ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FERRARI 250 P5 BERLINETTA SPECIALE PININFARINA 1968 ITALY

FERRARI 250 P5  BERLINETTA SPECIALE PININFARINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 566 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 3L 330HP 5段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでフェラーリ 250 P5のミニカー検索

 

フェラーリ 250 P5 (ベルリネッタ スペチアーレ)  ピニンファリーナ イタリア

 

 フェラーリ 250 P5は1968年春のジュネーブ ショーで公開されたコンセプトカーです。330 P4のシャーシを使って12気筒エンジンをミドシップ搭載したGTカーを提案したものです。レースカーのP3/P4のパワフルな造形をピニンファリーナ流の繊細なデザインに落とし込んだものです。ただそれでもボディはダイナミックで、水平のベーンで覆ったリアは迫力があります。ドアはガルウイング式でノーズ先端のヘッドライトは7個の角形ライトを一体化したものです。

 

 P5登場から数か月後の1968年秋のトリノ ショーでは、P5の後継のフェラーリ P6が登場しています。P6はP5のデザインを現実的に発展させたもので、1971年に登場した365GT BBのベースとなリました。P6はP5に比べて直線的な面処理が目立ちますが、1969年に登場したコンセプトカー512Sではさらにこの傾向が進み、その後はウェッジシェイプのデザインが主流になっていきました。

 

 

 なお1969年のパリ サロンで公開されたアルファ ロメオのコンセプトカーアルファ ロメオ 33/2 スペチアーレはP5とほぼ同じデザインです。アルファ ロメオのエンブレムを付けてヘッドライトを格納式に変更しリアの水平ベーンを取り外してありますが、基本的には同じデザインです。P5を気にいったアルファ ロメオがピニンファリーナに依頼して、P5のボディをアルファ ロメオ 33のシャーシに載せ変えたものだったようです。なおアルファ ロメオはその前年の1968年には極めて直線的なデザインのコンセプトカー カラボ ベルトーネを公開しています。アルファ ロメオ 33/2は古典的な流線形デザインに別れを告げるべく、最後を飾る車としてショーに送り出されたのだと思います。

 ミニカーはポリトーイ製です。廉価版として作られたEXPORTシリーズですが、プロポーションは悪くなくメタル製ホイール(初期型)は結構リアルです。ガルウイング式ドアが開閉し、リアには簡単ですがエンジンも再現されています。なおドア下部が着色されていますが、本来は無塗装(透明)です。これ以外の当時物としては、このポリトーイをコピーしたオートピレン(ドアをリファインした物もある)、ディンキー(英)がありました。最近の物では、レッドラインやテクノモデルのレジン製があります。なおアルファ ロメオ 33/2 スペチアーレはマーキューリー、ナコラル(マーキューリーのコピー)、スパークがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1812

   

FERRARI 512S BERLINETTA PININFARINA 1969 ITALY

FERRARI 512S BERLINETTA PININFARINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS (MATEL GRANTROS) A100 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m? 全幅約1.9m?
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5L 550HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでフェラー 512S ピニンファリーナのミニカー検索

 

フェラーリ 512S ベルリネッタ ピニンファリーナ イタリア

 

 フェラーリ 512S ベルリネッタは1969年のトリノ ショーで公開されたコンセプトカーです。ベースはレースカーの512Sで、ミドシップのスポーツカーの未来像を提案したものです。当時はこのようなウェッジシェイプのコンセプトカーが多かったのですが、フロントのフェンダーラインの抑揚などにピニンファリーナ流が感じられます。またキャビン横にあるインテークの形状やそれにつながるリアカウルには当時のCAN-AMマシンの影響が感じられます。

 

 ミニカーはメーベトイ(マテル グラントロス)製の当時物です。全体的にややシャープさが足りないような気もしますが、当時のミニカーとしては上出来だと思います。開閉するキャノピー、可動するリトラクタブルヘッドライト、リアカウルを開くとあまりリアルじゃないですがエンジンが再現されています。テールライト部分は紙シールで表現されていて、リアカウルのスリット越しにエンジンが見えるのは結構リアルです。

 

 

 これ以外の当時物ミニカーとしてはポリトーイとマーキューリーがありました。ポリトーイをコピーしたジョアル、メーベトイをコピーしたオートピレンもありましたが、最近の物はないようです。この時代のミニカーは同じ車をモデル化しても、メーカー毎の個性がありました。当方の所有するメーベトイとポリトーイを比較してみました。(なおマーキューリーはメーベトイとよく似ています) 一番大きな違いは全長でメーベトイは100㎜でポリトーイは108㎜、並べてみる(全長比較画像)と全然違います。実車寸法でホイールベースが2400㎜とわかっているので、ミニカーのホイールベースを測ってみました。結果はメーベトイが56㎜とほぼ1/43、ポリトーイは63㎜でした。これから考えると、ポリトーイは1/43ではなく1/38ぐらいの縮尺でモデル化しているのでしょう。

 実車と比べると各部の形状が違っているので、実車サイドビューと比較してみました。(側面比較画像) キャノピーやリアカウルの形状はメーベトイのほうが実車に近いように思いますが、全体的な造形はポリトーイのデフォルメ(創作?)も悪くないように思います。当時は実車の採寸などせずに、公開された写真などからミニカーの型を起こしていたと思われますので、結構創作した部分があるようです。リアルな造形が当たり前である現在ではこのミニカーはおもちゃだと馬鹿にされるでしょうが、1960年代からのコレクターである私はおもちゃとして作られたミニカーも捨てがたいものがあると思っています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1809

   

 

FERRARI SIGMA GRAND PRIX PININFARINA 1969 ITALY

FERRARI SIGMA GRAND PRIX PININFARINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 301 1/43 106㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m? 全幅約1.91m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 3L 436HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでフェラーリ シグマ グランプリのミニカー検索

 

フェラーリ シグマ グランプリ ピニンファリーナ イタリア

 

 フェラーリ シグマ グランプリは1969年のジュネーブショーで公開されたコンセプトカーです。1960年代後半のF1は排気量拡大でコーナリング性能が向上したことなどで、ドライバーが負傷する事故が増えました。例えば1967年のL.バンディーニの車両火災(フェラーリ 312)による死亡事故や1968年のJ.クラークの車外(ロータス 48)に放り出されたことによる死亡事故などがありました。そこでエンツォ フェラーリなどのF1関係者のサポートをうけて、ピニンファリーナが安全な構造のF1の具体例を提案したのが、このシグマ グランプリでした。

 

提案された具体例は主に以下のようなものでした。
 1.車幅を拡大しコクピット周辺の強度向上
 2.前後輪間にクラシャブルゾーンとなるサイドポンツーン追加
 3.コクピット背後にロールバーを兼ねたウイング追加
 4.ボディ先端にバンパー機能を持つフェンダー追加
 5.リアタイヤ後ろにバンパー追加
 6.6点式シートベルト、自己消火のある燃料タンクの採用
 など 現在に通じるアイデアが盛り込まれていました。

 

 

 1970年代以降に安全な燃料タンクや複合材モノコック構造によるコクピット周りの強度向上など、安全基準が強化されていきました。それでも1982年のG.ビルヌーブ(フェラーリ 126C2)や、1994年のA.セナ(ウィリアムズ FW16)などの死亡事故が発生し、そのたびに安全対策が追加されていきました。

 ミニカーはマーキュリー製の当時物です。全体のプロポーションは悪くないのですが、ウインドスクリーン、ホイール、エンジン部形状などの細部は大雑把な作りであまり良い出来だとはいえません。ただこの車で具体化されたアイデアは、ミニカーでも良くわかると思います。シグマ グランプリの量産ミニカーは、マーキュリーの小スケール版のSPEEDY(1/66)とマーキュリーをコピーしたナコラル製ぐらいしかないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1832

   

FERRARI 512S MODULO PININFARINA 1970 ITALY

FERRARI 512S MODULO PININFARINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MERCURY 651 1/32 140㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.48m 全幅約2.04m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5L 550HP 5段変速
性能: 最高速350km/h ?
データーベースでフェラーリ 512S ピニンファリーナのミニカー検索

 

フェラーリ 512S モデューロ ピニンファリーナ イタリア

 

 フェラーリ 512S モデューロは1970年のジュネーブ ショーで公開されたコンセプトカーです。前述した512S ベルリネッタと同じピニンファリーナによるミドシップ スポーツカーで極めて未来的なデザインです。MODULO(イタリア語でモジュールの意)という名前は、分割したモジュールの組合せでボディを構成するというこの車のコンセプトを表しています。このコンセプトではキャビン部モジュールを屋根を外したモジュールに交換すれば2シーターのオープンカーになり、4シーターのモジュールに交換すれば4シータのリムジンになるというものです。ドアはなくキャビン上部がキャノピー式に前にスライドして開閉し、ヘッドライトはリトラクタブル式です。

 

 タイヤの存在を意図的に隠しているので、自動車というよりも宇宙船のような感じがします。ただ前輪を操舵するスペースが十分に無いようにみえるので、まともにカーブを曲がれるのかどうか疑問です。この車は1970年の大阪万博のイタリア館に未来の車として展示され人気を博しました。1970年に登場したモデューロですが、この車以上に未来的なコンセプトカーは今だに出ていないように思います。なお名前が512Sとなっていますが、実際にはカンナム レース用に開発した612Pのシャーシを使っていたとのことです。

 

 

 ミニカーはマーキュリー製の当時物で1/32と大きめのミニカーです。車高が高めで実車の平べったいイメージがいまひとつですが、当時のミニカーとしては良い出来ばえだと思います。キャノピーが開閉し内装やリアカウル内のエンジンもそこそこ再現されています。黒のカラーリングは公開された時のカラーリングを再現したものです。(大阪万博で展示されたモデューロは白でした) これ以外の当時物ではポリトーイとそれをコピーしたオートピレンがあります。最近の物では、レッドラインやミニ ミニエラのレジン製などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1810

   

 

FERRARI 308 GTB 1975 ITALY

FERRARI 308 GTB 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 600 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.23m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC V型 8気筒 3L 255HP 5段変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでフェラーリ 308 GTBのミニカー検索

 

フェラーリ 308 GTB イタリア

 

 308GT4のクーペ(ベルリネッタ)として308GTBは1975年に登場しました。この車は308GT4の失敗を挽回してディノの後継車として大成功し、その後の8気筒フェラーリの始祖となりました。ディノの基本設計を踏襲したシャーシにDOHC V型 8気筒3L(255HP)エンジンをミッドシップで横置き搭載し、最高速250km/hの性能でした。

 

 ボディはディノのイメージを残しつつ、365 GT4BBなどとよく似た新しいスタイルで、さすがはピニンファリーナといったところです。初期型は生産性の問題でボディはFRP製でしたが、1977年以降はスチール製です。1977年には、タルガトップのの308GTSも追加されました。

 

 

 1980年にはイタリア国内向けに2L(155HP)エンジンを搭載した208 GTBも追加され、1982年ににはターボ仕様の208 GTBターボが追加されています。308GTBは排ガス規制によるパワーダウンを補うため1982年に4バルブ化されたクワトロバルボーレが追加されるなどして1985年まで生産されました。後継はほぼ同じデザインで排気量が3.2Lに拡大された328です。

 ミニカーはビテス製で1992年頃に発売されました。実車が登場した時期はミニカーの冬の時代で当時物ミニカーは無いようです。ビテスの308 GTBは上述したディノ同様に当時としてはかなり良い出来映えでした。ラリー仕様のバリエーションも20種類以上作られています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=742

   

FERRARI TESTAROSSA 1994 1984 ITALY

FERRARI TESTAROSSA 1994 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WESTERN-MODEL WP113 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.97m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 5L 390HP 5段変速
性能: 最高速290km/h
データーベースでフェラーリ テスタロッサのミニカー検索

 

フェラーリ テスタロッサ イタリア

 

 512BBの後継車として、1984年にテスタロッサが登場します。フェラーリの旗艦として、1960年代の名車 250/500 テスタロッサの名前を復活させました。TESTAROSSA(赤い頭)の伝統に従ってエンジンのカムカバーは赤く塗られました。ピニンファリーナによるデザインは512BBの流れに沿ったものですが、サイドのエアインテーク部の大型フィンが並の車ではない迫力を感じさせます。

 

 エンジンは512BBと同じDOHC V型12気筒5Lですが、4バルブ化されて360HPから390HPにパワーアップしています。初期のモデルは運転席側サイドミラーがAピラーの中ほどに取り付けられていましたが、1986年以降は通常のドア上端部分に変更されました。

 

 

 1991年に512TR(テスタロッサの略)にモデルチェンジします。外観的にはほとんど同じで、エンジンが425HPにパワーアップされ操縦性などが改良されています。1994年には512Mにモデルチェンジされました。MはModifiedのMで、521TRの改良型というスタンスです。故障診断装置の追加、軽量化、車両剛性の向上などの改良がおこなわれています。外観的にはリトラクタブルヘッドライトが固定式に、テールランプが丸型4灯になるなど大きく変更されています。エンジンは440HPとなり、最高速は315km/hとなりました。

 ミニカーはウエスタン モデル製の当時物で、材質はホワイトメタル製です。ウインドー以外ほとんどがメタル製なので、ずっしりと重く存在感があります。特徴的なサイドのフィンやリアライト部分のルーバーも薄い金属板で作られているので、実にリアルです。当時の値段で13000円と高価でしたが、当時はこれ以上リアルなモデルは無く思い切って買いました。取り付けていませんが、Aピラーにつけるミラーも付属しています。ヘルパのプラスチック製1/43のスパイダー、ミニチャンプスの512TR/512Mなどテスタロッサのミニカーはたくさんあります。(諸元下のリンクをクリックするとミニカーを検索できます)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1234

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »