ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

TOYOTA HARRIER HIBRID (MCU10) 2006 JAPAN

TOYOTA HARRIER HIBRID (MCU10) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC42003SL 1/43 111㎜

 

トヨタ ハリアー ハイブリッド プレミアム S パッケージ MCU10L型 日本 2006

 

 国内版 ハリアー 2代目 2003年 登場
 レクサス RX 2代目 2003年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.78m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3.3L 211HP
+ フロント モーター 167HP + リア モーター 68HP CVT
性能: 最高速180km/h (国内仕様)   4WD
データーベースでトヨタ ハリアーのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1492

   

TOYOTA LEXUS LS 460L (F40) 2008 JAPAN

TOYOTA LEXUS LS 460L (F40) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 156 1/43 120㎜

 

トヨタ レクサス LS 460L F40型 日本 2008

 

 レクサスブランドの旗艦 LSの4代目 2006年に登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.19m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 4.6L 380HP 8段自動変速
性能: 最高速250km/h (輸出仕様)
データーベースでトヨタ レクサス LSのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1402

   

 

TOYOTA LEXUS LS600hL (F46) 2007 JAPAN

TOYOTA LEXUS LS600hL (F46) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC52002BK 1/43 121㎜

 

トヨタ レクサス LS600hL F46型 日本 2007

 

 レクサスブランドの旗艦 LS 4代目 2006年に登場
 LS600hLはロングホイールベースのハイブリッド車

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.18m 全幅約1.88m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5L 394HP + モーター 165KW(224HP) 
 電気式無段変速
性能: 最高速250km/h (輸出仕様)   トルセンLSD方式4WD
データーベースでレクサス LSのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1493

   

TOYOTA LEXUS LFA 2011 JAPAN

TOYOTA LEXUS LFA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400166020 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: DOHC V型10気筒 4.8L 560HP 6段半自動変速
性能: 最高速323km/h
データーベースでレクサス LFAのミニカー検索

 

トヨタ レクサス LFA 日本 2011

 

 トヨタが国産初のスーパーカーとして2000年頃から開発を進めていたレクサスのスポーツカーは、2005年と2007年にコンセプトカー「LF-A」として公開され、市販車「LFA」は2010年から販売されました。デザインはトヨタ(レクサス)流のオーソドックスなもので、この手のスーパーカーとしてはやや地味で、リアサイドのエアスクープだけがやけに目立ちます。リアには車速感応式のスポイラーが装備されていますが、これも低速時には目立ちません。

 

 シャーシはカーボンモノコックでボディはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製で軽量です。この車の為にヤマハ発動機が開発したV型10気筒エンジンは過給なしで560HPと高性能です。(2000GTやトヨタ 7など高性能エンジンは全てヤマハが開発) フロントミドシップ搭載したエンジンとトランスアクスルによる後輪駆動というオーソドックスなFR駆動方式で、最近はやりの電子制御式4WD方式はあえて使わなかったようです。

 

 

 ただ電子制御のトラクションコントロールやABSなどの車体総合コントロールシステムは当然の装備で、オート/スポーツ/ノーマル/ウエットの走行モードを選択できます。またオーディオ、エアコン、パワーシートなど快適装備や5個のエアバックにより安全装備も完備しています。国内の工場で熟練工の手作業で1日1台のペースで生産していたとのことで、2012年末までに約500台が生産されました。車両開発段階のLF-Aの頃からレースに参戦していて、現在もレース仕様車が活躍しています。

 ミニカーはミニチャンプス製で2012年に発売されました。ミニチャンプスらしいそつのない作りで、悪くはない出来ばえです。ただ2000年頃のモデルと比べると、内装の仕上げなど細部を手抜きした感じがします。(ミニカーの出来ばえには型職人など関与した人の意思がなんとなく反映されているものです。このミニカーで左サイドウインドーが閉じていることが意味するのは、憶測ですが、コストダウンでウインド開状態にするのを止めたこと、もしくは室内の仕上げを手抜きしたことなどのやる気のなさです) ミニチャンプス以外ではエブロ(レジン製)、オートアート(1/18)、京商(1/64)などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1668

   

 

TOYOTA PRIUS 1997 JAPAN

TOYOTA PRIUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
M-TECH MS-20-A 1/43 99mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 58HP + 電動モータ 30KW(40HP)  電気式無段変速機 (プラネタリーギヤ)
性能: 最高速160km/h  
データーベースでトヨタ プリウスのミニカー検索

 

トヨタ プリウス 日本 1997

 

 2015年現在 国内自動車市場を席巻しているハイブリッド車の元祖であるプリウスが1997年に登場しました。プリウスはエンジンと電気モーターを組み合わせることでこれまでにない画期的な低燃費(当初は28km/L(10/15モード) 最終型は31km/L)を実現しました。このハイブリッドシステム THS(Toyota Hybrid System)は遊星歯車を使った非常に高度なハードウエア構成とそれを制御するソフトウエアによるものです。ボディのデザインは中身ほど画期的ではないですが、少し変わっていて目立つデザインです。

 

 またこの車に使われたニッケル水素電池(松下製)も画期的なもので、この電池がなければこの車は実用化されなかったでしょう。価格は215万円でこのクラスの車としては高価でしたが、革新的な内容を考えると政策的につけられた安い値段でした。その為もあって初年度に1万台以上売れ、初のハイブリッド車として成功しました。2000年からは北米でも販売され、環境問題に関心のあるインテリ層が購入して話題となりました。2003年に2代目にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはエムテック製の当時物で、プロモーション用に作られたこともあって非常に良い出来です。エムテックで市販されたものはパッケージに鉄腕アトムのフィギュアが付属していて、これは新時代の車というトヨタのイメージ戦略に沿っているのでしょう。ボンネットが開いて簡単な造形ですがエンジンも付いてます。これ以外ではトミカの当時物と、2012年に発売された国産名車コレクションのものがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1392

   

TOYOTA PRIUS 2004 JAPAN

TOYOTA PRIUS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400166300 1/43 105mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 78HP + 電動モータ 50KW(68HP)  電気式無段変速機 (プラネタリーギヤ)
性能: 最高速179km/h  
データーベースでトヨタ プリウスのミニカー検索

 

トヨタ プリウス 日本 2004

 

 プリウスの2代目が2003年に登場します。ボディは大きくなり3ナンバー車となりました。デザイン的にはノッチバックセダンから中央部分が高くそこから裾を引いた冨士山のようなスマートな5ドアハッチバックになりました。(空力特性の向上も狙ったもの) ハイブリッドシステムはエンジン最高回転数を上げ、モーター駆動電圧を昇圧して出力をパワーアップしたTHS?II(Toyota Hybrid System II)にアップグレードされ、燃費は35.5km/Lに向上しています。輸出仕様車が2005年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 モーターだけで走行する「EVモード」、後方カメラを使って駐車時のハンドル操作を自動化する「インテリジェントパーキングアシスト」(世界初)、エンジン停止中も作動する電動コンプレッサ式エアコン、キーを使わずエンジンが始動するキーレスエントリーなどの新技術がてんこもりでした。燃費の良さが世の中に知れ渡り、スマートな外観で豪華になった2代目は大ヒットしました。2005/2007年のマイナーチェンジで装備や走行性能を向上させ、2009年に3代目にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製の当時物です。ヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞したことでモデル化されたのでしょう。ミニチャンプスらしい細部をきちんと再現した良い出来映えです。これ以外では京商のJコレクション、その京商をベースにしたRAI'Sのポリス、トミカ、トミーテックの1/150などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1365

   

 

ページ  « 前へ 1...13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23   次へ »