ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

ALFA ROMEO 166 1999 ITALY

ALFA ROMEO 166 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1550 1/43 111㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.73m 全幅約1.82m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 190HP 
 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速225km/h alfa_166
データーベースでアルファ ロメオ 166のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 166 イタリア

 

 164の後継車として166が1998年に登場します。アルファ ロメオ独特のフロントノーズがついたウェッジシェイプのボディは、大型の4ドアセダンながら、スポーティで魅力的です。グループ内のランチア Kとシャーシを共用していますが、リアサスペンションは166専用のマルチリンクでスポーティな操縦性だったそうです。ボディは4ドアセダンだけで、当初のエンジンはDOHC 4気筒2L(155HP)、V型6気筒2Lターボ/2.5L/3L(226HP)、5気筒2.4L(136HP)ターボディーゼルでした。

 

 アルファ ロメオの最上級車ゆえ、革張りの内装、雨滴感応式ワイパーや衛星ナビゲーション システムなどの先進豪華装備が備わっていました。2003年のマイナーチェンジで、フロントに大きな盾型グリルを採用した後期型に変わりました。6気筒2Lターボエンジンが無くなり、6気筒3.2L(240HP)エンジンが追加され、6段変速が設定されました。166の販売はあまり芳しくなく、2007年に生産中止となり、アルファ ロメオはこのクラスから撤退しました。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物です。型番1500番台のミニカーは、ソリドらしいシャープな造形で、安価ながらもライトやエンブレム等のディテールもそこそこ再現してあります。(底板のエンジン等の表現もきちんとしています) 簡単に壊れるようなパーツもなく安心して触れるので、私はこのレベルの量産ミニカーがコレクションするには一番好ましいと考えます。これ以外ではノレブが後期型をモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1249

   

ALFA ROMEO GTV 1999 ITALY

ALFA ROMEO GTV 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1553 1/43 100㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.29m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: V型6気筒 2Lターボ  200HP 6段変速
性能: 最高速235km/h
データーベースでアルファ ロメオ GTVのミニカー検索

 

アルファ ロメオ GTV イタリア

 

 アルフェッタ GTVの後継車としてGTVが1995年に登場します。迫力のある面構えとボディサイドのキャラクターラインなど、極めて個性的なデザインです。フィアット ティーポのシャーシを流用する横置きエンジンの前輪駆動車ですが、リアサスペンションはマルチリンクの専用設計でリアルスポーツカーとして仕上げられています。クーペはリアが狭くシートは2+2レベル、スパイダーは2シーターです。当初のエンジンはDOHC 4気筒1.8L/2L(150HP)、V型6気筒2Lターボ(200HP)、DOHC V型6気筒3L(220HP)でした。

 

 1998年のマイナーチェンジで内装が変更され、ノーズのエンブレムの枠にクロームモールが付きました。さらにボディ下部スカートがボディ同色になり、6段変速が追加されました。2003年のマイナーチェンジで、ピニンファリーナのデザインした147と同じ盾形のフロントグリルを持つスタイルに変わりました。またDOHC V型6気筒エンジンが3.2L(240HP)のみとなりました。2005年に後継車のブレラ/スパイダーにモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーはソリドの当時物で、最初のマイナーチェンジ後をモデル化しています。ミニチャンプス程細部を再現していませんが、肝となる部分はきちんと仕上げてあり、ミニカーの作り方を熟知したソリドらしい良い出来映えです。ソリドはスパイダーもモデル化しています。これ以外でGTVはトップモデル、ミニチャンプス、ノレブからもモデル化されています。スパイダーのミニカーはミニチャンプス、ノレブなどがあります。→ データーベースでアルファ ロメオ スパイダーのミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1250

   

 

ALFA ROMEO 156 1997 ITALY

ALFA ROMEO 156 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1549 1/43 104㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.43m 全幅約1.74m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 2.5L 190HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速230km/h
データーベースでアルファ ロメオ 156のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 156 イタリア

 

 155の後継車 156が1997年に登場します。145から始まった低いノーズのフロントを発展させており、適度に丸みがあってウエッジが効いたデザインは魅了的です。フィアット ティーポのシャーシを流用する横置きエンジンの全輪駆動車ですが、専用設計のマルチリンク式リアサスペンションなど操縦性を重視してリファインされています。当初のエンジンはDOHC 4気筒1.6L/1.8L/2L(155HP)、DOHC V型6気筒2.5L、4気筒1.9L/5気筒2.4L(136HP)ターボディーゼルでした。1998年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーをアルファ ロメオとして初めて受賞しています。

 

 1999年にセレスピードというステアリングホイールのスイッチで変速する半自動変速機が採用され、2000年に車高調整式リアサスペンションを持つスポーツワゴンが追加されました。2001年にDOHC V型6気筒3.2L(250HP)エンジンを搭載し専用サスペンション/空力パーツを備えるGTA仕様が設定されました。2003年のマイナーチェンジで、G.ジウジアーロがデザインした盾形グリルを持つフロントに変更されました。2004年にトルセン式フルタイム4WD搭載し車高を上げたクロスワゴン Q4が設定されました。高性能ながらセレスピードなどで使いやすくなった156は、人気を呼びアルファ ロメオ最大のヒット車となりました(総生産台数約68万台)。2005年に後継車159にチェンジします。

 

 

 ミニカーはソリド製です。前述した166同様 これもプロポーションが良くフロントグリルなどの雰囲気がうまく再現されています。これ以外ではミニチャンプス、やデルプラドなどがあります。この3台を較べてみると(比較画像)、ミニチャンプスは細部表現がリアルですがライトが大きめ、ソリドは細部を簡略化して少しかっこよくデフォルメしてあり、デルプラドはなんとなく実車から外れているといったところでしょうか。デフォルメに関しては好みの問題もありますが、この3台はその辺の上手/下手が良く分かります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1251

   

ALFA ROMEO 147 2000 ITALY

ALFA ROMEO 147 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SOLIDO 1566 1/43 98㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.22m 全幅約1.73m
エンジン 変速機: 4気筒 1.6L 120HP 5段変速/5段半自動変速
性能: 最高速195km/h
データーベースでアルファ ロメオ 147のミニカー検索

 

アルファ ロメオ 147 イタリア

 

 145/146の後継車として147が2000年に登場しました。盾型のフロントグリルは1950年代のジュリエッタを現代風にアレンジしたようなデザインでアルファ ロメオならでの独創的な物です。ボディは3/5ドアハッチバックで、5ドアのリアドアはドアノブがドアサッシュに隠されていて3ドアのように見えスタイリッシュです。156をベースにした横置きエンジンの前輪駆動車です。当初のエンジンはDOHC 4気筒1.6L/2L(150HP)、4気筒1.9L(115HP)ターボディーゼルでした。156に続いて2001年のヨーロッパ カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 156で開発されたセレスピード(半自動変速機)が採用されていました。2002年にDOHC V型6気筒3.2L(250HP)エンジンを搭載し幅広タイヤ用に車幅を広げた高性能版(6段変速 最高速246km/h)GTAが設定されました。2004年のマイナーチェンジでフロント/リアの意匠がG.ジウジアーロがデザインした後期型に変更されました。内装の変更やディーゼルエンジンのパワーアップも行われました。2006年に170HPまでパワーアップされたディーゼルエンジンも設定されています。147は大ヒットし、2010年に後継のジュリエッタに交代するまでに約58万台が生産されました。

 

 

 ミニカーはソリド製です。前述の166、156などこの時期のアルファ ロメオはソリドのミニカーが多いのですが、安価ながら実に良い出来映えです。いずれも室内が見えるようサイドウインドーを開いた状態にしてあるのも老舗らしい心遣いです。(内装を作りこんでいるのに、ほとんど見えないようなミニカーは購入する人への配慮が欠けてます) これ以外ではミニチャンプス(前期/後期型)、シュコー、ハイスピード、スパークのレース仕様などがあります。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1252

   

 

ALFA ROMEO MITO 2008 ITALY

ALFA ROMEO MITO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MONDO MOTORS 53110 1/43 95㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.07m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.4L ターボ 155HP 5/6段変速
性能: 最高速215km/h
データーベースでアルファ ロメオ ミトのミニカー検索

 

アルファ ロメオ ミト イタリア

 

 アルファ ロメオ初の小型高性能ハッチバック ミトが2008年に登場しました。盾型のグリルで一目でアルファ ロメオと分かる個性的なデザインは、余計な飾りがなくシンプルで魅力的です。フィアットのグランデ プントとプラットフォームを共有する前輪駆動車です。なおミト(MITO)という名前は、ミラノで設計されトリノで生産されたので、ミラノのMIとトリノのTOを組み合わせたもので、正式にはMI.TOとのことです。

 

 エンジンは4気筒1.6Lノンターボ(78-105HP)/ターボ(120-170HP)と4気筒1.3L/1.6L(120HP)ターボディーゼルで、当初は6段手動変速だけでしたが、後にデュアルクラッチ式の6段自動変速が追加されました。この車はアルファ D.N.Aシステムと呼ぶ走行制御システムを備えています。D.N.Aとはスポーツ走行(Dynamic)/市街地走行(Normal)/滑りやすい路面走行(All-weather)の略で、スイッチ操作でそれぞれの走行状態に応じてエンジン/パワーステアリング/ブレーキ/オプションの電子制御サスペンションなどの動作が切り替わります。ミトは小型車ながらアルファ ロメオの名前に恥じない凝った高性能車です。

 2009年には1.4L(170HP)ターボエンジンを搭載する高性能版のクアドリフォリオ ヴェルデ(Quadrifoglio Verde:四葉のクローバーの意)が追加されました。2016年のマイナーチェンジで、盾型グリルが大きくなるなど少しデザインが変更されました。

 

 

 ミニカーはモンド モータース製です。モンド モータースはイタリアの玩具メーカーのブランドで、2006年頃から比較的安価な1/43や1/24のダイキャスト製ミニカーを発売しています。このミトも定価約1000円の安価なミニカーですが、プロポーションが良く細かいところもきちんと作ってあって値段を考えるとかなり良い出来ばえです。(もちろん内装などはそれなりですが) これ以外のミトのミニカーでは、ノレブ、ミニチャンプス、Bブラーゴなどがあります。


ALFA ROMEO MITO 1
ALFA ROMEO MITO 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1532

   

ALFA ROMEO GIULIETTA 2010 ITALY

ALFA ROMEO GIULIETTA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
NOREV 790040 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.35m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.75L ターボ 235HP 6段変速
性能: 最高速242km/h
データーベースでアルファ ロメオ ジュリエッタ 3代目のミニカー検索

 

アルファ ロメオ ジュリエッタ イタリア

 

 147の後継車としてジュリエッタの名前が復活し、ジュリエッタ 3代目として2010年に登場しました。先に登場したミトとほぼ同じデザインで、伝統の盾形グリルでアルファ ロメオと一目でわかるのは、最近の車として良いデザインだと思います。ボディは5ドアハッチバックだけで、リアドアのドアハンドルはウィンドー後端部に隠されていて3ドアのように見えます。横置きエンジンの前輪駆動車で、プラットフォームはこの車用に新規に開発されたもので、フィアット-クライスラー グループのダッジ ダート(2012年)のベースにもなっています。

 

 ガソリンエンジンは4気筒1.4L(120-170HP)ターボと高性能仕様のクアドリフォリオ ヴェルデ(Quadrifoglio Verde:四葉のクローバーの意)用の1.75L(235HP)ターボ、ディーゼルエンジンは4気筒1.6L(105-120HP)ターボ/2L(140-170HP)ターボを搭載します。当初の変速機は6段手動で、2011年にミトと同じデュアルクラッチ式の6段自動が追加されました。2014年と2016年のマイナーチェンジで、盾型グリルが大きくなるなどデザインが少し変更されました。ジュリエッタはアルファ ロメオ特有のデザインながら実?性に優れたパッケージで、なおかつ?りもアルファ ロメオらしいといった優れたコンパクトカーです。

 

 

 ミニカーはノレブ製です。ノレブらしいそつのない仕上がりのミニカーで、良い出来ばえです。なおこれは安価版なので、内装は再現されていますが無彩色です。ノレブの標準仕様(型番790041)では、タンポ印刷のメーターや彩色したシートなどで内装がリアルに仕上げられています。(以下の拡大画像を参照されたし) ノレブはクアドリフォリオもモデル化しています。これ以外のジュリエッタ 3代目のミニカーとしては、ミニチャンプス、Bブラーゴ、モンドモータースなどがあります。


ALFA ROMEO GIULIETTA 1
ALFA ROMEO GIULIETTA 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1533

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8   次へ »