ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X 2007 JAPAN

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 212 1/43 104mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L ターボ 280HP 5段変速/6段半自動変速 4WD
性能: 最高速180km/h (国内仕様)
データーベースで三菱 ランサー エボリューションのミニカー検索

 

三菱 ランサー エボリューション X 日本 2007

 

 2005年にランサー エボリューション IXが登場しました。先代で不評であった富士山型のフロントグリルがなくなりました。基本的な構造は先代と同じですが、エンジンに連続可変バルブタイミング機構「MIVEC」が採用され、馬力はそのままですが高回転域での応答性が向上しました。またリアバンパーにディフューザーが追加され、リアの車高を5㎜下げるなど空力特性を改良していました。またランサー ワゴンのボディ上半分を流用したランサー エボリューション ワゴンが追加されました。

 

 2007年にランサーの7代目がギャラン フォルティス(海外向けの名前はランサー)の名前で登場しました。逆スラントしたノーズの採用で、他社にない個性的なデザインのセダンになっています。このギャラン フォルティスをベースにして、2007年にランサー エボリューション Xが登場しました。エンジンは従来の物から新型のDOHC4気筒2L(280HP)ターボに変更され、変速機はツイン クラッチ式の6段半自動変速が採用されました。4WDシステムは新開発の車両運動統合制御システム「S-AWC」が採用されました。2014年にランサー エボリューションはこの世代で生産終了となることが発表されました。

 

 

 ミニカーは2014年に発売された国産名車コレクションで、メーカーはイクソです。国産名車コレクションは初代6代目もモデル化していて、どちらもまずまずの出来ばえですが、この10代目も雑誌付きミニカーとしては結構良い出来ばえです。イクソはカタログ モデルでもランサー エボリューション Xを20種類ほどモデル化しています。イクソ以外では、トミカ、京商の1/43、ビテス、LA-X(レジン製)、TARMACの1/64などがあります。 三菱 ギャラン フォルティスはWIT'S(レジン製)がモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X 1
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1572

   

MITSUBISHI eK WAGON 2013 JAPAN

MITSUBISHI eK WAGON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 300 1/43 80㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.4m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: DOHC 3気筒 659cc  49HP CVT FF/4WD
性能: 最高速 130㎞/h
データーベースで三菱 EKのミニカー検索

 

三菱 eK ワゴン 日本 2013

 

 三菱の軽自動車 ek ワゴンの初代は2001年に登場しました。車高の高い軽自動車を愛嬌のあるスタイルとして一般化させたミニカ トッポは1990年に登場しました。ミニカ トッポは1993年に2代目となり、1998年にトッポBJに名前が変わり、そのトッポBJの実質的な後継車として登場したのがeK シリーズです。なおeKとは「Excellent K-car」の略で「いい軽」というダジャレでもあります。

 

 eK シリーズ(初代)はまずeKワゴンとして登場しました。エンジンは3気筒657㏄、5段変速/4段自動変速、駆動方式はFFと4WDでした。eK シリーズは日産にOEM供給されて、日産 オッティ(初代)として販売されました。2002年にスポーティなeKスポーツを追加、2003年に外観をクラシック調にして内装などを高級にしたeKクラッシィを追加、2004年には車高を上げたSUV仕様のeKアクティブが追加されました。2006年にeK シリーズは2代目にモデルチェンジしました。2代目は初代のデザインを踏襲したデザインで、エンジンやサスペンションも初代とほぼ同じでした。日産 オッティも2代目となりました。

 

 

 2013年にeK シリーズは3代目にモデルチェンジしました。三菱と日産の軽自動車事業での合弁会社NMKVで開発された車で、日産ではデイズとして登場しました。(外観はかなり異なります) 同時にさらに背の高いワゴンがeKスペース(日産 デイズルークス)として登場しています。エンジンは可変バルブタイミングリフト機構(MIVEC)付きの新型のDOHC 3気筒に変わり、三菱の軽自動車としては初のCVT変速機が採用されました。スポーティ仕様のeKスポーツはekカスタムに名前が変わり、ekカスタムにはターボで64HPにパワーアップしたエンジンが設定されています。2016年に燃費偽装問題で三菱車の販売が中止されましたが、三菱が日産の傘下となることで三菱の存続が決まり、現在はeK ワゴンも販売が再開されています。

 ミニカーは国産名車コレクションのeK ワゴン 3代目のモデルで2017年発売、メーカーはイクソ(京商)です。プロポーションが良くなかなか良くできています。内装もハンドルの三菱ロゴが印刷されているなどまずまずです。eK ワゴンはディーラー特注品で京商が1/43でモデル化していますので、これはその型を流用していると思われます。なお日産 デイズも日産自動車特注品で京商がJ-コレクションでモデル化しています。またeK スポーツの2代目を童友社が1/64でモデル化しています。最近の新車販売の約半分は軽自動車ですから、もっと軽自動車のミニカーが作られてもよさそうにおもいます。毎度おなじみの昔のスポーツカーばかり作らずに、現在の軽自動車の売れ筋をモデル化したほうが一般の方にも良く売れるのではないかと思うのは私だけでしょうか。。。以下eK ワゴンの拡大画像です。
MITSUBISHI eK WAGON 1
MITSUBISHI eK WAGON 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1918

   

 

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5