ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN 7CV 1936 FRANCE

CITROEN 7CV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOSTALGIE N001 1/43 103mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.45m 全幅約1.62m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 36HP 3段変速
性能: 最高速100km/h
データーベースでシトロエン トラクション アヴァンのミニカー検索

 

シトロエン 7CV フランス 1936

 

 1934年にシトロエンの名前を不動のものとし、自動車の歴史を大きく変えた画期的な車トラクシオン アヴァン(7/11CV)が発表されました。トラクシオン アヴァンとはフランス語で前輪駆動のことですが、この方式を最初に実用化しそれを低重心のモノコック構造ボディと組み合わせることで全く新しいタイプの車として完成させたことから、7/11CVは前輪駆動車の元祖という意味でトラクシオン アヴァンと呼ばれています。

 

 駆動系のメカだけではなく7CVの外観は長期間モデルチェンジしないことを前提として設計され、流線型を取り込んだ低くダイナミックな先進的なボディデザインでした。またその低重心のボディと前輪独立懸架により、操縦性と乗り心地も従来の車とは一線を画するものでした。実際にこの車は23年間も作り続けられましたので、素晴らしい先見(先進)性があったのでした。当初のエンジンは4気筒1.3L(7A)で、その後1.5L(7B)/1.6L(7C)/1.9L(7S)と排気量が拡大しました。車重が約1tと軽かったので最高速100km/h(1.5L以上)が出せたそうです。ボディ形式としては2座クーペ、カブリオレもありました。

 

 

 ミニカーは2002年に発売されたフランスのノスタルジー製です。ノスタルジーは名前どうりのノスタルジックなフランス車をモデル化しているイクソ系列のブランドです。7CVの1.6L(7C)をモデル化しています。実車の雰囲気がうまく再現され、フロントグリルやダッシュボード上のシフトレバーを再現した室内など細部もリアルで良く出来ています。(ダッシュボードから突き出したシフトレバーは昔の前輪駆動のフランス車に見られたシフトレバー配置でした) ノスタルジーはクーペとカブリオレもモデル化しています。トラクシオン アヴァンのミニカーはたくさんありますが、これ以外の7CVのミニカーはビテスのセダン/クーペ/カブリオレ、サンスター(ビテスと同じ型か?)、ノレブなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN 7CV 1
CITROEN 7CV 2

 以下は2002年に発売された同じノスタルジー製のシトロエン 7CV カブリオレ (1/43 型番N012)の画像です。洒落たデザインの2座カブリオレをモデル化しています。リアのトランクのようなパネルはランブルシート(補助席)です。クーペ/カブリオレは1934年から1938年まで生産され、総生産台数は約5000台と希少なモデルだったそうです。こちらのミニカーにはダッシュボード上のシフトレバーが無いですが、たぶん省略したのか付け忘れたのではないか?と思います。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 7CV CABRIOLET 1
CITROEN 7CV CABRIOLET 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=268

   

DELAGE D6-70 1936 FRANCE

DELAGE D6-70 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS057 1/43 101mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.3m
エンジン 変速機: 6気筒 2.7L 68HP 4段変速
性能: 最高速120km/h
データーベースでドラージュのミニカー検索

 

ドラージュ D6-70 フランス 1936

 

 1930年に6気筒3Lエンジンを搭載した小型のD6が発表されました。さらに1933年に8気筒エンジンを2.7Lに縮小したD8/15が追加され、これらの車には横置きリーフスプリングとウイッシュボーンによる凝った前輪独立懸架が採用されていました。拡販を期待して追加された小型車もあまり売れず、販売不振からドラージュは1935年にドライエに吸収されます。ドライエによる吸収後もドラージュは作られますが、1954年にはドライエ社がオチキス社に吸収されドライエ/ドラージュ ブランドは消滅します。

 

 ミニカーは2015年発売のイクソ MUSシリーズのものです。実車はフィゴーニ & ファラスキー製のクーペのようですが、デザインが微妙に異なるものが何台か(派手なタイプ)あります。これはややおとなしいタイプをモデル化しているようです。プロポーションが良く、フロントグリル(拡大画像)、ワイヤスポークホイール、フェンダーのクロームモールなどの細部の仕上げもレベルが高いです。 

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=278

   

 

HISPANO SUIZA J12 CABRIOLET 1936 SPAIN/FRANCE

HISPANO SUIZA J12 CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 83 1/43 132㎜

 

イスパノ スイザ J12 カブリオレ スペイン/フランス 1936

 

 J12のエンジンには9.4Lと11.3Lの2種類があり、それまでのOHCではなくOHVが採用され静かで完成されたエンジンだったそうです。性能としては軽量のカブリオレで0-100km/h加速11秒(しかもほぼ無音) 最高速度170km/h以上で当時としては最速の車でした。(その代わり燃費は最悪だったそうですが)

