ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ C-CLASS ELEGANCE (W204) 2007 GERMANY

MERCEDES-BENZ C-CLASS ELEGANCE (W204) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4921 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3.5L 272HP 7段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W204のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ Cクラス エレガンス (W204) ドイツ

 

 Cクラスの3代目W204は2007年に登場しました。先代(W203)の特徴であったひょうたん形ヘッドライトのフロント周りが、上級車のSクラス(W221)と同じようなデザインに変わりました。セダンとエステートワゴン(S204)があり、2011年にCクラス初の本格的なクーペ(C204)が追加されました。セダン系のスポーティ仕様のアバンギャルドとクーペはフロントグリルに大型のスリーポインテッドスターをあしらった「クーペ グリル」と称する派手なデザインとなっています。

 

 エンジンはDOHC 4気筒1.8L(184HP)スーパーチャージャー、DOHC V型6気筒2.5/3/3.5L(272HP)、AMG仕様用のDOHC V型8気筒6.2L(457HP)、4気筒2.2L(170HP)ターボディーゼル、V型6気筒3L(224HP)ターボディーゼルなどがありました。1911年のマイナーチェンジで、内外装が変更され後期型となりました。見た目はあまり変わっていませんが、灯火類が大幅にLED化されました。W204系は世界中で大ヒットし、約240万台が販売されました。2014年に4代目のW205にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはシュコー製で、2007年に発売されました。モデル名は単にCクラス(エレガンスはグレード名)とされているので、エンジン等の諸元はC350のデータを記載しました。プロポーションが良く、フロントグリル/ヘッドライト室内の造形、リアルな欧州製ナンバープレートなど細部も非常に良くできています。シュコーはアバンギャルド、ワゴン、AMG仕様の前期型/後期型をモデル化していますが、クーペだけはモデル化していません。クーペはノレブ、スパーク、GT スピリット(1/18)がモデル化しています。それ以外ではオートアートの1/18やヘルパ/ブッシュの1/87などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1888

   

MERCEDES-BENZ CLK (C209) 2002 GERMANY

MERCEDES-BENZ CLK (C209) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS B6 696 1945 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.65m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.2L 218HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速244km/h
データーベースでメルセデス ベンツ C209のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ CLK (C209) ドイツ

 

 Eクラスの3代目W211が2002年に登場します。先代のスタイルを継承していますが、楕円形4灯式ヘッドライトがよりスマートな形状になっています。ボディ形式はセダンとワゴン(Tモデル)で、当初のエンジンは4気筒2L、V型6気筒2.4L/3.2L、V型8気筒5L(306HP)、5気筒2.7Lディーゼルなどがありました。高性能版のE55 AMGはスーパーチャージャー付V型8気筒5.4L(467HP)エンジンを搭載していました。

 

 W211をベースとしたクーペ CLKの2代目C209も2002年に登場します。こちらも先代を踏襲したスタイルですが、2つのヘッドライトが連なった形状となっています。2003年に電動ソフトトップを持つカブリオレ A209が追加されました。エンジンはセダンのW211と同様です。Eクラスは2009年に4代目のW212にモデルチェンジします。なおW212のクーペ/カブリオレ C207/A207はCLKクラスではなくEクラスに統合されました。

 

 

 ここでメモとして、メルセデス ベンツのクーペの名前についてまとめておきます。
  CLクラス  Sクラスのクーペ (現在はSクラスに統合)
  CLAクラス A/Bクラスの4ドアクーペ(ハードトップ)
  CLCクラス Cクラスのハッチバッククーペ 2008年以降のCL203のみ
          (Cクラスのクーペ C204とは別物)
  CLKクラス Eクラスのクーペ (現在はEクラスに統合)
  CLSクラス Eクラスの4ドアクーペ(ハードトップ)

 ミニカーはミニチャンプス製で、メルセデス ベンツのディーラー向け特注品です。紙箱が専用品でカタログモデルより早く発売され、さらに値段が高いといった代物です。出来映えはミニチャンプスの標準的なレベルです。ミニチャンプスはカブリオレやレース仕様もモデル化しています。これ以外ではW211は京商、シュコー ジュニア、ヘルパなど C209/A209では京商、シュコー ジュニア、ヴィーキングなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1172

   

 

MERCEDES-BENZ A140 (W168) 1997 GERMANY

MERCEDES-BENZ A140 (W168) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
HERPA 70522 1/43 83㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.61m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: 4気筒 1.4L 82HP 5段自動変速
性能: 最高速165km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W168のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ A140 (W168) ドイツ

 

 AクラスはCクラスより小さいサイズの小型車で1997年に登場しました。もともとは燃料電池の電気自動車として開発された車で、その為ボディのフロア下に電池やモーターなどを収める構造になっていました。燃料電池は時期尚早ということで、従来エンジンを使ったベンツ初の前輪駆動車となりました。当初のエンジンは4気筒1.4L/1.6L、4気筒1.7Lディーゼルでした。

 

 1999年に4気筒1.9L(125HP)エンジンを追加、2001年のマイナーチェンジでバンパーの意匠が変更され、ホイールベースが延長されたロングボディが追加されました。2002年には4気筒2.1L(140HP)エンジンを搭載した高性能版(最高速203km/h)が追加され、2004年までに約100万台が生産されました。

  初代Aクラスは構造的に重心が高く旋回時に転倒する危険があることが問題になり、発売早々にリコールされました。車体の電子式制御システムなどの改良で対応したのですが、この問題はベンツへの信頼性を損ないました。同時期にアメリカで製造したMクラスの製造品質問題も発生しており、この頃のベンツはずいぶん評判を落としたものでした。

 

 

 ミニカーはヘルパの当時物です。小さいながらも、ずっしりと重く、かなリ良い出来映えです。これ以外の当時物は無いようで、また最近の物でも初代AクラスはトミカとREAL-X(1/72)ぐらいしか見当たらず、人気がないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1161

   

MERCEDES-BENZ ML320 (W163) 1999 GERMANY

MERCEDES-BENZ ML320 (W163) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VMC99013 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.59m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: V型6気筒 3.2L 218HP 5段変速/5段自動変速
性能: 最高速180km/h  フルタイム4WD
データーベースでメルセデス ベンツ Mクラスのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ ML320 (W163) ドイツ

 

 ベンツのSUVとしてMクラスが1997年に登場しました。ベンツには軍用車ベースの本格派オフロード車のGクラスがありますが、MLクラスは一般向けです。3列目シートを付ければ7人乗りとなる4ドアハッチバックで、デザイン的にはリアクオーターの処理などトヨタのハリヤーとよく似ています。走行状態に応じて前後輪トルクを制御する電子制御式フルタイム4WDシステムを備えていました。6気筒3.2Lエンジン搭載のML320が北米で発売され、その後4気筒2.3Lエンジン搭載のML230がヨーロッパで発売されました。

 

 5気筒2.7Lターボ ディーゼルエンジン搭載のML270、V型8気筒4.3Lエンジン搭載のML430、V型8気筒5.4L(347HP)エンジン搭載のML 55 AMGなどが追加されました。2002年のマイナーチェンジでライトやバンパーの意匠が変更され、2005年まで生産されました。ベンツとして初めて本国以外のアメリカ工場で製造された初代Mクラスは、車両完成度が低いと評価されベンツ ブランドの信頼性を著しく落としました。

 

 

 ミニカーはビテス製の当時物で、3列シート仕様です。この時期のビテスはプロポーションが良く細部もきちんと作ってあります。バリエーションでML430もあります。その他の当時物ではジク(1/55)、シュコー ジュニアなどがあります。最近の物では、イクソのアラバマ警察仕様、ヤトミンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1174

   

 

MERCEDES-BENZ CLS CLASS (C219) 2004 GERMANY

MERCEDES-BENZ CLS CLASS (C219) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400034301 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.90m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 7段自動変速
性能: 最高速250km/h (リミッター有)
データーベースでメルセデス ベンツ CLSクラスのミニカー検索

 

メルセデス ベンツ CLSクラス (C219) ドイツ

 

 Eクラス(W211)の派生車として、セダンながらクーペのようなデザインを特徴とするCLSクラスが2004年に登場しました。このデザインは外部の車両開発メーカー(IVM Automotive)に委託したもので、見た目重視のかっこいいものですが室内は狭くなっています。その為Eクラスよりサイズが大きいのですが、後席は2人用で4人乗りです。エンジンはV型6気筒3.5L(272HP)、V型8気筒5L(306HP)と高性能版AMG用のV型8気筒5.5Lスーパーチャージャー(476HP)でした。

 

 チューナーのブラバスがCLSをベースに2006年に開発したブラバス CLS-V12 S ROCKETはV型12気筒ツインターボ(730HP!!)エンジンを搭載し、最高速は365.7km/hと世界最速の4ドア車だそうです。2006年のマイナーチェンジで、5Lは5.5L、AMG用の5.5Lは6.2L(CLS63 AMG)に変わりました。CLSのデザインは当初は奇抜なデザインと思われましたが、市場では評判が良かったようで、その後アウディ A7(2010)やフォルクスワーゲン パサート CC(2008)など同じようなスタイルの車が出てきました。この4ドア クーペの概念は1970年代の日本で流行った4ドアピラードハードトップと似たようなもので、高級車では後席が多少狭くてもかっこいいのが受けるようです。2011年に2代目CLSにモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはミニチャンプスの当時物です。ミニチャンプスはベンツが得意ですので、これも実車のスタイルがうまく再現された良い出来映えです。これ以外ではヘルパが1/87でブラバス仕様などをモデル化していて、1/18では京商とマイストがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1340

   

MERCEDES-BENZ B CLASS (W245) 2005 GERMANY

MERCEDES-BENZ B CLASS (W245) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 400034700 1/43 100㎜

 

メルセデス ベンツ B クラス (W245) ドイツ

 

 AクラスとCクラスの間を埋めるより小型車 Bクラス(W245) 初代 2005年 登場 エンジン/シャーシはAクラスと共用
 2010年 Bクラスの燃料電池車「F-Cell」登場

 

 解説追加予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.27m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 136HP 5段変速
性能: 最高速196km/h
データーベースでメルセデス ベンツ B クラスのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1632

   

 

ページ  « 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   次へ »