ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 1925 FRANCE

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 140 1/43 120㎜

 

パナール ルヴァッソ-ル 35CV  (タイプ X42) フランス 1925

 

 第一次世界大戦中に航空機エンジンを生産していたパナールは戦後型として1921年に静粛性に優れたスリーブ バルブ式エンジンを採用した4気筒3.2Lと8気筒6.4Lのモデルを発表します。この8気筒モデル(35CV)は前輪ブレーキを備えており当時のロールス ロイスなどと競合する高性能高級車でした。当時シトロエンなどは小型大衆車の量産体制に進もうとしていましたが、老舗のパナールはこのような大型高級車に社運をかけようとしていました。

 

 ミニカーはソリド初期のクラシックカーシリーズの一つです。古典的なデザインのボディでいかにもこの当時の高級車といった感じがします。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 8気筒 6.4L 
性能: 
データーベースでパナールのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=169

   

LORRAINE DIETRICH B3-6 #5 Le Mans 1925 FRANCE

LORRAINE DIETRICH B3-6 #5 Le Mans 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO LM1925 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 6気筒 3.45L 100HP 3段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでロレーヌ ディートリッヒのミニカー検索

 

ロレーヌ ディートリッヒ B3-6 フランス 1925

 

 ディートリッヒ社はフランスのロレーヌ地方(ドイツとの国境地帯)で蒸気機関車を作っていた会社で、1896年に自動車製造に進出し1935年まで自動車を生産していました。後にブガッティを設計した有名な技術者E.ブガッティを採用し、彼が設計した4気筒車はこの会社の名前を上げました。1905年から車の名前をロレーヌ ディートリッヒに改名しており、この頃には高性能な車として評価されていました。初期のロレーヌ ディートリッヒ

 

 第1次大戦中は軍需品生産を行い、戦後に自動車と航空機エンジンの製造を再開しました。1919年に高性能な6気筒3.45Lエンジンを搭載する新型のA1-6とB2-6が登場します。この車は1922年にB3-6に発展し、そのレース仕様車は1925年ルマンで優勝と3位、1926年ルマンでは1-2-3フィニッシュで優勝しています。ルマンを2連覇したメーカーはロレーヌ ディートリッヒが初めてでした。その後も4気筒2.3L/6気筒6.1Lエンジン搭載車などが追加されました。1928年に会社は売却されて車名がロレーヌに変更されました。1935年に販売不振で自動車市場から撤退し、第2次大戦中は軍用車(装甲車ロレーヌ_37Lなど)の製造を行いました。

 

 

 ミニカーはイクソ製で、2006年頃発売されました。ルマン24シリーズの1台で、1925年ルマン優勝車をモデル化しています。フロントグリルのエンブレム内装のメーターパネルなども再現してあり、かなり良い出来ばえです。イクソは1925年と1926年のルマン出場車を数種類モデル化しています。イクソ以外ではミニチャンプスがB3-6の市販車をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1753

   

 

RENAULT 40CV LANDAULET 1926 FRANCE

RENAULT 40CV LANDAULET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 149 1/43 128mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 6気筒 9.1L 140HP 3段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでルノー 40CVのミニカー検索

 

ルノー 40CV ランドレー フランス 1926

 

 1914年に第1次世界大戦が始まり、ルノーは砲弾などの軍需品の生産を行いました。第1次大戦中にルノーのタクシーは「マルヌのタクシー」として知られる作戦で戦勝に貢献しています。第1次大戦が終わるとルノーは戦前型のモデルを復活させました。この当時のルノーは旧式の設計を変えず新技術の開発が遅れていたので、シトロエンなどの新興メーカに比べると旧態化しつつありました。例えばフロントブレーキを採用したのは大型車で1922年と他社よりかなり遅れていました。

 

