ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

LOTUS ESPRIT S1 1975 UK

LOTUS ESPRIT S1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
朝日通商 Σ143 1 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.19m 全幅約1.85m
エンジン 変速機: DOHC4気筒 2L 160HP 5段変速
性能: 最高速222km/h
データーベースでロータス エスプリのミニカー検索

 

ロータス エスプリ S1 イギリス 1975

 

 ロータス ヨーロッパの後継として1975年にエスプリが登場しました。イタル デザインのG.ジウジアーロによる直線的なデザインは当時のスーパーカー的なもので、車の性格も安価なスポーツカーという路線から高性能な高級スポーツカーに変わりました。バックボーン フレームにFRPボディという構造は継承され、ロータス自社製のDOHC 4気筒2L(160HP)エンジンをミドシップに搭載し、5段変速で最高速222km/hと高性能でした。1977年の映画「007 わたしを愛したスパイ」で、潜水艦に変化するボンドカーとして登場し有名になりました。

 

 1978年のマイナーチェンジでS2(シリーズ 2)となり、1980年には2.2Lに排気量が拡大されさらにターボ仕様(210HP 最高速245km/h)が追加され、一段と高性能になりました。1981年にはこのターボ仕様の足回りをベースにしたS3(シリーズ 3)に発展し、1987年に丸みを帯びたボディデザインに変更されました。その後1993年に内外装を変更したS4(シリーズ 4)となり、1996年にはV型8気筒3.5L(350HP)エンジンを搭載したV8が追加され2004年まで生産されました。エスプリの総生産台数は約1万台でした。

 

 

 ミニカーは輸入商社であった朝日通商がスーパーカーブームに乗じて立ち上げたΣ(シグマ)143というブランド製で1978年に発売されました。当時の国産ミニカーとしては珍しい1/43サイズで、全体的なプロポーションがしっかりしていてかなり良い出来ばえでした。同時期のトミカ ダンディと良く似た作風ですので、関連があったのかもしれません。実際にこのブランドから出ていたフォルクスワーゲン ビートルはトミカ ダンディの型を流用していたようです。これ以外の当時物ミニカーとしては、コーギーの1/36の潜水艦タイプのボンドカー、エーダイ グリップの1/28(潜水艦仕様も有り)、トミカ、オートアートの1/43と1/18などがありました。最近の物では、ミニチャンプス(潜水艦仕様も有り)、コーギーの再生産品 1/36、京商の1/64と1/72(潜水艦仕様)、イクソ、バンガーズ、スパーク(レジン製)などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/リアパネル開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LOTUS ESPRIT S1 1
LOTUS ESPRIT S1 2

 以下は1997年に発売されたコーギー製のエスプリ 007 潜水艦仕様 (1/36 型番65001)の画像です。このミニカーは映画「007 わたしを愛したスパイ」の公開と同時に型番269で発売され、その後の数年間で約150万台が販売されました。これはそのオリジナルではなく映画の20周年記念として1997年に発売された復刻版です。ミニカー本体はオリジナルとほとんど同じ仕様で、おまけとしてオリジナルには付いていない「ジョーズ」(映画の中にでてくる悪役で鋼鉄製の歯の持ち主)のフィギュアーが付いています。ボディ側面と後方から水中翼が飛び出すギミックとリアウインドー部分からミサイルを発射するギミックが付いています。 このミニカーのギミックの詳細はこちらのページをご覧ください。→ ロータス エスプリ 潜水艦仕様のギミック紹介ページ
(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
LOTUS ESPRIT SUBMARINE 1
LOTUS ESPRIT SUBMARINE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=868

   

JAGUAR XJ12C SERIES II 1975 UK

JAGUAR XJ12C SERIES II 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400130460 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型12気筒 5.3L 287HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速236km/h
データーベースでジャガー XJ6/12のミニカー検索

 

ジャガー XJ12C シリーズ II イギリス 1975

 

 ジャガー XJシリーズは1973年のマイナーチェンジで、シリーズ IIとなりました。(フロントのウインカーがバンパー下に移動しました) 1975年のマイナーチェンジでXJ6は2.8Lエンジンが廃止されて3.5L(163HP)エンジンに切り替わりました。それと同時にピラーレスハードトップの2ドアクーペ XJ6C/12Cが追加されました。優雅で美しいスタイルのクーペボディには、セダンのXJシリーズにはない魅力がありました。エンジンはXJ6Cが6気筒4.2L、XJ12CがV型12気筒5.3Lを搭載していました。