 

 ミニカーはリオ製 上記のバリエーションです。11.3Lエンジンを積んだ高性能なカブリオレのモデルです。ドアに付いている黒いラインは実際にはボンネットサイドから連続したクロームメッキのアクセントラインでいかにもフランス車といったしゃれたデザインです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.6m
エンジン 変速機: V型12気筒 11.3L 260HP 3段変速
性能: 最高速170km/h
データーベースでイスパノ スイザのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=290

   

TALBOT T23 1936 FRANCE

TALBOT T23 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 4003 1/43 112mm

 

タルボ T23 フランス 1936

 

 上述したSTDグループは財政難から1935年にイギリスのルーツグループに吸収され、ヒルマン車の一部となり消滅していきます。STDグループのフランス工場はアンソニー ラーゴに買収され、こちらはタルボ車の販売を続け第二次大戦後はタルボ ラーゴという名前になります。

 

 ミニカーはソリド製でフランス製タルボ(タルボ ラーゴ)をモデルにしています。このT23は上述したタイプ90から発展したモデルで高性能スポーツカーだったようです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: 6気筒 3L 105HP 4段変速
性能: 
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=358

   

VOISIN C28 AMBASSADE 1936 FRANCE

VOISIN C28 AMBASSADE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ALTAYA VOITURES CLASSIQUES 26 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.9m
エンジン 変速機: 6気筒 3.3L 100HP 4段変速(半自動)
性能: 最高速140km/h
データーベースでヴォアザンのミニカー検索

 

ヴォアザン C28 アンバサダー フランス 1936

 

 C28はガブリエル ヴォアザンが設計した最後のモデルでした。前述したC25のスリーブバルブ式エンジンを3.3Lに拡大し、プリセレクター式の4段変速機が使われています。画像はC25 アエロディーヌのデザインを発展させたセダンのモデルです。戦前の車としては非常に先進的なボディと一体化したフェンダーを持つアエロスポルトやカブリオレもありました。C28は約60台ほどが生産され、ヴォアザン社は1939年に消滅しました。

 

 当時ガブリエル ヴォアザンの下で働いていた技術者アンドレ ルフェーブルはシトロエンに入社し、戦後に偉大な名車2CVやDSの開発にかかわっています。2CVはなんとなくC25 アエロディーヌに似ているのですが、シトロエンのユニークなデザインにガブリエル ヴォアザンが影響していたと考えると納得してしまいます。

 

 

 ミニカーはフランスのミニカー付雑誌「VOITURES CLASSIQUES」シリーズの物で製造はイクソです。(イクソではMUS041で発売) プロポーションが良く 実車のイメージをうまくとらえています。特徴的なフロントグリル上のマスコット、バンパー、ドアミラーなどの形状も忠実に再現されています。ヴォアザンのミニカーは最近までソリドのC23しかなかったのですが、2012年からC25、C27、C28などの有名な車が続けてモデル化されました。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1116

   

 

BUGATTI T57G LE MANS WINNER 1937 FRANCE

BUGATTI T57G LE MANS WINNER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO LMC040 1/43 112mm

 

ブガッティ T57G ルマン 優勝車 フランス 1937

 

 上述した「タンク」で1937年のルマンで優勝したのがこの車です。ボディ全体が流線型になっており馬蹄形のフロントグリルとライトの位置がブガッティらしさを残しています。1939年にもスーパーチャージャー付きのT57Cをベースにした車が優勝しています。なお長男ジャンがこのT57Cのテスト中に事故死してしまいその後のブガッティはその輝きを失ってしまいました。

 

 ミニカーはイクソ製 グリルの中のライト、右側側面の赤いランプ、ワイヤーホイールの表現など細かい部分がよく作り込まれています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 200HP 4段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでブガッティ T57のミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=252

   

PANHARD LEVASSOR DYNAMIC 160 1937 FRANCE

PANHARD LEVASSOR DYNAMIC 160 画像をクリック/タップすると画像が変わります
ELIGOR  1/43 125mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.9m
エンジン 変速機: 6気筒 3.8L 100HP 4段変速
性能: 最高速150km/h?
データーベースでパナールのミニカー検索

 

パナール ルヴァッソール ディナミク 160 フランス 1937

 

 1936年のパリ サロンに登場したパナール ルヴァッソール ディナミクは名前どうりの革新的なダイナミックな造形で話題となりました。はやりの流線型を取り入れたボディ デザインはフェンダーの形状やフロント グリルに同時期のドライエなどと同じようなフランス流のテイストがあり、個人的に好きなデザインです。またフロントグリルの形状に合わせたライトのカバーはガラスではなくグリルで構成されていて、これはプジョー402のフロントグリル内格納ライトと同じ処理でした。前輪独立懸架や油圧ブレーキなどメカ的にも新しく、前述した6CSと同じフロントウィンドー両端に曲面ガラスを組み込んだ「パノラミク」を採用し、3人掛けフロントシートで中央にステアリング ホイールがあるなどユニークな車でした。(1939年には左ハンドルに変わりました)

