ミニチュアカー ミュージアム

自動車の歴史 時代/自動車メーカー別

 

 

MAZDA ROADSTER (NB) 2001 JAPAN

MAZDA ROADSTER (NB) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION   1/43 93mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.96m 全幅約1.68m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.8L 160HP 5/6段変速/4段自動変速
性能: 最高速205km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ ロードスター NB型のミニカー検索

 

マツダ ロードスター NB型 日本

 

 2代目ロードスター NB型が1998年に登場します。名前からユーノスが外れ単にロードスターとなります。初代の特徴であったリトラクタブル式ライトは対人衝突安全性確保などの対応で廃止され、ジャガーのような変形ライトが採用され、ボディは抑揚があるダイナミックなものになりました。先代をベースにして足回りが改良され、衝突安全性向上の改良でやや重量が増えています。ソフトトップのウインドーがガラス製になるなど内装の質が向上しました。エンジンはDOHC 4気筒1.6Lと可変吸気システムを追加したDOHC 4気筒1.8Lでした。

 

 2000年のマイナーチェンジで、フロントのライト周りの意匠が変更され、車体剛性向上などの改良がおこなわれました。エンジンは可変吸気システムが可変バルブタイミングに変わり160HPにパワーアップしています。モデル末期に限定車で1.8Lターボ(172HP)エンジンが追加されました。2003年に固定式ルーフを持つクーペが追加されました。2005年に3代目のNC形にモデルチェンジします。

 

 

 ミニカーは京商 Jコレクションのもので、マイナーチェンジ後をモデル化しています。なおこのミニカーはインターネット カスタマイズ専用車「web-tuned@Roadster(ウェブチューンド ロードスター)」の発売を記念した特注品で、当時のWEBでの抽選であたったものです。(前輪フェンダー上のエンブレムがその証です) 前バンパーとフェンダーとの間の隙間が少し気になりますが、それ以外は良い出来ばえです。これ以外では、ダイヤペットの当時物、Mテックの当時物、国産名車コレクションの後期型とその型を流用したFIRST43、レジン製のMRK43などがあります。 以下は Jコレクションのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA ROADSTER (NB) 1
MAZDA ROADSTER (NB) 2

 以下は国産名車コレクション(No.104)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA ROADSTER (NB) 3
MAZDA ROADSTER (NB) 4

 以下はダイヤペット(型番SG14)とMテック(型番MC-03-A)の画像です。Mテックはボディの抑揚を強調したデフォルメがされていて、ドライバーの女性フィギュア付きです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA ROADSTER (NB) 5
MAZDA ROADSTER (NB) 6

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1375

   

MAZDA ATENZA (MAZDA 6) 2002 JAPAN

MAZDA ATENZA (MAZDA 6) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION 118 1/43 109㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.68m 全幅約1.78m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2.3L 166HP 6段変速/5段自動変速 4WD仕様有
性能: 最高速214km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ アテンザのミニカー検索

 

マツダ アテンザ 日本

 

 7代目 カペラの後継車としてアテンザが2002年に登場しました。シャーシからエンジンまで全てが新設計され、発売当初は5ドア スポーツカーとのキャッチコピーで、高性能をアピールしていました。車幅が広い3ナンバー車で、3ドアハッチバック、セダン、ステーションワゴンの3タイプがあり、センスの良いスポーティなデザインでした。エンジンはMZRエンジンと称するDOHC 4気筒2L/2.3Lを搭載していました。デザインや走行性能が高く評価され、2002年 RJCカー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 2005年のマイナーチェンジで、フロントの意匠変更、エンジンのダイレクトイグニッション化など改良が行われました。同年に4気筒2.3L(272HP)直噴ガソリンターボエンジン、電子制御式4WDシステムを搭載した高性能なマツダスピード アテンザが追加されました。2006年には歴代最短となる4年1ヶ月で世界累計生産台数100万台を達成しています。

 北米、欧州、アジアなどにMAZDA 6として輸出され、輸出仕様にはフォードのV型6気筒3Lや4気筒2Lディーゼル ターボ エンジンが搭載されました。3/4代目カペラ(626)と同様に欧州(特にドイツ)で高評価を得ていました。2008年に2代目にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーは実車発売当時の販促用特注品で国内では非売品扱いで、メーカーは京商(Jコレクション)です。ライト類や室内などがリアルな仕上げで、当時のミニカーとしては良い出来ばえでした。これ以外の当時物ミニカーとしては、トミカとMテックがありました。当時物以外では2010年に国産名車コレクションで発売され、同じ型のものがFIRST43で2015年に発売されました。またWIT'Sがレジン製で、マツダスピード 23Zをモデル化しています。 以下は京商のフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA ATENZA (MAZDA 6) 1
MAZDA ATENZA (MAZDA 6) 2

 以下は国産名車コレクション(No.118)の画像です。京商のものとは内装の仕上げ以外はほとんど同じですので、同じ型を使っていると思われます。現在京商のJコレクションはイクソが担当していますので、この両方ともイクソ系のメーカーが作ったのでしょう。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA ATENZA (MAZDA 6) 3
MAZDA ATENZA (MAZDA 6) 4

 なお現時点で6代目と7代目カペラのミニカーは無いようです。

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1415

   

 

MAZDA MPV SPORT V6 2002 JAPAN

MAZDA MPV SPORT V6 画像をクリック/タップすると画像が変わります
J-COLLECTION JC12032S 1/43 113㎜

 

マツダ MPV スポーツ V6  日本

 

 日本初のミニバン(SUV) MPV(Multi Purpose Vehicleの略 そのものずばりの車名) 初代 1988年 登場
 MPV 2代目 1999年 登場
 2002年のマイナーチェンジでV型6気筒2.5Lを新型の3Lに変更 電動両側スライドドアをオプション設定

 

 解説追加予定

 初代MPVのミニカーはないようです。この2代目のミニカーは京商のJコレクション 京商はマイナーチェンジ前の初期型もモデル化しています。この型を流用して国産名車コレクションからもモデル化されています。

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.81m 全幅約1.83m
エンジン 変速機: DOHC V型6気筒 3L 200HP 5段自動変速  FF/4WD
性能: 最高速 不明 3列シート 7人乗り
データーベースでマツダ MPVのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1680

   

MAZDA RX-8 2003 JAPAN

MAZDA RX-8 画像をクリック/タップすると画像が変わります
AUTO ART 55922 1/43 103㎜

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4.44m 全幅約1.77m
エンジン 変速機: 13B型 2ローター 654×2cc 250HP 5/6段変速/6段自動変速
性能: 最高速241km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ RX-8のミニカー検索

 

マツダ RX-8 日本

 

 RX-7が2002年に生産中止となり、ロータリーエンジン搭載車の後継として2003年に登場したのがRX-8です。当時の親会社だったフォードが北米市場向けに4ドアのスポーティカーを要求し、それに対応してRX-8が開発されたようです。RX-8にはセンターピラーの無い観音開きという特殊な4ドア(フリースタイルドア)が採用されました。この4ドアは見た目は2ドアのように軽快に見えるというメリットがありますが、前ドアを開けないと後ドアが開かないという構造になっています。このドアの採用でスポーティな外観と4ドアが両立し、「大人4人が乗れる4ドアスポーツカー」というこの車のコンセプトが成立しました。

 

 RX-8のロータリーエンジン(13B型)は燃費改善の為に量産車初のサイドポート方式の排気ポートを採用し、ターボ過給を止めながらも250HPを確保しています。(RX-7の13B型はターボ付で280HPでした) このサイドポート方式の採用で燃費が若干向上したようですが、この方式は燃焼室に煤がたまりやすいという欠点がありました。2008年のマイナーチェンジで、ヘッドライトやバンパーの意匠が変更されました。2012年に生産中止となり、総生産台数は約20万台でした。ロータリーエンジン車としてはそこそこ成功した車でした。

 

 

 ミニカーはオートアート製で、2003年に発売されました。オートアートらしいリアルな造形で、室内などの細部もよく再現され、非常に良い出来ばえです。オートアートは1/18でもRX-8をモデル化しており、その1/18では内部メカを再現していることもあって、この1/43でも底板部分のサスペンション/ドライブシャフト/排気管などがかなりリアルに再現されています。(この1/43でも前輪の操舵ができます) これ以外のRX-8のミニカーとしては、当時物ではトミカ、Mテック、最近の物ではイクソ プレミアムX、イクソと同じ型と思われる国産名車コレクション、レジン製ではハイストーリー、MARK43、WIT'Sなどがあります。 以下はオートアートのRX-8のフロント/リアの拡大画像と室内/底板部分の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA RX-8 1
MAZDA RX-8 2

 以下は2003年に発売されたMテックのRX-8(FS限定品 型番55101-3400)の画像です。オートアートには少し及びませんが、これもかなり良い出来ばえです。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA RX-8 3
MAZDA RX-8 4

 以下は2013年に発売された国産名車コレクション(イクソ製)のRX-8(No.202)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA RX-8 1
MAZDA RX-8 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1416

   

 

MAZDA ROADSTER (NC) 2005 JAPAN

MAZDA ROADSTER (NC) 画像をクリック/タップすると画像が変わります
EBBRO 43732 1/43 92mm

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約4m 全幅約1.72m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 2L 170HP 5/6段変速/6段自動変速
性能: 最高速211km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ ロードスター NC型のミニカー検索

 

マツダ ロードスター NC型 日本

 

 3代目ロードスター NC型が2005年に登場します。車幅が1.7mを越えて3ナンバー車となり、先代の抑揚のあるボディから初代のようなシンプルなボディにフェンダーが張り出したスタイルになりました。シート背後にシートバックバー(ロールバー)が付いたのも目新しい点でした。ソフトトップはフレームがZ字型に折りたたまれる構造となり、スペアタイヤはパンク修理キットに代わりトランク容量が増えました。シャーシは新規開発され、エンジンはアテンザなどに搭載されるエンジンを縦置き用に改良したDOHC 4気筒2L(170HP)に変わりました。なお欧州向け輸出仕様には1.8Lもありました。2005年の日本カー オブ ザ イヤーを受賞しています。

 

 高性能仕様のRSとNR-Aにはビルシュタイン製サスペンションが装備され、NR-Aのそれは2段階の車高調整機能がありました。2006年に世界最速の12秒で開閉する電動格納式ハードトップを装備した、パワーリトラクタブルハードトップ(PRHT)が追加されました。(欧州仕様の車名はMX-5 ロードスター クーペ) 2008年のマイナーチェンジで、フロントグリルが5角形になるなどフロント/リアの意匠が少し変更されました。20011年に⽣産累計台数90万台を達成し、2014年に25周年記念車が限定生産されました。2015年に4代目のND型にモデルチェンジしました。

 

 

 ミニカーはエブロ製の当時物です。フロント造形/張り出した前後フェンダーなどに実車の雰囲気が良く再現されています。実車の内装が黒一色なのでミニカーの内装も黒一色で、これは手抜きではないのですがやや物足りない感じがします。これ以外では、トミカの当時物、オートアートの当時物1/43と1/18、最近の物では国産名車コレクション、FIRST43、レジン製ではWIT'Sやハイストーリーなどがあります。 以下はエブロのフロント/リアの拡大画像と室内の拡大画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)

MAZDA ROADSTER (NC) 1
MAZDA ROADSTER (NC) 2

 以下は国産名車コレクション(No.254)の後期型のパワー リトラクタブル ハードトップ(クーペ)の画像です。(画像のマウスオーバー又はタップで画像が変化します)
MAZDA ROADSTER COUPE (NC) 1
MAZDA ROADSTER COUPE (NC) 2

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1399

   

MAZDA DEMIO SPORT 2011 JAPAN

MAZDA DEMIO SPORT 画像をクリック/タップすると画像が変わります
WIT'S CMZ439 1/43 ㎜

 

マツダ デミオ スポーツ 3代目 日本

 

 

 解説作成予定

 

実車諸元 画像参照
外形寸法: 全長約3.9m 全幅約1.7m
エンジン 変速機: DOHC 4気筒 1.5L 103HP 5段変速/4段自動変速/CVT
性能: 最高速188km/h (輸出仕様)
データーベースでマツダ デミオのミニカー検索
 

このページではなくこの記事へのリンクURLは以下となります

http://minicarmuseum.com/historic/his_link.php?id=1420

   

 

ページ  « 前へ 1  2  3  4  5  6  7   次へ »