ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

CITROEN 2CV A 1949 FRANCE

CITROEN 2CV A 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 150115 1/43 88mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.78m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 375cc 9HP 4段変速
性能: 最高速65km/h
データーベースでシトロエン 2CVのミニカー検索

 

シトロエン 2CV A フランス 1949

 

 シトロエン 2CVはその独特のスタイルで良く知られています。2CVを理解するには、開発の背景を知る必要がありますので、簡単に説明します。この車は農村で荷物等を運搬する手押し車や馬車を代替する交通手段として1930年代に開発が始まりました。

 したがって荷物がたくさん積めて、農道のような悪路でも快適に走れ、購入価格と維持費が安く、操作が簡単といった無理難題が課せられました。要するに人と物を運ぶ最低限度の車を目指したわけで、このためには見た目は問わないということでした。

 

 第二次大戦を挟んでこの車は完成し、シトロエンの新型小型車として1948年のパリ サロンでお披露目されました。その場にはフランス大統領も臨席していたそうですが、登場した2CVの奇妙な外観に人々は唖然としたそうです。そんなわけで2CVは「醜いアヒルの子」「乳母車」などと嘲笑されて最初は全く理解されなかったそうです。

 

 

 2CVのミニカーは非常にたくさんありますが、これは1991年頃に発売されたノレブ製です。最初に登場した1949年式のモデル(タイプ A)で波状鉄板を使ったボンネット、前開きの前ドア、キャンバスで覆われたトランク部など初期の仕様が再現されていて、色もそれらしい雰囲気です。ノレブはタイプ Aでは1950年式や1954年式などのバリエーションも作っています。これ以外の2CV 初期型のミニカーとしては、JRDの当時物(レア物です)、マッチボックス ディンキー、ビテスなどがあります。  以下はフロント/リアの拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN 2CV 1
CITROEN 2CV 2

 以下はビテスの2CV 1954年(型番521.1)の画像です。フロントグリルのシトロエンのエンブレムが1953年以降に変更されたタイプになっています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 3
CITROEN 2CV 4

 以下はマッチボックス ディンキーの2CV 1957年(型番DY032)の画像です。リアのトランク部分にカバーパネルが付きリアクオーターパネルにウインカーが追加されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN 2CV 5
CITROEN 2CV 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=591

   

CITROEN 2CV FOURGONNETTE 1954 FRANCE

CITROEN 2CV FOURGONNETTE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 26 1/43 85㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.6m 全幅約1.48m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 425cc 12HP 4段変速
性能: 最高速78km/h
データーベースでシトロエン 2CV バンのミニカー検索

 

シトロエン 2CV フルゴネット (バン) フランス 1954

 

 2CVの商用車仕様であるフルゴネットが1951年に登場しました。フランス語で小型トラックはカミオネット(CAMIONETTE)と総称され、その中で屋根の付いたものをフルゴネットと呼びます。フルゴネットは小型乗用車ベースで後部にボックス型の荷室を接続した商用車で、荷室が独立していないバンやパネルバンとは厳密には別物です。荷室は室内で運転席とつながっているので、ピックアップトラックに箱型の荷室を積んだ物とも異なります。(ただ日本では一般的に全てバンと呼びますが) なおフランス語で大型トラックの総称はカミオン(CAMION)で、屋根のついた物はフルゴンとなります。

 

 2CV フルゴネットの最初のタイプは2気筒375㏄(9HP)エンジンを搭載したAT型で、1954年に425㏄(12HP)エンジンでパワーアップしたAZU型(最大積載量250㎏)が追加されました。AZU型は1973年にボディを一新し4気筒435㏄(18HP)エンジンを追加、1975年に角形ヘッドライトが採用されるなどして1977年まで生産されました。1963年にはライバルのルノー 4 フルゴネットに対抗して、AZU型の荷室を後方に200㎜延長し2気筒602cc(22HP)エンジンを搭載したAK 350型(最大積載量350㎏)が登場しました。AK 350型は1970年にエンジンを35HPにパワーアップしたAKS 400型(最大積載量400㎏)に切り替わり、1977年まで生産されました。 

 

 