 

 XJシリーズのディムラー版にもクーペが追加され、そちらは6気筒がソブリン クーペ、12気筒がソブリン ダブルシックス クーペでした。1975年にXJ-Sが発売され、XJ クーペは1977年に早々と生産中止となりました。ディムラー版も含めて約1万台しか生産されていないXJ クーペは希少な車でした。なおXJ クーペはすべてレザートップ風のビニールレザー処理がされていました。(1970年代の日本車にもビニールレザー処理が流行ったことがありました) これはBピラーがないXJクーペの大きな屋根が変形しやすく、当時の塗装だけではクラックが発生したからだそうです。またこの屋根は水漏れや風切り音の問題もあったそうです。

 

 

 ミニカーは2005年に発売されたミニチャンプス製です。独特のフロントと美しいクーペスタイルがうまく再現され、室内などの細部もリアルでかなり良い出来ばえです。(2005年頃のミニチャンプスの1/43ミニカーは第一級品の出来ばえでした) ただこれはビニールレザートップになっていないのでそこが今一つです。 ミニチャンプスはセダンのXJ12もモデル化しています。XJクーペの当時物としてはコーギーの1/36とディンキーの1/36ぐらいしかありません。最近の物でもネオ(レジン製)のXJ6C 1/18とスパーク(レジン製)のレース仕様ぐらいで、実車同様にミニカーも少ないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR XJ12C SERIES II 1
JAGUAR XJ12C SERIES II 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1307

   

 

LAND ROVER SERIES III 109 1975 UK

LAND ROVER SERIES III 109 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DELPRADO 1-58 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 86HP 4X2段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでランドローバー シリーズ IIIのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ III 109 イギリス 1975

 

 ランドローバーは1971年にシリーズ IIIにモデルチェンジしました。外観はほとんど同じですが、金属製のフロントグリルがプラスチック製に変わりました。エンジンはシリーズ IIと同じ4気筒2.3L(73HP)、6気筒2.6L(86HP)、4気筒2.3L(62HP)ディーゼルで少しパワーアップし、変速機がフルシンクロになりました。内装もプラスチックパネルの採用など時代に見合った物に変更され、その後も高級なオプション仕様が設定されていきました。

 1979年には軍専用車(101インチ フォワードコントロール)に使われていたV型8気筒3.5L(91HP)エンジンを搭載したステージ 1が追加されました。ステージ 1のフロントグリルは従来の奥まった位置から前に移動して近代的なデザインになりました。シリーズ IIIは1983年まで生産され、シリーズ IV(1990年からはディフェンダーに改名)に変わりました。なおランドローバーは生産された車の2/3がまだ現役で使われているそうで、類い希な信頼性の高さを証明しています。 

 

 シリーズ IIIが登場した前年の1970年には、従来の4WD車の概念を変えた画期的な高級車レンジローバーが登場しました。オフロード性能はランドローバー並みで、オンロードでも快適に使えるレンジローバーは、発売されるとすぐに高い評価を得ました。1975?にローバー社はBLグループに組み込まれ、国営企業となりました。その後BLの民営化に伴い1978年には独?採算のグループ企業ランドローバー社が設?されました。

 

 

 ミニカーはデルプラドの世界の名車シリーズで、2002年に発売されました。メーカーはユニバーサルホビー(EAGLE'S RACE 型番1523)です。名車シリーズの雑誌にはミニカーがディフェンダーである旨の記載がありますが、実際にはシリーズ IIIのモデルです。(名車シリーズにはこの類の誤記が結構あります) プロポーションが良く、底板にはサスペンションや駆動メカがそこそこ再現されていて、世界の名車シリーズのなかでも良い出来ばえの部類です。これ以外のシリーズ IIIのミニカーとしては、ソリド、コーギーの1/36、ポリスティルの1/43と1/25、メーベトイの1/25などがありました。最近の物では、ホンウェル(カララマ)の1/72、ユニバーサルホビー、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内/底板の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LAND ROVER SERIES III 109 1
LAND ROVER SERIES III 109 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1333

   

FORD FIESTA 1976 UK

FORD FIESTA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 53 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.57m 全幅約1.57m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 53HP 4段変速
性能: 最高速145km/h
データーベースでフォード フィエスタのミニカー検索

 

フォード フィエスタ イギリス 1976

 

 フォードが世界戦略車として開発した本格的な小型車がフィエスタで、1976年に登場しました。同時期のGMの世界戦略車Tカー(オペル カデットなど)に対抗した車でもありました。4気筒957cc(45HP)と1.1L(53HP)エンジンをダンテ ジアコーサ方式で横置きする前輪駆動車で、4段変速で、最高速145km/h(1.1L)の性能でした。サイズは全長3.61m全幅1.57mと同時期のフォルクスバーゲン ポロとほぼ同じ(現在の軽自動車より少し大きい)で、フォードが作った一番小さい車でした。デザインは極めてシンプルで時代に即した物です。

 

 1977年に1.3L(66HP)エンジン、1981年に1.6L(84HP)エンジンを搭載した高性能版XR2が追加され、1983年にはMK IIにマイナーチェンジし、1989年に2代目に切り替わりました。イギリス、ドイツ、スペインの3工場で生産され、1981年には生産累計200万台を達成するなど大ヒットしました。

 

 

  初代フィエスタの当時物ミニカーはこのソリドの物とオートピレン(スペイン ディンキーに同じ)、メーベトイなどがあります。これはプロポーションは良いのですが、フロントグリルの造形などが簡単すぎてやや物足りません。ソリドもコストダウンでこの頃から今ひとつの出来映えになっていきました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=856

   

ASTON MARTIN LAGONDA 1976 UK

ASTON MARTIN LAGONDA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WESTERN MODEL WP100 1/43 127㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.28m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 5.3L 290HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速 230km/h
データーベースでアストン マーチン ラゴンダのミニカー検索

 

アストン マーチン ラゴンダ イギリス 1976

 

 アストン マーチン社は正式にはアストン マーチン ラゴンダ社という名前で、デビット ブラウンが経営者であった時代にアストン マーチンとラゴンダが合併して出来た会社でした。ラゴンダは第2次大戦前の高級車メーカーで、アストン マーチン ラゴンダ社ではラゴンダ ラピード(LAGONDA RAPIDE)というDB4をベースとした4ドアの高級車(DB5と同じDOHC 6気筒4Lエンジン搭載)を1961年に発売していました。ただこの車は約50台ほどしか生産されていませんので、ほとんど知られていません。

 

 このラピードの後継車として、DBSのホイールベースを延長し4ドア化したアストン マーチン ラゴンダが1974年に登場しました。ただしこの車はごく少数が生産されただけでした。1976年に2代目のラゴンダが登場しました。全長5.28mの大型車で、一度見たら忘れられないインパクトのあるユニークなボディ、巨大なリトラクタブル ヘッドライト、世界初のLED表示デジタルメータなど桁違いに個性的な車でした。ただ中身はDBシリーズをベースにしていて、エンジンはV型8気筒5.3L(290HP)、最高速230km/hの性能でした。当時の価格で4000万円もする超高級車でしたが、1990年まで生産され約600台が販売されました。

 

 

 ミニカーは1978年頃に発売されたウエスタン モデル製で、材質はホワイトメタルです。ラゴンダの当時物のミニカーはこれしかありませんでした。当時の値段は8000円と高かったのですが、この特徴的なデザインが気に入って買いました。1/43よりやや大きめにできていて、特徴的なデザインは良く再現されています。昔のホワイトメタル製ミニカーで灯火類などの細部があまりリアルではないので、現在の評価基準で見るとやや大味な感じがします。ただラゴンダのミニカーは最近までこれしかなかったので、その点で貴重なミニカーでした。2010年にミニチャンプスがモデル化し、その後GREAT LIGHTNIMG(レジン製)もモデル化したので、このミニカーの希少価値が無くなってしまいました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ASTON MARTIN LAGONDA 1
ASTON MARTIN LAGONDA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=863

   

 

LAND ROVER SERIS III 109 1978 UK

LAND ROVER SERIS III 109 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 66 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: 6気筒 2.6L 86HP 4X2段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでランドローバー シリーズ IIIのミニカー検索

 

