ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 1968 ITALY

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 165 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.4L 352HP 5段変速
性能: 最高速280km/h
データーベースでフェラーリ 365 デイトナのミニカー検索

 

フェラーリ 365 GTB4 デイトナ イタリア

 

 12気筒エンジンをフロントに搭載した後輪駆動車という創立以来の伝統を突きつめた究極の車が、365 GTB/4でした。ピニンファリーナによる空力を考慮したクーペ スタイルは、古典的なスポーツカーの粋を極めた美しさでした。また初期の透明カバーで覆った4灯式ライトのフロントグリルは独特の魅力がありました。このヘッドライトはアメリカの安全基準に合わせる為、1970年にリトラクタブル式に変更されました。DOHC V型12気筒4.4L(352HP)エンジンで最高速280km/hの性能でした。

 

 この車の愛称「デイトナ」とは1967年のデイトナ 24hでフェラーリ 330Pが1-2-3フィニッシュを果たしたことから、同じ頃にデビューしたこの車がそう呼ばれるようになったそうです。1972年から74年までルマンのGTクラスで3年連続クラス優勝するなど、この車もレースで活躍しています。1973年まで生産され総生産台数は約1400台、そのなかの120台ほどがオープンのスパイダーでした。(後継車は365 GT4 BB)

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、デイトナのミニカーとしてプロポーションは今でもトップレベルだと思います。デイトナのミニカーは結構たくさんあります。当時物ではリオがスパイダーを含めて約10種類ほどをモデル化していて、最近の物では京商の1/18、1/43、1/64や、イクソ、レッドライン(レジン製)などがあります。当時のデイトナは私の一番好きなフェラーリでしたので、フロントや室内をよりそれらしくしたくて、このソリドのミニカーを何台か購入して改造を行いました。透明カバー内へのヘッドライトの追加やメーターパネルの自作まで行ったのですが、満足できるものができず中途半端で諦めました。結局そのような細かい部分はよほど精密に作らない限りかえって見栄えが悪くなることを思い知りました。

 その約30年後の2006年にイクソのフェラーリ シリーズでデイトナが発売されました。このイクソ製デイトナ(型番FER034)が、かつて私がやりたかったことをほとんど実現してくれました。フロントの透明カバー内には4灯式ライトが備わっています。ただこの透明カバーは内部が見えすぎで、ソリド製デイトナの半透明処理のほうがリアルです。次に室内ですが、フェラーリロゴの付いたハンドル、シフトレバー、丸形8連メーターの付いたインパネなどが良く再現されています。(実車の室内画像) 以下はイクソ製デイトナの全体、フロント部、リアエンド部、室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変わります)

FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 1
FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=737

   

FERRARI 365 GTC/4 1971 ITALY

FERRARI 365 GTC/4 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MEBETOYS A50 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.4L 340HP 5段変速
性能: 最高速260km/h
データーベースでフェラーリ 365 GTCのミニカー検索

 

フェラーリ 365 GTC/4 イタリア

 

 4シーターの330 GT2+2は1967年に4.4L(320HP)の365 GT2+2に発展し、1971年には新しいデザインの365 GTC/4が登場します。上記デイトナに+2の後部座席を追加した豪華仕様のクーペといった位置づけでした。4.4L(340HP)エンジン、最高速260km/hとやや大人しいチューンで、その分だけスムーズで静粛性も高かったそうです。

 

 ボディ デザインも同じピニンファリーナ製クーペながら、どこか大人しいシックな感じになっています。派手なデイトナの陰であまり目立たず、たった1年間ほどの短命車でした。

 

 

 実車が短命だったので、2008年にイクソがモデル化するまで、このメーベトイ製しか量産ミニカーがありませんでした。メーベトイ後期のシャープな出来栄えで、実車の雰囲気が良く再現されています。(キャビンから上が少し大きめですが)発売当時からあまり出回らず、レアなミニカーです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=738

   

 

FERRARI 365 GT/4 2+2 1972 ITALY

FERRARI 365 GT/4 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO FER030 1/43 113㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC V型 12気筒 4.4L 340HP 5段変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでフェラーリ 365のミニカー検索

 

フェラーリ 365 GT/4 2+2 イタリア

 

 2+2としては中途半端であった365GTC/4に代わり、アメリカ向けの豪華GTとして登場したのが365GT/4 2+2でした。ホイールベースの延長とセダン的なデザインで、実用的なリアシーターを持つキャビン部分を確保しています。あまりフェラーリらしくない車ともいえますが、ピニンファリーナ製のボディはシンプルで品のあるデザインです。V型12気筒4.4L(340HP)エンジンを搭載し、最高速245km/hの性能でした。

 

 1975年には排気量が4.8Lに拡大され400GTとなり、GM製の自動変速機がフェラーリでは初めてオプション設定されました。1985年には排気量が5Lに拡大され412GTとなり、1990年まで長く生産されました。

 

 

 ミニカーはイクソ製です。イクソのフェラーリ シリーズは何れも良い出来映えですが、この365GT/4 2+2は量産ミニカーでは他社が手がけていないのでその分貴重です。(2011年にマテルからも出ました)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=739

   

FERRARI 365 GT/4 BB 1973 ITALY

FERRARI 365 GT/4 BB 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 44 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 水平対向DOHC 12気筒 4.4L 380HP 5段変速
性能: 最高速302km/h
データーベースでフェラーリ BBのミニカー検索

 

フェラーリ 365 GT4 BB イタリア

 

 ディノを除いてフェラーリ初の市販ミドシップ エンジン搭載車として1973年に登場したのが365 GT4BBでした。BBとはベルリネッタ(クーペ) ボクサーの略で、ボクサーとはVバンク角を180度まで倒した水平対向DOHC 12気筒4.4L(380HP)エンジンを意味します。このエンジンの下に5速変速機を配置したミドシップ配置で、ライバルのランボルギーニ カウンタックをわずかに上回る最高速302km/hの性能でした。

 

 独特の平べったいボディはピニンファリーナのデザインで、1968年の空力実験車P6がベースとなっています。1975年に排ガス規制対応でエンジンを5L(360HP)に拡大した512BBに発展し、1983年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、当時はこの車のミニカーで最高の出来映えでした。このミニカーを入手したときにはそのかっこよさに感激しました。今見てもプロポーションは素晴らしいですが、ワイパーはでかすぎます。当時日本はいわゆるスーパーカーブームの時期で、ダイヤペット、サクラの365BB(ソリドのコピー)、バンダイなどがBBのミニカーを作りました。一方海外ではミニカーがあまり作られなかった時期なので、ブラーゴの1/24ぐらいしか当時物がありません。最近になって、ベスト モデルの512BBや京商などがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=740

   

 

FERRARI (DINO) 308 GT4 2+2 1973 ITALY

FERRARI (DINO) 308 GT4 2+2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS EL58 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: DOHC V型 8気筒 3L 250HP 5段変速
性能: 最高速251km/h

 

フェラーリ (ディノ) 308 GT4 2+2 イタリア

 

 ディノ 246GTの後継車として8気筒エンジンを搭載したディノ 308GT4が1973年に登場しました。12気筒以外はフェラーリと呼ばないという方針から当初フェラーリの名前は付いていませんでしたが、1976年からはフェラーリ 308GT4と改名されました。ディノとほぼ同じシャーシに新設計したV型8気筒3L(250HP)DOHCエンジンをミッドシップ搭載し、最高速250km/hの性能でした。

 

 2+2と4シーター化されているため、ホイールベースは246GTより長くなっています。またフェラーリでは初めてベルトーネがデザインを担当したので、あまりフェラーリらしくない直線的なスタイルとなっています。1975年にはイタリア国内向けに2L(170HP)エンジンを搭載した208GT4も追加されています。

 

 

 名車ディノ の後継としてはベルトーネのボディ デザインや性能などが物足らず、この車はあまり人気がでませんでした。名前をフェラーリに変えたのも人気を挽回するつもりだったのかもしれませんが、結局人気のないまま1979年に生産中止となりました。

 ミニカーはポリスティル(ポリトーイ)の当時物です。実車の不人気を反映して当時物のミニカーはこれぐらいしかありません。ELシリーズは廉価版ミニカーで、プロポーションは良い線をいってますが、タイヤ/ホイールはどうしようもなくしょぼいです。最近の物では京商が1/64を出しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=741

   

FERRARI DINO BELRLINETTA PININFARINA 1965 ITALY

FERRARI DINO BELRLINETTA PININFARINA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLITOYS 536 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC V型8気筒 2L 217HP 5段変速
性能: 最高速 不詳
データーベースでフェラーリ ディノのミニカー検索

 

フェラーリ ディノ ベルリナッタ ピニンファリーナ イタリア

 

 1965年のパリ サロンで公開されたフェラーリ ディノ ベルリナッタは1967年に登場するディノ 206GTのプロトタイプでした。デザインはピニンファリーナによるもので、ミドシップエンジン故に実現できた極めて低いノーズとその先端に配置したプレクシグラスカバー付のヘッドライトが特徴です。またキャビン後方側面のラインが後方まで伸びた優雅なデザインはピニンファリーナならではです。リアウインドーを垂直にしたことで、エンジン音が室内にこもることを防ぐとともに排熱にも有利になっています。1966年に一般的なヘッドライトが付いた量産型のプロトタイプが公開され、ほぼそのままのデザインでディノ 206GTとなりました。

 

 ディノをベースにしたプロトタイプとしては1967年のトリノ ショーで公開されたディノ コンペティツィオーネも有名です。こちらはレーシングカーをイメージしたショーカーで、抑揚の強いダイナミックなボディ、ガルウイング式ドア、車体前後に設けたスポイラーが特徴です。漫画「サーキットの狼」に登場するディノ RSはこの車をイメージした架空の車です。

 

 

 ミニカーはポリトーイ Mシリーズの当時物です。ポリトーイ流のデフォルメで実車のイメージを実にうまく再現した傑作です。最大の特徴のヘッドライトがリアルで、リアカバーを開くと6気筒エンジンとスペアタイヤも再現されています。初期の物には前輪がステアするギミック付の物があったようです。これ以外の当時物としては同じポリトーイのペニー(1/66)、マーキュリー、ディンキー(英)、ポリトーイをコピーしたナコラルがあります。最近のものではイタリアのABCの物(レジン製)があるようです。ディノ コンペティツィオーのミニカーはポリトーイ Eシリーズとペニー、ダイヤペット、マルシン、京商(1/64)などがあり、「サーキットの狼」のディノ RSもエイダイ グリップや京商がモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1808

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   次へ »