ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 1972 GERMANY

MERCEDES-BENZ 350SE (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 301-612 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: V型8気筒 3.5L 200HP 5/4段変速/4/3段自動変速
性能: 最高速205km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 350SE (W116) ドイツ

 

 Sクラスという名前が正式に採用され、そのSクラスの名声を確立させた350SE(W116)は1972年に登場しました。幅広フロントグリル、横長角形ライト、サイドマーカーの特徴的なデザインは、高級車の代表としてずいぶんコピーされたスタイルです。

 

 また当時開発されていた安全実験車のパッシブ安全技術(アンチロック ブレーキ ABS)、汚れても視認性の良い段差付の大型テールライトなど)の適用など、革新的な技術が使われた車でした。当初エンジンは6気筒2.8L(185HP)、V型8気筒3.5L(200HP)の2つでしたが、翌年にはV型8気筒4.5L(225HP)が追加されました。

 

 

 ミニカーはドイツのシュコー製 当時物です。ライトにメッキパーツが使われているのは昔のミニカー故ですが、当時としては素晴らしい出来のミニカーでした。ボンネットを開けると、良く出来たエンジンを見ることができます。これ以外の当時物ではガマの350/450SE、マッチボックスの450SE、トミカの450SELなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=484

   

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 1975 GERMANY

MERCEDES-BENZ 450SEL 6.9 (W116) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430039201 1/43 118㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.06m 全幅約1.87m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.9L 286HP 3段自動変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W116のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 450SEL 6.9 (W116) ドイツ

 

 450SELは前述した450SEのロングホイールベース版です。450SEL 6.9は先代の300SEL 6.3の後継車で1975年に登場、6.9Lに拡大した600用のV型8気筒エンジンを搭載したハイパワーセダンでした。6.9Lエンジンは戦後のメルセデスでは最大の排気量のエンジンです。車重増加で0-100km/h加速は7.5秒と少し遅くなりましたが、最高速は225km/hと先代と変わりません。シトロエン特許のハイドロニューマティック方式のサスペンションを採用していました。

 

 通常の450SELとの外観上の違いはリアの6.9のバッジと太いタイヤだけでした。価格はGMの最高級車キャディラック フリートウッド リムジーンの2.5倍もする高価な車でしたが、1981年までに約7400台が生産されました。(ほとんどがアメリカ市場向けだった)

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、2001年頃に発売されたもので、ドイツ首相公用車仕様もあります。450SEL 6.9のミニカーはこれしかありません。(別にエンジンが付いているわけではないので、450SELとほとんど同じですが) フロントグリルのリアルな出来映えはミニチャンプスならではです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1151

   

 

MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 1985 GERMANY

MERCEDES-BENZ 560SEL (W126) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS B6-604-0244 1/43 120㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.16m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: V型8気筒 5.6L 285HP 4段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W126/C126のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 560SEL (W126) ドイツ

 

 Sクラス W116の後継としてW126が1979年に登場しました。世界的な省エネ/安全志向に沿って、車幅を狭くして軽量化し、コンシールドワイパ、スラントノーズなど空力的な処理を施したデザインとなっています。上級車にはワイパー付ヘッドライト、エアバック、ABSなどの先進安全装備が搭載されました。当初のエンジンは6気筒2.8L、V型8気筒3.8L/5L、1980年には5気筒ディーゼルターボが追加されました。

 

 当初はセダンのSE/SELだけでしたが、1981年にはクーペのSECが追加されました。1985年のマイナーチェンジで外観が小変更され後期型となり、6気筒エンジンが新型の2.6Lに、8気筒エンジンは4.2L/5.6Lに変わりました。人気が高くW140にモデルチェンジした1991年までに約90万台が生産されました。Sクラスの名声を高めた名車でした。

 

 

 実車人気は高かったのですが、まともなミニカーが少なかった時代の車なので当時物ミニカーは少ないです。マッチボックスの500SEC、ブラーゴの500SEC、1989年頃のダイヤペットの560SEL(すごいデフォルメです)ぐらいです。 画像はミニチャンプス製(ディラー特注品)で、2001年頃発売されました。樹脂製のサイドプロテクターの質感やヘッドライトのワイパーなどがうまく再現されていて、素晴らしい出来映えです。ミニチャンプスはドイツ首相公用車560SECもモデル化しています。これ以外ではイクソの500SE、ノレブの560EL(1/18)、オートアートの500SECなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1162

   

MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 1991 GERMANY

MERCEDES-BENZ S600SEL (W140) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1260 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.22m 全幅約1.89m 全高約1.5m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6L 394HP 4段自動変速
性能: 最高速250km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W140/C140のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ S600SEL (W140) ドイツ

 

 Sクラスの3代目 W140シリーズが1991年に登場しました。デザイン的には先代を踏襲していますが、外形寸法が大きくなりごつくなりました。セダン(W140)、リムジーン(V140)、クーペ(C140)が設定されました。当初のエンジンは、DOHC 6気筒3L、DOHC 8気筒4.2L/5L(320HP)、DOHC V型12気筒6Lの4タイプでした。この車は「最善か無か」の企業ポリシーで作られた最後のメルセデスと言われており、随所に過剰品質ともいえる設計がされていたようです。(電動で閉じるドアやトランク、ハイドロニューマチック式リアサスペンションなど)

 

 1994年のマイナーチェンジでヘッドライトやバンパーの意匠が変更され、DOHC 6気筒2.8Lエンジンが追加されました。その際に他シリーズと同じくSが先頭に付くモデル名に変更されました。燃費規制などで世界的にコンパクト化が進んでいた時代でしたので、大きなサイズで12気筒エンジンを積むW140は環境破壊車などと呼ばれ、北米市場で販売が芳しくなかったようです。その為かベンツとしては短いモデル寿命で1998年にサイズダウンされたW220に切り替わりました。

 

 

 ミニカーはシャバックの当時物で、フロントの雰囲気などうまくできているように思います。(ややデフォルメがオーバーか) これ以外ではミニチャンプスの600SEL、ノレブのヘルパのS600(1/18)、ヘルパの600SEL、ビテスのS600L プルマンリムジーンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1163

   

 

MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 1992 GERMANY

MERCEDES-BENZ 600SEC (C140) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1270 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.07m 全幅約1.91m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6L 394HP 5段自動変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W140/C140のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ 600SEC (C140) ドイツ

 

 W140のクーペであるC140は1992年に設定されました。セダンよりホイールベースが95㎜短いですが、それでも全長5mを超える大型のクーペです。フロントグリル中央にスリーポインテッドスターを配置するスタイルなど先代のデザインを踏襲しています。エンジンはDOHC V型8気筒5L(320HP)とDOHC V型12気筒6L(394HP)が搭載しました。

 

 1994年からベンツ全体のモデル名変更に伴いS500/600クーペとなり、1996年からはCLクラスが新設されCL500/600となりました。なお2014年にSクラスクーペ(C217)が登場し、CLクラスは元のSクラスに統合されました。

 

 

 ミニカーはシャバックの当時物です。スケールモデルとして良くできていますが、シャバックはほとんどがドア/ボンネット/トランクが開閉するフルギミック付きです。ボンネットの下に再現された12気筒エンジンも良く出来ています。なお画像ではグリルがないように見えますが、ボディ同色で分かりにくいだけです。(フロントの画像) これ以外ではミニチャンプスの600SECがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1164

   

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 1998 GERMANY

MERCEDES-BENZ S500 (W220) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MAISTO 31505 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.04m 全幅約1.86m
エンジン 変速機: V型8気筒 5L 306HP 5段自動変速
性能: 最高速245km/h
データーベースでメルセデス ベンツ W220のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ S500 (W220) ドイツ

 

 Sクラスの4代目W220が1998年に登場します。先代の大きさが批判されたことから、ボディはコンパクトになりました。デザイン的にも威圧感をなくした軽快でシンプルなスタイルになりました。反面他社との競争からコストダウンされた部分があり、その意味では先代のような圧倒的な品質の高さはなくなりました。エンジンはS320 V型6気筒3.2L、S430/S500 V型8気筒4.3L/5L、S600 V型12気筒5.8L(367HP)で、ロングホイールベースのL仕様がありました。

 

 ドアミラー内蔵式ウィンカーはW220が世界で初めて採用したもので、その後他社に波及していきました。2002年のマイナーチェンジで、ライトの形状やグリルの大型化、内装の品質向上などが行われ、従来のベンツらしさ(重厚さや威圧感?)が足りないとする旧来のユーザーの要望に応えました。ツインターボ化した12気筒6L(612HP)エンジンを搭載したS65L AMGなどの高性能版も設定されました。

 

 

 ミニカーはマイストの当時物です。マイストは1/18が主流のメーカーですが、数種類ほど1/43を作っています。このS500はたぶんベンツのプロモーション用に作られたようで、当時としてはかなり良い出来です。(フロントグリル画像) これ以外ではミニチャンプス、ハイスピード(1/43、1/87)、ヴィーキングの1/87、サンスターの1/18 プルマンなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1173

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...12 次へ »