ランドローバー シリーズ III 109 イギリス 1978

 

 ランドローバーは、1983年にシリーズ IVに変わりました。外観はシリーズ IIIのステージ 1とほぼ同じで、フロントグリルがライトと面一になりました。またサスペンションがリーフスプリングからコイルスプリングに変更され、フロントウインドーが一枚物になるなど近代化されました。最初に110(ホイールベース 110インチ)が登場し、1994年に90と130(実際には127インチ)が登場しました。エンジンはV型8気筒3.5L(116HP)、4気筒2.5L(83HP)、4気筒2.3L(75HP)ディーゼルなどがありました。

 

 1989年にレンジローバーの走行性能と乗用車的居住性を必要とするも、それほどの豪華さを求めない層向けに、レンジローバーの廉価版としてディスカバリーが登場しました。シャーシやエンジンなどはレンジローバーと同じですが、内装やエアコン、サスペンションの簡略化などでコストダウンを図っています。ディスカバリーは当時ローバーと提携していたホンダからもクロスロードの名前で国内販売されました。(約400万円ぐらいだったから、一般人でも好きな人ならなんとか買えました)

 

 

 ランドローバーはラインナップを明確にするため、1990年にシリーズ IV 90/110/130の名前をディフェンダーに改名しました。名前の変更だけで、内容に変更はありませんでした。(なおシリーズ*は世代を区別する為に付けているだけで正式な名前ではありません) 1998年に電子制御式の5気筒2.5L(122HP)ターボディーゼルが追加され、ヨーロ IIIの排ガス規制に対応しました。排ガス規制と安全基準に適合させる為、2007年に大幅な変更が行われました。外観はほとんど変更がありませんが、フォード製の新型4気筒2.5L(122HP)エンジンが採用され、シート配列などの内装が変更されました。

 ミニカーはソリドの当時物で、ロングホイールベース 109のモデルです。1970年代の後半はミニカー冬の時代にあたるので、まともなミニカーが少ないのですが、このランドローバーはシンプルな作りながらまだソリドらしい良質さが残っていました。 ボディカラーもいかにもそれらしい色となっています。これ以外のシリーズ IIIのミニカーとしては、ソリドの別ブランドのべレム、コーギーの1/36、ポリスティルの1/43と1/25、メーベトイの1/25などがありました。最近の物では、ホンウェル(カララマ)の1/72、ユニバーサルホビー、オックスフォードなどがあります。 以下はフロント拡大画像/リアドアの開閉ギミック画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LAND ROVER SERIS III 109 1
LAND ROVER SERIS III 109 2

ランドローバー ディスカバリーのミニカー →データーベースでランドローバー ディスカバリーのミニカー検索
ランドローバー ディフェンダーのミニカー → データーベースでランドローバー ディフェンダーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=815

   

FORD CAPRI MK III 3.0S 1978 UK

FORD CAPRI MK III 3.0S 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VANGUARDS VA10809 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: V型6気筒 3L 138HP 4段変速 3段自動変速
性能: 最高速197km/h
データーベースでフォード カプリのミニカー検索

 

フォード カプリ MK III 3.0S イギリス 1978

 

 カプリは1974年に3ドアハッチバックのカプリ IIに発展しました。ベースはMK Iながらエンジンはイギリスとドイツで共通化され、エスコートと同じ1.3L(54HP)、1.6L(88HP)や米フォードのピント用の2L(98HP)、高性能版のV型6気筒3L(138HP)が搭載されました。4年間で約50万台が生産され、初代同様ヒットしました。

 

 1978年にマイナーチェンジしてMK IIIとなりました。MK IIとほぼ同じ構造で、デザインは丸型4灯式ヘッドライトの採用で初代の高性能版のイメージに戻りました。エンジン構成もMK IIと同じで、新しいV型6気筒2.8L(188HP)ターボエンジンを搭載した高性能版は最高速220km/hの性能でした。1984年以降はイギリスだけで販売されることになり、1986年まで生産されました。カプリの累計生産台数は約190万台でした。

 

 

 1970年代はミニカーの冬の時代であったこともあり、MK IIの当時物のミニカーは出来の良くないルーソトイのミニカーぐらいしかありません。 MK IIIも同様当時物はなく、画像はバンガーズ製です。バンガーズはプロポーションが良くて昔風の味わいのあるミニカーを安価で提供してくれるので好きなブランドです。このMK IIIも非常に良いできばえです。ミニチャンプスのようにワイパーが目だつことがないのも良いところです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=857

