ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

AUTO UNION TYPE C 1936 GERMANY

AUTO UNION TYPE C 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R038 1/43 91㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.92m 全幅約1.69m
エンジン 変速機: V型16気筒 6L スーパーチャージャー 520HP 5段変速
性能: 最高速340km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ C ドイツ 1936

 

 1936年 タイプ Cは排気量を拡大し過給圧を上げてエンジンを大幅にパワーアップ、さらにホイールベースを伸ばしトレッドを広げて操縦性を向上させました。外観的にはコクピット左右のえぐりが均等になり(レースによって多少異なるが)、フロントノーズの形状が少し変わりました。1937年にはさらに排気量が6.3Lに拡大され、545HPにパワーアップしています。

 

 1936年にはメルセデス ベンツ W25の戦力が落ちたので、アウトウニオンが勝つレースが増えました。メインのGPレースでは、ドイツ、スイス、イタリアで優勝し(ドライバー B.ローゼマイヤー)、それ以外でもトリポリやフェルトベルク(ドイツ ヒルクライム)などで優勝しています。 1937年シーズンには、強いメルセデス ベンツ W125が登場したので、タイプ Cはベルギー GPでの優勝(ドライバー R.ハッセ)以外ではW125の後塵を拝しています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、ブルム初期の1981年頃に発売されました。1936年のドイツ GPまたはスイス GPの優勝車(ドライバー B.ローゼマイヤー)をモデル化しています。ブルムは型番R110でリアにダブルタイヤを履いた仕様もモデル化しています。これ以外ではミニチャンプスのアウディ特注品やドイツ GP仕様、CMCの1/18 超精密モデル、ブッシュの1/87などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1717

   

BMW 328 1937 GERMANY

BMW 328 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SCHUCO 2542 1/43 86㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.55m
エンジン 変速機: 6気筒 2L 80HP 4段変速
性能: 最高速155km/h
データーベースでBMW 320/326/327/328/335 戦前のミニカー検索

 

BMW 328 ドイツ 1937

 

 前述したように319/1は319をベースにしたロードスター形式のスポーツカーで、6気筒1.9L(55HP)エンジンを搭載し、最高速139km/hの性能でした。この319/1の後継車として1937年に登場したのが328です。328は6気筒2L(80HP)エンジンを搭載し、4輪独立懸架や油圧式ブレーキなど先進的な設計で、最高速155km/hの性能でした。328のレーシング仕様はエンジン出力が最終的に120HPに達し、最高速200km/hオーバーと高性能でした。

 

 328のレースでの成績は1938年ミッレ ミレアでクラス優勝、ハードトップを付けた流線型のクーペタイプが1939年ルマンで総合5位(クラス優勝)、クーペタイプが1940年ミッレ ミレアで総合優勝など大活躍し、当時の2Lクラスでは最強の車でした。約500台ほどが生産されました。328は戦前のBMWスポーツカーのなかで一番有名な車でした。

 

 

 ミニカーはシュコー製で、1997年頃に発売されました。1970年代に倒産したシュコーは1996年頃に再起し、同時期のミニチャンプスと同等レベルのマニア向けミニカーを製作し現在に至っています。この328は実車が小さいので全長86㎜のかわいいサイズですが、エッティング材を使ったフロントグリルとウインドスクリーン枠/ワイパー、細いボンネット固定ベルト、リアルなメータなど非常に緻密な仕上げがされています。赤/黒のカラーリングもきれいで、素晴らしい出来ばえです。(ただしフロントグリルを左右一体化しているのはやや手抜きですが) シュコーは色違いやミッレ ミリア仕様など数種類をモデル化しています。これ以外の328のミニカーとしては、オートアートの1/18、ポリトーイの1/16、ビテス、ミニチャンプスの1/18、BUB PREMIUM CLASSIXXSの1/12などがあります。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

BMW 328 1
BMW 328 2

 以下は1985年頃に発売されたビテスの328 ミッレ ミリア(型番221)の画像です。ビテスの初期物で、当時のミニカーとしてはそこそこの出来ばえでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
BMW 328 3
BMW 328 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=231

   

 

MERCEDES-BENZ W125 1937 GERMANY

MERCEDES-BENZ W125 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R070 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.2m 全幅約1.75m
エンジン 変速機: DOHC 8気筒 5.6L スーパーチャージャー 592HP 4段変速
性能: 最高速330km/h以上
データーベースでメルセデス ベンツ W125のミニカー検索

 

メルセデス ベンツ W125 ドイツ 1937

 

 W25のエンジンは徐々に拡大されて、1936年には4.7L(473HP)になりました。総重量を750㎏以内に収める為、エンジンと燃料タンクの重量増加分はシャーシ軽量化(ホイールベース短縮)でカバーされました。この変更はW25の直線性や操縦性を悪化させ、1935年に9勝していたW25が1936年には2勝しか出来ませんでした。

 そこで1937年に登場したのが後継車のW125でした。一新されたシャーシはホイールベースが初期のW25より長く、エンジンは5.6L(592HP)にパワーアップしていました。W125は圧倒的な強さを発揮し、ほとんどのレースの勝利をアウトウニオンと分け合いました。無制限のエンジン規定で開発されたW125は史上最強最速のグランプリカーと呼ばれました。

 

 ミニカーはブルム製で、ブルム初期の1982年頃に発売されました。1937年のイタリアGPで2位となった車(ドライバー H.ラング)をモデル化しています。このGPで優勝したのはR.カラッチオラのW125、3位はアウトウニオン タイプCでした。ブレーキドラムやリアサスペンションアームなどが再現され、当時のミニカーとしてはかなり良い出来ばえです。(サイズが1/43より小さめですが) 戦前のメルクリン当時物を除けば、最近までこれがW125の唯一の量産ミニカーでした。最近になってミニチャンプスやシュコーでもモデル化されました。

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1711

   

AUTO UNION TYPE C STREAMLINE RECORD CAR 1937 GERMANY

AUTO UNION TYPE C STREAMLINE RECORD CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BRUMM R352 1/43 128㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.52m 全幅約1.84m
エンジン 変速機: 12気筒 6.3L スーパーチャージャー 545HP 5段変速
性能: 最高速408km/h
データーベースでアウトウニオン タイプ A-Dのミニカー検索

 

アウトウニオン タイプ C 流線形 速度記録車 ドイツ 1937

 

 ナチス政権はグランプリレースだけではなく、レースカーをベースにした車による速度記録達成でも国威掲揚を図っていました。その為、この時期のドイツ車の速度記録は国内の公道やアウトバーンで達成されています。(ほとんどの速度記録はアメリカのソルトレークで達成されているのですが、ナチスは国内にこだわったのです)

 メルセデス ベンツの主な速度記録(フライング キロメートル 国際B級 5L-8Lエンジン)としては、1936年の364.4km/h (V型12気筒4.8L 540HPエンジン)、1938年の432.7km/h (V型12気筒5.67L 736HPエンジン)があります。なおフライング キロメートルとは助走をつけた状態から計測をスタートし、1000メートルのコースを往復してその平均速度を計測するものです。

 

 アウトウニオンの主な速度記録としては、1935年のタイプ B LUCCAによる320.267km/h (V型16気筒5L 375HPエンジン)、1937年のタイプ Cによる406.3㎞/h(V型16気筒6.3L 545HPエンジン)があります。なお1938年にメルセデス ベンツが432.7kmを記録した時に、同じ場所でアウトウニオンも速度記録に挑戦していました。テスト走行で同等以上の速度を達成しましたが、その後の正式アタックで時速450㎞/h走行中に横風を受けてクラッシュし、ドライバーのB.ローゼマイヤーが即死するといった悲劇が起きています。

 

 

 ミニカーはブルム製で、2003年頃に発売されました。史上初の400km/h超えの406.3㎞/hを記録した車をモデル化しています。ブルムは同じ車のサーキット仕様など数種類をモデル化しています。同じ車をミニチャンプスやレベル(1/18)もモデル化しています。ちなみにメルセデス ベンツの速度記録車は戦前のメルクリンがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1718

   

MERCEDES-BENZ 770K 1938 GERMANY

MERCEDES-BENZ 770K 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 22 1/43 145mm

 

メルセデス ベンツ 770K ドイツ 1938

 

 1937年にグロッサー メルセデスはモデルチェンジします。シャーシを全面的に新設計し全輪独立懸架が採用されエンジンが230HPに強化されました。この車はナチスの高官用としてたった17台しか作られていません。

 

 ミニカーはリオの代表作でコイルで吊った独立懸架が再現されているなどかなり凝ったつくりで、ヒットラー専用車など様々なバリエーションがモデル化されています。何台か紹介しますが1台目はリムジーンタイプのカブリオレFです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.2m
エンジン 変速機: 8気筒 7.66L 155HP(過給時230HP) 5段変速
性能: 最高速182km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 770Kのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=218

   

 

MERCEDES-BENZ 770K 1938 GERMANY

MERCEDES-BENZ 770K 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 4021 1/43 145mm

 

メルセデス ベンツ 770K ドイツ 1938

 

 上記の派生モデルで幌を開いた状態のモデルです。寒いお国柄故ドイツ車の幌は畳んでもこのように大きくかさばります。上記のモデルの幌を畳んだ状態のものがリオの初期モデルにありますが、これはリオがM4社のブランドとなってから細部をリファインして2005年に発売されたものです。

 

 ベンツのマスコットがエッチングパーツに変えられサイドのモールディングなどが追加されていて旧モデルよりも高級な感じとなりましたが、その分ミニカーのお値段もしっかり高級になりました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.2m
エンジン 変速機: 8気筒 7.66L 155HP(過給時230HP) 5段変速
性能: 最高速182km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 770Kのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=219

   

MERCEDES-BENZ 770K 1938 GERMANY

MERCEDES-BENZ 770K 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 85 1/43 145mm

 

メルセデス ベンツ 770K ドイツ 1938

 

 同じくM4社ブランドとなる以前の派生モデルでハードトップ仕様のプルマン リムジーンです。カブリオレのボディにハードトップを固定した実車同様の作りになっています。このハードトップに段が付いているのが気になりますが、実車の写真にもこのような段が付いています。

 

 この段が付いた部分は取り外しができるようになっていて、パレードなどにも使えるようになっていたのかもしれません。(開口部分が運転席の上にもあるのが少し気になりますが)

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.2m
エンジン 変速機: 8気筒 7.66L 155HP(過給時230HP) 5段変速
性能: 最高速182km/h
データーベースでメルセデス ベンツ 770Kのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=220

   

HORCH 853A SPORT CABRIOLET 1938 GERMANY

HORCH 853A SPORT CABRIOLET 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS  1/43 128㎜

 

ホルヒ 853A スポーツ カブリオレ ドイツ 1938

 

 ベンツ社の工場長であったアウグスト ホルヒが独立して設立したのがホルヒ社です。1904年から小型/中型の先進的で高品質な車を生産していました。1909年にホルヒは経営陣と対立し会社を去り、新しくアウディ社を立ち上げます。創業者が去ったホルヒ社は直列8気筒エンジンをいち早く導入するなど高級車を手がけるようになり、ベンツより安いこともあり好評だったようです。

 

 ミニカーはミニチャンプス製のアウディ特注品で、豪華な室内が良く再現されています。ホルヒはアウディの歴史の一部といった扱いなのでしょう。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.5m
エンジン 変速機: 8気筒 5L 120HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=227

   

 

HORCH 855 SPECIAL ROADSTER 1938 GERMANY

HORCH 855 SPECIAL ROADSTER 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436014200 1/43 124㎜

 

ホルヒ 855 スペシャル ロードスター ドイツ 1938

 

 1932年にホルヒはアウディ、DKW、ヴァンダラーの民族系3社と協同でアウトウニオン社を結成します。ホルヒはアウトウニオンの最高級モデルを担当し、有名なポルシェ設計のGPカー Pヴァーゲン(V型16気筒4.35L)もホルヒが製作しています。第二次大戦中は軍用車の生産に専念し、戦後アウトウニオン社が解体されてホルヒの名前は消えます。855は最後のモデルでした。

 

 ミニカーはミニチャンプス製です。豪華なロードスターで、あまりモデル化されていないホルヒのミニカーとして貴重な存在です。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.3m
エンジン 変速機: 8気筒 5L 120HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=228

   

VOLKSWAGEN KdF 1938 GERMANY

VOLKSWAGEN KdF 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 400 1/43 95mm

 

フォルクスワーゲン KdF ドイツ 1938

 

 VOLKSWAGENとは直訳すると「国民車」で、この名前は戦前のナチスが掲げた「国民車構想」に由来しています。「国民車構想」とは国民の誰もが買える安価な実用車を開発するというもので、同じような構想を持っていたフェルディナント ポルシェ博士がその開発にあたりました。1938年に完成したプロトタイプにはKdF(Kraft durch Freude:喜びを通じての力)という政治スローガン的な名前が付けられました。

 

  ミニカーは初期のビテス製です。バンパーやホイールがボディと同色になっていていかにもそれらしい感じですが、実車はメッキされているものもありました。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m
エンジン 変速機: 4気筒 985cc 24HP 4段変速
性能: 最高速100km/h
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=232

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4   次へ »