 その古い設計を代表していたのが1911年に登場した6気筒7.5Lエンジン搭載の40CV(タイプ CG)でした。40CVはルノーの最上級の大型高級車で、フランス大統領専用車としても使われました。40CVは1920年にエンジンが9.1Lに拡大されるなどの変更がありましたが、基本的な設計を変えないまま1928年まで生産されました。ラジエータをエンジンルーム後方に配置する基本設計を変えなかったので、「象の鼻」と呼ばれた特徴的なフロントノーズも長い間続きました。40CVは同じクラスの高級車(ロールス ロイスなど)よりも価格が安かったので生産台数は多かったとのことです。1928年に40CVはルノー初の8気筒エンジンを搭載したレナステラにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1960年代に発売されたソリド初期のクラシックカーシリーズの1つです。エンジンが9.1Lに拡大された後期型の40CV ランドレーをモデル化しています。1960年代のソリドのクラシックカーのミニカーは、当時としてはレベルの高いものでした。この40CVも実車の雰囲気が良く再現されています。「象の鼻」のボンネットが開くギミック付でエンジンも再現されています。バリエーションとして少しスポーティなフェートン仕様とフランス大統領車仕様があります。ソリド以外では、リオのトルペード、ノレブの大統領車仕様があります。 以下はフロント/ボンネットを開いた状態の拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT 40CV 1
RENAULT 40CV 2

 以下は1980年に発売されたソリド製のルノー 40CV フェートン 1926年 (1/43 型番1159)の画像です。上記のランドレーとの違いはフルオープンのフェートンでソフトトップを閉じた仕様となっていることとフロントウィンドー横に補助灯、リアにトランクが付いていることです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 40CV 3
RENAULT 40CV 4

 以下は1990年頃に発売されたソリド製のルノー 40CV 大統領車 1923年 (1/43 型番4165)の画像です。フルオープン仕様となっていて、フランス国旗が付いています。(実車画像→ルノー 40CV フランス大統領車 1923) (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 40CV PRESIDENT 1
RENAULT 40CV PRESIDENT 2

 以下は1970年代に発売されたリオ製のルノー 40CV トルペード 1923年 (1/43 型番52)画像です。リオはイタリアのメーカーなので、このフェートン(オープン仕様)をイタリア式にトルペードと呼んでいます。ボディ上面にボートのように木が張ってあり、上記のソリド製の40CVよりフロントウィンドーの傾きが大きくドアのオープニングラインが傾いているなど、よりスポーティなデザインのボディとなっています。リオのクラシックカーのミニカーの出来ばえは当時最もレベルの高いものでした。ソリド製より細部がリアルに仕上げられていて、床下のシャーシやサスペンションなどのメカ部分まで再現されています。なお2019年の現時点でも、クラシックカーの1/43サイズのミニカーでこれ以上に出来の良い物は作られていません。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 40CV 5
RENAULT 40CV 6

 以下はフロント/ボンネットを開いた状態の拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 40CV 7
RENAULT 40CV 8

 以下は1970年代に発売されたリオ製のルノー 40CV スポーツ 1923年 (1/43 型番53)の画像です。上記のバリエーションで、前席と後席に独立したカウルを持つダブルカウル フェートンで後席のみ幌を立てた仕様となっています。当時のロールス ロイスなどに比べて見劣りするエンジンを少し強化して動力性能を上げたタイプがスポーツでした。後席のみ幌付なので面白い見た目になっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT 40CV 9
RENAULT 40CV 10

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=164

   

HISPANO SUIZA H6B 1926 SPAIN/FRANCE

HISPANO SUIZA H6B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 145 1/43 115mm

 

イスパノ スイザ H6B スペイン/フランス 1926

 

 イスパノ スイザのマスコットは飛翔するコウノトリですが、これはイスパノ スイザ エンジンを積むフランス空軍戦隊のエンブレムをベースにしたものでした。また生産工場の主力がフランスでしたのでイスパノ スイザはフランス車ともいえます。

 

 このミニカーはソリド製で、数種類のバリエーションが作られています。このモデルは室内を小型ボートのデッキ風にしたしゃれたデザインになっています。有名なマスコット(飛翔するコウノトリ)も見事に再現されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m
エンジン 変速機: 6気筒 6594cc 135HP 3段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでイスパノ スイザのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=172

   

BUGATTI T35B 1927 FRANCE

BUGATTI T35B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1025 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3690mm 全幅 1320㎜
エンジン 変速機: 8気筒 2.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速193km/h
データーベースでブガッティ T35のミニカー検索

 

ブガッティ T35B フランス 1927

 

 1922年に独自の3バルブの8気筒2Lエンジンを搭載したツーリングカー T30が発表されました。この車をベースにして1924年に登場したレーシングカーがT35で、当時のレースを席巻したブガッティで一番有名な車です。T35の馬蹄形のラジエータグリルは、以後ブガッティのトレードマークとなっています。

 

 この車はレースカーとして優れているだけではなく、芸術的な美しさも兼ね備えていました。芸術家でもあった設計者エットール ブガッティのセンスやこだわりがいたるところに感じられ、この車に魅せられている人が多いのもうなずかされます。なおT35Bは排気量を2.3Lに拡大しスーパーチャージャーを追加して138HPにパワーアップした最強モデルです。

 

 

 ミニカーはフランスのエリゴール製で、1982年頃に発売されました。特徴的なホイールやフロントサスペンションなどがリアルに再現されています。1/43サイズでT35の量産ミニカーとして、当時最高の出来ばえでしたが、現在でも第一級品と言えるでしょう。以下はフロントとコクピットの拡大画像です。

BUGATTI T35B 3
BUGATTI T35B 4

 これ以外のミニカーとして古いものでは、マッチボックスとラミー(RAMI)の物があります。どちらも1960年代に発売された物ですので、素朴な作りのミニカーです。ただ50年以上も前に作られていることを考えると、結構リアルにできていると思います。以下はそのマッチボックス(型番Y06-2)とラミー(型番6)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T35B 1
BUGATTI T35B 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=162

   

 

RENAULT NN 1927 FRANCE

RENAULT NN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1040 1/43 90mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m
エンジン 変速機: 4気筒 950cc 17HP 3段変速
性能: 最高速約60km/h
データーベースでルノー NNのミニカー検索

 

ルノー NN フランス 1927

 

 当時のフランスで小型車として大ヒットしたシトロエン 5CVに対抗して、ルノーが1922年に登場させたのがのルノー KJ (6CV)でした。4気筒950cc(8.3HP)エンジンを搭載したやや旧式な設計の小型車でしたが、それ故耐久性には優れていたそうです。KJは1924年に改良されてNNとなりました。NNの4気筒950ccエンジンは17HPにパワーアップされて前輪ブレーキが装備され、3段変速で最高速約60km/hの性能でした。デザインはシンプルな大人しいもので、まだラジエータをエンジン後方に搭載していたのでフロントグリルのない「象の鼻」のフロントノーズでした。1929年にボディを大型化したNN2に変わり、1930年まで生産されました。

 

 実車がどうだったか分かりませんが、画像を見る限りではNNは同時期のシトロエン 5CVよりも見た目がりっぱな車に見えます。このNNの雰囲気にルノーが一時代前の栄光の影を引きずっていたことがうかがえます。シトロエンは小型大衆車に特化して販売台数を伸ばしましたが、ルノーは大型高級車から小型車までフルラインナップの生産を続けていました。その為フランス最大の自動車会社だったルノーは次第にシトロエンやプジョーにつぐ第3位のメーカーとなっていきました。

 

 

 ミニカーは1980年代に発売されたエリゴール製です。NNのトルペード(オープン仕様)の幌を立てた状態をモデル化しています。実車の雰囲気が良く再現されていて、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。ボンネット開閉ギミック付きでエンジンも再現されています。初期のエリゴールのミニカーは同時期のノレブのプラスチック製ミニカーをコピーした物が多いのですが、これもノレブの型番76のNNをベースにしています。バリエーションとしてクーペ仕様とタクシー仕様がありました。これ以外のNNのミニカーはリーツェの1/87、ユニバーサルホビー、最近のノレブの新しいものなどがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

RENAULT NN 1
RENAULT NN 2

 以下は1980年代に発売されたエリゴール製のルノー NN クーペ (1/43 型番1041)の画像です。上記のバリエーションで、後席が密閉された少し高級なボディ形式をモデル化しています。ミニカーの箱には名前がNN TORPEDO DECOUVERTと書かれていますが、意味が良くわかりません。このボディ形式はクーペ(仏語ではクぺ)と呼ぶこともあるようですので、クーペとしています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT NN 3
RENAULT NN 4

 以下は1980年代に発売されたエリゴール製のルノー NN クーペ (1/43 型番1041B)の画像です。上記のバリエーションで、エンジンルーム後部に灯火(ランタン)が追加され後席部側面に籐製(枝編み細工)の模様が付けられているので、上記よりも高級な仕様をモデル化しているようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT NN 5
RENAULT NN 6

 以下は1980年代に発売されたエリゴール製のルノー KZ タクシー (1/43 型番1042)の画像です。KZはNNと同時期のモデルでNNより少しボディが大きく4気筒2.2Lエンジンを搭載していました。見た目はほとんど同じなので、ボディの大きさの違いを無視してNNの型を流用してタクシー仕様に仕上げた物です。当時はシトロエン B2 タクシーの方が多かったようですが、こちらの方がシトロエン B2より高級な感じがします。エンジンルーム後方左側に張り出している四角い箱はタクシーメータです。箱の上部に「LIBRE」(英語のFREE)と表示されているのは空車という意味なのでしょう。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
RENAULT KZ                    
 TAXI 1
RENAULT KZ TAXI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=166

   

PEUGEOT 172 R 1927 FRANCE

PEUGEOT 172 R 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 8 1/43 78mm

 

プジョー 172 R フランス 1927

 

 プジョーは第一次大戦後の1921年に大型高級車156と小型車161を発表します。161は前後2座席という幅の狭い超軽量ボディに4気筒 667cc 8HPのエンジンを搭載した画期的な小型車で、性能はともかく価格が安かったので2年間で3500台を販売して成功しました。

 そしてこの成功がシトロエン5CVなどの小型車開発のきっかけとなっています。161は改良されて1922年に172になり、その後も172BC、BS、R、Sなどと1929年まで派生モデルが作られシトロエン5CVにつぐヒット車となります。

 

 ミニカーはノレブのプラスチック製です。172の後期のR型をモデル化しており、前席に2座席ありますが後席は荷物置き場か非常用のようです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m
エンジン 変速機: 4気筒 667cc 10HP 3段変速
性能: 最高速60km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=168

   

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 1927 FRANCE

PANHARD LEVASSOR 35CV (X42) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 39 1/43 90mm

 

パナール ルヴァッソ-ル 35CV  (タイプ X42) フランス 1927

 

 上記のスリーブバルブ式エンジンとは吸排気バルブの代わりにシリンダーとピストンの間に設けた上下動するスリーブで吸排気をおこなうもので、バルブがないので動作がスムーズかつ静かで高級車に用いられていました。パナールも1922年には4気筒1.2Lの小型車を発表していますが、このモデルにも複雑で高価なスリーブバルブ式エンジンを採用しており安価なシトロエン 5CVなどとは勝負にならなかったようです。

 

 ミニカーはノレブのプラスチック製です。上記と同じ35CVですが、この車はホイールベースが短いスポーツタイプで低い車高のボディを載せています。プラスチック製ですが良く出来ているのであまり安っぽい感じはしません。

 

実車諸元 
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 8気筒 6.4L 
性能: 
データーベースでパナールのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=170

   

 

BUGATTI T35B 1928 FRANCE

BUGATTI T35B 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR 1045 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長 3690mm 全幅 1320㎜
エンジン 変速機: 8気筒 2.3L 135HP 4段変速
性能: 最高速193km/h
データーベースでブガッティ T35のミニカー検索

 

ブガッティ T35B フランス 1928

 

 ブガッティ、ベントレーアルファ ロメオなどビンテージ期のレーシングカーは市販スポーツカーをチューンした物がほとんどで、基本的には公道を走ることができたようです。画像はブガッティ T35Bの公道仕様で、ヘッドライトや泥よけがついています。当時のフランスではヘッドライトとホーンが付いていれば公道を走ることが出来たようなので、この車はレースの行き帰りの足にも使えた訳です。もちろん荷物を積んだりはできませんので、実用的な日常の足にはなりませんが。

 

 ミニカーはエリゴール製で、前述したT35Bのバリエーションです。前輪の車軸部分や細い泥よけなどがリアルに再現されていて、1/43サイズでは第一級の出来ばえだと思います。エリゴールはレース仕様など10種類ほどのバリエーションを作っています。 これ以外のT35のミニカーとしては1990年頃に発売されたマッチボックスのYシリーズ、1999年頃に発売されたフランクリン ミントの1/24、2003年に発売されたイクソなどがあります。

 

 

 以下はイクソのT35B(型番CLC02)の画像です。1/43サイズでは現時点で一番出来の良い量産ミニカーだと思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T35B 1
BUGATTI T35B 2

 以下はマッチボックスのT35B(型番Y11-5)の画像です。25年以上も前に発売されたミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T35B 1
BUGATTI T35B 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=163

   

DARMONT SPORT 1929 FRANCE

DARMONT SPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R004 1/43 87㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: 2気筒 1.1L 35HP 2段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでダールモンのミニカー検索

 

ダールモン スポーツ フランス 1929

 

 1910年頃に2輪車の部品や技術を流用して製造されたサイクルカーと呼ばれる軽便な小型車が登場しました。(初期のサイクルカー) これらの小型車は安価で税金や維持費が安かったことから普及していき、1920年頃にはフランス、イギリス、アメリカなどで200社以上の中小メーカーがありました。有名なのはフランスのダールモンやアミルカー、イギリスのGNやモーガンなどです。1920年代中頃になるとシトロエン 5CVやオースチン セブンなどの安価ながらきちんと設計された小型車が登場し、自動車としての完成度が低いサイクルカーは瞬く間に駆逐されました。なお第二次大戦後にもメッサーシュミットイセッタなどの簡便な小型車が登場しましたが、これらはその丸っこい形態からバブルカーと呼ばれています。

 

 モーガンのサイクルカーはイギリスからフランスに輸出されていましたが、1914年に第一次世界大戦が起こり輸出が止まりました。そこでダールモン兄弟の貿易会社が、モーガンのライセンス認可を得てフランスでモーガンを生産することになりました。これがダールモンのサイクルカーで、見た目はモーガンと非常によく似ています。ダールモンの販売は好調で、ボディ形状やエンジン/変速機などを変更したモデルが追加されました。1935年には4輪車のV-ジュニアが登場しますが、1936年にダールモンは生産を止めました。

 

 

 ミニカーはブルム製で1977年に発売されました。ブルム初期に作られたサイクルカーの一つで、当時のミニカーとしては非常によくできていました。またこの手のサイクルカーがモデル化されたのは初めてだったので、車種的にも貴重なミニカーでした。ブルムはモーガンもモデル化していますが、モーガンとはボディ形状やエンジンと排気管の取り回しなどが変えてあります。サイクルカーのミニカーはブルム製がほとんどで、それ以外ではスパークのモーガンぐらいしかありません。
データーベースでサイクルカーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1822

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3   次へ »