エンジンをボルボなどに切り替えましたが、ファセリアは信頼を回復することが出来ず、大型のファセル ヴェガも販売不振となり1964年に倒産してしまいました。

 

 

 ミニカーはフランスのCIJ(セーイージー)製の当時物です。50年も前に作られたオリジナル品ですが、CIJが当時いかに高度なミニカーを作っていたかがよく分かると思います。(ハードトップは外せます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=628

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...15 次へ »