 ミニカーはノレブ製で、材質はプラスチックです。フロントグリルの形状からAZU型の初期をモデル化していると思われます。ボディ全体を一体成型した簡単な作りですが、プロポーションは良くできていると思います。リアドアが開閉するギミックが付いています。(画像をクリックするとリアドアの開閉が見られます) プラスチック製ノレブに良く起こるボディの変形が見られないので、このミニカーは材質などが改良されているのかもしれません。2CV フルゴネットのミニカーは様々なカラーリングでたくさんモデル化されています。特にブレキナ(1/87)は約90種類もモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1836

   

 

CITROEN DS 19 1957 FRANCE

CITROEN DS 19 画像をクリック/タップすると画像が変わります
VITESSE 691 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシトロエン DS 19のミニカー検索

 

シトロエン DS 19 フランス 1957

 

 2CV同様その独特のスタイルと独創的な技術で知られるシトロエンのDSシリーズは1955年に発表されました。2CVは人々を唖然とさせましたが、DSはその未来的なデザインで人々を圧倒しました。当時宇宙船と称されたボディのデザインは2CVをデザインしたシトロエン社のフラミニオ ベルトーニによる物です。特にグリルのない低く尖ったフロントや後ろにいくほど低く狭まったリアの流線型の造形は当時としては最も進んだ空力設計でした。

 

 DS/IDの実車写真を見ると、屋根がボディと異なる色になっている物が多いですが、、DS/IDの屋根は薄い色がついたFRP製でした。したがって屋根の色がボディと異なるのは標準仕様だったようです。(ルーフ後端の赤丸は方向指示器です) この種の進歩し過ぎたデザインの車はそのほとんどが商業的には失敗してしますが、DSは発表当日に1万台以上を受注して大成功しています。2CVの成功もそうですが、これはフランスならではのことだと思います。

 

 

 シトロエンは私の好きな自動車メーカーです。(現在のシトロエンはDSやCXが健在だった頃に比べると、際立った個性がなくなりましたが、これは時代の流れで仕方ないことです) シトロエンのなかでもDSは特に好きな車ですので、ミニカーも結構たくさん持っています。画像のビテス初期のDSのミニカーは昔の物なので最近の物ほどリアルではないですが、個人的には好きなミニカーです。(60年以上も昔の車をモデル化したミニカーがリアル過ぎるのは、少し違和感を感じますので) プロポーションが良く、灯火類などの細かいところもそこそこよく出来ています。これ以外にもビテスはDS/IDを40種類ほどモデル化しています。

 DS 19の当時物ミニカーとしては、ディンキー、コーギー、ノレブ、JRD、ポリトーイ、ジクなどがありました。当時の主要なミニカーメーカーのほとんどでモデル化されていますので、DS 19の人気が高かったことが分かります。以下はコーギーのDS 19(型番210 1/47)の画像です。約60年ほど前に作られたものですので素朴な作りです。このミニカーは室内を再現していますが、これはコーギーが他社に先駆けて始めたギミックでした。当時としてはかなり良い出来ばえだったはずです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 1
CITROEN DS 19 2

 以下はディンキー(仏)のDS 19(型番522 1/43)の画像です。これも約60年ほど前に作られたもので、コーギーと同じような出来ばえです。ただ室内はがらんどうで、シートなどは再現されていません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 3
CITROEN DS 19 4

 以下はリオのDS 19(型番115 1/43)の画像です。1993年頃に作られたもので当時物ではありません。リオは子供向けではなくマニア向けのミニカーでしたが、1990年代になるとミニカーもかなりリアルな仕上げがされるようになりました。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 5
CITROEN DS 19 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=596

   

CITROEN ID 19 BREAK 1958 FRANCE

CITROEN ID 19 BREAK 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 99 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでシトロエン DS/ID ブレークのミニカー検索

 

シトロエン ID 19 ブレーク (ワゴン) フランス 1958

 

 DSの最大の技術的特徴は空気と油を使ったハイドロニューマチック システムによる卓越したサスペンションです。これは密封した窒素ガスを使うエア サスペンションにオイルポンプ油圧による車高調整を加えたようなサスペンション システムで、この油圧はパワー ステアリング、トランスミッション、ブレーキの制御にも使われていました。この複雑なシステムはコンピュータなどない時代ですから、全て機械式のメカで制御されていました。(優れた設計でしたが、複雑な構造でしたので油圧系の故障が付き物だったようです)

 