   

JAGUAR XJ12 1979 UK

JAGUAR XJ12 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 96 1/43 112㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.85m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: V型12気筒 5.3L 287HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速236km/h
データーベースでジャガー XJ6/12のミニカー検索

 

ジャガー XJ12 イギリス 1979

 

 1966年にジャガーは民族資本系グループのBMC(ブリティッシュ モーター コーポレーション)と合併し、BMH(ブリティッシュ モーター ホールディングス)が設立され、その2年後にはローバーも参入しBMLC(ブリティッシュ レイ ランド モーター コーポレーション)に発展しました。

 1968年にジャガーの新型としてXJシリーズが登場しました。最初に設定されたXJ6はMK IIの発展型の420の後継車で、デザインは独特の顔つきを持つMK X(420G)のイメージを引き継いだものでした。ボディはMK IIよりも少し大きくなり、DOHC 6気筒2.8L(180HP)/4.2L(245HP)エンジンを搭載し、3速自動変速機および4速マニアルで、最高速199km/h(4.2L)の性能でした。

 

 1972年にはMK Xの発展型の420Gの後継車となるXJ12が登場しました。XJ6と同じボディなのでMK Xに比べるとサイズが小さくなりました。V型12気筒5.4L(253HP)エンジンを搭載し、3速自動変速機で、最高速223km/hの性能でした。XJシリーズは好評を博し、このスタイルはその後長い間継承されました。1972年にロングホイールべース仕様のXJ6L/XJ12Lが設定されました。

 

 

 1973年にアメリカの安全基準を満たすためにバンパーが変更されてシリーズ IIとなりました。1975年に標準ホイールベースが廃止されて全てロングホイールベースとなりました。XJ6は2.8Lエンジンが廃止されて3.5L(163HP)エンジンに切り替わりました。 1979年のマイナーチェンジでシリーズ IIIとなり、フロントフェンダーにウインカー追加、屋根の形状変更、バンバー/フロントグリル/リアライトの意匠が変更されました。 1981年に12気筒エンジンが高効率(HE)タイプに改良され、その後もクルーズコントロールなどの電子制御装備が追加されるなどの改良が行われました。1986年に2代目XJシリーズのXJ40系にモデルチェンジし、丸型4灯式ヘッドライトによる独特の顔つきが角形ヘッドライトのモダンなものに変わりました。なお12気筒エンジン搭載のXJ12だけは1992年まで生産されました。初代XJシリーズの総生産台数は約30万台でした。

 ミニカーは1979年に発売されたソリド製の当時物です。1979年式ですがテールライトの形状からXJ12 シリーズ IIをモデル化しています。プロポーションが良くソリドらしいシャープな造形で当時のミニカーとして良く出来ています。XJシリーズの当時物の1/43ミニカーは少ないので、これは貴重な存在です。ソリド以外の初代XJシリーズの当時物ミニカーはポリトーイのXJ12 1/25と1/43、トミカ ダンディのXJ6L、マッチボックスのXJ6 1/36などがありました。最近の物では、バンガーズのXJ6、ブレキナのXJ6 1/87、ヘルパのXJ12 1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。 (画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

JAGUAR XJ12 1
JAGUAR XJ12 2

 以下は1978年に発売されたトミカ ダンディのXJ6L (1/49 型番DF01)の画像です。全長約5mのロングホイールベース版をモデル化していますので、側面を見るとリアドアが大きくなっていることがわかります。縮尺が1/49と中途半端で、フロントの造形があまりリアルでないので今一つの出来ばえです。ボンネットとドアが開閉できます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
JAGUAR XJ6 1
JAGUAR XJ6 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=808

   

 

FORD ESCORT MK III 1980 UK

FORD ESCORT MK III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1315 1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.97m 全幅約1.64m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 69HP 4段変速
性能: 最高速156km/h
データーベースでフォード エスコート MK IIIのミニカー検索

 

フォード エスコート MK III イギリス 1980

 