 

 エンジンはディナミク 130が6気筒2.5L、ディナミク 140が6気筒2.9L、1937年に追加されたディナミク 160は6気筒3.8L(100HP)でパナール ルヴァッソールが得意としたスリーブバルブ エンジンでした。(これが最後の量産スリーブバルブ エンジンでした) ホイールベースは長短3タイプがあり、最短(2600㎜)の2ドアクーペはすぐ廃止され、大半は2800㎜のセダンでリムジンのディナミク 160は3000mmでした。第2次大戦の為1940年に生産中止となりました。高価な車だったので、総生産台数は約2700台と希少でした。。

 

 

 ミニカーは2000年頃に発売されたエリゴール製で、ロングホイールベースのリムジンをモデル化しています。エリゴール製のディナミクは1980年頃には発売されていたのですが、これはエリゴール愛好者のエリゴール クラブ向けの特注品として作られた物でした。フェンダーのモール塗装など通常品より丁寧な仕上げとなっています。実車のユニークなボディがうまく再現され、特徴的なヘッドライトもグリルではないもののそれらしく表現されていて良く出来ています。実車のデザインが好きなこともあり、個人的にはかなりお気に入りのミニカーです。 以下はフロント/リアの拡大画像と中央に配置されたステアリング ホイールの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PANHARD DYNAMIC 1
PANHARD DYNAMIC 2

 以下は1980年に発売されたエリゴール製のパナール ディナミク 1937 (1/43 型番1006)の画像です。基本的には上記と同じものですが、これは1980年に購入した標準仕様の物です。このミニカーはお気に入りなので色違いで銀/黒のツートンカラーも持っています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PANHARD DYNAMIC 3
PANHARD DYNAMIC 4

 以下は1984年に発売されたエリゴール製のパナール ディナミク タクシー 1937 (1/43 型番1006)の画像です。これは上記のバリエーションのタクシー仕様で左ドア手前にタクシーメーターが付いています。高級車ディナミクのタクシーが実際にあったかどうかは不明ですが、タクシー仕様のカラーリングもなかなか似合っています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PANHARD DYNAMIC TAXI 1
PANHARD DYNAMIC TAXI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=284

   

DELAGE D8/120-S POURTOUT AERO COUPE 1937 FRANCE

DELAGE D8/120-S POURTOUT AERO COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
IXO MUS054 1/43 126㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.4m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 8気筒 4.8L 120HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでドラージュのミニカー検索

 

ドラージュ D8/120-S プルートー エアロ クーペ フランス 1937

 

 高級車路線を変えなかったドラージュは、1930年代の世界大恐慌による不況で破たんします。1935年にドライエがドラージュを吸収合併し、自社の最高級車をドラージュのブランドで販売しました。D8シリーズの8気筒4.1Lエンジンはドラージュの設計でしたが、ドライエ傘下で1937年に登場したD8/120の8気筒4.8Lエンジンはドライエ 135の6気筒エンジンに2気筒を追加したものに変わりました。

 

 この「エアロ クーペ」と称される流線形デザインの車は、コーチビルダー プルートによるものです。以下に1939年式のエアロ クーペも紹介していますが、どちらもセンターピラーのないサイドウインドーや後ろに伸びたリアフェンダーなどの基本は同じです。これは2年程年式が古いのでフロントウインドーがまだ2分割で、流線形ボディはシンプルな造形です。1939年式ではリアのテールフィンやフロントグリル横のでっぱりなど装飾的な付加物が増えています。(コーチビルダーが違いますが)

 

 

 ミニカーはイクソのMUSシリーズです。元々フランスのミニカー付雑誌「Voitures Francaises d'Autrefois(往年のフランス車)」No.14として作られたもので、2014年にイクソのカタログモデルとして発売されました。現存している実車を、忠実にモデル化しています。プロポーションが良く、フロントグリルやリアのライセンスプレート部などの細部も良く再現されています。この車はスパークでもモデル化されていますが、プロポーションも細部の表現もイクソのほうが手慣れていて上手です。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1619

   

 

PEUGEOT 302 DARL'MAT ROADSTER 1937 FRANCE

PEUGEOT 302 DARL'MAT ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV HACHETTE   1/43 97mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 2L 70HP 4段変速
性能: 最高速140km/h  諸元は標準仕様でルマン出場車のものではない
データーベースでプジョー ダールマのミニカー検索

 

プジョー 302 ダールマ ロードスター フランス 1937

 

