ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MAZDA T1500 TUB85(N) 1970 JAPAN

MAZDA T1500 TUB85(N) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
SAPI P001 1/43 108mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.36m 全幅約1.81m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 60HP 4段変速
性能: 最高速95km/h 最大積載量 1.5t
データーベースでマツダ T トラックのミニカー検索

 

マツダ T1500 TUB85型 日本

 

 瓶のコルク栓を作るメーカーとして戦前の1920年に設立された東洋コルク工業は、掘削機や工作機械を作るメーカーとなり、1927年に東洋工業と改称しました。1931年に3輪トラック「マツダ号」を発売し、その後は3輪車メーカーとして発展しました。このマツダというブランド名は古代ペルシャのゾロアスター教の神の名前にちなんだものでした。なお戦前の3輪トラックのブランドとしてはマツダ以外にはダイハツ、クロガネなどがありました。

 

 3輪トラックは戦後の復興に寄与し、1950年代前半の国産トラックの7割は3輪トラック(オート三輪)でしたが、次第に安定性や居住性の良い4輪トラックに需要が移っていきました。東洋工業も1958年には4輪トラック ロンパーを発売して、4輪車市場に進出しています。1950年代の後半には、軽自動車規格のオート三輪(マツダ K360やダイハツ ミゼットなど)が登場しますが、3輪トラックは4輪トラックに切り替わっていき、1970年代の前半に消えていきました。

 

 

 T1500は1962年頃に登場したマツダの3輪トラックのほぼ最終型で、水冷4気筒1.5L(60HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速95km/hの性能でした。全長4.36m 全福1.81mで、トラックの最大積載量は1.5トンで、3人掛けシートで乗車定員は3名でした。上級車として2Lエンジンを搭載するもう少し大きいT2000もありました。

 ミニカーはユニークな車種が多いSAPI製で、3輪車のミニカーとしては先駆けでした。やや塗装が厚ぼったい部分も有りますが、シャーシがある程度再現してあって、フロントの面構えなど懐かしい感じがします。(私が小学生の頃はまだ3輪車が現役で走っていましたから) これより古いマツダの三輪車(CT/1200 )や上級車のT2000、同時期のダイハツの三輪車(CM型)がエブロからモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1009

   

MAZDA R360 COUPE 1960 JAPAN

MAZDA R360 COUPE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43152 1/43 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.98m 全幅約1.29m
エンジン 変速機: 空冷V型2気筒 360cc 16HP 4段変速 2段自動変速
性能: 最高速85km/h
データーベースでマツダ R360のミニカー検索

 

マツダ R360 クーペ 日本

 

 マツダは1960年にR360 クーペで乗用車市場にも進出しました。戦後の車として初めてクーペという名前を付けたこともあって、スタイリッシュなボディ デザインが特徴です。後席が有るのですが、かなり狭く乗車定員は2名です。アルミニウムやプラスチックなどを使ったボディは380kgと超軽量で、強制空冷V型2気筒360cc(16HP)OHVアルミ合金製エンジンをリアに搭載するRR車で、4段変速で最高速85km/hの性能でした。トルクコンバーターを用いた2段のオートマチックトランスミッションが軽自動車で初めて設定されていました。

 

 2年前に発売されていたスバル 360(定価約36万円)よりも安い30万円で当時の乗用車で一番安かったことから、発売当初は非常に高い人気が出ました。ただ4人乗れるのスバル360に対して、2人しか乗れないR360クーペは不利で、4座の軽乗用車キャロルが登場するとR360クーペの人気はなくなりました。1962年までに約6500台が生産されました。

 

 

 当時物のミニカーとしてはミクロペットやモデルペットがありますが、まずお目にかかれないレア物です。(私も実物を見たことがありません) 画像はエブロ製で、実車が小さいのでミニカーも小さいですが良くできています。ノーズのデザインは後のコスモ スポーツにも通じるボディは工業デザイナーと東洋工業のデザイナーが担当したそうですが、この車にかけた情熱が感じられる良いデザインだと思います。エブロと同じ型をつかって国産名車コレクションからもモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1010

   

 

MAZDA CAROL 1966 JAPAN

MAZDA CAROL 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43387 1/43 72㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約2.99m 全幅約1.3m
エンジン 変速機: 4気筒 360cc 20HP 4段変速 2段自動変速
性能: 最高速94km/h
データーベースでマツダ キャロルのミニカー検索

 

マツダ キャロル 日本

 

 R360 クーペでスバル 360の牙城を崩すことが出来なかったマツダは、新たに開発した軽自動車キャロルを1962年に登場させます。キャロルの特徴は軽自動車ながら、ボンネット、キャビン、トランクの分離した3ボックス スタイルと豪華な内外装でした。(リアエンジンですので荷物スペースはフロントですが) これを可能にしたのはクリフカットというリアウインドーを垂直に立てたキャビンで、これはフォード アングリアで有名になったスタイルですが、国産車では珍しいです。

 

 水冷4気筒360cc(18HP)OHVアルミ合金製という高度なエンジンをリアに搭載するRR方式で、4段変速で最高速94km/hの性能でした。当初は2ドアだけでしたが、1963年には軽初の4ドアも追加されました。4ドアの3ボックススタイルが売りでしたが、このスタイルでの4人乗車は寸法的に厳しく(なんとか4人乗ったようですが)、また構造的に車重が重くなることから動力性能面でも不利でした。

 

 

 当初はスバル 360を脅かしたようでしたが、動力性能の低さが販売上のネックとなりました。その後軽自動車市場にはダイハツのフェロー(1966年)やホンダのN360(1967年)といったハイパワーの新型車が登場し、キャロルは見劣りするようになりました。当時のマツダは小型車とロータリーエンジン開発に注力していた為、キャロルのモデルチェンジは行われず、結局1970年までほぼ初期型のままで約26万台が生産されました。初期の軽自動車として、非常にユニークな存在の車でした。

 キャロルは人気が無かったのか? 当時物のミニカーはありません。画像はエブロ製で前期型4ドアのモデル化で、プロポーションが良く実車のイメージをうまく再現しています。他には京商がポリストーン製1/43でフロントグリルが異なる後期型(1967年以降)4ドアを、国産名車コレクション(ノレブ)が後期型2ドアをモデル化しています。小スケールではトミカ リミテッドが1/64で前期型4ドア、コナミが1/64で前期型2ドアをモデル化しています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1011

   

MAZDA FAMILIA 1964 JAPAN

MAZDA FAMILIA 画像をクリック/タップすると画像が変わります
MODELPET 30 1/40 94mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.7m 全幅約1.46m
エンジン 変速機: 4気筒 800L 42HP 4段変速
性能: 最高速115km/h
データーベースでマツダ ファミリアのミニカー検索

 

マツダ ファミリア 日本

 

 軽自動車キャロルに続いて開発されたのが小型車で、まずは商用車(テールゲート付ライトバン)がファミリアとして1963年に登場しました。キャロルのエンジンを拡大した水冷4気筒800cc(42HP)エンジンを搭載していました。翌1964年には乗用タイプのワゴン、4ドアセダン、2ドアセダンが追加されました。さらに1965年には新設計の4気筒1L(68HP)SOHCエンジンを搭載したクーペが追加されました。クーペは4段フロアシフトで前輪ディスクブレーキを装備し最高速145km/hとかなりスポーティなモデルでした。

 

 ファミリアのデザインは内製だったそうですが、ベルトーネが関わっていたようです。ボディ側面を一周するラインを強調して船の甲板を模したこのスタイルはフラットデッキ スタイルと呼ばれ、シボレー コルベアなどこの当時に流行ったものでした。この個性的で美しいスタイルが好評で、性能も良かったので初代ファミリアは商業的に成功しました。

 

 

 ミニカーはモデルペット製の唯一の当時物で、アンチモニー製です。アンチモニーの下地メッキ処理がフラットデッキ スタイルを表現するのにうまくマッチしています。国産名車コレクション(ノレブ)で2ドアセダンがモデル化されていますが、見比べるとモデルペットはフラットデッキスタイルが強調されていることが分かると思います。またトミカ リミテッド(1/64)ではワゴン/バン、バンのパトカーがモデル化されています。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1012

   

 

MAZDA LUCE 1966 JAPAN

MAZDA LUCE 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 158 1/40 108㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.37m 全幅約1.63m
エンジン 変速機: 4気筒 1.5L 78HP 4段変速
性能: 最高速150km/h
データーベースでマツダ ルーチェのミニカー検索

 

マツダ ルーチェ 日本

 

 ファミリアの次に発売したのは高級車のルーチェでした。(ルーチェとはイタリア語で光の意) トヨタ クラウンや日産 セドリックのような法人用途ではなく、オーナードライバー向けのパーソナルカーを目指した車でした。ルーチェの特徴はその美しく上品なスタイルで、ベルトーネ時代のジウジアーロのデザインでした。4気筒1.5L(78HP)エンジンを搭載し、4段変速で最高速150km/hの性能でした。

 

 大柄なボディに1.5Lエンジンはややアンダーパワーで、1967年にエンジンを86HPにパワーアップし内外装をスポーティに仕上げたSSが追加され、さらに1.8L(100HP)エンジンも追加されました。当時はこのような車の需要が少なくあまり売れませんでしたが、デザインの良さで欧州向け輸出は好調だったそうです。

 

 

 初代ルーチェのミニカーは現在でも、このダイヤペット製の当時物(アンチモニー製)しかありません。実車を正確にスケールダウンした秀作ですが、シンプルなデザインゆえにミニカーのサイズではややイメージが希薄になります。(多分もう少しデフォルメしたほうがそれらしく見えます) なおヘッドライトにダイヤカット ガラスを使ったのは、ダイヤペットでは初めてのはずです。今でもこの車のデザインは素晴らしいと思うので、どこかが新規でモデル化して欲しいです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1013

   

MAZDA COSMO SPORT 1967 JAPAN

MAZDA COSMO SPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
DIAPET 166 1/40 111mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.14m 全幅約1.6m
エンジン 変速機: 2ローター 491X2cc 110HP 4段変速
性能: 最高速185km/h
データーベースでマツダ コスモ スポーツのミニカー検索

 

マツダ コスモ スポーツ 日本

 

 ロータリーエンジンを初めて搭載した市販車はNSU スパイダーですが、この車はエンジンも含めて車全体が実用的ではありませんでした。その点で真に実用的なロータリーエンジン搭載車は、コスモ スポーツで1967年に発売されました。(マツダのロータリーエンジン開発に関する話題は省略します、マツダのサイトなどを参照して下さい)

 

 コスモに搭載されたロータリーエンジンは2ローター(491ccX2)(110HP)の10A型で、総アルミニウム合金製でした。この画期的なエンジン同様、シャーシもダブル ウィッシ ュボーン前輪独立懸架、リアがド ディオン アクスル、ラック&ピニオンのステアリング、4段フルシンクロ変速機など高度な内容でした。

 

 

 またコスモ(宇宙の意)という名前の元となった宇宙船のようなイメージのボディは、ロータリーエンジンのコンパクトさを生かしたユニークなデザインでした。当時のトヨタ 2000GTと比較すると最高速185km/hは2000GT(220km/h)に劣りますが、0-400m加速は15秒台後半とほぼ互角で、ロータリーエンジンの圧倒的な加速の良さ(と静粛性)はレシプロエンジンとは別格の物でした。1968年のマイナーチェンジでグリルが変更され、ホイールベース/トレッドが拡大され後期型になりました。変速機5段化、ラジアルタ イヤ標準化が行われ、エンジンが改良されて128HPにパワーアップし、最高速が200km/hに向上しています。前期型の価格は148万円で、2000GTの238万円は別格として、フェアレディ 2000の88万円よりもかなり高い車でした。1972年の生産中止までに約1200台が生産されました。

ミニカーはダイヤペット製で当時物はこれとトミカの初期物しかありません。プロポーション的にはフェンダーラインより下の部分がやや厚ぼったいですが、特徴的なノーズやリアの造形は良く作ってあります。これは前期型のモデルですが、最近モデル化されたエブロ、京商などはいずれも後期型をモデル化しています。(後期型はホイールベースが長い為、後輪とドアの間のパネル幅が広いことで区別出来ます) 京商のコスモ

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1014

   

 

ページ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »