ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

VOLKSWAGEN JETTA II (A2) 1984 GERMANY

VOLKSWAGEN JETTA II (A2) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1010 1/43 101㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.34m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 90HP 5段変速
性能: 最高速178km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ジェッタのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ジェッタ II (A2) ドイツ 1984

 

 1984年にフォルクスワーゲン ゴルフ IIのノッチバックセダン ジェッタ 2代目が登場しました。初代同様ヘッドライトは角形を採用していました。デザイン的にはトランクを後付けしたことが明らかでやや不格好ですが、トランク容量はクラス最大でした。2ドアと4ドアがありゴルフと同じエンジンが使われていました。4気筒1.8L(90HP)エンジン搭載車は、5段/3段自動変速 最高速178km/hの性能でした。

 

 ゴルフ IIと同様に1986年にはフルタイム 4WDのシンクロが設定されました。1988年のマイナーチェンジで後期型となり、DOHCエンジンが追加されバンパーが大型化されました。北米市場ではジェッタはゴルフより上級な車とされ、1991年にはアメリカで一番多く売れたヨーロッパ車となりました。初代以上に大ヒットし南米や中国など世界各国で1992年まで生産され、総生産台数は約170万台でした。1992年にモデルチェンジし、北米以外では名前がジェッタからヴェントに変更されました。

 

 

 ミニカーは1984年に発売されたシャバック製の当時物です。前述したゴルフ IIと同じシャバック製で、実車同様の姉妹車として良く出来ています。追加されたトランクは建て付けの良い開閉ギミックで再現されています。バリエーションとしてポリス仕様とチューニング仕様がありました。ジェッタ IIの当時物ミニカーはこれしかないようです。当時物以外ではOTTO MOBILE(レジン製)があります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とトランク開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN JETTA II 1
VOLKSWAGEN JETTA II 2

 以下は1984年に発売されたシャバック製のフォルクスワーゲン ジェッタ チューニング (1/43 型番1012)の画像です。上記のバリエーションで、カラーリングが変更されて「JETTA TUNING」のロゴが追加されています。モデル化された実車がどのようなものだったのかは不明です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN JETTA II 3
VOLKSWAGEN JETTA II 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1095

   

VOLKSWAGEN T3 (TYPE2) CARAVELLE SYNCRO 1986 GERMANY

VOLKSWAGEN T3 (TYPE2) CARAVELLE SYNCRO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1040 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.57m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: 水平対向4気筒 1.9L 95HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでフォルクスワーゲン T3のミニカー検索

 

フォルクスワーゲン T3 (タイプ2) カラベル シンクロ ドイツ 1986

 

 フォルクスワーゲンのトランスポーター(タイプ 2)の3代目T3が1979年に登場しました。ボディはゴルフ Iに代表される同時流行だった直線的なデザインになりました。基本構造は先代を踏襲した後輪駆動車で、当初の4気筒1.6L/2Lエンジンはシリンダーヘッドだけが水冷化された部分水冷でした。T3にはパワステやエアコンが標準装備された乗用車仕様のカラベル(北米市場ではヴァナゴン(VANAGON))もありました。

 

 1982年からエンジンが完全に水冷化され、1.9L(78HP)に排気量が拡大されました。1984年に2.1L、1.6Lターボディーゼルエンジンが追加されました。1985年にはオーストリアのシュタイア ダイムラー プフ社が製造するフルタイム4WD仕様のシンクロが追加されました。1990年に前輪駆動方式の後継車T4が登場しドイツでの生産は終わりましたが、1992年までシュタイア ダイムラー プフ社で生産されました。フォルクスワーゲン最後の水平対向エンジンの後輪駆動車としてファンが多く、最終モデルはLLE(LAST LIMITED EDITION)という名前で2500台限定生産されました。

 

 

 ミニカーは1986年に発売されたシャバックの当時物です。T3の乗用車仕様 カラベル シンクロ(4WD)をモデル化しています。水冷化でバンパーの上にグリルが追加されているフロント部分など細部がリアルで、シャバックらしいレベルの高い出来ばえです。右側スライドドアとリアハッチが開閉するギミック付です。T3もミニカーがたくさんありますが、変わり種ではパリ-ダカール ラリーに参加したポルシェ 959のサポート用に特注されたT3にポルシェのエンジンを搭載したポルシェ B32をPREMIUM CLASSIXXSがモデル化しています。 以下はフロント/室内とテールゲート開閉/右側面スライドドア開閉の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN T3 (TYPE2) CARAVELLE SYNCRO 1
VOLKSWAGEN T3 (TYPE2) CARAVELLE SYNCRO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1213

   

 

VOLKSWAGEN PASSAT (B3) 1988 GERMANY

VOLKSWAGEN PASSAT (B3) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1015 1/43 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.58m 全幅約1.71m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 90HP 5段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでフォルクスワーゲン パサートのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン パサート (B3) ドイツ 1988

 

 1988年にフォルクスワーゲン パサート 3代目が登場しました。フロントグリルのない変わった顔つきは当時のフォード シエラやトーラスに似ていました。先代のようなハッチバックの設定がなくなり、セダンとバリアント(ワゴン)だけになりました。エンジンは前輪駆動車では一般的な横置き搭載に変わり、4気筒1.6L/1.8L(75-90HP)、1.9Lディーゼル、4気筒2L(北米向け)などがあり、5段/4段自動変速で最高速180km/h(1.8L)の性能でした。

 

 ゴルフ GTIと同じDOHCエンジンを搭載するGT、フルタイム4WDのシンクロといったモデルもありました。1991年にはVR6と称する新設計の狭角V型6気筒2.8L(174HP)エンジンを搭載する上級仕様が追加され、最高速は224km/hの性能でした。1993年の大幅なマイナーチェンジでフロントグリルを復活させて見た目を一新し、4代目のパサート B4となりました。(実車画像→ パサート B4 1993)

 

 

 ミニカーは1988年に発売されたシャバック製の当時物です。この当時のシャバック製ミニカーは、肉厚の薄いシャープな造形でいずれもかなりレベルの高い出来ばえでした。このパサートも実車の雰囲気がうまく再現され、ボンネット/ドア/トランクの開閉ギミック付で、エンジンや室内などの細部も結構リアルで良く出来ています。ただこのレベルになるとドアミラーが付いていないのがやや残念です。シャバックはワゴンのバリアントもモデル化しています。これ以外のパサート B3のミニカーはガマの当時物があり、当時物以外ではヘルパの1/87などがあります。パサート B4のミニカーはシャバック、ガマ、ヘルパの1/87などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア(トランク開閉)/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN PASSAT (B3) 1
VOLKSWAGEN PASSAT (B3) 2

 以下は1988年に発売された同じシャバック製のフォルクスワーゲン パサート B3 バリアント (1/43 型番1016)の画像です。上記のバリエーションで、ボンネット/ドア/テールゲートの開閉ギミック付で、これも良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN PASSAT (B3) VARIANT 1
VOLKSWAGEN PASSAT (B3) VARIANT 2

 以下は1989年に発売されたガマ製のフォルクスワーゲン パサート B3 (1/43 型番1177)の画像です。上記のシャバック製と較べるとややずんぐりした出来ばえです。ドア/トランクの開閉ギミック付で、こちらはシャバックが省略しているドアミラーがややオーバーサイズながら付いています。このミニカーは現在のスケールモデル的な観点で評価すると今一つの出来ばえとなります。しかしスケールモデル的な評価をしなければ、ガマ流のデフォルメ(作風)がされたパサート B3のミニカーとして楽しむことができます。昔のミニカーはこんな具合にミニカー メーカー毎に個性があって、それがミニカーを集める楽しみでもありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN PASSAT (B3) 3
VOLKSWAGEN PASSAT (B3) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1096

   

VOLKSWAGEN CORRADO 1989 GERMANY

VOLKSWAGEN CORRADO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1018 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.05m 全幅約1.67m
エンジン 変速機: スーパーチャージャー付4気筒 1.8L 160HP 5段変速
性能: 最高速227km/h
データーベースでフォルクスワーゲン コラードのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン コラード ドイツ 1989

 

 フォルクスワーゲン シロッコ 2代目の後継車としてコラードが1988年に登場しました。ゴルフ IIをベースにしていましたが、全長が短く2+2シーターのかなり本格的なスポーツカーでした。リアのスポイラーは速度感応式でリフトし、ABSやエアバックも装備するなど先進的な技術を搭載した車でした。当初のエンジンはゴルフ IIと同じDOHC 4気筒1.8L(134HP)とG60 スーパーチャージャー付4気筒1.8L(160HP)エンジンを搭載し、5段自動変速で最高速227km/h(G60仕様)の性能でした。

 

 1991年にパサート B3と同じVR6 V型6気筒2.8L(190HP)エンジンが追加され、最高速235km/hに性能が向上し、翌年にはDOHC4気筒1.8Lエンジンが2L(136HP)に拡大されました。高性能な車でしたが、フォルクスワーゲンのスポーツカーはいまひとつブランド力に欠けたようであまり売れず、1995年に生産中止となりました。総生産台数は約9.7万台でした。コラードの後継車は設定されませんでしたが、スポーツカーのシロッコは2008年に復活しています。(実車画像→ フォルクスワーゲン シロッコ 2008)

 

 

 ミニカーは1988年に発売されたシャバック製の当時物です。前述したシャバック製のパサート B2と同じく、これも実車の雰囲気がうまく再現され非常に良い出来ばえです。特筆すべきはダイキャスト鋳造技術の高さです。ボンネットはボディとの隙間が見えないのでボディと一体のように見えますが、実際には開閉が可能でエンジンも再現されてます。現在の1/43サイズの一般的なミニカーは開閉機構がないのであまり高度な鋳造技術は不要なのですが、このようなチリ合わせが良い開閉機構は高度な鋳造技術が必要なのです。(塗装や組立ても少し面倒になります) これ以外のコラードの当時物ミニカーはガマ製もありました。当時物以外ではノレブ、ミニチャンプス、ヘルパの1/87などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とリア/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN CORRADO 1
VOLKSWAGEN CORRADO 2

 以下は1989年に発売されたガマ製のフォルクスワーゲン コラード (1/43 型番1136)の画像です。これも当時のミニカーとしては良い出来ばえですが、上記のシャバック製と較べるとシャープさではやや見劣りします。(ただガマの作風も悪くはないですが) ドア/ハッチバックの開閉ギミック付で、シャバックが省略しているドアミラーがやや大きめながら付いています。なお1985年頃から1/43サイズの量産ミニカーにもドアミラーが付けられるようになりました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN CORRADO 2
VOLKSWAGEN CORRADO 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1097

   

VOLKSWAGEN T4 VAN 1990 GERMANY

VOLKSWAGEN T4 VAN 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1065 1/43 110㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.71m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: 5気筒 2.5L 110HP 4段変速/3段自動変速
性能: 最高速 160km/h
データーベースでフォルクスワーゲン T4のミニカー検索

 

フォルクスワーゲン T4 バン ドイツ 1990

 

 フォルクスワーゲン トランスポーターの4代目 T4が1990年に登場しました。(北米ではユーロバン:EUROVAN 日本ではヴァナゴン:VANAGONと呼ばれました) この代から前輪駆動方式を採用して、形式がタイプ2からタイプ70に変わりました。エンジン搭載スペース分のノーズが伸びて、従来のシリーズとは雰囲気が変わりました。T4にはホイールベース/全長が異なる2タイプがあり、商用バン、ピックアップ、キャンパー、乗用車タイプのカラベル(CARAVELLE)がありました。当初のエンジンは4気筒1.8L/2L/、5気筒2.5L、4気筒1.9Lディーゼルエンジンでした。

 

 1996年に大幅なマイナーチェンジが行われ後期型になりました。5気筒2.5Lターボディーゼル、ゴルフ III に搭載されたV型6気筒2.8L(138HP)のVR6エンジンが追加されました。このVR6エンジンを搭載する乗用車タイプは8cmほどノーズ部分が長くなりました。このロングノーズ版はT4bと呼ぶこともあります。2003年に5代目 T5にモデルチェンジしました。(実車画像→ フォルクスワーゲン トランスポーター T5 2003)

 

 

 ミニカーは1990年に発売されたシャバック製の当時物です。ショートホイールベースのバンをモデル化しています。前述した同じシャバック製のT3同様に、このT4も非常に良く出来ています。左右ドア、右側スライドドア、テールゲート、ボンネットの開閉ギミック付で、特に短いボンネットが開閉でき5気筒と思われるエンジンが再現されているのは秀逸です。シャバックはカラベルとピックアップもモデル化しています。シャバックは当時のフォルクスワーゲンの乗用車も多くモデル化しており、それらは実車の販促用プロモーションにも使われたと思われます。これ以外のT4のミニカーはプレミアムクラシックス、ヘルパの1/87、AWMの1/87、オックスフォードの1/76などがあります。 以下はフロント/ボンネット開閉の画像とテールゲート開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN T4 
 VAN 1
VOLKSWAGEN T4 VAN 2

 以下はT4 バンの右側のドア/スライドドアの開閉ギミックの画像と同じシャバック製のT4 ピックアップ (1/43 型番1070)の画像です。バンのドア開閉は立て付けが良く、スライドドアはスライドさせる為のガイドが実車同様の構造になっていてスムーズに開閉します。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN T4 VAN 3
VOLKSWAGEN T4 PICKUP 1

 以下はT4 ピックアップの側面/俯瞰の画像とフロント/室内の画像です。経年変化でボンネット部分の塗装が一部剥がれていますが、これは塗装の下処理が良くなかったようです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN T4 PICKUP 2
VOLKSWAGEN T4 PICKUP 3

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1214

   

 

VOLKSWAGEN GOLF III 1992 GERMANY

VOLKSWAGEN GOLF III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SHABACK 1005 1/43 94㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.07m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: 4気筒 1.8L 90HP 5段変速
性能: 最高速180km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ゴルフ IIIのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ゴルフ III ドイツ 1992

 

 1991年にフォルクスワーゲン ゴルフ 3代目が登場しました。デザインはキープコンセプトで先代よりスムーズな造形になり、ヘッドライトに異形丸形4灯式を採用していました。基本設計にも大きな変更はなく改良を重ねていました。1992年の欧州カー オブ ザ イヤーを受賞しており、フォルクスワーゲンとしては初の受賞でした。当初のボディは3/5ドアハッチバックで、エンジンは4気筒1.4L/1.8L/2L(115HP)、V型6気筒2.8L(174HP)のVR6、4気筒1.9L(75HP)ターボディーゼルなどがありました。

 

 1993年にゴルフ初のワゴン バリアントが追加され、同年にゴルフ初代に設定されたカブリオレがゴルフ 3代目のカブリオレにモデルチェンジしました。このカブリオレは1999年にゴルフ 4代目の顔つきにマイナーチェンジして2002年まで生産されました。1993年にはDOHC 4気筒2L(150HP)エンジンを搭載し最高速215km/hの高性能版 GTIが追加されました。6気筒のVR6エンジン搭載車のほうが高性能でしたが、税金などの関係でGTIも人気があったそうです。1997年にゴルフ 4代目にモデルチェンジしました。総生産台数は約480万台でした。

 

 

 ミニカーは1992年に発売されたシャバック製の当時物です。この時期のシャバックのミニカーはいずれも素晴らしい出来ばえでした。このゴルフ IIIもプロポーションが正確で、灯火類や室内などの細部の仕上げも当時としては最高レベルでした。ボンネット、ドア、ハッチバックが開閉するフルギミックで、ボンネットを開くとエンジンが再現されていて、底板部分にもメタル製別パーツ(モールドではなく)でエンジンが再現されています。 シャバックは2ドア、バリアント、カブリオレ、VR6仕様もモデル化していました。販促用プロモーションモデルのライセンスをシャバックが独占していたようで、シャバック以外の当時物は無いようです。当時物以外ではミニチャンプス、ヘルパの1/87、ノレブの1/18などがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルーム/底板部分のエンジン周辺の画像とハッチバック開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN GOLF III 1
VOLKSWAGEN GOLF III 2

 以下は1992年に発売された同じシャバック製のフォルクスワーゲン ゴルフ III VR6 (1/43 型番1007)の画像です。上記のバリエーションでフロントグリルにVR6ロゴを追加し、オーバーフェンダーを追加し、ホイールを変更しています。さらにエンジンもVR6 2.8のロゴが付いたVR6エンジンに変更されていて、1/43サイズの量産ミニカーでここまで凝った造りのものはあまりありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN GOLF III VR8 1
VOLKSWAGEN GOLF III VR6 2

 以下は1994年に発売された同じシャバック製のフォルクスワーゲン ゴルフ III カブリオレ (1/43 型番1006)の画像です。上記のセダンの型を大幅に変更してカブリオレをモデル化しています。室内が見えるカブリオレですので、室内全体が良く再現されていて、小さなトランクが開閉できます。さらに実車に即してホイールも変更されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN GOLF III CABRIOLET 1
VOLKSWAGEN GOLF III CABRIOLET 2

 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN GOLF III CABRIOLET 3
VOLKSWAGEN GOLF III CABRIOLET 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1215

   

VOLKSWAGEN VENTO VR6 1992 GERMANY

VOLKSWAGEN VENTO VR6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHABAK 1012 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.40m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: V型6気筒 2.8L 174HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速224km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ヴェント/ジェッタのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ヴェント VR6 ドイツ 1992

 

 フォルクスワーゲン ゴルフのノッチバックセダンであるジェッタ IIの後継車としてヴェント(ジェッタ III)が1992年に登場しました。ただし北米市場ではジェッタの名前が引き続き使われました。角形ヘッドライトを持ち高いリアエンドのトランクが付くデザインは、先代のイメージを継承していました。先代同様に外観が違うだけで、中身はゴルフと同じで内装もほとんど同じでした。エンジンも4気筒1.4L/1.8L/2L(115HP)、V型6気筒2.8L(174HP) VR6、4気筒1.9L(75HP)ターボディーゼルとゴルフと同じでした。

 

 ヴェントは1999年にモデルチェンジして、ゴルフ IVをベースにしたノッチバックセダンのボーラ(BORA)に変わりました。北米市場では引き続きジェッタ(4代目)の名前が使われていたのですが、北米市場以外では名前がころころ変わっています。ヴェント、ボーラは少しづつゴルフのイメージから外れていき高級な車に変わっていったので、それを反映していたのでしょうか。なおジェッタ 5代目にはボーラという名前は使われず、元のジェッタに戻りました。(実車画像→ フォルクスワーゲン ボーラ 2002)

 

 

 ミニカーは1992年に発売されたシャバックの当時物です。上述したシャバック製のゴルフ IIIをベースにしたバリエーションで、これも素晴らしい出来ばえです。これは高性能版VR6仕様のモデル化でリアにスポイラーが付いていますが、スポイラー無しの標準仕様もモデル化されています。ゴルフ III関係の販促用プロモーションモデルのライセンスをシャバックが独占していたようで、これ以外のヴェントの当時物ミニカーは無いようです。当時物以外ではグリーンライトの1/43でジェッタ IIIがあります。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジンルームの画像とトランク開閉/室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN VENTO VR6 1
VOLKSWAGEN VENTO VR6 2

 以下は1992年に発売されたシャバック製の当時物 フォルクスワーゲン ヴェント (1/43 型番1011)の画像です。上記のVR6仕様からスポイラーを外した標準仕様をモデル化しています。当方のこの個体は右後輪のホイールが外れて行方不明になっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN VENTO 1
VOLKSWAGEN VENTO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1216

   

VOLKSWAGEN POLO III (6N) 1994 GERMANY

VOLKSWAGEN POLO III (6N) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
HERPA 70317 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.72m 全幅約1.66m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 75HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速172km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ポロのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ポロ III (6N) ドイツ 1994

 

 フォルクスワーゲン ポロ III(3代目)が1994年に登場しました。先代後期型のデザインを継承しつつ、キャビン部分を拡大して居住性を向上し、空力的にも洗練されました。シャーシはゴルフ 3代目を流用しており、最初から5ドアが設定されるなど上級車志向が明確になっていました。当初は3/5ドアハッチバックのみで、エンジンは4気筒1L(50HP)/1.4L(60HP)/1.6Lの3タイプでした。

 

 1995年に4ドアセダンのクラシック(ダービー DERBY)、ワゴンのバリアントが追加されました。さらにDOHC 4気筒1.4L(101HP)エンジンを搭載するGTや4気筒1.9Lディーゼルエンジンが追加され、DOHC 1.6L(125HP)エンジンを搭載する高性能版がGTIの名前で限定生産されました。2000年のマイナーチェンジで内外装が変更され、パワステやABSが標準装備されました。2000年には、DOHC 1.6L(125HP)エンジンを搭載する高性能版(最高速205km/h)がGTIとして正式に設定されました。2001年にポロ 4代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは1995年に発売されたヘルパ製の当時物です。現在のヘルパはプラスチック製の1/87が主流ですが、当時はダイキャスト製で1/43のミニカーも作っていました。それらはメルセデス ベンツやフォルクスワーゲンの販促用プロモーションモデルにも使われたようで、いずれもかなり良い出来ばえでした。このポロ IIIも正確なプロポーションで、灯火類や室内もそこそこリアルです。(車高を下げ過ぎているのがやや不自然ですが) ヘルパはバリエーションで3ドアもありました。(なおヘルパは2013年頃から1/43ダイキャスト製ミニカーの生産を再開しています) これ以外のポロ IIIの当時物ミニカーはシャバックがありました。当時物以外ではへルポ、ヴィーキング、AWMの1/87などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN POLO III (6N) 1
VOLKSWAGEN POLO III (6N) 2

 以下は1995年に発売されたヘルパ製の当時物 フォルクスワーゲン ポロ III 3ドア (1/43 型番070300)の画像です。上記のバリエーションで3ドアのモデルです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
VOLKSWAGEN POLO III (6N) 3
VOLKSWAGEN POLO III (6N) 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1217

   

 

VOLKSWAGEN PASSAT (B5) 1997 GERMANY

VOLKSWAGEN PASSAT (B5) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 4401 1/43 107㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 125HP 6段変速/5段自動変速
性能: 最高速206km/h
データーベースでフォルクスワーゲン パサートのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン パサート (B5) ドイツ 1997

 

 フォルクスワーゲン パサートの5代目B5が1996年に登場しました。基本的なデザインは先代のB4と似ていましたが、ボディは少し大きくなり空力的に洗練され高級車らしくなっていました。グループ内のアウディ A4のシャーシを流用しており、エンジン縦置きの前輪駆動車でした。ボディ形式はセダンとワゴンのバリアント(1997年追加)で、当初のエンジンはDOHC 4気筒1.8L/1.8Lターボ(150HP)と4気筒1.9Lターボディーゼル(110HP)でした。

 

 1997年に5気筒2.3L(150HP)、DOHC V型6気筒2.8L(193HP)、6気筒2.5L(150HP)ターボディーゼルエンジンが追加され、高級車志向が強くなりました。同時にアウディと同じフルタイム4WD仕様も設定されました。2001年のマイナーチェンジで後期型(B5.5)となり、フロントグリルが少し大きく立派になりました。最上級仕様として狭角V型4気筒エンジンを2つ連結したW8型と呼ばれるDOHC 8気筒4L(275HP)エンジンが追加されました。2005年ににB6にモデルチェンジしました。(実車画像→ パサート B6)

 

 

 ミニカーは1998年頃に発売されたシュコーの当時物です。シュコー流のしっかりとした作風で、灯火類や室内などの細部も良く再現されています。この頃のシュコーの塗装はやや厚ぼったい感じがしますが、実際のドイツ車と同様に塗装品質は優れています。シュコーはB5のバリアント、マイナーチェンジ後のB5.5のセダン/バリアント、レースカーのV8 スターもモデル化しています。ライセンスの関係でパサート B5の1/43ミニカーはシュコーがほぼ独占しています。1/87ではヘルパ、ヴィーキングなどもモデル化しています。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN PASSAT (B5) 1
VOLKSWAGEN PASSAT (B5) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1218

   

VOLKSWAGEN GOLF IV GTI 1997 GERMANY

VOLKSWAGEN GOLF IV GTI 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 430056001 1/43 97㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.15m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 100HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速192km/h
データーベースでフォルクスワーゲン ゴルフ IVのミニカー検索

 

フォルクスワーゲン ゴルフ IV GTI ドイツ 1997

 

 フォルクスワーゲン ゴルフの4代目が1997年に登場しました。基本的なスタイルを変えずに、新しさを感じさせるうまいデザインだと思います。グループ内のアウディ A3のシャーシをベースにしていましたが、車幅が1.7mを超えもはや小型車とは言えないサイズになっていました。ボディの要所に高張力鋼板を使い剛性を高め、ボディ全体の組付け品質を向上させていました。当初のボディは3/5ドアハッチバックで、エンジンは4気筒1.4L/1.6L/DOHC 5バルブ 1.8L(123HP)、V型5気筒2.3L(148HP)、4気筒1.9L(90HP)ターボディーゼルがありました。

 

 高性能版のGTIには1.8Lのターボー仕様(150HP)エンジンが搭載されました。1999年にワゴン バリアントが追加され、同年に3代目ゴルフのカブリオレが4代目ゴルフの顔つきにマイナーチェンジされました。1999年から6気筒2.8LのVR6エンジンが追加されました。2003年にVR6エンジンを 3.2L(241HP)にパワーアップして駆動系を4WD化し、固めたサスペンションにエアロパーツを付けて最高速247km/hという超硬派のR32が限定生産されました。2003年にゴルフ 5代目にモデルチェンジしました。総生産台数は約430万台でした。

 

 

 ミニカーは2000年頃に発売されたミニチャンプス製の当時物です。高性能版のGTIをモデル化しています。ミニチャンプスが作る自国ドイツ車のミニカーはほとんどがレベルの高い良い出来ばえですが、このゴルフ IVもプロポーションが良く灯火類や室内などの細部もよく再現されています。ミニチャンプスはゴルフ IV バリアントやカブリオレなど20数種類をモデル化しています。ミニチャンプス以外ではブラーゴの1/24と1/43、ヘルパの1/87、シュコー ジュニアなどがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

VOLKSWAGEN GOLF IV GTI 1
VOLKSWAGEN GOLF IV GTI 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1219

   

 

サラブレッド期 ←  ページ  « 前へ 1  2  3  4  5   次へ »