ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MAZDA FAMILIA GT-R 1993 JAPAN

MAZDA FAMILIA GT-R 画像をクリック/タップすると画像が変わります
JAPANESE CAR COLLECTION (IXO HACHETTE) 248 1/43 97mm

 

マツダ ファミリア GT-R 日本

 

 ファミリア 7代目 1989年 登場 3ドア/5ドアハッチバック、4ドアセダンの3タイプ 1.8Lターボ(180HP)エンジンを搭載し4WD化したGT-XはWRCで活躍 1992年 210HPにパワーアップした GT-Rが追加された。

 

 解説追加予定

 ミニカーは国産名車コレクション(イクソ製) イクソのカタログモデルの型を流用しているので、このシリーズとしては良い出来栄えです。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L ターボ 210HP 5段変速  4WD
性能: 最高速224km/h (輸出仕様 323)
データーベースでマツダ ファミリアのミニカー検索
 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1678

   

MAZDA EUNOS COSMO TYPE-E 20B CCS 1990 JAPAN

MAZDA EUNOS COSMO TYPE-E 20B CCS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAPI C017GY 1/43 113mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.82m 全幅約1.8m
エンジン 変速機: 3ローター ターボ 654X3cc 280HP 4段自動変速
性能: 最高速180km/h (リミッター制限)
データーベースでマツダ コスモのミニカー検索

 

マツダ ユーノス コスモ タイプ E 20B CCS 日本

 

 コスモ 4代目 ユーノス コスモ 1990年 登場
 量産車初の3ローター ロータリーエンジンを搭載 世界初のGPS方式カーナビ「CCS」などの先進技術を装備 バブル絶頂期に企画された最高級パーソナルクーペ 1995年生産中止 生産台数9000台

 

 解説追加予定

 ミニカーはサピのレジン製 実車の雰囲気がよく再現されています。ルーフ後部の突起物はCSSのアンテナで、アンテナの無いものなど数種類のバリエーションがあります。最近までユーノス コスモのミニカーはこれだけでしたが、最近になって国産名車コレクション(ノレブ製)でもモデル化されました。 

 

 

 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1679

   

 

MAZDA EFINI RX-7 TYPE R (FD3S) 1991 JAPAN

MAZDA EFINI RX-7 TYPE R (FD3S) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
KYOSHO K03701R 1/43 100mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.28m 全幅約1.76m
エンジン 変速機: 2ローター ターボ 654×2cc 255HP 5段変速/4段自動変速
性能: 最高速248km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ RX-7 (FD)のミニカー検索

 

マツダ アンフィニ RX-7 タイプ R FD3S型 日本

 

 RX-7は1991年に3代目FD3S型に変わります。名前からサバンナが外され、当時の販売店名を冠してアンフィニ RX-7となりました。先代よりも本格的で純粋なスポーツカーとして設計されてます。先代はポルシェ 924に似ていると言われましたが、3代目はリアの造形などRX-7独自のデザインになりました。車幅が広くなりましたが、室内はかえってレースカーのようにタイトになりました。エンジンは13B 2ローター ターボ 654×2cc(255HP)で、軽量化されたボディとあいまって国産車では第一級の高性能スポーツカーでした。

 

 3代目はマイナーチェンジを重ねて1型から6型まであり、1996年の4型ではリアライトが3連丸形になり、名前が単にRX-7となりました。1999年の5型ではフロントのバンパーとスモールライトの形状が変わり、エンジンが280HPにパワーアップしました。1980年代後半のバブル絶頂期に企画されたので、全アルミ製のダブルウイッシュボーン サスペンションなど実に贅沢な設計がされています。その分高価だったのと、バブルがはじけてスポーツカーが売れなくなったので先代ほどは売れませんでした。2002年に生産中止となりました。

 

 

 ミニカーは京商のハウザック シリーズのもので、2004年に発売されました。実車のイメージを良くとらえていてかなり良い出来映えです。これは1型ですが、京商は1/43の4型/6型、1/18の1型/3型などたくさんモデル化しています。(当方のRX-7 FDのページを参照されたし) 当時物はどれも出来映えがいまひとつですが、ダイヤペットMテック、トミカなどがあります。最近でも新しくオートアートの1/18やレジン製のHI-STORY、WIT'S、MARK43などでモデル化されています。(なお買うなら最近のレジン製ではなく、オークションで京商製を買うことをお勧めします)

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1409

   

MAZDA AUTOZAM AZ-1 1992 JAPAN

MAZDA AUTOZAM AZ-1 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO  43779 1/43 78mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.3m 全幅約1.4m
エンジン 変速機: DOHC 3気筒 ターボ 657cc 64HP 5段変速
性能: 最高速180km/h (リミッター解除?)
データーベースでマツダ AZ-1のミニカー検索

 

マツダ オートザム AZ-1 日本

 

 軽自動車ながらエンジンをミドシップ配置しガルウイングドアを持つスーパーカーのような外観のオートザム AZ-1が1992年に登場しました。(オートザムは販売店の名前) 当時のマツダの軽自動車はスズキの軽をベースにしており、AZ-1もアルト ワークス用のDOHC 3気筒ターボ 657cc(64HP)エンジンを使い、マツダの独自設計であろうシャーシにミドシップ配置していました。ボディ外板はプラスチックで、グラスサンルーフを構成するガルウイングドアはスーパーカー並に窓がほとんど開かないものでした。構造的にリア荷重が高く直進安定性が不足するので運転は難しく、重心が高いので横転しやすかったとのことです。

 

 スズキの販売店ではエンブレムを変えてスズキ キャラという名前で併売されました。リアウイングなどのエアロパーツを付けた、マツダスピード仕様も設定されました。軽としては高価な価格(約150万円)とバブル崩壊後の不景気もあって販売は極めて低調で、発売後1年ほどで生産中止となりました。(在庫処分でその後も特別仕様が販売されたが) 総生産台数は約4000台とスーパーカー並の希少車でした。実車を近くで見たことがあります。見た目はかっこいいですが、小さすぎて実用性はほとんど無いと思いました。

 

 

 1990年頃にはバブル絶頂期に企画された面白い小型車がありました。ガルウイングドアを持つトヨタ セラ(1990)、軽自動車のミドシップエンジン オープンカーのホンダ ビート(1991)、同じく軽自動車の本格派オープンスポーツカー スズキ カプチーノ(1991)、高性能なスズキ アルト ワークス(1989)などです。この当時の自動車には遊び心がありましたが、今は実用性重視の車がほとんどです。(最近ホンダ S660などが出てきましたが)

 当時物のミニカーはありません。ただ当時のテレビの特撮物「ブルースワット」の劇中車としてスズキ キャラをベースにしたものがあり、それをバンダイが1/24でモデル化していました。画像のミニカーはエブロ製で、2006年頃に発売されました。ガルウイングドアが開閉できるギミック付で、非常に良く出来ています。(ギミックがあるのとないのではミニカーの楽しさが大違いであることは実際に買わないとわかりませんが) これ以外ではHOTWORKS、国産名車コレクション、LOOKSMARTなどがモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1376

   

 

MAZDA 787B LE MANS 1991 JAPAN

MAZDA 787B LE MANS 画像をクリック/タップすると画像が変わります
STARTER LM016 1/43 110mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.78m 全幅約1.99m
エンジン 変速機: 4ローター 654x4cc 700HP 5段変速
性能: 最高速336km/h
データーベースでマツダ 787Bのミニカー検索

 

マツダ 787B ルマン 日本

 

 ロータリーエンジンを実用化したマツダは、エンジンの性能/耐久性を実証する為に国内外のレースに参戦します。国内レースではサバンナ(RX-3)が日産 GT-Rの49連勝を1971年に阻止し、その後1978年までRX-3が通算で100勝しています。海外レースでは1968年から1970年にかけて、コスモ スポーツファミリア ロータリー クーペでニュルブルクリングやスパに参戦し上位入賞しています。またサバンナ RX-7(SA)は1979年デイトナでクラス優勝、1981年スパで日本車初の総合優勝するなど好成績を残しています。

 

 マツダがルマンに参戦したのは国産メーカーでは一番最初でした。マツダオート東京(マツダスピードの前身)が1974年にシグマ オートモーティブ(現在のサード)のマシンに12Aロータリーを搭載したシグマ MC74をエントリーして参戦し、規定周回不足ながら完走しています。1979年には13Bエンジンを搭載したRX-7(SA) 252iがマツダ車として初参戦しましたが予選で敗退、1980年にはプライベーターがエントリーしたRX-7(SA)が日本車として初完走しています。1981年にはRX-7(SA) 253で参戦しリタイア、1982年にはRX-7(SA) 254で参戦し14位で完走しています。

 

 

 1983年以降は13Bエンジンを搭載したプロトタイプスポーツカーでルマン挑戦を続けました。1983年は717Cで完走 12位、1984年は727Cで完走 15位、1985年は737Cで完走 19位、1986年は757でリタイア、1987年は757で7位 GTPクラス優勝、1988年は767で17位と757で15位 GTPクラス優勝、1989年は767Bで7位 GTPクラス優勝、1990年は787がリタイアと767Bで20位 GTPクラス優勝、そして1979年から数えて13回目の挑戦となる1991年に787Bが日本車初の総合優勝を果たしました。

 787Bは1990年にリタイアした787の改良型で、カーボンモノコック製シャシにR26B型4ローターロータリーエンジン(700HP)を搭載したグループCカーでした。グループCのレギュレーション変更でロータリーエンジンは1991年までしか使えなくなっていたので、その最後のチェンスを掴んだことになります。(ただ1993年からロータリーエンジンはまた使えるようになりましたが) 私はほんの少しですが仕事でこのルマンカー開発の初期に関与していたので、この優勝は本当に嬉しかったです。

 ミニカーはフランスのレジン組立キットメーカー スターター(STARTER)の完成品で、2000年に購入しました。787Bが優勝した当時はあまりレースカーのミニカーが作られていなかったので、787Bのミニカーはなかなか登場しませんでした。(トミカの当時物で1/64はありましたが) 2000年になってスターターの完成品が最初に発売されたので、高価でしたが思い切って買いました。当時のミニカーとしては良い出来ばえで、カラーリングも綺麗で気にいっています。スターター製が出たすぐ後にカルツォからも787Bがモデル化されました。その後の数年でイクソ、オートアート、京商、hpi racingなどから次々とモデル化されました。
データーベースでマツダ ルマン出場車のミニカー検索

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1792

   

MAZDA DEMIO 1996 JAPAN

MAZDA DEMIO 画像をクリック/タップすると画像が変わります
      

 

マツダ デミオ 日本

 

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.8m 全幅約1.65m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 100HP 5段変速/3段自動変速
性能: 最高速180km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ デミオのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1413

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »