ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1965 UK

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY(UK) 158 1/41 125㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー シャドウのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー シャドウ イギリス 1965

 

 シルバー クラウドは完成の域に達していましたが、技術的には旧態化していました。ライバルであった メルセデス ベンツからハイテクを駆使した超高級車のベンツ 600が1963年に発表されました。この車に対抗する意味もあって新型のシルバー シャドウが1965年に登場しました。シルバー シャドウは前後フェンダーがボディサイドに一体化された近代的なデザインとなり、モノコックボディ、全輪独立懸架、油圧式車高調整、全輪ディスクブレーキなど先進的な技術を採用していました。

 

 車体のサイズはシルバー クラウドより小さくなりましたが、近代的なモノコックボディの採用で室内は広くなっていました。モノコックボディ故にボディを大きく変えることができず、コーチビルダーが独自にデザインしたボディを架装することは無くなりました。ロールス ロイスといえども時代の流れには逆らえないということでした。エンジンは改良され出力が向上し、4段自動変速機仕様で最高速度は180km/hの性能でした。1969年にロングホイールベース版が標準ボディ化されました。1977年にサスペンションの改良、室内のデザイン変更、バンパーの大型化、オートエアコン標準装備などの改良が行われ、シルバー シャドウ IIにモデルチェンジしました。

 

 

 このミニカーもディンキー(英)製で1967年に発売された当時物です。フロントグリルやバンパーに金属製パーツを使ったディンキーらしい出来ばえで、ボンネット/トランク/4ドア開閉のフルギミックで凝った作りとなってます。こうしてロールス ロイスのミニカーをまとめてみると、ディンキーはロールス ロイスをまめにモデル化していたことが良く分かります。 以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2

 以下はドアの開閉ギミック/室内とボンネット開閉ギミック/エンジンの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 3
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 4

 以下は1983年頃に発売されたフランスのエリゴールのシルバー シャドウ(1/43 型番1047)の画像です。ノレブのプラスチック製(型番33)の型を流用しているようです。プロポーションが良く、当時のミニカーとしては良い出来ばえです。ヘッドライトが黄色なのはフランス仕様です。フロント グリルの異なるベントレー T(型番1048)もありました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2

 以下は1978年に発売されたダイヤペットのシルバー シャドウ(1/40 型番G71)の画像です。フロントグリルの造形がかなりオーバーなデフォルメですが、ロールス ロイスの当時物ミニカーとしては結構良い出来ばえです。なお1978年に発売しているので、シルバー シャドウ IIをモデル化しているのかもしれません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=795

   

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 1967 UK

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 273 1/43 121㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.2L (200HP) 4段自動変速
性能: 最高速(180km/h)
データーベースでロールス ロイス シルバー シャドウのミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー シャドウ 2ドア サルーン イギリス 1967

 

 シルバー シャドウには1967年にセミカスタム仕様で2ドアサルーン(クーペ)と、まだ残っていたコーチビルダーが架装するコンバーチブルが追加されました。またホイールベースを100mm程長くしたロングホイールベース版も追加されました。1970年にはエンジン排気量が6.8Lに拡大され、自動変速機がGM製のターボ ハイドラマティック3段式に切り替わりました。(GMの自動変速機は当時最高の品質だったのです) シルバー シャドウ(ベントレー T含む)は年間約2000台が生産され、ロールス ロイスとしては最も多く作られました。

 

 1977年にはサスペンションの改良、室内のデザイン変更、バンパーの大型化、オートエアコン標準装備などの改良が行われ、シルバー シャドウ IIとベントレー T2に発展しました。またロングホイールベース版はシルバー レイスの名前が復活しシルバー レイス IIとなりました。シルバー シャドウ IIは1980年まで生産され、シルバー スピリット(SPIRIT)にモデルチェンジしました。シルバー シャドウの総生産台数は約3万台(ロングホイールベース版 約5千台)でした。

 

 

 ミニカーはコーギーの当時物で1970年に発売されました。前述したディンキーが先に4ドアサルーンを作っていたので、コーギーは2ドアサルーンをモデル化したようです。コーギーの最盛期に作られたこのミニカーは実車の雰囲気を良く再現していて非常に出来が良いです。特にタイヤ交換ギミックが付いた初期物は、コーギーの傑作の一つだと思います。(後から出たホイールがフリーホイール化された物は、ホイールが安っぽいので少しレベルが落ちます) なおロールス ロイスのミニカーはどのメーカーも力の入れ方が違うようで、あまり出来の悪い物はありません。 以下はフロント/ボンネットを開いたエンジン部とリア/開けたトランクの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 1
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 2

 以下はドアを開いた室内と「GOLDEN JACK(ジャッキアップするジャッキ部分が金色という意味)」と称するホイールの交換ギミックの動作画像です。トランクにスペアタイヤが1本あり、4輪全てのタイヤ交換が出来ます。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 3
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 4

 以下は1968年に発売されたメーベトイのシルバー シャドウ 2ドアサルーン(1/43 型番A36)の画像です。これも当時物としてはかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 3
ROLLS ROYCE SILVER SHADOW 2-DOOR SALOON 4

ロールス ロイス シルバー スピリットを検索する→データーベースでロールス ロイス シルバー スピリットのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=796

   

 

ROLLS ROYCE CORNICHE DROPHEAD COUPE 1971 UK

ROLLS ROYCE CORNICHE DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
POLISTIL OC6 1/43 115㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.8L (180HP) 4/3段自動変速
性能: 最高速(190km/h)
データーベースでロールス ロイス コーニッシュのミニカー検索

 

ロールス ロイス コーニッシュ ドロップヘッド クーペ  イギリス 1971

 

 1971年にシルバー シャドウの2ドア クーペとドロップヘッドクーペ(幌付オープンカー)には、より高性能で豪華な特別仕様のコーニッシュが設定されました。同時にベントレー Tにもコーニッシュが設定されました。コーニッシュはエンジンの出力を10%ほど向上させ、ラジアルタイヤを装着、ブレーキを強化するなどスポーティでオーナードライバー向けの仕様となっていました。ボディは熟練工によるアルミ製の手作りで、内装もシルバーシャドウより豪華だったそうです。(価格はシルバー シャドウの約1.5倍だったそうです)

 

 当初はクーペとドロップヘッドクーペが設定されましたが、1982年以降はドロップヘッドクーペだけとなりました。コーニッシュはABSやエアバックの標準装備やエンジン制御の電子化など改良が続けられ、コーニッシュ IVまで発展し1996年まで生産されました。総生産台数は約6200台(I型が約4300台)でした。日本の皇室もコーニッシュを購入していて、1993年の皇太子殿下のご成婚パレードで使われましたが、現在は廃車になったそうです。

 

 

 ミニカーはポリスティル製で、1978年に発売された当時物です。1960年代のポリトーイ初期のMシリーズほど凝ったところはありませんが、当時のミニカーとしては良い出来ばえです。エンジンや室内もそこそこリアルに再現してあります。コーニッシュのミニカーはこれとソリド、コーギーの1/36、フランクリン ミントの1/24などがありました。最近になって、オッククフォード、レジン製少量生産のトゥルースケールやネオでもモデル化されました。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE CORNICHE 1
ROLLS ROYCE CORNICHE 2

 以下はボンネットを開いたエンジン部と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE CORNICHE 3
ROLLS ROYCE CORNICHE 4

 以下は1988年に発売されたソリドのコーニッシュ II (1/43 型番1511)の画像です。ハンドルが無くなっていて、行方不明です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE CORNICHE 1
ROLLS ROYCE CORNICHE 4

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=798

   

ROLLS ROYCE CAMARGUE 1975 UK

ROLLS ROYCE CAMARGUE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
BBURAGO 3001 1/22 235㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.92m
エンジン 変速機: V型8気筒 6.8L (180HP) 3段自動変速
性能: 最高速190km/h
データーベースでロールス ロイス カマルグのミニカー検索

 

ロールス ロイス カマルグ イギリス 1975

 

 シルバー シャドウのイメージを引きずるコーニッシュと差別化し、さらにスペシャルなパーソナルカーとして設定されたのがカマルグでした。デザインはピニンファリーナ、コーチワークはH.J.マリナー/パーク ウォードが担当しました。シルバー シャドウがベースですが、幅は90mm広く、高さは20mm低く直線基調でシンプルながら絶妙なバランスがとれた美しいデザインです。

 

 車重が重くなりましたが、エンジン(V型8気筒6.8L)はツイン エグゾーストでパワーアップされ、最高速は190km/hのままでした。価格はシルバー シャドウの約2倍と、当時としては最も高価な車で、1986年までの11年間で約500台が生産されました。

 

 

 ミニカーはイタリアのブラゴー製で、1977年発売の当時物です。ブラゴーは大スケールモデルのパイオニア的なメーカーで、これはごく初期の物です。1970年代当時の大スケールモデルは1/24や1/25が一般的でしたが、これはそれより少し大きい1/22を採用しており、ブラゴーとしてはかなり意欲的な取組みをしたモデルだったと思います。(1/22はダイヤモンド シリーズと称していた) 実車のイメージがよく再現され、フロントグリルや灯火類 印刷ではなくメッキパーツを使ったリアルなメーターパネルなど、当時のミニカーとしてはかなり良い出来映えでした。

 以下はフロントとリアの拡大画像と、室内とボンネットを開いたエンジン部拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE CAMARGUE 1
ROLLS ROYCE CAMARGUE 2

 これ以外の当時物ミニカーとしてはウエスタンモデル(ホワイトメタル製)、朝日通商 SIGMA143の1/43がありました。SIGMA143と同じ物がカドーからも販売されました。最近の物では、NEOとBOS MODELからレジン製でモデル化されています。 以下はカドーが発売したカマルグの画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
ROLLS ROYCE CAMARGUE 1
ROLLS ROYCE CAMARGUE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=799

   

ROLLS ROYCE SILVER SERAPH LIMOUSINE 1998 UK

ROLLS ROYCE SILVER SERAPH LIMOUSINE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
PMC PMC200802 1/43 150㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.4m 全幅約1.93m
エンジン 変速機: V型12気筒 5.4L 326HP 5段自動変速
性能: 最高速225km/h
データーベースでロールス ロイス (1980年以降)のミニカー検索

 

ロールス ロイス シルバー セラフ リムジン イギリス 1998

 

 ロールス ロイス社は航空機エンジン部門の不振により1971年に倒産しました。ロールス ロイス社の自動車部門は新しくロールス ロイスとして独立しますが、ベンツなどの新興高級車メーカーに押されて業績が悪化し1992年にはBMWと提携しています。1998年には親会社のビッカース社がロールス ロイスのブランド売却を決定し、BMWとフォルクス ワーゲンがこのブランドの争奪戦を行い最終的にはロールス ロイスのブランド使用権をBMWが取得し、フォルクス ワーゲンはロールス ロイスの会社とベントレーのブランドを取得しました。

 

 1980年にシルバー シャドウ II/シルバー レイス IIの後継車としてシルバー スピリット(1995年からはシルバー ドーンに改名)/シルバー スパーが発表されました。この頃からヘッドライトが丸形4灯から角形に変わっています。BMWと提携後の1998年にシルバードーン/シルバー スパーの後継車として新設計されたシルバーセラフが発表されました。

 

 

 シルバー セラフは伝統的な大型グリルやバンパーを備えたデザインで、ボディ全体に丸みが付いています。ボディはアルミ製からスチールに変更され、ハンドメイドだったボディ製造工程は一部が機械化されたようです。BMW製V型12気筒5.4L(326HP)エンジンを搭載し、電子制御サスペンションなど最新の電子機器を装備していました。姉妹車としてBMW製V型8気筒ツインターボ エンジンを搭載するベントレー アルナージがあります。

 1980年から1990年代のロールス ロイスはほとんどミニカーがありません。実車が変わり映えしなかったのとロールス ロイスの威光が下落したことが原因でしょうか。ミニカーはシルバー セラフのストレッチ リムジンで、ロールス ロイスの100周年記念で2004年に限定品(5000台?)として販売されたものです。(全長150㎜と長いです) メーカーは中国のPMCというブランドですが、前輪がステアするように出来ていることからオートアート系メーカーが設計したようです。オートアート系が設計したダイキャスト製で、ロールス ロイスが監修していることもあって、かなり良い出来ばえです。シルバー セラフのミニカーはフランクリン ミントの1/24ぐらいしかないので、車種的に貴重です。(値段も約1万円ほどで、レジン製少量生産品のようには高くないです)  以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE SILVER SERAPH LIMOUSINE 1
ROLLS ROYCE SILVER SERAPH LIMOUSINE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1336

   

 

ROLLS ROYCE PHANTOM EXTENDED WHEELBASE 2005 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM EXTENDED WHEELBASE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO K05541DBK 1/43 143㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約6.09m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.8L 460HP 6段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム エクステンデド ホイールベース イギリス 2005

 

 前述したシルバー セラフはBMWがエンジンを供給し、フォルクスワーゲン傘下で製造されていました。2003年にロールス ロイスの製造権を入手したBMWは、独自開発の新型車ファントムを登場させます。ファントムという名前は1925年のファントム IからVIまで続いた由緒ある名前です。伝統的なラジエーターグリルを引き継いだ古典的なデザインで、シュートホイールベース仕様でも、全長5.8m 全幅1.99mの大型セダンです。エンジンはBMW製のDOHC V型12気筒6.8L(460HP)で、電子制御6段自動変速、最高速240km/hの性能です。

 

 コーチドアと称するリアシートへの乗降性に優れた観音開き式ドアが採用されていて、このドアは電動で開閉しドアにはエルメスの傘が内蔵されています。内装は総革張りで、音声認識カーナビや温冷機能付カップホルダーなどいたれりつくせりの装備が付いています。フロントグリル上の有名なマスコットは盗難防止/歩行者保護の為、衝撃を感知すると内部に格納されるようになっています。またホイール中央に付いたRRのロゴが走行中も常に正立するようになっているなど普通の車にはない仕掛けが付いています。2009年に一回り車体が小さいゴーストが登場しています。2012年のマイナーチェンジでII型になり丸型ヘッドライトが世界初のフルLED式の角形に変わっています。

 

 

 ミニカーは京商製で2005年に追加されたロングホイールベース仕様 EWB(エクステンディッド ホイールベース)のモデルです。実車がでかいのでミニカーも全長143mmと大きなサイズでずっしりと重いです。出来映えはホイールが大きめなことが今一つですが、それ以外は良い出来映えです。ただ京商の高価なミニカーは大きくりっぱな紙箱に入っていることが多く、これは場所をとるのであまり有難くありません。京商はドロップヘッドクーペ(後述)とクーペもモデル化しています。その他にはイクソもセダン/ドロップヘッドクーペ/クーペをモデル化していますが、これは多分京商と同じ型を使った仕様変更品だと思います。 以下はフロント/リアの拡大画像と室内の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

ROLLS ROYCE PHANTOM EXTENDED WHEELBASE 1
ROLLS ROYCE PHANTOM EXTENDED WHEELBASE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1339

   

ROLLS ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE 2007 UK

ROLLS ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MINICHAMPS 436134730 1/43 131㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.61m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: DOHC V型12気筒 6.8L 460HP 6段自動変速
性能: 最高速240km/h
データーベースでロールス ロイス ファントムのミニカー検索

 

ロールス ロイス ファントム ドロップヘッド クーペ イギリス 2007

 

 前述したファントムに全長6.08mのロングホイールベース仕様 EWB(エクステンディッド ホイールベース)が2005年に追加されます。2004年にロールス ロイス 100周年記念として製作された2ドアのコンセプトカー 100EX/101EXが公開されました。その100EXをほぼそのまま市販化したのが、電動ソフトトップを装備するオープンカーのドロップヘッドクーペで2007年に登場しました。さらにハードトップクーペの101EXも2008年にクーペとして追加されます。ドロップヘッドクーペ/クーペはホイールベースが短縮され全長は5.6m、ファントムと同じコーチドアと称する通常とは逆の後ろヒンジで開くドアを採用しています。

 

 全長は短くなっていますが、車重(約2.5t)はセダンとあまり変わりません。エンジンはセダンと同じですので動力性能はほぼ同じですが、ホイールベースが短い分だけ操縦性はスポーティになっています。(クーペの加速性能は0-97km/h 5.8sとのこと) セダンと同じく2013年のマイナーチェンジでII型になりフロントの丸いヘッドライトがLED式の角形に変わっています。

 

 

 ミニカーはミニチャンプス製で、ミニチャンプスとしては初のロールス ロイスのモデル化です。実車発売直後の2008年にモデル化されているので、プロモーション用だったのかもしれません。細部がうまく再現されたミニチャンプスらしい良い出来のミニカーです。ミニチャンプスはドロップヘッドクーペしかモデル化していませんが、2013年から京商がセダン/ドロップヘッドクーペ/クーペ(全て初期型)をモデル化しています。京商のドロップヘッドクーペを保有しているので、ミニチャンプス製と較べてみました。

ROLLS ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE 1
ROLLS ROYCE PHANTOM DROPHEAD COUPE 2

 外形寸法は全く同じで細かな部分の造形もそっくりなので、ボディは同じ型を使っていると思われます。ただ京商はホイールが大きめにできているので、車高がミニチャンプスより高くなっています。キャビン部分は独自に型を起こしているようで、ミニチャンプスは右ハンドル仕様で京商は左ハンドル仕様です。(個人的にはミニチャンプスのほうが全体的に洗練されているように思います) なおイクソもセダン/ドロップヘッドクーペ/クーペをモデル化していますが、それらは京商と同じ型を使った仕様変更品だと思われます。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1431

   

 

ページ  « 前へ 1  2