 エスコートは1980年にMK IIIに発展します。従来の設計を一新し、横置きエンジンによる前輪駆動方式、全輪独立懸架、ハッチバックのボディと最新技術を採用した車となりました。エンジンは従来の4気筒1.1l(50HP)と新設計の4気筒1.3L(69HP)/1.6l(79HP)で、4段変速で、最高速167km/h(1.6L)の性能でした。ボディは当初3/5ドアハッチバックと3ドアワゴンだけでしたが、1983年には5ドアワゴン、カルマン製カブリオレが追加されました。

 

 1981年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞し、販売も従来どおりに好調でした。1984年には1.6L(54HP)のディーゼルエンジンが追加されています。またフォルクワーゲン ゴルフ GTIに対抗して登場したスポーティ仕様のXR3は人気を博し、1983年に燃料噴射式のXR3i、1985年にRSターボ(135HP)が追加されました。1986年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリド製の当時物ですが、この頃のミニカーはいずれも安っぽいホイールなどでコストダウンが徹底されています。このエスコートはプロポーションまでは破綻していないので、なんとか私の収集対象にとどまっています。(当時物はこれぐらいしかなかったので、あえて買ってます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=858

   

LOTUS ELITE S2 1980 UK

LOTUS ELITE S2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SPARK S2213 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.47m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.2L 160HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速212km/h
データーベースでロータス エリート/エクラ/エクセルのミニカー検索

 

ロータス エリート S2 イギリス 1980

 

 ロータス エリート 2代目が1974年に登場しました。ロータス初の4シーター車でエラン +2を後継する車でしたが、エアコンやパワステがオプション設定されるなど、コアなスポーツカーだったエランとは異なりスポーティな高級車に変わりました。ロータス流のバックボーン フレームにFRPボディの構造で、ボディはシューティングブレーク風のデザインですが、リアシート後ろにはリアウインドーがあり荷室と室内は分離されていました。エンジンはヴォクスホール製をベースにしたDOHC 4気筒2L(160HP)を搭載し、5段変速、最高速は最高速212km/hでした。1980年にS2(シリーズ 2)となり、エンジンが2Lから2.2Lに代わり、1982年に生産中止となりました。総生産台数は約2500台でした。

 

 1975年にエリートをベースにしてリアをファーストバックにした2+2座仕様のエクラ(ECLAT)が追加されました。動力性能はエリートと同じでした。エクラは1982年にエクセル(EXCEL)に名前をかえて1992年まで生産されました。エクラとエクセルの総生産台数は約3500台でした。エリート(エクラ)の高級車路線はロータスのユーザーにあまり支持されず、高級車に相応しい品質が足らなかったこともあって、人気はいまひとつだったようです。

 

 

 ミニカーは2012年に発売されたスパーク製(レジン製)です。キャビン部分が大きめなのでフロントスクリーン先端の位置が高くプロポーションがあまり良くありません。その為エリートの平べったいイメージがうまく再現されていないので今一つの出来ばえです。(ワイパーや内装などの細かいところは良くできているのですが) なおスパークはエクラとエクセルもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

LOTUS ELITE S2 1
LOTUS ELITE S2 2

 エリートの当時物ミニカーはコーギーの1/36やトミカがありました。コーギーのエリートは大味であまり良い出来とは思いませんが、トミカは小スケールながら良く出来ていると思います。なお最近の物では何故かスパークしかモデル化していません。実車同様にあまり人気が無いようです。

 上でスパークのエリートはプロポーションが今一つだと書きましたが、その根拠を示す為に実車のサイドビューとミニカーのサイドビューを比較した画像を作成してみました。一番上がスパーク、真ん中が実車、下がトミカです。この画像を見るとエリートのサイドビューの再現に関してはトミカのほうがスパークよりセンスが良いように思います。実物サイズの違いや写真の撮影角度などの違いがありますのであまり厳密ではありませんが、私の見解がある程度理解していただけると思います。

 ミニカーで実車のイメージを再現するのは型職人の腕(デフォルメのセンス)の見せどころです。このデフォルメのセンスはサイズの小さいミニカー(小スケール ミニカー)ほど重要になってきます。乗用車から商用車まであらゆるジャンルの小スケール ミニカーを数多く手がけているトミカはこのデフォルメのセンスが優れています。
LOTUS ELITE S2 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1708

   

 

ページ  « 前へ 1...9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   次へ »