 ダールマはパリの有力なプジョー販売店のオーナー エミール ダールマの発案で製作されたプジョーをベースにした少量生産のスポーツカーでした。当初はダールマの工場で製作されたようですが、1936年頃からはプジョーの工場で製作されました。代表的なモデルはプジョー 302のシャーシに70HPにチューンした402の4気筒2Lエンジンを搭載した302 ダールマで、コーチビルダーのプルート(POURTOUT)がクーペやカブリオレのボディを架装していました。1938年にはプジョー 402のシャーシを使った402 ダールマも登場しました。

 

 302 ダールマのレース仕様が1937年ルマンに出場し総合7、8、10位でクラス準優勝し、1938年ルマンでは総合5位でクラス優勝しています。このレース仕様のダールマはそのボンネットサイドの見た目から「八目鰻」とあだ名されました。この連続する丸い穴はエンジンの熱気抜き用の通気穴で模様ではありません。戦後の1947年にプジョー 202をベースにした202 ダールマが1.1Lクラスの速度記録を達成し、1953年にプジョー 203をベースにした203 ダールマが少量生産されました。

 

 

 ミニカーは2006年頃に発売されたフランスのミニカー付雑誌「PEUGEOT COLLECTION」のNo.8で、メーカーはノレブです。(オークションで入手しました) 1937年のルマンで8位となった車(#25)をモデル化しています。実車の雰囲気がうまく再現され、フロントグリルや特徴的なボンネットサイドの通気孔など細部もそこそこリアルで、良く出来ています。ノレブのカタログモデルでは型番473201で10位となった車(#27)をモデル化していますが、それはこれより内装の仕上げが良く幌が付いています。ダールマのミニカーはノレブが1/18も含めて約10種類をだしていてほぼ独占しています。なおノレブがモデル化する以前は、エリゴール初期の402 ダールマが唯一のミニカーでした。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

PEUGEOT 302 DARL'MAT ROADSTER 1
PEUGEOT 302 DARL'MAT ROADSTER 2

 以下は上述したエリゴール製のプジョー 402 ダールマ 1938 (1/43 型番1033)の画像です。1979年頃に発売されたものですが、これはダイキャスト製の量産ミニカーではなく、ホワイトメタル製の少量生産ミニカーでした。(少量生産ミニカーながら何故かダイキャスト製と同じような定価でしたが) 当時402 ダールマのミニカーはこれしかなかったのでその点では貴重なモデルで、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
PEUGEOT 302 DARL'MAT ROADSTER 3
PEUGEOT 302 DARL'MAT ROADSTER 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1754

   

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1938 FRANCE

BUGATTI T57SC ATLANTIC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 78 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.5m 全幅約1.5m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 3.3L 195HP 4段変速
性能: 最高速210km/h
データーベースでブガッティ アトランテ/アトランティックのミニカー検索

 

ブガッティ T57SC アトランティック フランス 1938

 

 T57は1934年に発表された3Lクラスのツーリングカーで、約700台が生産され、ブガッティとして最もたくさん販売されたモデルでした。エンジンはレースカー T59で使われたDOHC 直列8気筒 3.3L(135HP)を搭載しています。4ドアセダンや2ドアクーペのボディが架装されました。 T57Sはシャーシが短いスポーツタイプで、それに一風変わったデザインの流線型クーペボディを載せたのがアトランティックでした。エンジンは170HPにパワーアップされていて、最高速200km/hを越える当時のスーパーカーでした。

 

 T57SCはエンジンにスーパーチャージャーを追加して195HPにパワーアップした高性能版です。外観は前述したT57Sとほとんど同じですが、ライトがより低い位置に埋めこまれています。このアトランティックのクーペボディはリアにスペアタイヤを格納するスペース(丸いカバー部分)があるので、リアの窓は位置が高く小さいです。たぶん後方はほとんど見えなかったと思います。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1983年頃に発売されました。ボディは特徴的な背びれがややオーバーに表現され、シャーシ/サスペンションなどの構造がリアルに再現されています。またスペアタイヤカバーが外せるようになっていて、中にはスペアタイヤが収めてあります。1/43サイズより全長が長めにできていてボディが少し細長く誇張されていますが、全体的な雰囲気の再現は秀逸だと思います。アトランティックの1/43量産ミニカーとしては、最近までこのリオがベストの出来ばえでした。最近になってイクソやミニチャンプスからもモデル化され、それらはスケールモデル的な正確さではリオより優れています。ただシャーシの構造やエンジンを再現しているという点ではリオのミニカーにもまだ十分魅力があります。 以下はリオのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像/スペアタイヤカバーを取り外した画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BUGATTI T57SC ATLANTIC 1
BUGATTI T57SC ATLANTIC 2

 以下は底板のシャーシ/サスペンション部の画像とボンネットを外した状態のエンジンの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BUGATTI T57SC ATLANTIC 3
BUGATTI T57SC ATLANTIC 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=255

   

 

ビンテージ期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ » → 戦後期