 1956年にDSの廉価版としてIDが設定されました。IDはエンジン出力がやや低く、クラッチとステアリングの油圧アシストが付いていませんでした。1958年にワゴン形式のブレークが追加されました。(アメリカではワゴン、イギリスではサファリ又はエステートと称する) ブレークのリアゲートは上下2分割式で標準仕様は商用バンで、乗用車仕様で3列シートを持つファミリアールもありました。またブレークのルーフはルーフラックを取り付ける為に、FRP製からスチール製に変更されていました。

 

 

 ミニカーは1990年代のリオ製で、ルーフラックの付いたブレークをモデル化しています。リオはこれ以外にも消防車、救急車霊柩車など20数種類のブレークをモデル化しています。リオ以外ではノレブ、ソリド、ブレキナなども多くのブレークをモデル化しています。イギリスのコーギーとディンキーからはサファリ又はエステートの名前でモデル化されています。

 以下は同じリオのブレークのバリエーションで「ラジオ ルクセンブルグ」(型番SL044)の画像です。これは報道用の無線移動車のようで、室内には放送用機器らしきものが搭載されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN ID 19 BREAK 1
CITROEN ID 19 BREAK 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=597

   

CITROEN DS 19 HEARSE 1958 FRANCE

CITROEN DS 19 HEARSE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO SL023 1/43 117㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースで霊柩車のミニカー検索

 

シトロエン DS 19 霊柩車 フランス 1958

 

 昔の話ですが、イギリス人は誰でも一生に一度はロールス ロイスに乗ると言われていました。この一度乗る車とはロールス ロイスの霊柩車のことです。ロールス ロイスはシャーシが長持ちするので、イギリスの霊柩車は古いロールス ロイスを改装したものが多かったとのことです。霊柩車はメルセデス ベンツやキャディラックなどの高級車やそのステーションワゴンを改造したものが多いです。日本の霊柩車も同様ですが、日本には神社や寺院を模した棺室を有する日本独自の宮型霊柩車があります。

 

 一般的に日本では霊柩車は縁起が悪いというイメージがあり、霊柩車の国産ミニカーはダイヤペットが作った宮型霊柩車の1台しかありません。しかし海外では霊柩車にそういったこだわりがあまりないようで、海外のミニカーメーカーは霊柩車のミニカーを結構作っています。このミニカーはリオ製のDS 19 ブレークの霊柩車で、1996年に発売されました。リアウインドーに花輪が添えられていて、いかにもそれらしいミニカーに仕上がっています。リオはこのモデルのバリエーションを数種類と、DS 21の特別な霊柩車、メルセデス ベンツ 300Dの霊柩車、フィアット 519の霊柩車など10数種類をモデル化しています。

 

 

 以下はDS 19 霊柩車のフロント/リアの拡大画像と後部の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します。

CITROEN DS 19 HEARSE 1
CITROEN DS 19 HEARSE 2

 以下はリオのDS 21の特別な霊柩車(型番4193)の画像です。この車はイタリアの聖人 ピオ神父の葬儀用として1968年に製作された車で、後部が大幅に改造されています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 HEARSE 3
CITROEN DS 19 HEARSE 4

 以下はリオのメルセデス ベンツ 300D 霊柩車(型番137)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MERCEDES-BENZ 300D HEARSE 1
MERCEDES-BENZ 300D HEARSE 2

 リオ以外の物では、ベレムのキャディラック 霊柩車、オックスフォードのディムラー DS420 霊柩車、ミニチャンプスやシュコーのフォルクスワーゲン T1 霊柩車、NEO(レジン製)のキャディラック 霊柩車などがあります。ダイアペットとベレムの霊柩車は1980年代に作られましたが、それ以外のほとんどは1990年以降にモデル化されたものです。(1990年以前のミニカーはほとんどが子供のおもちゃだったので、おもちゃとして霊柩車はあまり相応しくなかったわけです) 以下はベレムのキャディラック 霊柩車(型番V306)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
GM CADILLAC HEARSE 1
GM CADILLAC HEARSE 2

 以下はベレムのオックスフォードのディムラー DS420 霊柩車(型番DS002)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
DAIMLER DS420 HEARSE 1
DAIMLER DS420 HEARSE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1838

   

 

