ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FERRARI 250 GTO 1962 ITALY

FERRARI 250 GTO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 3011 1/18 242㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.32m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: V型12気筒 3L 300HP 5段変速
性能: 最高速254km/h
データーベースでフェラーリ 250 GTOのミニカー検索

 

フェラーリ 250 GTO イタリア

 

 1961年からGTカーにチャンピオンシップが導入され、これを制するために開発されたのが250 GTOで、GTOとは(Gran Turismo Omologato(ホモロゲーション))を意味します。GTOは250 SWBを空力的にリファインした総アルミ製ボディに変更し、250TR用に改良した3Lエンジン(300HP)を搭載した特別な車でした。

 

 従ってGTOは約40台程しか製作されませんでしたが、250 SWBの製作台数と併せてGTカーのホモロゲーションを獲得しました。(当時の規定ではボディ形状が同じでなくても同じ車としてカウントできたのです) 1964年には空力的な改良でボディを250LM的なデザイン(ピニンファリーナのデザイン)に変更したGTO64(シリーズ II)が3台だけ生産されました。フェラーリはこの車の活躍で1962年から連続して3年間GTカーチャンピオンシップを獲得しました。現存する車がバブル時代には数十億円で取引されたという世界で最も希少価値のある車です。

 

 

 250 GTOの当時物ミニカーは、ミニカーがまだあまり作られていなかった時代だったのでありません。画像のミニカーはブラーゴ製の1/18で、1984年発売に発売されました。ブラーゴは1974年にイタリアで設立された1/24大ケールミニカーのブランドであったマートイが改名したブランドで、大ケールミニカーのパイオニア的なブランドでした。このブラーゴの1/18はダイアモンドシリーズと称する当時としてはかなりリアルな出来ばえのミニカーで、当時の値段で6800円(現在で約2万円相当)と高価でした。ただ30年以上も前のミニカーですから、ワイパーやミラーが付いていないなど現在のオートアート並みというわけではありません。

 これ以外のミニカーとしては、古いものではボックスモデル、バン(BANG ボックスモデルの後継ブランド)、ソリド、コーギー、ジョエフのGTO64、最近のものでは、マテル、京商の1/18と1/43と1/64、イクソ、ブルム、CMCの1/18などたくさんモデル化されています。 以下はブラーゴのGTOのフロント/リアの拡大画像とドア開閉/室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)

FERRARI 250 GTO 1
FERRARI 250 GTO 2

 以下はボンネットの開閉ギミックとエンジン、車体底のエンジン/サスペンションの画像です。ボンネットは実車同様に固定金具のロックを外して開けるといった凝りようで、FERRARIのロゴが付いたエンジン/変速機/サスペンションなどもかなりリアルです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 250 GTO 3
FERRARI 250 GTO 4

 以下はトランクの開閉ギミックとボックスモデルの1/43の250 GTOと並べた画像です。1/18のミニカーはそのサイズに見合った面白さがあって楽しいのですが、コレクションするには場所をとりすぎるのが難点です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 250 GTO 5
FERRARI 250 GTO 6

 以下は1984年に発売されたボックスモデルの250 GTO(型番8401)の画像です。当時としてはかなり良い出来ばえのミニカーでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 250 GTO 7
FERRARI 250 GTO 8

 以下は1985年に発売されたソリドの250 GTO(型番4507)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 250 GTO 9
FERRARI 250 GTO 10

 以下は1991年頃に発売されたコーギーの250 GTO(型番D739)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 250 GTO 11
FERRARI 250 GTO 12

 以下は1992年に発売されたジョエフの250 GTO 64(型番7202)の画像です。ボンネット/ドア/トランクが開閉し、1/43としてはかなり細かく室内/エンジン/サスペンションなどが再現されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)
FERRARI 250 GTO 64 1
FERRARI 250 GTO 64 2

FERRARI 250 GTO 64 3
FERRARI 250 GTO 64 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=730

   

FERRARI 250 GTE 2+2 1960 ITALY

FERRARI 250 GTE 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(FR) 515 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.7m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: V型12気筒 3L 235HP 5段変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでフェラーリ 250 GTのミニカー検索

 

フェラーリ 250 GTE 2+2 イタリア

 

