ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MG 1100 1966 UK

MG 1100 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE VCC99068 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.73m 全幅約1.53m
エンジン 変速機: 4気筒 1.1L 56HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでMG 1100のミニカー検索

 

MG 1100 イギリス 1966

 

 ADO16シリーズの2番手はMG 1100で、MG マグネットの後継車として1962年に登場しました。スポーツカーメーカーのMGブランドに合わせて、ツイン キャブレターでエンジンを6HPパワーアップし、最高速も135km/hと少し速くなっています。

 

 1967年にエンジンが1.3L(58HP)に拡大され、1969年には70HPまでパワーアップしたMK IIに発展し、その際にボディが2ドアのみになりました。1971年まで生産されました。

 

 

 ミニカーはビテス製ADO16シリーズの1台です。MG マグネットと同じようなイメージのフロントグリルにMGのエンブレムが付いています。ウインカーが丸型に変えてあるのもスポーティさを表現したのでしょう。当時物でもスポットオンやテクノがモーリス 1100に加えてMG 1100もモデル化していますので、ADO16の中でもMG 1100は特に人気があったのだと思われます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=774

   

MG MIDGET MK IV 1969 UK

MG MIDGET MK IV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 421 1/43 80mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: 4気筒 1.3L 65HP 4段変速
性能: 最高速151km/h
データーベースでMG ミジェットのミニカー検索

 

MG ミジェット MK IV イギリス 1969

 

 主力モデルがMGAに移行して、入門用の廉価なモデルが必要になったMGは、同じBMCグループ内のオースチン ヒーレー スプライトのマイナーチェンジ版を流用することを決定します。名前は戦前の名車と同じミジェットとなり、1961年に登場しました。スプライトのモノコックボディの前後を大幅に変更して、全く新しいMGに仕上がっています。

 

 エンジンはスプライト MK I用を少しパワーアップした948cc(46HP)で、スプライト MK Iより少しだけ高性能です。なお姉妹車のスプライト MK IIより格上とのことで、仕上げもやや高級で価格も高かったそうです。1962年にはエンジンが1.1L(56HP)にパワーアップされ、最高速が143km/hに向上しています。排気量を1.5Lまで拡大し、1979年までに約23万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはディテールカー製で、1.3Lエンジンを搭載したMK IVのモデルです。軽快な小型スポーツカーの代表的なスタイルが良く再現されています。ホンダS500がデザインのお手本にしたのはこの車だと言われていますが、確かに雰囲気がそっくりです。当時物としてはスポットオン、最近ではスパークがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=873

   

 

MG MGF 1.8i VVC 1996 UK

MG MGF 1.8i VVC 画像をクリック/タップすると画像が変わります
UNIVERSAL HOBBIES 1075 1/43 91㎜

 

MG MGF 1.8i VVC イギリス 1996

 

 MGブランドの復活 MGF 1995年 登場

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.91m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 145HP 5段変速
性能: 最高速206km/h
データーベースでMG MGFのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1527

   

AUSTIN HEALEY 100 BN2 1956 UK

AUSTIN HEALEY 100 BN2 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (MATCHBOX) DY-30 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.85m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 4気筒 2.7L 110HP 4段変速
性能: 最高速175km/h
データーベースでオースチン ヒーレーのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー 100 BN2 イギリス 1956

 

 自動車エンジニアのドナルド ヒーレーがオースチンのエンジンを用いてスポーツカーのプロトタイプを製作し、それをBMCのオースチン部門が引き継いで量産化したのがオースチン ヒーレーの始まりでした。最初のモデルは100で1953年に登場しました。4気筒2.7L(90HP)エンジンを搭載した2座のオープンカーで、3段変速で最高速172km/hの性能でした。

 

 1956年にエンジンを6気筒2.6L(102HP)に切り換え、ホイールベースを延長し2+2座とした100-6(BN4)に発展しました。MGと同じくアメリカ市場で人気を博し、100は1959年までに約3万台が生産されました。ルマンなどのレースでも活躍しています。

 

 

  ミニカーは1992年頃に発売されたマッチボックス傘下のディンキー製です。1955年にマイナーチェンジしたタイプBN2のモデルです。フロントフェンダーのボリュームの感じが少し違うような感じもしますが、豪快なイメージのこの車をそこそこに再現していると思います。これ以外の当時物としては、コーギー、ディンキー、テクノなどがあります。最近のものでは、京商の1/18やホンウェルなどがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=874

   

 

AUSTIN HEALEY 3000 MK III 1963 UK

AUSTIN HEALEY 3000 MK III 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 172 1/43 93㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.54m
エンジン 変速機: 6気筒 2.9L 148HP 4段変速
性能: 最高速192km/h
データーベースでオースチン ヒーレーのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー 3000 MK III イギリス 1963

 

 100は1959年に6気筒2.9L(124HP)エンジンを搭載した3000に切り替わります。古典的なラダーフレームに2+2座のオープンボディという基本はそのままながら、シャーシを強化しフロントにはディスクブレーキが採用され、最高速は182km/hの性能でした。室内や装備が豪華になり、3000は「ビッグヒーレー」と呼ばれました。1961年にMK II、1963年にMK IIIに発展し、エンジンは148HPまで強化され最高速は192km/hまで向上しました。

 

 1963年からWRCにワークスで参戦し、ラリーでも大活躍しました。3000は1969年までに約4万台が生産されました。1972年にBMCとの契約が終了し以下のスプライトが最後のモデルとなり、オースチン ヒーレーのブランドは終わりました。

 

 

 ミニカーは初期のビテス製です。上記の100より大きくなっていて、2+2座のハードトップ仕様となっています。ヘッドライトが大きめなのはうまいデフォルメで、全体的な造形も良く出来ていると思います。(ボンネット上のエアインテークが目立たないのが今ひとつですが) これ以外では、最近の新しいビテス(サンスター)のもの、京商、オートアートの1/18などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=875

   

AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 1958 UK

AUSTIN HEALEY SPRITE MK I 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DETAIL CARS 413 1/43 81㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.48m 全幅約1.35m
エンジン 変速機: 4気筒 948cc 43HP 4段変速
性能: 最高速130km/h
データーベースでオースチン ヒーレー スプライトのミニカー検索

 

オースチン ヒーレー スプライト MK I イギリス 1958

 

 上記ビッグヒーレーに対してスモールヒーレーと呼ばれるスプライトは、MGなどの小型スポーツカーの一番底辺を狙って開発されました。コストを下げるために、BMCで最も廉価なオースチンA35からエンジン948cc(43HP)やサスペンションなどの基本パーツを流用しています。エンジンは非力ながらも、640kgの軽量モノコックボディ故に最高速は130km/hでした。小型スポーツカーに造形が深いイギリス流の優れた設計で、小さいながらも優れた操縦性のスポーツカーに仕上がっていました。1961年までに約5万台が生産されています。

 

 特徴的なヘッドライトから日本ではカニ目、アメリカではバグアイ(虫の目)、イギリスではフロッグアイ(カエルの目)とあだ名されています。なおスプライトは1961年にMK IIに切り替わっていますが、このMK IIはMG ミジェットの姉妹車となりました。両車はまとめてスプリジェットと呼ばれることがあります。

 

 

 ミニカーはディテールカー製です。愛嬌のあるカニ目がうまく再現されているかわいらしいモデルです。他にはディテールカーと同じ型を使っていると思われるソリド、最近ではイクソ、エブロ、スパークなどがあります。なお実車の時代が古いので、当時物のミニカーはないようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=876

   

 

ページ  « 前へ 1...20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   次へ »