CITROEN ID 19 MONTE CARLO 1959 FRANCE

CITROEN ID 19 MONTE CARLO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
RIO 109 1/43 114㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.8m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速140km/h
データーベースでシトロエン DS/ID レース仕様のミニカー検索

 

シトロエン ID 19 モンテ カルロ フランス 1959

 

 優れた乗用車であったDS/IDは大柄のボディに非力な4気筒エンジンを積んでいたので高性能とは言えず、モータースポーツには無関係の車のように思えます。しかしDS/IDはその優れた操縦性を生かしてラリーでも活躍しています。1956年からプライベータがモンテ カルロ ラリーに参戦しており、1959年にはID 19が総合優勝しています。当時のラリーはまだ市販車そのままの車が活躍できる状況だったのです。

 

 1960年からワークスがDS 19で参戦するようになり、1961年のコルシカ ラリーや1962年の1000湖ラリーで優勝するなど活躍しています。1966年にはパワーアップしたDS21が投入され、モンテ カルロ ラリーで優勝しています。なおこの勝利は1-3位で完走したミニ クーパーが失格になったことで、4位からの繰り上げ優勝でした。その後も動力性能よりも耐久性が重視されるサファリ ラリーなどに参戦しています。1969年にはホイールベースを短縮し軽量化したラリー専用のDS 21が開発され、この車は1969年と1970年のモロッコ ラリーで優勝しています。

 

 

 ミニカーはリオ製で、1992年に発売されました。1959年モンテ カルロ ラリー優勝車をモデル化しています。実車に即したカラーリングで補助灯が付いていて、当時のミニカーとしては良い出来ばえです。リオはこれ以外にもDS 19のミッレ ミリア、DS 21のモンテ カルロ、DS 21のサファリ、DS 21のモロッコ ラリーなど約20種類のレース仕様車をモデル化しています。リオ以外ではモンテ カルロやサファリ ラリー仕様車をビテスなどがモデル化しています。なお当時物ミニカーとしてはコーギーの1965年モンテ カルロ ラリー仕様車だけしかないようで、これはかなりのレア物です。

 以下はリオの1965年 サファリ ラリー仕様 #30(型番SL031)と1967年 モンテ カルロ ラリー仕様 #134(型番SL069)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS SAFARI 1965
CITROEN DS9 MONTE CARLO 1967

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1859

   

CITROEN H 1200kg 'PHILIPS' 1960 FRANCE

CITROEN H 1200kg 'PHILIPS' 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DINKY (FRANCE) 587 1/43 122㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約5.2m 全幅約1.98m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 1.6L 45HPなど多種 3段変速など
性能: 最高速不詳
データーベースでシトロエン Hのミニカー検索

 

シトロエン H 1200kg フィリップス 販促車 フランス 1960

 

 シトロエン Hの標準的なボディーはバンとピックアップの2タイプでした。前輪駆動方式を採用しているので荷室部の後輪は簡単な構造にできました。したがって広大なスペースの荷室は様々なボディを自由に架装でき、各種貨物車をはじめ救急車、消防車、ポリス、レッカー車、ピックアップ トラック、移動販売車、マイクロバスなどたくさんのバリエーションがありました。 フランスでは「豚の鼻」の愛称で呼ばれていました。

 

 シトロエン Hはミニカーでも様々な種類の商用車がモデル化されています。 画像はディンキー(仏)製で、家電メーカー「フィリップス」の移動販促車をモデル化したものです。フロントウインドーが2分割の初期型なので、1960年頃の車と思います。右サイドとリアのゲートが大きく開き、荷室内には冷蔵庫やトースターらしき家電品が並べられています。当時こんな風に凝った商用車のミニカーは珍しかったので人気がありました。(程度の良いものは今でも数万円はします) 同じ型のディンキー(仏)のポリス仕様も人気があります。 

 

 

 シトロエン Hの当時物ミニカーとしてはディンキー(仏)、CIJ、JRDあたりが有名です。(なおCIJやJRDは滅多にお目にかかれないレア物ですが。。。) 新しいものとしてはマッチボックスのYTFシリーズ、エリゴール、ノレブ(1/43、1/18)、ソリド(1/43、1/18)、ブッシュ(1/87)などたくさんあります。日本のものではトミカや前述したトミカ ダンディの外国車シリーズのH バンがあり、どちらも販促用特注品などのバリエーションがたくさんありました。毛色の変わったものとしては、ポピー製のルパン 3世のキャラクター物があり、これも結構面白いです。 以下はディンキー(仏)のフロント/リアの拡大画像と右側面の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN H 1200kg 'PHILIPS' 1
CITROEN H 1200kg 'PHILIPS' 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1796

   

CITROEN ID 19 SAFARI ALPINE RESCUE CAR 1960 FRANCE

CITROEN ID 19 SAFARI ALPINE RESCUE CAR 画像をクリック/タップすると画像が変わります
CORGI 513 1/48 105㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.99m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 75HP 4段変速
性能: 最高速135km/h
データーベースでシトロエン ID/DS ブレークのミニカー検索

 

シトロエン ID 19 サファリ アルペン 救助車 フランス 1960

 

 1958年にDSシリーズにワゴン形式のブレークが追加されました。(アメリカではワゴン、イギリスではサファリ又はエステートと称する) ブレークのリアゲートは上下2分割式で、折り畳める後席の背後に横向き対座補助席2座が付いた7/8人乗りです。補助席が無い商用車仕様はコメルシアル(COMMERCIALE)と呼ばれ、後席を畳むことで3人乗りで500kgが積載できる広い荷室になります。3-3-2座の3列シートで8人乗りのファミリアール(FAMILIALE)は家族向け乗用仕様で、中央の2列目は個別に折り畳める補助席になっていました。

 

 当初は廉価版のIDだけでしたが、後にDSにもブレークが設定されています。DS/IDのブレークは全長が約5mもあるので荷室が広く、乗用車としての性能も優れていたので人気がありました。油圧式の自動車高調整機能は荷重による姿勢変化が無く、停車中は車高が下がるので荷物が積み易いというメリットもありました。また前席2座、後席1座の3人乗りでストレッチャーを積載できる救急車仕様もありました。

 

 

 ミニカーはコーギー製の当時物です。イギリス名のサファリで、アルペン山岳救助車をモデル化しています。屋根にスキーと雪ソリが積んであり、救助隊員と救助犬(セントバーナード)の良くできたフィギュアが付いています。コーギーが最初にブレークをモデル化したのは1963年の型番436のサファリで、ブレークの特徴である折り畳める後席を再現したギミック(底板のダイヤルで操作する)がついています。その後スキーヤーのフィギュアを付けた冬季オリンピック仕様(1964年インスブルックと1968年グルノーブル)などがバリエーションとして作られ、このアルペン 救助車は1970年に作られた最後のバリエーションでした。全てのバリエーションを合わせると約150万台以上が作られています。(昔のミニカーは生産台数が多いのです)

 以下は後席を折りたたむギミック動作とフィギュア/ルーフの装備の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN ID 19 SAFARI ALPINE RESCUE CAR 1
CITROEN ID 19 SAFARI ALPINE RESCUE CAR 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1849

   

 

CITROEN AMI 6 1961 FRANCE

CITROEN AMI 6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 141 1/43 90㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.87m 全幅約1.52m
エンジン 変速機: 空冷水平対向2気筒 602cc 22HP 4段変速
性能: 最高速105km/h
データーベースでシトロエン アミのミニカー検索

 

シトロエン アミ 6 フランス 1961

 

 2CVとDSとの中間車種として、アミが1961年に登場しました。基本的な部分は2CVがベースで、2CVより大型のボディに2CVの空冷水平対向2気筒エンジンを602cc(22HP)に拡大したエンジンを搭載していました。(AMIとはフランス語で友人の意) 当時珍しかった角形ライトを使った奇抜なフロント、流行のクリフカット デザイン(リアウインドウが逆に傾いている)のルーフなど、この車もシトロエンらしい独特なデザインの車でした。セダンとブレーク(ワゴン)がありました。

 

 アミは一時的にシトロエンの最量販車種になるなど商業的に成功しました。1969年にはクリフカットをハッチバックスタイルに変えるなど、デザインをリファインしたアミ 8に発展しました。さらに1973年には1971年に登場したGSに使用した空冷水平対向4気筒1L(61HP)エンジンを搭載し性能を大幅に向上させたアミ シュペール(AMI SUPER)が追加されました。また1970年にアミ 8をベースにしてシングル ローターのロータリーエンジンを搭載した試作車M35が限定生産されました。アミは1978年に生産中止となり、後継車はビザとなりました。

 

 

 ミニカーはソリドの初期物です。ずいぶん昔のミニカーですが、全体のプロポーション、バンパー前のガードリング、プレスラインなどがよく再現されてます。最新のノレブのものなどよりも、古くさい分雰囲気が良く出ていると思いますが。。これ以外の当時物としてはCIJ/JRD、ディンキー(仏)、ノレブ、ポリトーイのアミ 8などがありました。最近の物では、ノレブ、ミニチャンプス、ヘルパ(1/87)、イクソなどがあります。 以下はソリドのフロント/リアの拡大画像とクリフカットのルーフ部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN AMI 6 1
CITROEN AMI 6 2

 以下はディンキー(仏)(型番557)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN AMI 6 3
CITROEN AMI 6 4

 以下はノレブのセダン(型番54)とブレーク(型番2)の画像です。どちらもプラスチック製で、ブレークは経年変化でボンネットなどが変形しています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN AMI 6 5
CITROEN AMI 6 BREAK

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=602

   

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH  1965 FRANCE

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON  PALM BEACH 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 158060 1/43 112mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.84m 全幅約1.79m
エンジン 変速機: 4気筒 1.9L 83HP 4段変速
性能: 最高速160km/h
データーベースでシトロエン DS カブリオレ/クーペのミニカー検索

 

シトロエン DS 19 カブリオレ (アンリ シャプロン) パームビーチ フランス 1965

 

 DSは特別に高級な車ではありませんでしたが、ドゴール大統領専用車を初めとして、政府公用車に多く使われました。またフランスのカロッツェリアであるアンリ シャプロン(HENRI CHAPRON)は、DSをベースにした豪華なカブリオレを特注で製作しました。ホイールベースを変えずに客室部分を2+2座(又は2座)に変えた贅沢なレイアウトは、戦前のブガッティ、ドライエなどの豪華なスポーティカーの流れを引き継ぐ魅力ある車に仕上がっていました。

 

 この車は好評であった為、1960年からシトロエンのカタログモデルに追加されました。ボディ架装はシャプロンが行い価格はDSの約2倍と高価な車でした。オプションでハードトップも用意されていましたが、純粋なハードトップだけの仕様もありました。シャプロンの特注でハードトップの形状が異なるダンディ クーペ(LE DANDY COUPE)とコンコルド クーペ(CONCORDE COUPE)の2タイプがありました。カブリオレは1971年まで生産され総生産台数は約1400台、後継車はSMとなりました。

 

 

 ミニカーは1990年代のノレブ製で、パームビーチという名前が付けられたカブリオレをモデル化しています。ミニカーは限定生産モデルだったのでハンドメイド並みに高価でしたが、魅力的なカラーリングやクロームモール処理が気に入って購入しました。(後の再生産で限定生産品の半値ぐらいで販売されましたが) ノレブはこれ以外にもプラスチック製の当時物や1/18などDSのカブリオレ/クーペを20数種類もモデル化しています。ノレブ以外のカブリオレではリオやソリドなど、最近の物ではサンスターの1/18やWELLYの1/24などがあります。クーペのミニカーではコーギーの当時物でダンディ クーペ、最近の物ではMETAL-18の1/18があります。 以下はノレブのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。このパームビーチはフロントに補助灯が付きリアに小さなテールフィンがあるデザインになっています。室内の造形は当時としては結構良く出来たレベルでした。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH 1
CITROEN DS 19 CABRIOLET HENRI CHAPRON PALM BEACH 2

 以下はノレブのカブリオレ(型番157103)の画像です。こちらはフロントの補助灯がなくテールフィンもありません。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 CABRIOLET 3
CITROEN DS 19 CABRIOLET 4

 以下はリオのカブリオレ(型番98)の画像です。リオはドアが開閉し、室内もそこそこの出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 CABRIOLET 1
CITROEN DS 19 CABRIOLET 2

 以下はコーギーのダンディ クーペ(型番259)の画像です。コーギーはドア/トランクが開閉し、室内も当時としては良く出来ています。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
CITROEN DS 19 DANDY COUPE 1
CITROEN DS 19 DANDY COUPE 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

https://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=599

   

 

ページ 1  2  3  4   次へ »