 250シリーズのレーシングカーには250 テスタロッサ250 GTO250LMなどがあり、いずれも成功しています。250シリーズのGTカー(市販車)には、ホイールベースの異なるショートホイールベース(SWB 2400㎜)とロングホイールベース(LWB 2600㎜)がありました。最初のGTカーは1954年に登場した250 ヨーロッパ GTでした。LWB仕様でV型12気筒3L(220HP)エンジンを搭載し、4段変速、最高速218㎞/hの性能でした。受注生産で16台だけ生産されたとのことです。1956年からレースを主目的とする250 GTの生産が始まり、250 GT TDF、250 GT SWBなどが登場しました。

 

 1960年に登場した250 GTEは市販スポーツカーとして企画された車で、エンジン搭載位置を前進させてリアに2座のシートを設けたフェラーリ初の4シーター車(実際には2+2レベル)でした。GTEのEは1954年に発表された最初のヨーロッパ(EUROPE) GTの名前に因んだものでした。ボディはピニンファリーナがデザインした美しいクーペで、エンジンは250 GTOと同じですが、圧縮比を落として235馬力にデチューンしてありました。それでも最高速は230km/hと、当時最速の4シーター車でした。250 GTEは3年間で約1000台が生産され、商業的には大成功でした。250 GTEは1964年に330 GTにモデルチェンジしました。

 

 

 250 GTE以外の市販スポーツカーとしては、1960年に250 GT SWBをベースにした250 GT スパイダー カリフォルニアが登場し、1962年に高級車として企画された250 GT ルッソ(GTL)が250シリーズ最後のモデルとして登場しました。(250 GT ルッソ→実車画像) 250 GT スパイダーは1964年に275 GTSに、250 GT ルッソは1966年に330 GTCにモデルチェンジしました。

 ミニカーはディンキー(仏)製で、1963年に発売されました。ディンキー(仏)はプロポーションのとらえ方が巧みですが、この250も優雅なスタイルを見事に再現しています。ボンネットとトランクが開閉するギミック付きで、大雑把な造形ですがエンジンも再現しています。250 GTEの当時物ミニカーとしては、ソリド(ベレムも同じ)とポリトーイのプラスチック製がありました。最近のものでは、バン、イクソなどがあります。 以下はディンキー(仏)の250 GTEのフロント/リアの拡大画像とトランク/ボンネットの開閉ギミックの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI 250 GTE 2+2 1
FERRARI 250 GTE 2+2 2

 以下は1962年に発売されたソリドの250 GTE(型番123)の画像です。ディンキー(仏)の250 GTEと同じぐらいの素晴らしい出来ばえです。このミニカーにはドアが開閉するギミックがついていますが、これはソリドが開発した当時としては目新しい技術でした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 250 GTE 2+2 3
FERRARI 250 GTE 2+2 4

 以下は1985年頃に発売されたIDEA3の250 GT カリフォルニア スパイダー(型番112)の画像です。昔のミニカーとしてはまずまずの出来ばえですが、リアの排気管が少し目立ちすぎです。室内のメーターなどに紙のシールを使っていて、経年変化でシールが剥がれかかっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 250 GT CALIFORNIA SPIDER 1
FERRARI 250 GT CALIFORNIA SPIDER 2

 以下は1996年頃に発売されたベストモデルの250 GT ルッソ(型番9076)の画像です。キャビン部分が小さめにデフォルメされているので、プロポーション的にはいまひとつな感じがします。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 250 GT LUSSO 1
FERRARI 250 GT LUSSO 2

 以下は1965年に発売されたポリトーイの250 GT ルッソ(型番504)の画像です。上のベストモデルのルッソとはテールライトの形状が異なるのですが、当時の高級車は個体差があったようですし、ポリトーイのデフォルメがオーバーであることも含めてあまり細かいことは気にしないことにしましょう。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 250 GT LUSSO 3
FERRARI 250 GT LUSSO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=731

   

 

FERRARI 275 GTB/4 1966 ITALY

FERRARI 275 GTB/4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 540 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.3L 300HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでフェラーリ 275のミニカー検索

 

フェラーリ 275 GTB/4 イタリア

 

 250シリーズは1964年から3.3L(260HP)エンジンを搭載する275シリーズに切り替わります。GTBのBが何の略かは分かりませんが、GTよりも純粋のスポーツカーに近いという意味だそうです。レースカーに用いられるトランスアクスル方式(変速機をリアのデフ ギアと一体化する構造で前後重量配分が良くなる)や全輪独立懸架が、ロードカーとして初めて採用されたことが特別な名前を付けた理由なのでしょう。

 

 また1966年にはロードカーとして初めてDOHC化され、吸排気バルブを駆動する4カムを意味する4が追加されGTB/4となりました。エンジン出力は300HPで最高速は260km/hでした。

 

 

  ミニカーはポリトーイのMシリーズの傑作です。ミニカーとしては非常にかっこいいのですが、実車と比べるとフェンダーラインより下の部分のボリュームが大きすぎる感じがします。ただ子供の頃から見慣れているので、「実車が似てないな」という変な感覚を生んでしまう程魅力あるミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=732

   

FERRARI 275 GTB SPIDER 1966 ITALY

FERRARI 275 GTB SPIDER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BOX MODEL 8428 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 3.3L 300HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでフェラーリ 275のミニカー検索

 

フェラーリ 275 GTB スパイダー イタリア

 

 オープンカーのスパイダーはアメリカ市場向けに欠かせないモデルでした。275シリーズのスパイダーは275 GTS(SはSPIDERの意)で、単にGTBから屋根を外したデザインではなくGTBとは異なるリア デザインをしていました。

 

 この画像のミニカーはGTBから屋根を外したデザインですので、GTSではなくGTB スパイーダーと呼ばれたアメリカ独自仕様車をモデル化しています。ワイヤースポーク ホイールもそれらしい感じがします。

 

 

 ミニカーはボックスモデル製です。上記ポリトーイのミニカーがやや実車のイメージから外れているので、実車のプロポーションに近いと思われるこのスパイダーも載せてみました。ポリトーイとキャビン部分の感じが違うことが分かると思います。なお外形寸法が違うのは主にフロント バンパーの飛び出し量の違いで、基本的には同じです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=733

   

 

FERRARI 330 GTC 1966 ITALY

FERRARI 330 GTC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BEST MODEL 8923 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.51m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 4L 300HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでフェラーリ 330 GTのミニカー検索

 

フェラーリ 330 GTC イタリア

 

 250シリーズの2+2シーター仕様の250 GTEの後継として、4L(300HP)エンジンを搭載した330 GT 2+2が1964年に登場しました。デザインはピニンファリーナによるもので、当初この車は4灯式ヘッドライト(実車画像)を採用していましたが、フェラーリらしくないとのことで翌年には2灯式に戻しています。330 GT 2+2は約1000台が生産されて、1967年にノーズのデザインを変えて排気量を4.4Lに拡大した365 GT 2+2にモデルチェンジしました。

 

 この330 GTの2シータ クーペ仕様が330 GTC(Cはクーペの意)で、1966年に登場しました。前述した275 GTBのシャーシに4Lエンジンを搭載していましたが、330 GTより車重が30%程重く最高速は245km/hと、性格的にはGT的な要素が強かったようです。ボディはピニンファリーナ製で、オープン仕様の330 GTSも同時に登場しました。1968年に4.4Lエンジン搭載の365 GTC/GTSと365 GTB/4 デイトナにモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはベストモデル製で、1996年頃に発売されました。1980年代に登場したボックスモデルは1991年にバン(BANG)とベストモデル(BEST MODEL)の2ブランドに分裂しました。これらのブランドはイタリアのスポーツカーを主にモデル化しており、ベストモデルはエッチングパーツなどを採用するなどして、ボックスモデルの時代より精密な仕上げのミニカーを作っています。なおバンは既に廃業し、ベストモデルは現在はM4の傘下です。このベストモデルの330 GTCはプロポーションが良く、ホイールや室内などの細部もリアルでかなり良い出来ばえです。 以下はその330 GTCのフロント/リアの拡大画像と側面のピニンファリーナのタグ/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI 330 GTC 1
FERRARI 330 GTC 2

 以下は2003年頃に購入したベストモデルの330 GTS(型番9233)の画像です。これはよくできたワイヤースポークホイールを履いています。大き目で垂れ下がった排気管が少し目障りですが。。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 330 GTS 1
FERRARI 330 GTS 2

 以下は1970年に発売されたポリトーイの330 GTC(型番562)の画像です。当時のポリトーイの廉価版EXPORTシリーズのものですが、これはまだメタル製ホイールを履いていますので、そんなに安っぽいわけではなく結構よい出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI 330 GTC 3
FERRARI 330 GTC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=734

   

FERRARI DINO 206 STREET 1967 ITALY

FERRARI DINO 206 STREET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BANG 7183 1/43 99㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.15m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型 6気筒 2L 185HP(プロトタイプの性能) 5段変速
性能: 最高速235km/h(プロトタイプの性能)
データーベースでフェラーリ ディノ 206/246のミニカー検索

 

フェラーリ ディノ 206 ストリート イタリア

 

 1968年に発売されたディノ(ディーノ)はフェラーリの市販車として初めてエンジンをミドシップ搭載した車でした。ただフェラーリは12気筒エンジンが基本であったので、V型6気筒エンジンを搭載するこの車にはディノという新しいブランド名(フェラーリ ディノでは無く単にディノ)を与えました。このディノとう名前は創業者エンツォ フェラーリの長男で24歳の若さで亡くなったアルフレード フェラーリの愛称であり、彼がアイデアを出したこのV型6気筒エンジンに付けられた通称でもありました。

 

 初期に製作された206 GTのボディは総アルミ製で車重900kgと軽く、排気量2Lながら185HPのハイパワー、5段変速で最高速235km/hの性能でした。またミドシップ エンジン車でしたので、その操縦性は市販車としては並外れたものだったそうです。性能もさることながら、一度見たら忘れられない程完璧に美しいピニンファリーナのデザインもこの車の魅力です。

 

 

 フェラーリはフォーミュラー 2 レースのホモロゲーションをとるために、ディノの6気筒エンジンを量産する必要がありました。そこで提携関係にあったフィアットにエンジンを提供したことで、そのエンジンを搭載した フィアット ディノが生まれました。フォーミュラー 2の規定生産台数(500台以上)が達成された後、役目を終えた206 GTは150台ほどで生産中止となり、1969年に2.4L(195HP)エンジンを搭載した246 GTに切り替わりました。 246 GTは206 GTに比べるとホイールベースと全長が少し大きくなり、ボディは量産しやすいスチール製となっていました。車重も重くなりましたが、パワーアップで動力性能はほぼ同じでした。また1971年にタルガトップの246 GTSが追加されました。1974年までに約3700台が生産されました。

 ディノの当時物ミニカーはノレブのJET CARシリーズ、トミカ ダンディ、サクラのスーパーカーシリーズなどがありました。その後ビテス、マッチボックス、バン(BANG)などでもモデル化されました。最近では京商、イクソ、マテル、レジン製ではアイドロンなどでモデル化されています。バンのディノは1996年頃に発売されましたが、量産ミニカーでは現在でも最高の出来ばえといって間違いないでしょう。この種のかっこいいイタリア車のミニカーはイタリアのメーカーが一番うまく作ります。特徴的なノーズの造形、ホイール/ライト類のリアルさなどとても気に入っています。また206 市販車の量産ミニカーはバンしかモデル化していないようです。 以下はフロント/リアの拡大画像と特徴的なリアウィンドー周り/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

FERRARI DINO 206 1
FERRARI DINO 206 2

 以下は1991年頃に発売されたビテスのディノ 246(型番540)の画像です。昔の量産ミニカーとしては、かなり良い出来ばえです。プロポーションの造形はバンとほぼ同等ですが ホイール、ボディ開口部、バンパー、灯火類、ワイパーなどの仕上げの丁寧さの点でバンにかないません。リアルなホイールときちんと開口した開口部はミニカーがしまって見えます。エッチングパーツのワイパーや室内のリアルなステアリングホイールなどの細かいパーツはコストがかかるので、これは値段相応になるわけです。ただし約25年前のミニカーとしては、ビテスもよく出来ていると言うことも付け加えておきます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI DINO 246 1
FERRARI DINO 246 2

FERRARI DINO 246 3
FERRARI DINO 246 4

 以下は1978年に発売されたトミカ ダンディのディノ 246(型番DF05)の画像です。1/45で少し小さめですが、当時の国産ミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI DINO 246 3
FERRARI DINO 246 4

 以下は1977年に発売されたサクラ スーパーカーシリーズのディノ 246(型番8)の画像です。1/43と底板に明記してありますが、サイズが大きめで、全体的にかなり太ったディノになっています。また透明プラスチックをウィンドーと共用していてリアライトが青いのも、スーパーカーブームでとりあえずつくったという感じのやり方です。これは好ましくない例ですが、当時の国産ミニカーのレベルはこんなものだったということで見てください。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
FERRARI DINO 246 7
FERRARI DINO 246 8

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=735

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »